• ベストアンサー
  • 困ってます

売買の一方の予約と再売買の予約との違いについて

売買の一方の予約と再売買の予約との違いについて教えて下さい。 【売買の一方の予約】の場合… 例として、AがBに1000万融資する場合に、「AとBは、Bがお金を返済しない場合には、B所有の土地をAに売買する」という予約をしておき、実際に、Bがお金を返済しなかった時は、Aが予約完結権(一方的意思表示)を行使して、AがBの土地を取得するというのが、【売買の一方の予約】ですよね? →そうすると、土地の所有権の登記名義人は、Bのままで、【売買の一方の予約】をするときに、Aが権利者となって、「売買の一方の予約を登記原因」として仮登記をするわけですよね?(→登記原因が正しいのか、わかりませんが…) →それで、Bが返済しないので、Aが予約完結権を行使した場合は、B名義の土地がA名義に変わるという理解で良いでしょうか? これと比較して… 【再売買の予約】の場合… 例として、AがBに1000万融資する場合に、一旦、B所有の土地を、Aに移転登記しておく。 それと同時に、「AとBは、Bがお金を返済した場合には、A所有の土地をBに返す」という再売買の予約(一方的意思表示?)をしておき、実際に、Bがお金を返済した時は、Bが予約完結権(一方的意思表示?)を行使して、BがAから土地を返してもらうというのが、【再売買の予約】でしょうか? →そうすると、土地の所有権の登記名義人を、一旦、B名義からA名義に移転登記しておいた状態で、【再売買の予約】をするときに、Bが権利者となって、「再売買の予約を登記原因」として仮登記をするわけですよね?(→登記原因が正しいのか、わかりませんが…) →それで、Bが返済したときは、A名義をB名義に戻すという理解で良いのでしょうか? 【売買の一方の予約】と【再売買の予約】は、別物でしょうか?【再売買の予約】については非典型担保の所有権留保と同じものなのでしょうか? また予約完結権を行使する人は、上記の例の人で良いのでしょうか? 教えていただけないでしょうか?宜しくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数1029
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

>売買の一方の予約と再売買の予約との違いについて教えて下さい。  担保の手段としての売買の一方の予約と再売買の予約の違いの質問ですね。ところで、予約には双方の予約と一方の予約がありますが、通常は、一方の予約でしょうから、「売買の一方の予約」は単に「売買の予約」と書きます。「再売買の予約」も一方の予約を前提とすることにします。 >そうすると、土地の所有権の登記名義人は、Bのままで、【売買の一方の予約】をするときに、Aが権利者となって、「売買の一方の予約を登記原因」として仮登記をするわけですよね?  Aが登記権利者、Bが登記義務者となって、所有権移転請求権仮登記をします。なお、登記原因は、一方の予約だろうが双方の予約だろうが「年月日売買予約」になります。 >→それで、Bが返済しないので、Aが予約完結権を行使した場合は、B名義の土地がA名義に変わるという理解で良いでしょうか?  本件では純粋な売買予約ではなく、金銭消費貸借の担保の手段としての仮登記を利用した売買予約ですので、仮登記担保契約に関する法律の規制を受けます。すなわち、Aが予約完結権を行使しても、直ちに、BからAに所有権が移転するのではなく、一定の清算期間が経過しないとBからAには所有権は移転しません。 >例として、AがBに1000万融資する場合に、一旦、B所有の土地を、Aに移転登記しておく。それと同時に、「AとBは、Bがお金を返済した場合には、A所有の土地をBに返す」という再売買の予約(一方的意思表示?)をしておき  予約も契約ですから、AとBとの双方の意思表示、すなわち合意が必要です。 >そうすると、土地の所有権の登記名義人を、一旦、B名義からA名義に移転登記しておいた状態で、【再売買の予約】をするときに、Bが権利者となって、「再売買の予約を登記原因」として仮登記をするわけですよね?(→登記原因が正しいのか、わかりませんが…)  BからAへの売買を前提にしているから、AからBへの売買のことを「再売買」と言っているに過ぎません。AからBへの再売買も、売買であることに違いはないのですから、仮登記の登記原因は、年月日売買予約ですし、Bが(再売買の)予約完結権を行使して、仮登記の本登記をするのであれば、その登記原因は、年月日売買になります。 >【売買の一方の予約】と【再売買の予約】は、別物でしょうか?  売買の予約は、実質的には代物弁済予約と同様の機能を有します。ただし、あくまで「売買」予約なので、最終的にはBのAに対する売買代金債権とAのBに対する貸金債権とを「相殺」して債権債務関係を消滅させます。  一方、再売買の予約は、民法に定める買戻の代替手段として使われます。民法の買戻は、色々制約があるので、担保の手段としては使いづらいからです。   >【再売買の予約】については非典型担保の所有権留保と同じものなのでしょうか?  第1売買でBからAに所有権が移転しています。第2売買(再売買)の予約をした時点(予約完結権を行使した時点ではありません。)では、AからBへの売買契約は成立していませんから、売買契約が成立しているが、所有権が売買代金が完済されるまで、売主に所有権が留保される所有権留保とは違うと思います。  第1売買でBからAに所有権が移転している点に着目すると、広い意味での譲渡担保(広義の譲渡担保)になります。広義の譲渡担保には、売渡担保と狭い意味での譲渡担保(狭義の譲渡担保)があります。売渡担保と狭義の譲渡担保の区別は、債権債務関係が残るかどうかです。  BがAから受領した1000万円は、第1売買の売買代金ですから、BがAに1000万円を返還する義務はありません。(債権債務関係が残らない。)しかし、Bが土地を取り戻したいと考えるのであれば、一定期間内に予約完結権を行使して、Aに第2売買の売買代金として1000万円(もちろん、第2売買の契約金額は売買予約契約によって定めるので、第1売買の代金と同額にする必要はありませんが、説明のため同額とします。)を払うことになります。  そういう意味で、再売買の予約は売渡担保になりますが、注意しなければならないのは、売渡担保と狭義の譲渡担保の区別は、債権債務関係が残るかどうかという実質的な判断によるのであって、単に再売買の予約という形式をとったかどうかではありません。仮に当事者が再売買の予約の形式をとったとしても、債権債務関係が残る契約内容であれば、それは狭義の譲渡担保です。 >また予約完結権を行使する人は、上記の例の人で良いのでしょうか?  それで良いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お礼が遅くなりまして、すみません。 流れを教えていただき、助かりました。 ありがとうございます。また宜しくお願いします。

