• 締切済み
  • 困ってます

Guarantee と Warranty

辞書を引くと両方とも保証と言う意味になっています。 イマイチ両者の厳密な相違が分かりません。 Guarantee の方がより保証に対する責任の度合いが 大きく、その為保証の前提条件とそれに相違した場合 の補償条項が厳密に規定されねばならないが、Warranty であれば前提条件/補償条項共に必要に応じ その都度決めれば良い、それだけ Warranty の方が 責任の度合いが低いと言うような受け止め方で 良いのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数8811
  • ありがとう数66

みんなの回答

  • 回答No.2

辞書みたらいいと思います。英英辞書  Warranty - a written promise that a company makes to replace or repair a product if it breaks or does not work correctly.    商品、製品が壊れたり使えなくなったときに修理あるいは取り替えてくれる保証書 Guarantee - a formal promise that something will be done or will happen         公約 -a formal promise, especially in writing, that a product will please the customer or perform in a particular way for a specific length of time        期間限定で商品、製品などのカスタマーに特定のサービスをする保証書 Guarantee には他にも意味がありますが、ここでは   保証についてなどでの質問なので、これらの比較で微妙な違いが確認できるかと思います。     結局さほどかわりはないと思いますが。    たいてい、商品には、2years warranty などと年数が入っています。   つまり、期間限定で一定の事象について、保証するということです。      別にどちらが度合いが重いというのは、ないと思いますが。   カーペットの宣伝文句  100% Satisfy Guarantee というのがあります。   100%満足すること保証します という宣伝文句です。   が、 この際、 100% satisfy warranty とは言いません。    日本語でも あなたのご満足を保証します    と言ったり、10年保証 などと使いますよね。    そういう違いはあるかと思います。(意味的な)    これは、使用される普段の生活の中で身につけるしかないような言葉の一つであると思います。   warranty ー warrant は、法的な意味合いが強く、保証書も公的な法的約束と解釈すればいいのではないでしょうか?        一方、    guarantee -約束の意味が強めなのかもしれませんが、まあ、    1 year guarantee というふうに使われれば、 1 year warrantee と同じことですよね。       

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 保証期間

    家電製品などの保証期間をguarantee priodと言ったら、先生にwarranty priodと訂正されました。 辞書で調べるとどちらも『保証期間』という訳で載っていて、duration of guarantyという言い方もありました。 guarantee・warranty・guarantyには何か区別があるのでしょうか。

  • guaranteeの意味の確認。

    ささやかな質問ですのでお時間がありましたら教えて下さいm(__)m。 ネット上の英和辞典はlycosをよく使っているのですが(gooの方ごめんなさい) 「guarantee」をひいたところ、動詞の2として「損害などに対して保証する」と書いてありました。これは「補償」ではないのでしょうか。改めて「補償」と「保証」と「保障」の意味をひいてみたりもしましたが、保証ですと「責任を持つ」補償ですと「損失を補って償う」とありました。  そしてguaranteeを英英でひくと、undertakeという言葉も出てきました。ずっと前に見たマンガではロイズという保険会社はundertakerたちのとりまとめをしている、という記述をしていた気がして。たしかundertakerは個人で保険を請け負って、何かがあれば自腹で支払わなければならない人たちのことだったと思うのですが。(説明がかなり適当です(^_^;)) そこで質問です。 guaranteeには金銭的に損失を償う、という意味がありますか。 (もしあるのなら補償という言葉が適当なのではないでしょうか) もしお時間がありましたらご回答お願いします。

