• 締切済み
  • 困ってます

3T3L-1への遺伝子導入 (Lipofectamine 2000 or LTX)

培養系前駆脂肪細胞である3T3L-1への遺伝子導入を行う際には、ウイルスの感染やエレクトロポレーションを用いる場合が多いと思いますが、論文によっては少数ですが、Lipofectamine 2000やLTXを用いて出来たと報告している場合もあります。 私も論文に記載してあった方法でやってみましたが、ほとんど導入することができませんでした (導入効率はGFPで確認)。 上記の方法で遺伝子導入し、成功した方がいらっしゃいましたら、やり方のこつなどを教えていただきたいです。 よろしくお願い致します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 生物学
  • 回答数1
  • 閲覧数1162
  • ありがとう数2

みんなの回答

  • 回答No.1
  • Dr_Hyper
  • ベストアンサー率41% (2480/6021)

遺伝子導入効率が悪いのもありますが、CMVのpromoterが動きにくい細胞でもあります。そのためGFPの蛍光が観察しにくいために、より遺伝子導入効率が悪いと思いがちです。他の会社の製品でNIH3T3細胞への導入効率が良いといっている遺伝子導入試薬もいくつかありますので(3T3-L1もこの条件に関してはほぼ同一です)、そちらを試すか、試薬、DNAの量をもう少し条件検討して(増やすしかないですが)、その後薬剤耐性を利用して遺伝子導入された細胞のみ培養を続けるなどの工夫が可能かと思います。また細胞がdish上でいっぱいいっぱいだと、この細胞は増殖を止めてしまいますので細胞の撒き方も重要な実験条件のひとつです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

親切な回答ありがとうございます。 検討してみたいと思います。 本当にありがとうございました!

関連するQ&A

  • 最適な遺伝子導入試薬が見つからず、困っています。。。

    現在、私は培養細胞に遺伝子導入するため、遺伝子導入試薬の選択を行っています。 今までは論文や書籍(羊土社)を参考に、扱っている細胞への導入実績がある試薬について導入を試してきました。 実験上細胞核内まで遺伝を送達させたいのですが、どの導入試薬も細胞質でとどまってしまっている印象を受けています。 勉強不足とは承知の上で質問させて頂きますが、有効と思われるような遺伝子導入試薬をご存じの方はいらっしゃいませんか? ちなみに今まで試した試薬はLipofectamine系, Oligofectamine, FuGGENE 6, HDなどなどです。

  • 3T3-L1へのトランスフェクションについて

    現在、3T3-L1にGFP融合タンパク質をコードしているプラスミドをトランスフェクションしているのですが、なかなかうまくいきません。トランスフェクションの方法としてはエレクトロポレーションと、QIAGEN社のPolyFectを用いた2通りの方法で実験しています。3T3系の細胞はトランスフェクションするのが難しいといわれていますが、なぜ難しいのかわかる方いますか?また、トランスフェクション効率を上げる方法として何かありますか?

  • 培養細胞への巨大DNAの導入

    200kb程度の巨大なDNAをを培養細胞に導入したいと考えています。 リポフェクションやエレクトロポレーションではどのくらいのサイズのDNAまで導入可能なのでしょうか。またそのようなおおきなDNAを細胞に導入する方法はありますでしょうか(マイクロインジェクション以外で)。 ご存じであればご教授おねがいします。

  • GFPの発現

    GFP遺伝子を、エレクトロポレーションで導入しようとしていますが、うまく光りません。 やり方が悪いのか、それとも光が検出できないほど弱いのか? GFPってどれくらい光るものなのでしょうか? 蛍光顕微鏡で観察しています。 緑に光ったと思っても、フェノールレッドの自家蛍光らしく、死細胞しか光りません。 それと、光り出すのはある程度増殖してからでしょうか? 増殖と同時に光り出すのでしょうか? 時間の経過に伴ってGFPも蓄積され、蛍光は増すのでしょうか?

  • 遺伝子導入で導入先の遺伝子はどうなるのでしょうか?

    こんにちは,遺伝子組み換え学を勉強しています.宜しくお願いします. ふと疑問がおきました.どの本にも,遺伝子組み換えは,ファージなどを用いて云々と書いてあります. 例えば,遺伝子A,を大腸菌Bに導入する場合,Bの遺伝子はどうなってしまうのでしょうか? そのまま導入した場合,Bの遺伝子は長くなってしまいますよね.それとも,独立で存在するのでしょうか?いずれにしても,導入後の大腸菌Bの活動は,AもBも反映されたものになってしまいそうです.このような状況で,遺伝子Aに期待した効果を上げることは可能でしょうか? もしくは,Bの遺伝子を導入前(導入後は難しそうですが)に除去してしまい,AとBの完全取替えのようかのことができるのでしょうか?そうすると,例えば,大腸菌を完全に他の生物の細胞に変えることになってしまいそうですが・・・.または,地球上のどの生物ももたない全くオリジナルのDNAを導入すれば,未知の生物ができてしまいそうですが.どうでしょうか. もし「Bの遺伝子除去 ⇒ Aを導入」という方式が可能だとすると,どうやって除去するのでしょうか? もし今不可能だとすると,DNAをある細胞から完全に除去するというような方法は研究されているものでしょうか,またそれがあると遺伝子工学において有用な手法となりえますでしょうか? ふとした疑問と言いながら,随分質問を書いてしまいました.的外れなことを申し上げているかもしれないと危惧していますが,もしそうでありましたら,ご指摘くださればと思います. とても面白く勉強しているのですが,このあたりが疑問で詰まってしまい気になっております.宜しくお願いします.

