• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

就活時期の早期化は青田買いが原因なのか?

日本では大学生の就職活動 (企業から見れば採用活動) は時期が早まって大学3年生から始まると聞きます。 これをよしとしない人たちが、「企業は青田買い競争をやめろ!学生は学業が本分だ!海外ではこのようなことはないぞ!」と批判します。 さて、ここで疑問です。 善し悪しはさておき、企業が人材の青田買い競争をするならば (そして規制や協定がない&なくてよいと仮定すれば) 就活時期の早期化は避けられないかもしれません。しかし同時にそうした"合理的"かつ"必然的"な現象が海外 (仮に欧米などの先進国と仮定します) で起きていないとすれば理解できません。 就活時期の早期化は企業の青田買い競争が要因ですか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数750
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • nidonen
  • ベストアンサー率55% (3658/6607)

 欧米で青田買いがない理由は簡単で、日本のように新卒者が 同時期に一斉に就職するという社会構造になっていないからです。  欧米ではまず、卒業時期が人によって異なります。年度は一応 9月から始まりますが、年度途中での入学や卒業は珍しくないし、 そもそも高校卒業から大学入学まで間が空く人もたくさんいます。 進学費用がないので働いてお金を貯めたり、軍隊に行く人もいます。 だから、「22歳の春」が新卒就職を意味する、なんて概念がありません。  次に、欧米では新卒者を会社で社員教育するという風習もあまり ありません。多くの学生が在学中からインターンシップでいろんな 仕事を経験していますし、卒業後もインターンが続くなど、いわゆる 試用期間が日本よりはるかに長いです。さらに就職後でも転職はごく 当たり前ですから、新卒入社を重視する学生もほとんどいません。  そのため、新卒入社という概念自体が希薄なので、企業側にも 青田買いという発想が生まれないのです。もちろん欧米のシステムが 優れているわけではなく、社会慣習の違いです。海外ではこのような ことはないぞと主張する人は、実は海外のことを何も知らないのです。  だって学生のうちからインターンをやらなきゃならないんですから、 それこそ学生は学業が本分という考えから外れていますよね。しかも 欧米では無給のインターンも珍しくないんですよ。インターンは職業 訓練の一環だから、という考え方に基づくものです。 > 就活時期の早期化は企業の青田買い競争が要因ですか?  欧米の事情とはまったく関係なく、この質問にはYESです。 20年前の話ですが、そのころは4年生の5月頃から就職活動して ましたね。3年生のうちからやるなんてことはなかったです。 当時はまだ、青田買い禁止の紳士協定が生きてましたからね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お礼が遅くなって申し訳ありません。 わかりやすい回答をありがとうございました。

関連するQ&A

  • 大学生の就活が早期化するのを問題視すべきですか?

    弟が来年大学3年生になります。 皆様もテレビや新聞で就活関連の話題を多く聞いたりすると思います。 「就職氷河期」なるキーワードが嫌になるほど聞くと思います。 今までは3年生の夏休みぐらいから就職活動が始まるのだと思っていました。ですが最近は3年生になって直ぐに就活を始める学生が増えていると聞きました。1年生や2年生から就活対策のセミナーに参加している熱心な学生もいるそうです。 企業も優秀な人材を他企業より多く取りたいから採用活動が早くなり、学生側も大手企業に内定を貰いたいと思いどんどん就職活動を始めるのを早めていると思います。お互いが原因?でお互いの活動が早期化していると思います。もちろんメリットも沢山あると思いますが、最近はデメリットの方が多いかなと思うようになりました。 学生も3年生にもなれば専門教育を受けて大切な教養や知識を身に付ける期間になると思います。それなのに授業やゼミを欠席して、説明会や試験で大忙しになっています。企業側も優秀な人材確保の為に採用レベルを上げているので採用活動の期間が長くなりお金が掛かっているとはずです。 皆さんも活動の長期化に疲れたり、イライラした経験がありますか? 周りが早く活動しているから自分も活動しないと駄目だなと不安に陥った事がありませんか? やっているよりやらされている感じがあると思いました。 就職関連の雑誌の多さ、ネットを関しての様々な情報に混乱を招くと思いませんか? インターンシップも当たり前の時代でしょうか? やっていないと採用活動でハンデになるのでしょうか? 自己分析や業界研究をやり過ぎるのも問題かなと思いました。やり過ぎるから自分の適性を勝手に決めてしまったり、受ける業界を狭めたりしているのかなと思いました。「適職」に付かないと駄目な雰囲気になっていると思います。学校側も適職に付かないから早期離職になるのだと説明しているように思えます。働いてみないと自分の適性も分からない気がします。 大手志向の強まりが内定率を下げているのだと思います。確かに採用レベルが上がっているから内定率が下がっているのだと思います。でも中小企業に限っての新卒者の求人倍率は2倍以上あるらしいです。大手企業の倍率は1倍以下です。テレビで見た学生なんですが、有名私立大学に通う学生でした。大手企業を何十社と受けて内定を貰えてないそうです。学生の手帳には大手企業の名前ばかり書かれています。インタビューを聞いてみると「安定」を考えているように思えました。彼以外の学生も時代を反映して「安定第一」になっていると思いました。  「中小企業に目を向けたら」と言っても駄目かなと思いました。新聞で読みましたが就職氷河期と言われているのに説明会に学生が来ない企業もあるらしいです。企業に魅力を感じないからかもしれませんが企業規模を小さくすると内定獲得のチャンスが増えるように思いました。10年20年経過すると給与が大手と中小と比べると全然違ってくるのも理解出来ますが。  文脈の無い質問で申し訳ございませんでした。