  • 消費者契約法10条

    消費者契約法10条  何時も回答いただきありがとうございます。DELL OPTIPLEX GX260 WindowsXPからです。  最近の紛争では、しばしば、  消費者契約法10条が、  参照されます。 ----------------------------------------------  改正後の第十条  (消費者の利益を一方的に害する条項の無効)  消費者の不作為をもって当該消費者が、  新たな消費者契約の申込み、または、    (1)  その承諾の意思表示をしたものとみなす   (2) 条項 その他の法令中の              (3) 【公の秩序に関しない規定】…法律の中の任意規定 の 適用による場合に比して 消費者の権利を制限しまたは消費者の義務を加重する消費者契約の条項であって 民法第一条第二項… (権利の行使及び義務の履行は、信義に従い誠実に行わなければならない。) に規定する基本原則に反して 消費者の利益を一方的に害するものは、無効とする。 --------------------------------------------  口語で記載されているもののとても、分かりにくい条文です。 ●Q01. 法律の条項だから、このように書かざるを得ないのでしょうか?  みんなが、、条項を読むのだから、もう少し、分かりやすい書き方を研究して欲しいものです。 ●Q02. ここで、 >  消費者の不作為をもって当該消費者が、 > >  新たな消費者契約の申込み、または、    (1) >  その承諾の意思表示をしたものとみなす   (2) > > 条項  と言うのは、消費者契約法の第10条によって無効となるのですか? ------------------------  たとえば、更新、賃貸借契約の連帯保証人の責任の場合です。  最初の契約では、保証人が無いと賃貸借契約が、できないから、保証人になりますが、賃貸借契約で、滞納が始まると更新以降は、連帯保証人は、責務を負いたくなくなります。  賃借人は、更新の賃貸借契約書に署名捺印しますが、連帯保証人は、記名捺印を拒否します。  当方の賃貸借契約書では、  更新後も、契約が、終了するまで、連帯保証人の責務を負うと特約に書かれています。 ●Q03. この場合の賃借人は、賃貸借契約書の文言や特約条項が、上記の >  消費者の不作為をもって当該消費者が、 > >  新たな消費者契約の申込み、または、    (1) >  その承諾の意思表示をしたものとみなす   (2) > > 条項  であるから、消費者契約法の第10条によって無効と主張できるのですか? ------------------------  第10条では、色々と条件が付くのですが、簡略にすると、以下の文 > その他の法令中の              (3) > > 【公の秩序に関しない規定】…法律の中の任意規定 > の > 適用による場合に比して > > 消費者の権利を制限しまたは消費者の義務を加重する消費者契約の条項であって > > 民法第一条第二項… > > (権利の行使及び義務の履行は、信義に従い誠実に行わなければならない。) > > に規定する基本原則に反して > 消費者の利益を一方的に害するものは、無効とする。 は、以下の意味になるのですか? ●Q04. > (民法や商法の)法令中の              (3) > > 【公の秩序に関しない規定】…法律の中の任意規定 > の > 適用による場合で、 > > 消費者の利益を一方的に害するものは、無効とする。  と言う意味なのでしょうか? ●Q05. もし、そうなら、本文中の (に比して)と言う記述は、(で)と言う言い回しになるのでしょうか?  (に比して)を 比べて、比較して と解釈すると前後関係が、とても、分かりにくいです。  たとえひとつだけでも、よろしく教授方お願いします。  敬具

  • 回答No.1
  • Piggy
  • ベストアンサー率0% (0/1)

えーっと、オーストラリアに住んでもう5年になるpiggyです。辞書をひくと、確かに両方とも、保証になるんですけど、聞いた感じだと、guarantee の方は、もうちょっと、[自分の言ったことを約束する]と言う意味に聞こえます. あと、warrantyのほうは、「商品の保証」と言う意味によく使われます。 ちなみに、オーストラリアでものを買うとき、5years warranty などの、文字をよく見ます。(フードプロセッサーとか) こんなんで、よかったんでしょうか。少しでも、ヘルプになることを祈ります.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • ヤフオクでの補償がない発送方法での補償責任について

    お世話になっております。 ヤフオクにおいて、出品者は出品物を送付(落札者まで送り届けて渡す)する 義務があると思います。まず、こちらの前提条件に間違いないでしょうか。 前提条件が正しい場合、配送業者での補償がない発送方法、 たとえば、普通郵便やメール便での発送をするとの記載があるにも関わらず、 配送事故などがあった場合の補償有無の明記が商品説明等へされていない場合、 補償責任はどのようになりますか。 たとえば商品が落札者へ届かない場合、落札者が支払った金額分を 出品者は補償する義務はありますか。 何卒宜しくお願い致します。

  • 使用許諾契約書の有効性

    新しくソフトウェアを買うたびに、使用許諾契約書なる長ったらしい文書を読まされて、「不具合があっても補償しません」とか「インストールできるのは1台までです」などといった条項に(事実上強制的に)同意させられますが…… 質問1 このような契約は法律上どこまで有効なのでしょうか? 例えば、「不具合があっても補償しません」という契約に同意した場合、仮にそのソフトに意図的に不正プログラムが仕組まれていた場合でもユーザーは本当に泣き寝入りするしかないのでしょうか? 質問2 このような契約はフリーウェアでも有効なのでしょうか? 例えば、「不具合があっても補償しません」という使用条件をつけていれば、フリーウェアの作者は一切の責任を免れることができるのでしょうか? それとも、たとえ「不具合があっても補償しません」という使用条件をつけていたとしても、そのフリーウェアに欠陥があった場合は作者は補償の義務を負うのでしょうか? # こういう身近なことは結構重要なことだと思うのですが、過去質問検索で一つも類似の質問が見当たらなかったのは私の検索の仕方が下手なだけなのだろうか。1回くらいはこういう質問がされていてもおかしくないと思うんですが……