  • エレクトロポレーション

    動物細胞にエレクトロポレーションで遺伝子を導入し発現させる実験をしてるのですが、いまいち発現効率が芳しくありません。エレクトロポレーションに対してあまり知識がなく、導入条件も生存率が50%になる電圧・電気容量でやってます。エレクトロポレーションでの遺伝子導入について詳しく書いた文献を御存知の方いらっしゃいませんか?できるだけ、動物細胞について書いたもので、実験によって得られた知見などがたくさん書いてあれば幸いです(贅沢な話ですが)。和文英文問いません。御存知の方がいらっしゃれば、どなたか教えて下さい!

  • 細胞へのCre遺伝子導入

    ある遺伝子をノックアウトしたマウスの繊維芽細胞(MEF)を使用して機能解析を行うために、flox マウス胎児からloxP MEF 細胞を樹立しました。 次に、CRE遺伝子を導入し、目的遺伝子を欠失させたいと考えています。 この際、導入する遺伝子はタモキシフェン誘導型CRE ERT2を用い、タモキシフェン添加下での欠失を行うべきでしょうか?それとも、培養細胞からの選択マーカーの除去のようにCRE遺伝子の導入のみで欠失できますか? また、重ねての質問になりますが、ウイルスベクターが使用できないため、lipofectamine2000やFuGENE6等のreagentsを用いたトランスフェクションを考えているのですが、推奨ベクターやreagentsがあれば、合わせてご教授頂ければと思います。 よろしくお願いいたします。

  • 植物のプロトプラストを用いた細胞死検定について。

    現在、植物のプロトプラストに、すでに細胞死を誘導すると分かっている遺伝子を導入し、エバンスブルー染色によりその細胞死の確認を行っています。 今後は細胞死を誘導するであろうと予想される遺伝子を片っ端から導入し、細胞死を観察することでスクリーニングを行おうと思っています。 現時点では、遺伝子が導入された細胞をピンポイントで見つけ、その生死を確認するために同時にGFPを導入し、顕微鏡で観察しようとしています。 しかし、ポジコンの実験においてGFPの蛍光が観察される細胞が少なく、始めは導入効率が悪いのかとも思ったのですが、明視野で確認するとエバンスブルーで染まった細胞がいくつもあったのですが、何度繰り返して確認しても青く染まったプロトプラストにおいてGFPの蛍光が観察できませんでした。 そこで質問なのですが、GFPを導入した細胞をエバンスブルーで染色するとGFPの蛍光は観察できなくなるのですか?(青く染まった細胞は自家蛍光すら見えず蛍光観察下で真っ暗に見えたので) もしくは、GFPが発現していても細胞死が起きると蛍光が観察されなくなるのですか? 詳しい方いましたら教えてください。 また、プロトプラストの細胞死検定において遺伝子が導入された細胞を的確に見つけ細胞死の有無を確認できる方法があれば教えて下さい。 よろしくお願いします。

  • 限界希釈法について

    私はいま、KO細胞を作成しています。方法としてはKOコンストラクトを用いてエレクトロポレーションで細胞に導入していますが、遺伝子破壊株を単離出来ていません。 そこで限界希釈法をするのですがどう希釈するか悩んでいます。 流れとしては、細胞を5×10^6集めてエレクトロポレーションによりKOコンストラクトを導入しています。 この時点で生き残る細胞数は予備実験から60細胞とわかっています。 これを1ml中に1細胞になるように限界希釈をしようと考えてます。 どのように希釈をすれば効率がよいでしょうか? アドバイスをお願いします。

  • エレクトロポレーション(electroporation)の導入効率

    electroporationによる遺伝子導入を行う前に、最適な条件設定をします。 本やインターネットには、細胞数が50%程度死滅する電圧がもっとも適切である、と書いてあるのですがなぜそうなるのでしょうか? 今までいろんな方たちがやってきた結果生まれた経験則みたいなもんなのでしょうか? 納得のいく説明ができる、あるいは参考となる論文をご存じの知識人の方、どうかご教授下さい。