  • 就活サイトに登録されていない企業

     就職活動をする際ですが、就活サイトに登録されていない企業は採用活動を行っている所もあれば、やっていないところもあると考えて良いのでしょうか。 その際は、会社のホームページ上で採用活動を行っているかということを確認する必要があるのでしょうか。   また、そういった就活サイトに登録されていない企業もたくさんあると考えて良いのでしょうか。

  • 就活でフェイスブックを利用するのは?

    就活で企業がフェイスブックを利用して採用活動したりしますよね。あれって学生にとって嫌ではないですか?自分のプライベートを企業にさらす感じがして、抵抗があるのですが、私だけでしょうか?

その他の回答 (1)

  • 回答No.2
  • 10ken16
  • ベストアンサー率27% (475/1721)

企業が大学で学んだことにあまり期待していないからです。 実質的に、学歴は『この大学に入学できる程度の努力ができる人間です』という 一種の資格に過ぎません。 それというのも、日本人は仕事のやり方を可視化することに消極的で、 各企業毎の『方言』(暗黙知)が未だに残っています。 役職に仕事が振られるのではなく、人に振られるのです。 こういう組織の場合、変に広い視野を持つよりも、企業のカラーに染まってくれる 『新卒』が歓迎されます。(一種の『処女信仰』に似ています) 現在はこれの最終段階でしょう。 ただし、早くから国際競争にもまれた製造業は、可視化や標準化に熱心です。 (それは、派遣の使い捨てにもつながっていますが) しかし、今後はホワイトカラーも同様の競争にさらされるでしょう。 結果として、求められる能力が徐々に変わってくるでしょう。 これまでは成果を出すだけで良かったのですが、 今後は成果の出し方を可視化(言語化)できることや それを企業の部門全体に拡げられることが求められるようになるでしょう。 結果として、企業に染まること以外のことが重要になり、 大学で何を学ぶかも重要になるでしょう。 現在は、その過渡期といえるのではないでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

大変遅くなりましたが、丁寧な回答ありがとうございます。 非常にためになりました。

関連するQ&A

  • 今の時期の就活は不利ですか?秋採用まで待つべきですか?

    大学4年生(女)です。 昨年秋から就職活動を始め、すでに数社から内々定をいただきました。 内々定をもらった4月からずっと悩み、最近ようやくその中から2社に絞りました。 しかし、今の段階でどちらか決めれず、もっといい企業がないかとまだ就活を続けている状態です。 周りの学生は就職先を決め、優良な企業も採用活動を終わらせていく中で、私自身のモチベーションもかなり下がってきています。 どんな会社で、どんな仕事がしたいのか、悩み過ぎてよくわからない状態に陥っています。 3~4月の一時期に比べて、求人数も圧倒的に少ないですし、今の時期に採用活動を行っている会社は何か問題がありそうな(ブラック企業等)感じもします。 秋になったら今よりは求人数は増えるのでしょうか? 現在応募を打ち切っている企業も、二次募集を始めるのでしょうか? もしそうであれば、一度区切りをつけて、自分の頭の中をリセットしたいです。 因みに私は、就活を始めてから次第に志望業界も定まり、その業界の中から20社位の採用試験を受けました。 第一志望や第二志望の試験には落ち、あまり志望度が高くなかった企業から内々定をもらい、考えた末、本当にその業界で働きたかったのかよくわからなくなってしまいました。 思うに、始めた当初は、説明会などで知る企業の良い点ばかりを見ていたからです。 内々定をもらい、悪い点を探し始めて幻滅をした…という感じです。 アドバイスをお願いします。

  • 就活は大阪に近い実家か、一人暮らしの札幌かどちらでする方がいいでしょうか?