  • 個人売買における売主の瑕疵担保責任について

    お世話になります。 このたび離婚するにあたって、離婚後、私名義のマンションを妻に売却することになりました。 相手がハッキリしているので、売買は不動産を通さず、個人間売買となります。 先方から出てきた契約書案に「瑕疵担保責任」の事項があり、隠れた瑕疵があった場合は、損害賠償や補修の請求を売主(=私)にすることができる、とあります。(請求できる期間は、引渡し後3ヶ月以内という規定はあります) 自身名義のマンションとは言え、家を出てから6年以上になることで、私は最近のこのマンションの状況をまったく知りません。また購入後、10年以上が経過しています。 よって、瑕疵について予測も推測もできませんし、補償を追求されても、その責を負うことはできません。(私は私が購入した不動産屋やマンション建設会社に、補償を求めることはできません) また、妻側が、意図的に、ここぞとばかりに、マンションや部屋の不具合を“隠れた瑕疵”と称し、請求してくることも考えられます。 買主側からすれば、この条項を入れておきたいでしょうけど、なんとかこの責任について回避する手段はありませんでしょうか? もしくは条項は入れておいたとしても、その後の瑕疵に対する補償請求(特に意図的、悪意のあるもの)について逃れる手段はありませんでしょうか? すぐにでも契約を済ませなくてはなりませんので、お忙しいところ大変申し訳ございませんが、ぜひとも急ぎ、ご教示いただけましたら幸いです。 よろしくお願い申し上げます。

  • 建築請負契約で定めるべきこと (長文です)

    現在、建築条件付土地に建てる建物の仕様を詰めている段階なのですが、不動産屋から請負契約書のコピーを受け取り驚きました。 条項として定められているのは、 土地住所、建物の延べ床面積、標準仕様における価格、契約者、着工および建物引渡し予定日といった、土地売買契約書に添付された合意書と同一内容の項目。 それと 1.工務店の怠慢以外の理由で工期が延びる場合、事前に施主に連絡する。 2.何か問題が生じた場合は、両者が誠意を以って協議する。 が加えられているのみです。 自分でも仕事で契約書は作成するので、問題発生時の責任の所在や、どこまでをどちらの責任とするか、その補償はどのようにすべきかを普通盛り込むのですが、それが両者協議の一言で片付けられています。 試しに会社の法務担当者に契約書を見せると「これは契約書とは到底呼べない。」と一蹴されました。 売主は悪い評判は聞かないので、文言を悪用されるとは考えていないのですが、同時期に50棟の宅地開発に取り組んでいることもあり(設計士1名、現場監督2名で担当)、他の工期の遅れによる影響を受ける可能性も高いのではと懸念しています。また現在賃貸マンションに住んでいるため、引越時期の遅れにより発生する問題もあるので、それらのリスクをどのように補償するかも頭の痛いところです。 質問なのですが、一般的な建築請負契約では、問題は両者の協議で解決する程度の文言で済まされているのでしょうか?あるいは詳細な(天候等妥当な理由によらない)工期遅延に伴う補償を盛り込んだ契約書を締結された方はいらっしゃるでしょうか?あるとすれば、その料率はどの程度でしたか? 宜しくお願いします。

  • 行政規制違反と不法行為責任の関係について

    AとBが契約を結び、このときAが提示した契約の条件Cは、行政規制に関する法令(○○行法等)に規定されている義務を果たしていないものであったとします。仮にAが当該法令に規定されている義務を遵守していたとしたら、Bはより自分にとって有利な契約条項Dで契約を結べていたとした場合、BはAに対して不法行為を主張できるのでしょうか。 当該法令に規定されている義務は実体規定ですが、行政罰・刑事罰ともありません。BはAと自由意思で契約を結びましたが、Bは当該法令の内容を後で知り、不利益を被ったと感じた、という前提です。 法律初心者で、不法行為の概念と行政規制との関係について知りたいと思っております。

  • 有限会社の株式を一部出資してもらえる事になりましたが・・・

    あまり想像したくない事なのですが、出資される会社も若干不安があるようで、 出資の条件が、「倒産等で負債があった時、出資した額以上の債務保証はしない。 という事を契約書(覚書)に記載して欲しいとの事なのです。 倒産の種類では、会社更生法・民事再生法等あると思いますが、それぞれの場合によって出資責任の度合いが変わってくるのでしょうか? 有限会社・株式会社のメリット・デメリットについてもあわせて教えてください。 宜しくお願い致します。

  • 条件について(停止・解除・随意etc.)

