• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

It's time to...

It's time to go bed. It's time you were in bed. It's about time you went to bed. いろいろネットで調べてみたのですが・・・これらの意味の違いがわかりません。 わかりやすい例文があれば教えて下さい><

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数1100
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • gldfish
  • ベストアンサー率41% (2895/6955)

過去形は「本来なら、~だったのに」という現実に反する状態を示しますよね。 この場合、前半の"It's time"が、後半と同じ時を表す過去形ではなく、現在形になっていることから、「現実に反する仮定」だと判断します。 It's time you were in bed. 「(本当なら)あなたは寝ている時間ね。」(でもまだ行っていない。) It's about time you went to bed. 「(本当なら)眠りにつく時間ね。」(でもまだ行っていない。) It's time to go bed. は、「to+(動詞)」を「(これから)行う(時間)」と読み取れば「まだ行っていない」とも言えますが、「行うべき(時間)」と読み取れば、「もう行っている状態」でも使えます。 前の2つは完全に「現実に反している」状態でしか使えないのに対し、"It's time to go bed."は「そうとも限らない」という違いがあるのではないでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

回答ありがとうございます。 両方ともまだ行っていないのですね! ではもしこれが It's time you went to bed. だった場合、It's about time you went to bed. と同じ意味になりますか? It's time+ past It's about time +past 授業で勉強したのですがこの違いが理解できませんでした。 何度もすみません><

その他の回答 (2)

  • 回答No.3
  • gldfish
  • ベストアンサー率41% (2895/6955)

No.2です。 文法とは関係無しに、単純にaboutの意味を考えてください。この場合、「大体」「おおよそ」ですね。 It's time you went to bed. 「(本当なら)眠りにつく時間ね。」 It's about time you went to bed. 「(本当なら)そろそろ眠りにつく時間ね。」 ・・・くらいの違いですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お礼が遅くなってすみません。 詳しく教えていただいてありがとうございました。

  • 回答No.1
noname#141297
noname#141297

It's time to go to bed. 寝る時間だよ It's time you were in bed. 君がベッドの中にいた時間です It's about time you went to bed. およそ君が寝に行った時間です

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

すばやい回答ありがとうございます。 私もそういう風にとらえたのですが何か違うようでしたので質問させていただきました><

関連するQ&A

  • It's time you went to bed.

    It's time you went to bed.という文が、「そろそろ寝る時間よ」という意味になるのは分かるのですが、 では、これをIt's time you go to bed.という文にしたらどのような意味になるのでしょうか。それとも、そもそもそのような文はないのでしょうか。どなたか教えてください。 

  • It is time you had gone

    It is time you went to bed. というのはよく見ますが、 It is time you had gone to bed. といういいかたは可能なのでしょうか? また、 It is time you went to bed. の went は仮定法過去らしいですが、これが仮定法と呼ばれるのがいまいちよくわかりません。なぜ、こんなところで仮定法を使うのでしょうか?

  • 仮定法 It is time~の用法で質問

    It is time you went to bed.ではyouの前に接続詞thatが省略されていますよね?それで、thatを入れて直訳して考えると、あなたがベッドに行くということは時間です。となるから、このIt is time~+仮定法過去の用法は形式主語の用法でもありますよね?

  • it's about time~の時制

    本を読んでいて、Maybe it's about time I found out. と言う表現をみかけました。なんで、I find out ではなく I found out なんだろうと不思議に思って調べてみると、英辞郎に次のような例文が載っていました。 ・ It's about time he got here. もう来てもよさそうなものだ。 ・ It's about time he showed up. もう来てもよさそうなものだ。 ・ It's about time you started thinking about it. ・ It's about time we do something about her. そろそろ彼女のことを何とかしてやらなきゃ。 It's about time のあとが、現在形のものと過去形のものがあるのですが、どうして過去形になるのでしょう? 現在形にする場合と過去形にする場合の違いはなんですか? Maybe it's about time I found out. Maybe it's about time I find out. このふたつの意味の違いはなんですか? どのように使い分けますか? ちょっと急いでます。よろしくお願いします。 

  • 高校英語 仮定法について

    こんにちは。高校一年男子です。 英語の文法書の中で分からない問題があるので教えてください。 仮定法のところです。 It is (high/about) time + S' + 過去  と書いてあります。 で、その例文として、 【A】 It's (high) time you went to bed. 【B】 Isn't it about time you had your hair cut? 【C】 It's time I was leaving. の3つが書いてあるのですが、 (1) 【A】の文だけhighに( )がついていて、【B】のaboutにはついていないのでしょうか。 【A】~【C】の文はhighを使ってもaboutを使っても、使わなくてもどれでもよいのですか。 (2) 【B】の文にはhadが使われているのはどうしてでしょうか。 ご回答よろしくお願いします。

  • 正しい文

    If it ( ) rainy tomorrow,we won't go hiking. (1)will be (2)were (3)is (4)had been と It's about time the children ( ) in bed. (1)are (2)go (3)went (4)were の(1)~(4)の中で一番文に敵した単語を番号で記せ!という問題で、どれが一番よいですか。

  • 文法の質問です。

    I can't find my glasses . I may have left them behind in the train . この may have leftをmight have left 、might leaveとしてはいけないのはどうしてですか? might、may have 過去分詞、might have 過去分詞の使い方の違いも辞書を引いてみたのですが、よくわかりませんでした。 If S were to不定詞、Were S to不定詞 は If S should 原形、Should S 原形と同じ意味のものだとしてもよいのでしょうか?(Sは主語の意味です) これらの文は文法的にちゃんと合っているのかチェックしてもらえますか? It is about time for children to go to bed . It is about time children went to bed . It is about time children should go to bed . もうひとつ、 例えば、「彼が泣いているのを聞く」というのを英文にするなら、 I hear him crying . 「彼が泣いている」→him cryingでいいでしょうか?

  • It' time to read.

    It' time to read. どういう意味ですか?

  • いまさら・・・仮定法過去 基本を教えて

    It is high time you went to bed. 「もう寝る時間よ」ですが、 It is high time you go to bed. では、どうして間違いなのでしょうか。 敢えて日本語的には、「もう寝る時間よ」だと 思います。 あと、根本的に仮定法過去はこうなんだ、 ということがあれば、教えてください。

  • "It is ~for you"と、"It is ~of you"との違いについて。

    "It is nice for you to walk in the park"と"It is nice of you to walk in the park"という二つの文が違う意味を持つということは分かるのですが、後者の文について、"Of"というのは、意味上の主語というほかにどういう意味を持っているのでしょうか? 直訳すると、「については」という意味になり、"nice of you"が、「あなたにとっては心地よい」という意味になると思うのです。(ちなみに前者は、"For you to walk in the park is nice"と書き換えられ、to walk in the park=niceとなり、「あなたが~することはすばらしい」となる) ということは、"It is nice about you to walk in the park"でも、文法的にOKということになると思うのですが。よろしくお願いします。