• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

全微分について

全微分公式は dz=∂z/∂y・dy+∂z/∂x・dx ですが、 全微分可能性は、ε(x,y)/(√dx^2+dy^2)→0 ですよね。 全微分可能性は、ちょうど接平面の対角線の高さとΔzの差を、ΔxとΔyを一辺とする長方形の対角線である(√dx^2+dy^2)で割って極限を取るという形になっています。 そうならば、全微分も、Δz/(√Δx^2+Δy^2)であるべきですよね。それが、なぜ上式になるのかわかりません。 僕にはそれぞれの成分が、接平面のxの変化によるzの増分とy方向の変化によるzの増分を足すと、zの増分になるとしか意味しておらず、 微分の微分係数を求めるつまり、平均変化率の極限値になっていないと思うのですが・・・ 確か、dy/dx=接戦の傾きで、上式では単に成り立つよねとしか言えていないような・・・・

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数805
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

接平面の傾きは「全微分係数」というひとつの実数では表せませんが、 全微分可能ならば傾きの代表として偏微分係数を並べた「勾配ベクトル」が その役割を果たします。No.1で申し上げました通り偏微分係数は接平面の 座標軸方向の傾きと決まっていますから、座標軸の取り方自体(座標系)には もちろん依存しますが、任意の方向の傾きを考えるときのその方向に依存しない のは明らかですね? 全微分の公式が納得できればあとは形式的にベクトルの内積に書き換えられます。 dz=(∂z/∂x)dx+(∂z/∂y)dy  =(∂z/∂x,∂z/∂y)・(dx,dy)  =grad(g)・dv  ・・・* これをΔに置き換えると近似式になります。 Δz≒grad(g)・Δv つまり、接点において定義される勾配ベクトルgrad(g)と、接点からの任意の方向の 変位ベクトルΔvとの内積をとると、その方向に進んだ時のzの増分の近似値が得られます。 (方向微分係数はこの増分をその方向への距離|Δv|で割ったものを|Δv|→0とした極限 ですから当然方向に依存する量です。) さて、grad(g)から近似ではなく正確にΔzの値を求めるにはどうするかです。 増分の微小な極限が微分でしたから逆に微分を「合計」すると増分になります。 この操作が積分ですね。Δz→dzに対して∫dz=Δzということです。 上の*印の式にそのまま積分記号を付けるだけで下の式が得られます。 Δz=∫dz=∫grad(g)・dv この計算が線積分と言われるものですね。dv進んではdz上がり・・・を繰り返せば その合計として正確なΔzが出るというイメージです。一変数の時と同じですね。 説明しだすときりがないですので、あとはベクトル解析の教科書をお読みになって また改めてご質問されるとよいかと思います。 わかりやすそうな参考サイトをつけておきます。 http://www12.plala.or.jp/ksp/vectoranalysis/vecFuntou1/

参考URL:
http://www12.plala.or.jp/ksp/vectoranalysis/vecFuntou1/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました。 grad(g)はΔvの関数で、ほぼdy/dx=f'(x)と同じように考えられる、また、積分は増分の微小な極限である微分を「合計」して増分とする操作で、Δz→dzに対して∫dz=Δzという関係なのですね。 とりあえず、grad(g)もヤコビアンなのかヤコビ行列なのか、線形代数によって表現される微分係数であることはわかりました。 とりあえず、ベクトル解析の本も読んでみようと思います。 また、質問したいと思いますので、そのときはよろしくお願いします。

関連するQ&A

  • 全微分と接平面について

    二つ質問があります 全微分をdz=Zxdx+Zydy、接平面をZ-c=Zx(x,y)(x-a)+Zy(x,y)(y-b)と習ったのですが 微分は傾きを求められるということで、全微分は接平面の傾きを求められるということですよね? というのが一つで、またもう一つは 上のことが正しい場合、dx,dyは接平面の公式では見当たりません。どうなったのでしょうか というのが二つ目です。 伝わりにくい文章になってしまいましたが、よろしくお願いします