    甲が乙に対して交付する預かり金(保証金<消費寄託>)で、償還日も決められている(3年後)のですが、「償還日に乙の諸々の事情により償還をしないことができる」との(何と都合のいい!)条項がありました。 そしてこの解釈をめぐり、2つに分かれてしまいました。2つとも、「乙の諸々の事情」とは、つまり債務者側の一方的意思であるとの同解釈でしたが、 A解釈 償還猶予(免除?)は「乙の諸々の事情」を条件成就とした停止条件、よって随意条件につき無効(無視可) B解釈 償還猶予(免除?)は、期日償還義務を前提とし、「乙の諸々の事情」を条件成就とした解除条件、よって随意条件ではなく当特約は有効 もし償還日が決められていなければ、随意条件になったと、ABとも一致しております。 法律的な正解釈はどちら(どのように)なるのでしょうか? また、Aさんの言う無視ですが、随意条件の無効とは契約自体の無効ではなく、該当条項の無視(部分無効?無条件?)でよいのでしょうか?(私は随意条件無効は全部無効と覚えていました。) 後学のため、どなたか教えてください。

  • ofの辞書的意味を教えてください。

    お世話になります。よろしくお願い致します。 以下はAppleのiPadの保証規定の文です。 Additional Legal Rights for Consumers For consumers, who are covered by consumer protection laws or regulations in their country of purchase or, if different, their country of residence, the benefits conferred by Apple's One Year Limited Warranty are in addition to all rights and remedies conveyed by such consumer protection laws and regulations, including but not limited to these additional rights. http://www.apple.com/legal/warranty/ 長いですが、一文なのです…。 教えて頂きたいのは、第1行から第2行にかけての「in their country of purchase」と 「their country of residence」の前置詞ofの辞書的な用法です。 同格、所有といった感じで教えて頂けると助かります。 いろいろな辞書で調べたのですが、適切な用法を見つけることができませんでした。 ウィズダム、ジーニアス、ルミナスetc よろしくお願い致します。

  • 建物の収用があった場合の消費税課税について

    建物の収用があったのですがこの場合の消費税の課税、不課税の区分を教えてほしいです。 (1)不課税とする説  建物を移転補償金として受け取った場合、建物の損害賠償金としての性格があるから課税対象外とする。消費税では所有権の移転を伴うものを対価性があるとする。だから、通常は、土地は課税対象(もちろん非課税)、建物は課税対象外。→ これは建物を取り壊すことを前提にして述べられているんでしょうか? (2)課税とする説  土地収用法等の規定に基づき所有権その他の権利が収用されその権利の取得者から権利の消滅に係る補償金を取得した場合には、対価を得て資産の譲渡を行ったものとする消費税法施行令2条2項の規定があいます。  両者の区分は建物を取り壊すのか、そうでないのかということですか? 基本的に道路拡張の場合は、収用後建物は取り壊すと思われますが。

  • 賃貸契約の保証人リスクを軽減する特約条項 名古屋

    今度、名古屋で親戚が、賃貸住宅を借りるにあたり連帯保証人の依頼をされました。印鑑証明も求められました。 保証人になることは了承したいと思っていますが、2年分の賃貸料の請求が来た等のケースがインターネットの検索で出てきます。連帯保証人は自動更新されるので、未来永劫保証人解除は出来ません。 そこでリスクを軽減する特約条項を追加したいと思っていますが、(1)特約の実効性(2)管理会社が特約を受けるかの2点に分けて各案についてアドバイスをお願いします。 考え方 家賃の6ヶ月程度の保証は了解するがそれ以上の保証リスクは避けたい 連帯保証のリスクは、家賃保証と設備の破損と考えている 風評被害 その部屋で事件があったためリホームしても借りてがつかない は連帯保証の範囲に入るのかもアドバイスあればお願いしたい。 特約で個人賠償責任保険に入る事が条件となっています 案1 保証限度の設定(家賃の6ヶ月)  管理会社が受けるか? 案2 管理会社は、善良な管理者として契約を管理する。(個人賠償責任保険は契約時は確認する。更新時も確認する義務を発生させるため) 管理会社は、保証の債務、リスクが発生したときは速やかに保証人に通知する。 (保証の債務:家賃の未納が発生したときはすぐ保証人に通知させることにより、長期の滞納請求を発生させない リスク:家賃の滞納が恒常的に起こっていれば、保証人に通知させる) 案3 管理会社は、保証の債務が発生したときは速やかに保証人に通知する (この条項であれば、管理会社は了解すると思うが、個人賠償責任保険未加入時の設備破損リスクに対抗出来るか) わたしの頭で考えたことは以上です。よろしくお願いします。