    自分は現在大学3年で就職活動中です。 札幌に一人で住んでいます。 大阪に近い(2時間弱)神戸の実家か、 札幌駅から徒歩10分の今一人暮らししてる家か、 どちらで就活をしようか悩んでいます。 やはり札幌だとこちらで採用活動をしていない企業もあったりして不利になるのでしょうか? それとも一応道内で一番の大学だという事で、札幌でやる分では有利なので札幌でやっていいのでしょうか? 教えてください。

  • アメリカで就活経験のある方に質問です。

    現在、アメリカでOPTのための就職活動中です。 先日、ある会社の面接を受けに行き、結果は翌週にリクルーティングコンサルタント(採用活動の手続きを行っている外部の企業)を通して連絡すると言われました。 しかし、面接から2週間経つのですが何の連絡もありません。 リクルーティングコンサルタントに問い合わせてみたいのですが、ここから送られてきたメールはnot reply でメールでの問い合わせができません。また電話も自動応答で、担当者に繋がりません。 面接を受けた企業の人事担当者に直接問い合わせてみても良いのでしょうか? アメリカ人はなかなか言った通りにやらないで、結構適当だと聞くので、もうちょっと待ってみた方がいいでしょうか? アメリカで就活経験のある方、何かアドバイスを頂けると幸いです。

  • 就活に行き詰ってしまいました。

    現在21歳、大学新4年の就活生、女子です。 現在就職活動をしているのですが、実は行き詰っています。 7社にESを提出して審査を通って2次面接まで受けた会社が1社のみですがそれも落ちました。 原因としては超大企業ばかり受けていること、自分の将来ビジョンが見えていないこと、SPIやWebテストの対策がしっかりできていない、ということだと思っています。 実は私は3年次に私立大学から国立大学に移っているのです、そして学歴は上がったものの、30以上の単位を新しい大学に持っていくことができずに、卒業するために同期の2倍の単位をとらなければいけなかったのです。新しい大学は通学毎日4時間かかり、且つ、新しい環境に疲弊しきった私でしたが、それでもGPA3.9という優秀な成績で3年を終える事ができました。 そのかわり犠牲になったのが就活でした。 大企業ばかり見てたのは企業研究不足であったため、してている所しか出せませんでした。最近、中小企業などを見始め、活動をしていますが、正直何をしたらいいのかわからない状態です。 とりあえずSPIの勉強をしていますがこの先どうしていいのかわかりません。 どうせ準備不足でみんなに後れを取っているんだと思ってしまい卑屈になってしまいます。 別に遊んでいたわけでもなく毎日必死に勉強していたのに、と思うとすでに心が折れそうです。 これからもう一度会社を探して、エントリーしてふりだしからスタートすることになるのですが色々と億劫です 正直自分が何をしたいのか分かりません。有名企業でない企業の企業研究をみんながどんな風にしているのかもわかりません。 行きたい会社なんてそんな沢山あるものなのでしょうか。そんなにないはずなのにすべてが第一志望みたいな言い方をしなければいけないというのはとても難しいし、みんなどんな気持ちで就活をしているのでしょうか。 折角行きたかった国立大学に行けたのにこれでは本末転倒な気がします。このままでは納得いく就職活動ができないのではないのか。 正直自分の軸がブレブレで一体何をしているのか自分でもわかりません、スタートのタイミングを逃し、あとは流されるように適当な会社に入るのかと思うと辛いです。 こんな心持ちでは良いESなんて書けるわけないし、こんな人間誰も採用しません。 でもこれって私だけじゃなくて皆が体験している気持ちだと思うんです。 そこで教えて欲しいことがあります。 ・皆さんはどんな風に就活をしていますか、またはしていましたか。 ・第一志望に落ちたら次々と新しい企業を見つけてエントリーしますが、それで企業研究をどのくらいしますか。そんなに大量の企業を受けて全てそんなにしっかり企業研究しているのでしょうか。 ・何社も落ちてるとどんどん嫌になっていきますが、こんな時どうやって立ち直りましたか。 まとまりのない文章ですみません。 ちなみに一応企業選びは「海外で働ける会社」を選んでいます。 大学での専攻と外国語ができるので是非それを活かしたいと思っています。

  • 倫理協定??

    現在就職活動をしている学生です。 就職活動していてチラホラ見たり聞いたりするのですが、倫理協定というのは何なのでしょうか?私は、内定を早くだしてはいけない!くらいのことしかわかっていなのですが・・・(^_^;) 確かに、企業や業種によって採用活動の開始時期などに大きな違いがあるのを感じています。医薬や化学などは非常に早くて、もう募集が終わっていたり、内定をもらってる人もいると聞いています。逆に電機業界などはまだ説明会すら始まってないですよね?! この辺りの事情に詳しい方や知っている方がいらっしゃいましたら、教えていただけると助かります。 よろしくお願いします(o_ _)o