関連するQ&A

  • 不動産予約売買契約の有効性

    店舗経営者です。 前オーナーは土地建物も所有していましたが、廃業されました。そのあとを私が賃貸契約をして現在店舗を営業しています。(新規開業です)前オーナーは当初土地建物の売却を希望しておりましたが、わたしの資金不足もあり、○年間の定期借家契約+不動産予約売買契約を結びました。その際売買金額を決め、契約書に明記しています。○年後に購入できない場合は第3者に売却する旨と、購入時期は○年以内(定期借家契約期間中)の任意となっています。 開業後、比較的早く経営も安定し、資金調達のめどが立ったためにオーナーに予約完結の意思表示をいたしました。ところが、オーナーは「早すぎる。○年は借りてもらえるつもりで売買金額を考えたので、おもわくがはずれた。○年は借りてもらわないと困る。」と売却を拒否してきました。契約書には「甲および乙が完結の意思表示をしたときは売買契約が成立し移転の登記をしなければならない」とあります。 ところがオーナーは「「甲および乙」と明記しているのは予約完結権が双方にあることを意図しているので私がOKしないと完結できない」と主張してきました。このままでは5年後も売ってもらえるか不安であり、移転もやむを得ないかと考え始めています。が、定期借家契約なのが足かせになっていますし、そんなにタイミングよくいい物件に巡り合えるような場所でもありません。 そこで(1)このオーナーの主張は通るのか。 (2)予約完結させるにはどのような手段に出るべきか。 (3)このトラブルを理由として、定期借家契約を解消し、移転できるのか。 を教えていただきたいのです。皆様のご意見をお待ちしています。

  • 所有権登記名義人住所変更の可否と変更証明情報

    所有権移転仮登記があり、所有権が移転し、その後に、仮登記の本登記を行う場合において 登記義務者とされる仮登記義務者の住所が、仮登記時と仮登記の本登記時で、相違している場合、当該仮登記に基づく本登記の申請には住所に関する変更証明情報を添付してすることになるのでしょうか?? 所有権登記名義人住所変更登記の対象は、現に効力を有する登記名義人のことっとテキストにあります。 類似?で (1)売買を原因とする所有権移転登記について、所有権更正登記を申請する場合の、前所有者(2)「受戻し」を原因とする所有権移転を申請する場合の、権利者(仮登記義務者であった者) の場合、変更証明情報を添付するとテキストに解説があるのですが、 仮登記に基づく本登記においても、同様の取扱いになるのでしょうか?

  • 仮登記の本登記

    下記のように登記簿がある場合の所有権移転仮登記の本登記について (1)A名義 (2)Bを仮登記名義人とする所有権移転仮登記 (3)C名義とする所有権移転登記 ※Aは、Cへ所有権移転登記後に住所移転した この場合の(2)の仮登記の本登記は、登記義務者とされる仮登記義務者の住所が、仮登記時と仮登記の本登記時で、相違しているので、当該仮登記に基づく本登記の申請には、その住所に関する変更証明情報を添付して申請することになるのでしょうか??