  • 全微分の問題です。合ってるかどうか分かりません。確かめてください。お願いします。

    次の関数の全微分を求めよ。 (1) z=1/(√x^2+y^2) 解:dz=-x/{√(x^2y^2)^3}dx-y/{√(x^2y^2)^3}dy (2) z=tan^-1(x^2+y^2) 解:dz=2x/{(x^2+y^2)^2+1}dx+2y/{(x^2+y^2)^2+1}dy (3) z=exp(1/x^2+y^2) 解:dz=-[2x/{(x^2+y^2)^2}]e^{1/(x^2+y^2)}dx-[2x/{(x^2+y^2)^2}]e^{1/(x^2+y^2)}dy

  • 二階の全微分について

    物理でxyの座標を極座標に変換し加速度を計算するなかで、2階の全微分に困っています。あまり、微分積分は慣れていないので、丁寧に教えていただけると助かります。 http://okwave.jp/qa/q2707943.html でも、同じような質問があります。 一階の全微分はわかりますが、2階の全微分で項が増えるのがわかりません。 具体的には、 Z=f(X,Y), X=g(t) Y=h(t)で、 dZ/dt=(∂Z/∂x)dx/dt+(∂Z/∂y)dy/dt まではよくわかり、これを二階にするときはまず、第1項目(∂Z/∂x)dx/dtが {∂/∂x(∂Z/∂x)dx/dt}dx/dt+{∂/∂y(∂Z/∂x)dx/dt}dy/dt となるだと思うのですが、(∂Z/∂x)d/dt(dx/dt)という項も加わるようです。詳しくその考え方を教えていただけますでしょうか?

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

一変数関数の微分から類推するとlim[Δz/(√Δx^2+Δy^2)](つまり平均変化率の極限)と したくなるのもわかるのですが、これは全微分ではなく「方向微分係数」と呼ばれるものです。 接平面の傾きというのは接点からどの方向(Δx,Δy)に進むかによって変わります。 ですから多変数関数では、一つの数値だけでは接平面の状態を記述できないのです。 方向(Δx,Δy)を指定して初めて傾きlim[Δz/(√Δx^2+Δy^2)]がひとつ定まります。 「微分」という言葉はいろいろに使われるため混乱しがちなのですが、 狭義には増分Δxの極限dxのことを「xの微分」と呼ぶと考えてください。 一変数関数y=f(x)の場合、「yの微分」はfの微分係数(傾き)と「xの微分」によって表されます。 dy=(dy/dx)・dx 一般に「微分する」と言えばこの微分係数を関数(導関数)として求めることを言います。 しかし別の見方をすれば、xの微分dxとyの微分dyとの関係式を求めているとも言えます。 この見方を自然に多変数関数z=g(x,y)に拡張したのがいわゆる全微分公式です。 dz=(∂z/∂y)・dy+(∂z/∂x)・dx ・・・※ 右辺第一項がxの変化に起因するzの増分、第二項がyの変化に起因するzの増分を表します。 (それぞれ「xおよびyに関するzの偏微分」と呼ぶと分かりやすいのですが呼ばれないようです。) そしてこれらを合計した完全なzの増分が「zの全微分」です。 一変数の時に求めていた微分係数(傾き)は、ここではx,yそれぞれに対して ∂z/∂yと∂z/∂xに拡張され、呼び名も「偏微分係数」と変わります。 偏微分係数はxやy方向の傾きであり、方向微分係数の特殊な場合にすぎません。 「全微分可能性」とは「接平面が存在すること」なので、360度すべての方向に対する方向微分係数が 存在する必要があり、各変数軸方向の偏微分係数が存在するという条件だけでは弱いです。 そこで出てくるのがε(x,y)/√(dx^2+dy^2)→0という条件式ですね。 俗に「全微分する」と言うのは、この条件を満たしたうえで独立変数zの全微分dzを 従属変数の微分dx,dyで表す、という意味であって、やっていることは偏微分係数(偏導関数)を 求めているにすぎません。全微分可能性とは言っても「全微分係数」というものがあるわけ ではないのです。 ※の式は、ベクトルとしてdv=(dx,dy)、grad(g)=(∂z/∂x,∂z/∂y)とおくことで dz=grad(g)・dv (演算は内積) と一変数の場合に似た形で書くことができます。このgradは「勾配」といいますが 方向微分係数とは違い、方向に依存しません。方向微分係数は dz=(dz/|dv|)・|dv| と表した時のdz/|dv|のことです。∂z/∂vと書くこともあります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました!! なるほど。全微分係数はなく、接平面と底面を基準点(x,y)を通るすべての底面と直交する断面において偏微分係数を求めることになるんですね。よくよく考えると、微分係数は直線の傾きだから底面に対して、どの直線を接平面から選ぶかという問題が必ず出てきて、全微分係数という考え方がそもそも無理ですねw そして、偏微分が方向微分係数の特別な形というのも解りました。 つまり、基準点(x,y)から接平面が存在する範囲の方向すべてに対して、底面において単位ベクトルeの極限の、Δeを取ることができて、そのΔeの方向の断面で微分係数を求めると方向微分係数となり、さらに、このΔeを基準ベクトルΔxと一致するように選択したとき、 Δz/Δx=∂z/∂xとなり、x軸方向の偏微分係数を求めることになる。 そんな感じでしょうか? たしか、これは大学2回生の応用数学?で見たことがあるような気がします。そのときにdz=grad(g)・dvをならったような気もしますが、正直わからなかったですw。でも、この質問でかなり中核のイメージがついたような気がします。ありがとうございました。 あとよろしければ、「※の式は」からの若干の解説もしていただけたらなと思います。特に、方向に依存しないのはなぜかとか、ベクトルと行列が2重積分、2変数関数の微分には強く関係しているのはわかるのですが、今ひとつわかりません。よければ教えてください。

