-PR-
締切済み

MP3デコードはCPUかメモリーの性能どちらがだいじ?

  • 暇なときにでも
  • 質問No.54805
  • 閲覧数128
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 4% (4/98)

MP3のデコードでおもったのですがMp3のデコードやDivx、Cinepakなどの映像のデコードはCPUの性能に起因するのでしょうか?

それともメモリーに起因するのでしょうか?

もっとも効果的に成果をだすにはどちらをアップグレードしたらいいのでしょうか?

先日128MBのメモリーからそれに256mbを買い足していま384MBのメモリーです。でもMP3デコードで速くなった来もしません(おそくなったような)

効果的な方法を教えてください
通報する
  • 回答数4
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全4件)

  • 回答No.1

エンコード、デコードには、
演算処理を伴いますので、
主にCPUのクロック周波数によって、速さが違います。

もちろん、ある程度のメモリがなければいけませんが、
384MB積んでいるのであれば、CPUのパワー不足でしょう。
補足コメント
thatis

お礼率 4% (4/98)

CPUはAthlonの700Mhzなのですがもう少しいいのが必要でしょうか?
投稿日時 - 2001-03-22 16:01:51


  • 回答No.2
レベル11

ベストアンサー率 22% (113/506)

どちらかと言うのは下記で回答されているとおり、CPUのパワーです。
ただ最新の1GHzとかはいらなくて、一昔前のCeleron500MHzとかでも十分ですので、
現在ではそれほど過敏になる必要はないと思います。

メモリはWin98でしたら128MB(多くても256MB)あれば十分でしょう。
あまり多く積みすぎると制御できなくなるようです。
  • 回答No.3
レベル9

ベストアンサー率 35% (30/85)

> MP3デコードで速くなった来もしません(おそくなったような)

OSがWindows9x系と仮定しての話ですが
遅くなったような気がするのはメモリ増設のせいかもしれません。
参考URLの質問に詳しく解説されているので参考にしてみては?

http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=54648
  • 回答No.4

 実地情報がありますので提供いたします(笑)

 えーと、MP3の再生におけるCPUストレスは、

CPU:セルロン300A 300MHz
メモリ:64MB
ソフト:WINAMP

 このような状況において、10~20%です。つまり、音楽を再生すると処理速度が90~80%まで落ちるわけです。でも、実際にはアイドル時間が減るだけなので、ほとんど体感速度は変わった気はしませんでしたが。

 のちにメモリを196MBまで増やし、事情があって128MBに落としたことがあったんですが、このストレス量は一切変わりませんでした。

 現在のマシンは、

CPU:ペンティアム3 1GHz
メモリ:256MB
ソフト:WINAMP

 ですが、CPUストレスは3~4%です。さすがすごーい! というところです(笑)
 なお、計測はWINTOPによって行っています。

 こんなもんでいかがでしょうか?(^_^;
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
あなたが体験したトラブルや解決方法を共有しませんか?
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