  • 売買予約仮登記と所有権移転請求権仮登記の違い

    不動産購入を考えてます。契約(手付金支払い)後3ヵ月後の受け渡し の予定です。受け渡しまでの間に売主が破産したり、不動産に差し押さえが付く可能性があります。一括売買が一番良いのですが、3ヶ月後でないとお金が作れません、でも物件ほしいので押さえたいのです。良い保全方法はありますか?ついでに売買予約仮登記か所有権移転請求権仮登記の違いも教えてください。

  • 仮登記の時効は民法何条ですか?

     土地の所有権移転仮登記等で、たとえば贈与予約が原因の仮登記は時効の中断等がなければ10年で時効になる(予約完結権)と聞きますが、これは民法の何条に基づくものでしょうか?至急知りたいのですがよろしく御願いします。

  • 判決の確定の効力

    例えば、Aが所有している土地があり、Bが売買の予約をしてその旨の所有権移転登記仮登記を経由していたとします。 ところが、Aはその後、Cに売却し、現在Cの所有となっています。 そこで、今回、BがAに対して売買完結を理由に本登記請求すると同時にCに本登記のための承諾を求める訴えを提起しました。 その結果はBの全面勝訴でした。その原因はAとBの共謀でAの欠席のままの判決です。 そこで現実にお金を出したCは所有権を失うことになるので控訴で争う構えです。 この場合、Cが控訴してもAは控訴しないおそれがあり、そうするとAとBの関係では確定するので、Cだけの控訴は無意味になりそうです。 そこで質問ですが、CはAとBの関係も遮断する方法はないものでしようか?

  • 不動産売買における仮登記について教えてください

    はじめに不動産売買について素人なので誤った表現、言葉、文字お許しください。今回私の親が所有する土地(4分筆)を個人売買するのですが売買するにあたり4分筆の内の1分筆が隣人と錯誤により名義が逆になっていたため売買する前に隣人と名義変更することにしました。隣人に応じていただき手続きを進めていますが名義人が痴呆症とのことで司法書士さんに息子さんを後見人?認定の手読きをしていただくことになりました。この手続きに2~3か月掛かりそうです。買い手側は本来年内にでも購入したい希望でしたが手続きが終わり次第でよいとのことでとりあえず年内にでも手付金を払うのでその代わりに仮登記だけは したいととの申し出がありました。私はまったく土地売買につき無知なので知り合いに間に入っていただいています、この仮登記というものは 応じなくてはいけないことなのでしょうか?親も当然無知でよく分からず戸惑っています。仮登記することが双方にとってどんな効力が生じるかよく分からず不安です。どなた様かよいアドバイスお願いしたいです。

  • 仮登記の抹消における利害関係人以外の人間

    不動産登記法110条には、仮登記の抹消は、当該登記上の利害関係人も、仮登記名義人の承諾さえ得れば単独申請が可能であるとされています。 そこでこんな事例が出てきました。 Aが所有していた土地に関してBとCが二重譲渡の関係にあります。登記はAのもとにあります。そこで、Cが仮登記を行いました。 その際、Bは110条が定める「利害関係人」にあたるので、Cの承諾を得れば仮登記の抹消を請求することができると思うのですが、Aの方はそれに該当しないと思うので、仮登記の抹消申請はできないと思うのですがいかがでしょうか? またそうしたときに、Aとしては何か手段を講じることはできないでしょうか? よろしくお願いします。

  • 仮登記について教えください。

    売買予約を原因とする所有権移転請求権仮登記の登記がされている土地に、その後、根抵当権が設定されました。 所有権移転請求権仮登記を本登記として所有権移転登記を行ったときには、仮登記後に登記された根抵当権はどのようになるのでしょうか、教えて下さい。 そして、仮登記を本登記にしたいのですが、所有権者が応じないときには、どのような方法で対処するのでしょう、ご教示をお願いします。

  • 不動産登記法 仮登記について

    『相続を原因とする所有権移転仮登記または移転請求権仮登記はできない』 と某テキストにありました。 しかしながら、厳密にはできる場合もあるとの説明もされています。 これは具体的にはどのような場合になるのでしょうか? 自分なりになんとか考えてみたのですが… 仮登記された所有権の仮登記名義人が死亡した場合、「相続」を原因として仮登記申請できる。(できるというより、この場合は仮登記するしかない??) また、相続を予約することはおかしいので「相続」を原因とする所有権移転請求権の仮登記はできませんが、2号仮登記で登記の目的を「条件付所有権移転仮登記」として原因を「年月日相続 (条件○○の死亡)??」のような記載による登記申請はできるということで良いのでしょうか? ご説明お願いします。