質問者からの補足

(お礼の続き) あとよろしければ、「※の式は」からの若干の解説もしていただけたらなと思います。特に、方向に依存しないのはなぜかとか、ベクトルと行列が2重積分、2変数関数の微分には強く関係しているのはわかるのですが、今ひとつわかりません。よければ教えてください。

関連するQ&A

  • 全微分について

    いつもお世話になっております. この度は次の2つの問題に関して質問させていただきます. 問1 次の連立方程式の全微分をとり,dy/dxを求めなさい. zf(x)+(1-z)g(z)=0 z=yx 問2 方程式ye^(2x)=10について-dy/dxとd/dx(-dy/dx)を求めなさい. 問1に関しては,f(x)とg(z)が与えられていない状況でどう考えて良いのかが全くわかりません.yxf(x)+(1-yx)g(z)=0として全微分すればよいのでしょうか?もしそうだとするならば計算が煩雑になるので,他によい解き方はありませんでしょうか? 問2は全微分を行うと,2ye^(2x)dx+e^(2x)dy=0となり,-dy/dx=2yと求められました.しかし,与式をはじめにy=10e^(-2x)と変形してから微分すると-dy/dx=20e^(-2x)となりました.どうして同じ-dy/dxであるにも関わらず答えが違うのでしょうか? 以上2点,よろしくお願い致します.

  • ODE > 全微分

    全微分とは何かについて質問したいと思います。 読んでいたweb上の資料では以下の記載がありました。 ----- P(x,y)dx + Q(x,y)dy の微分形式が2変数f(x,y)の全微分になっているとき、すなわち df = ∂f(x,y)/∂x(x,y) dx + ∂f(x,y)/∂y dy = P(x,y)dx + Q(x,y)dy ----- 質問ですが、「全微分でない」というのは、ようするにf()という関数が別の変数(例えばz)に従属していて、fの微分をとった時にzの偏微分も入れないといけない、というようなことでしょうか?

