• 締切
  • 困ってます

小型水槽の照明

  • 質問No.5514561
  • 閲覧数748
  • ありがとう数8
  • 気になる数1
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 38% (5/13)

20cm×15cm×18cmの水槽で水草水槽を始めました。
水槽のデータとしては、
・底面水中フィルター
・田砂
・11wライト
水草はブリクサショートリーフと、パールグラスです。
魚は、折を見て小型種を数匹投入予定です。
co2は添加できればいいのですが、器具が他の水槽で使っているのでタブレットタイプでお茶を濁してます。

上記の条件で、問題なくやっていけるでしょうか?
ライトが若干暗いかも?とは思うのですが…

回答 (全3件)

  • 回答No.3

ベストアンサー率 35% (79/225)

>co2は添加できればいいのですが、器具が他の水槽で使っている

分岐してスピコン+CO2ストーンって手はどうなんですか?

>タブレットタイプでお茶を濁してます。

タブレットタイプは使ったことが無いから判りませんが、他の方が仰るように、溶存量の急激な変化は好ましくないと思います。
ブリクサもパールグラスも弱い光&CO2無しではムリがあるかも・・です。

なんにしても水槽が小さすぎると思います。
お礼コメント
okitama

お礼率 38% (5/13)

回答ありがとうございます!
タブレットタイプはやはり避けた方がいいみたいですね。
大きい水槽が設置できればいいのですが、場所の都合で小さいものしか設置できないのです。
投稿日時:2009/12/14 16:09
  • 回答No.2

ベストアンサー率 67% (4457/6603)

カミハタ「アクアフィオーレ」の注意点が、お手本になると思います。
http://www.kamihata.co.jp/water/w_06.html
アクアフィオーレは、「魚やエビの飼育は出来ない」事になっています。
実際は、アカヒレの様な丈夫な魚だと、結構、飼育出来るようですが、生涯飼育が可能かどうかは分かりません。

飼育不可の理由は、
・CO2タブレットは小水量のタンクで使用すると、CO2濃度が高まりすぎたり、pHが急降下したりして、極めて不安定な水質になる事が予想される点。
・小水量のタンクに大光量の照明器具を設置すると、照明器具の熱量により、照明のON/OFFによる水温変動が大きくなるため、短時間の水温変動を嫌う魚やエビは生存出来ない。

> ライトが若干暗いかも?とは思うのですが…
・現在の5リットル水槽に11Wの蛍光灯ならば、水草育成は十分可能です。
夏場の高水温と、普段の水温変動差を考慮すると、魚やエビも飼育する予定があるのならば、最大13W程度だと思います。

CO2タブレットは、本当は使いたくないアイテムです。
CO2タブレットは、水中のKHが低ければ一気にCO2を溶かし込み、KHが高いといつまでたっても溶けません。
CO2タブレットの欠点は、思い通りに水中CO2濃度の調整が出来ない事。
小型水槽でも、はやり、小型ボンベ式のCO2添加設備の方が良い。
どうしてもCO2タブレットを使うのならば、アクアフィオーレを真似て、反応槽(専用タンク)を水槽内に設置して運用すれば、多少はCO2濃度を安定させることが可能だと思います。
お礼コメント
okitama

お礼率 38% (5/13)

回答ありがとうございます!
アクアフィオーレは知りませんでした。色んな商品があるのですね。
タブレットは様子をみて、効果がない、むしろ害か出ているようならすぐ取り出そうと思います。
投稿日時:2009/12/14 16:15
  • 回答No.1

ベストアンサー率 0% (0/0)

正直、「やってみないとわからない」ですけれども
やはり光量とタブレットではないCO2の術を確保しないと
生き長らえることは出来ても「綺麗」には育たないかもしれません。
底面の水中フィルターはエアリフト式でしょうか?
だとしたら尚更です。

アヌビアス・ナナとかウィロー・モス、クリプトコリネなどの
陰性植物の方が管理はしやすいかもしれませんよ~
お礼コメント
okitama

お礼率 38% (5/13)

回答ありがとうございます!
底面フィルターは、エアリフトではなくポンプ式です。
当初はエアで設置しましたが、泡で周りが水浸しになるのと音が気になるのでポンプに変更しました。
投稿日時:2009/12/14 16:18
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A

ピックアップ

ページ先頭へ