  • 私は大学4年生で就職活動中です。

    私は大学4年生で就職活動中です。 まだ内定はもらっておらず、選考中の企業も少ないです。 8月に約3週間の語学研修があり、それに行くか迷っています。 自分としては行きたい気持ちが大きいですが 就職決まってないのに・・・という気持ちもあります。 家族の反対はありません。 そこで8月に採用活動をする企業は多いのでしょうか? パソコンは持っていく予定なので情報収集やエントリーはできます。 しかし説明会や選考には参加できません。 今は企業も通年で採用活動をするという話を聞いたことはありますが 7・8月は求人数も少ないとも聞きます。 知ってる方や就活の経験者の方、アドバイスよろしくお願いいたします。

  • こんにちは。現在就職活動中の大学4年生です。

    こんにちは。現在就職活動中の大学4年生です。 なんとか年内に就活を終わらせたいと思っているのですが、万が一それが無理になったら、1・2・3月 になっても就活ってできるんでしょうか?その時期に2011年度卒業予定の新卒採用をする会社ってどのくらいあるものですか?? 早い企業だと9月頃から2012年度卒業予定の学生を対象とした採用活動が始まりますよね。 そうなると学部4年生の存在って・・・どうなるんでしょう?

  • 折り返し電話を月曜にするべきか

    現在就職活動中です。以下の件について皆さんの御意見を頂けないでしょうか? 金曜の17:00ごろ企業から電話がかかってきたようですが、用事があり出れませんでした。 21:00ごろ留守電を聞いたら、面接日程の相談をしたいので折り返し電話して欲しいとのことでした。 私の中の常識では、こんな時間や休日中に電話をかけるのは失礼なので、月曜の午前(始業時間から少し間を置いて)にかけ直すべきだと思うのです。 電話を頂いたが出れなかったことに対する謝罪を述べ、「土日に連絡するのも失礼かと思ったので今電話している」という旨を伝えれば良いかなと思います。 ただ、土曜日に会社へ電話したとしても、採用活動中の今の時期なら担当者へ繋がるかもしれません。だとすれば、早く対応できることになるので合理的とも言えます。一応土曜日にかけてみるべきでしょうか?それとも上記の対応で十分でしょうか?

  • こんにちは。

    こんにちは。 私は小さな会社で人事をしているものですが、新卒の採用活動の際に、就活のサイトに載せようと思っています。 しかし、いざ登録しても、応募者全員にきちんともれなく電話対応をしたりできるか今から不安です。弊社のような零細企業でも多数の学生さんにうまく対応することができるような方法があったら教えて欲しいです。

  • 新3年生の就活

    新3年生の就活 こんにちは、私はこの春より英文科に通う、大学3年になる者(女)です。 就職活動には早めに取り組もうと思っており、今からでも出来ることをやっていこうと思っています。 春休みは先日のTOEICに重点を置いて生活していたのですが、残りの春休みの内に自分が本当に進みたい分野や労働内容を絞り込んで企業研究や業界研究を行おうと思っています。 ちなみに、これといった資格はTOEICしかなく、今後も上げていくつもりですが、現時点では700点ほどです。 漠然と今の自分の中でのビジョンは、  将来は英語を使って(特に会話として)出来る仕事をしたい  海外赴任や海外出張を視野に入れた仕事をしたい ということです。 本当は希望を挙げたらきりが無いのですが、逆に基本的にこの2つがかなえば自分の中で7割は満足すると思っています。 しかし、実際就活をするとなると何から始めたらよいのか、また何をすることが正しいのすらかわっていません。 とりあえずWEB上の就活サイトには登録を済ませたのですが… そこで、就活を経験なさった皆さまにいくつか教えて頂けたらと思って投稿しました。 まず、説明会についてです。 これは皆さんどのくらいの頻度で行かれたのでしょうか。 もちろん自分の希望分野に関わったものや志望企業が参加した説明会は行かれたかと思いますが、それ以外にも参加なさったのでしょうか。 また、その説明会の情報はここから発信されるものが使えた、この説明会には参加すべきという説明会がありましたらお教えください。 次に、ビジネス誌についてです。 就活生は新聞を読むのと同じくらいビジネス誌を読むべきなのだと聞きました。 最近ですと、日経ウーマンを購読し始めました。 女性向け雑誌なのはとてもいいのですが、就活生向けかと言われると違うような気がします。 また新学期から、大学が東洋経済と契約を結んで、学割が効く長期定期購読キャンペーンを始めます。 半年単位で30%も値引きされるというので活用しようかどうか考え中です。 しかし、ビジネス誌にあまり触れてこなかったので、どんなビジネス誌があるのか、就活に本当に役立つビジネス誌は何なのかを知る前に決断するのは安易のような気がするんです。 そこで、上記の内容を踏まえ、ビジネス誌について教えていただけたら嬉しいです。 まだまだ就活についての疑問や不安など多くありますが、是非お答え頂けたら嬉しいです。 拙い文章お読みくださりありがとうございました。

専門家に質問してみよう