  • 全微分を理解する際の質問です。

    全微分は関数z=f ( x , y )に対して dz=fx ( x , y ) dx- fy ( x , y ) dy と表しますが、これをz=f ( x , y )の増分 Δz=f ( x+Δx , y+Δy ) - f ( x ,y ) から導く際の導出について質問です。 このとき、平均値の定理から f ( x+Δx , y+Δy ) - f ( x ,y )=fx ( x+θΔx , y ) Δx- fy ( x , y+φΔy )Δy (ただし、θとφは0<θ<1 , 0<φ<1とする) ここで、Δx→0 , Δy→0すると fx ( x+θΔx , y )=fx ( x , y ) + ε(Δx) , fy ( x , y+φΔy )+ε(Δy) (εは誤差.。カッコの中身は区別のために付けました) なので Δz=fx ( x , y ) Δx- fy ( x , y )Δy +ε( Δx ,Δy ) (ε( Δx ,Δy )=ε(Δx)Δx + ε(Δy)Δyとした) ここで、dzをΔzの近似と考えると Δz=dz + ε( Δx ,Δy ) と表せる。このとき lim[(Δx , Δy)→(0,0)] ε( Δx ,Δy )/√(Δx^2+Δy^2)=0 となっていればよい。 こんな感じのことが書いてあったのですが、どこから √(Δx^2+Δy^2) が出てきて lim[(Δx , Δy)→(0,0)] ε( Δx ,Δy )/√(Δx^2+Δy^2)=0 となれば全微分可能なのでしょうか。 よろしくお願いします。 追伸 先ほど、間違った内容で質問をしました。そちらは自分で間違った認識をして回答者様にもご迷惑をおかけしました。申し訳ありません。また今回も間違ってる可能性がありますので、その際はご指摘いただけると幸いです。よろしくお願いします。

  • 逆関数の微分と全微分の違い

    「y=1+x*c^yで定まる陰関数yについてdy/dxを求めよ」という問題の 解き方で、逆関数の微分と全微分のどちらで解けばよいのか分かりません。 私は、f(x,y)=1+x*c^y-y=0とおき、dy/dx=df(x,y)/dx*1/{df(x,y)/dy}で解き dy/dx=c^y/{x*c^y-1}となったのですが、 全微分の解き方をすると、c^y*dx+{x*c^y-1}*dy=0より dy/dx=-c^y/{x*c^y-1}となり、私が出した答えと符合が逆になってしまいます。 この場合どちらの解き方で解けばよいのでしょうか? 見づらいとは思いますが、どうかよろしくお願いいたします。

  • 全微分に関して教えてください。

    全微分に関して教えてください。 教科書には、 まず、1階微分方程式:dy/dx=-p(x,y)/q(x,y)が定義され、 p(x,y)dx+q(x,y)dy=0・・・(1) と変形した形が書かれています。 そして、完全形の条件が書かれています。 そこで、(1)が完全形であるための必要十分条件は、 ∂p(x,y)/∂y=∂q(x,y)/∂xと書かれ、 証明が始まるのですが、 [必要条件] pdx+qdyが関数uの全微分であるならば、du=∂u/∂x dx+∂u/∂y dy=pdx+qdy よって、p=∂u/∂x、q=∂u/∂yであり、 ∂p/∂y=∂^2u/∂y∂x=∂^2u∂x∂y=∂q/∂x [十分条件] ∂p/∂y=∂q/∂xとしたとき、 F(x,y)=∫p(x,y)dx・・・(2)とおくと、 p(x,y)=∂F/∂x, ∂q/∂x=∂p/∂y=∂^2F/∂x∂y・・・(3) であるから、∂/∂x(q-∂F/∂y)=0・・・(4) すなわち、q-∂F/∂y・・・(5) はyだけの関数である。 q-∂F/∂y=G(y)・・・(6) よって、 u(x,y)≡∫q(x,y)dy=F(x,y)+∫G(y)dx・・・(7) とおけば、 ∂u/∂y=q(x,y)、∂u/∂x=∂F/∂x=p(x,y) であるから、 du=∂u/∂x dx+∂u/∂y dy=p(x,y)dx+q(x,y)dy・・・(8) となり、証明終了となっております。 必要条件に関しては分かるのですが、 十分条件に関しての証明がよく分かりません。 I、(2)とおく理由 II、(4)となる理由 III、(5)がyだけの関数という意味 IV、その結果、(7)となった過程 上記のI~IVに関して教えていただけませんでしょうか 長々と申し訳ありません。 どうしても理解したいので、 どなたか、教えていただけませんか。 宜しくお願いいたします。 ※数式に関しては、何度か確認したのですが、 間違っていたらご指摘ください。

  • 全微分の式

    2変数関数F(X,Y)の全微分dF(X,Y)について、dF(X,Y)=δF(X,Y)/δX・dX+δF(X,Y)/δY・dYが成立するのを証明していただけませんか? 講義だと、Xがaからh、Yがbからkに移動するときの平均変化率が、[F(X+a, Y+b)-F(X,Y)]/(h+k)^2みたいに書かれていて(すいません、書き間違えているかもしれません・・・うろ覚えなので)、どうして分子が(h+k)^2なのか分からないのです・・・。なお、上のdF(X,Y)=δF(X,Y)/δX・dX+δF(X,Y)/δY・dYは、微分の公式としてよく出てくる(XY)'=X'Y+Y'Xと同じ物ですか?

  • 多変数関数f(x,y)の多変数関数g(x,y)による微分∂f/∂gを計

    多変数関数f(x,y)の多変数関数g(x,y)による微分∂f/∂gを計算するには? xとyに関する多変数関数f(x,y)と、g(x,y)が与えられたとき、微分∂f/∂gを計算するにはどうしたらよいでしょうか?(そもそも偏微分なのだろうか?) 具体例で考えます。 f(x,y) = (x+2y)^2 g(x,y) = x+2y である場合。当然∂f/∂g = 2 gです。このような場合は問題ありませんが、 f(x,y) = x + 3y g(x,y) = x + 2y のような場合はどのように考えたらよいのでしょうか? 全微分の関係を使って考えてみました。 df(x,y) = (∂f/∂x) dx + (∂f/∂y) dy + O(dx,dy) = dx + 3 dy + O(dx,dy) dg(x,y) = (∂g/∂x) dx + (∂g/∂y) dy + O(dx,dy) = dx + 2 dy + O(dx,dy) ∂f/∂g = limit_{dx→0,dy→0} df/dg を考えれば良いのではないかと。 どの方向から極限をとっても極限値が変わらないと仮定して、 つまりdx = dyとして、極限を考えると。 ∂f/∂g = 4/3 とても正しいとは思えないのですが、他にどう考えればよいのかわからず悩んでいます。 そもそも、微分が存在しないと言うことなのでしょうか? 質問は以下の2点です。 (1)この様な場合、どのように考えていけばいいのでしょうか? (2)この様な微分に関して、数学的に何か名前があるのでしょうか?分野名など。 以上 よろしくお願いします。

  • 簡単な全微分について。

    Z=F(X,Y)=αlnX+βlnY を全微分した答えはどうなりますか? ノートに書いてある回答は、 d=(α/X+βlnY)dX+(αlnX+β/Y)dYですが、 私は d=(α/X)dX+(β/Y)dY かな、と思ったのですが。 大文字小文字の使い方がおかしくてすみません:

  • エントロピー 偏微分から全微分?

    エントロピーを∫δQ/Tとするところで  δQは状態量ではないけどTでわると全微分になり、状態量になる  というところがあったんですが、これって  微分の隠関数(f(x、y)=0)のところに出てくる    dy/dx=-{(∂f/∂x)/(∂f/∂y)}  っていう偏微分を全微分に変える式ですかね? そしたらこの時 f=0のfってどんな量でしょうか?

  • 全微分方程式の変数分離

    斉次全微分方程式 P(x,y,z)dx+Q(x,y,z)dy+R(x,y,z)dz=0 をzが変数分離された式 P'(u,v)du+Q'(u,v)dv+dz/z=0 となることを示したいのですが、 まずx=uz,y=vzと置くと dx/dz=z*du/dz+u dy/dz=z*dv/dz+v となりますよね。 これを代入して色々やっているのですが、 どうやっても目的の式にもっていくことが出来ません…。 どなたかやりかただけでもお願いします。