• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

アメリカ意匠調査 USPTOでの意匠検索方法

アメリカでの意匠調査を実施する必要があり、USPTOで実施しようと思っているのですが、 どうも意匠の検索方法がわかりません。 【advanced sheach】等で意匠に絞って検索する方法などないでしょうか? お願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数2903
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

【advanced sheach】でキーワード検索すると特許と意匠の双方ヒットします。しかし「APT/4」と入力すると意匠のみに検索対象が限定されます。「APT/4 and TTL/desk」のように検索してみて下さい。なお図面を表示するにはTIFFのアプリケーションが必要ですが、サーチトップメニューの「View Patent Full-Page Images」からダウンロードできます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 結局、USクラス検索【CCL/クラス名】で検索しました。

関連するQ&A

  • アメリカ意匠調査について

    現在、米国の意匠調査を自社にて試みています。 USクラスで分類を調べて検索したのですが、件数が約5000件あり、一件づつ見ていくのでは正直時間が掛りすぎてしまう状況です。 そこで、アメリカ意匠において、検索結果の複数件の図面一覧表示等ができるサイトや、公報データ(PDFなど)を自動で勝手にダウンロードしてくれるツールなどを、無料の範囲で探しております。 なかなか良いものが見つからないので、もしもご存知な方がいらっしゃいましたらご教示いただけたら幸いです。

  • アメリカ図形商標の検索方法を教えて下さい

    アメリカで使用する予定の図形商標がありまして、調査を実施したいのですが、できれば費用の面を考えて自社での調査を考えています。 そこで、USPTOで検索しようと考えているのですが、詳細がいまいちわかりません。 日本の場合、図形商標はウィーン国際図形分類で検索が可能ですが、アメリカでも同様に図形分類(ウィーン?)を用いて検索できないでしょうか? できるのであれば、どこから入ればいいのか教えてくれないでしょうか。 誰か助けて下さい。

  • 意匠の検索方法について

    会社で製品の設計をしております。 意匠の検索方法についてご教授頂きたく書き込みします。 今は、特許庁のホームページ(IPDL)から意匠検索をしています。 分類ごとに検索して、類似なものがないかを確認しています。 IPDLでは1ページ毎に確認していかなければならず、非常に時間がかかります。 日によってはサーバーが混んでいて検索できない時間帯もあり、困っています。 外部へ依頼することも考えられますが、金銭面での問題(社内で通らない)と、関係する分類の意匠については目を通しておきたいという希望もあります。(自分自身の勉強の意味も兼ねて) そこで質問なのですが、簡易に検索できるソフト等はないのでしょうか? 例えば、図面のみを一括ダウンロードできるような。 TIFFやJPEGなどで図面のみを確認できれば時間を効率的&有効的に使用できると思うのですが・・・ みなさんはどのように検索していますか? 効果的な検索方法等ありましたらぜひ教えて下さい!!

  • 米国意匠(Design patents)をネット…

    米国意匠(Design patents)をネット上で検索するには? お世話になります。 USPTOで特許検索はできますが、意匠の検索ができません。 目的は出願番号や登録番号が知りたく、検索語としては、出願人、考案者を考えています。 検索ができるサイト(無料)、検索方法をご教授願います。 以上

  • 意匠登録、意匠権について

    他人の著作物が創作された日前に出願をして意匠登録を受けた意匠の意匠権者は業として当該登録意匠の実施をするとき、当該著作権者の許諾を要する場合が あるのかどうか。

  • 米国における先行技術の調査

    USPTOのDBを使って、先行技術調査をやってみました。 Advanced searchのところへ適当なタームを入力して検索したところ、「Missing boolean operator between expressions」と返ってきました。 具体的にboolean operatorとは何が使えるのでしょうか?Help画面を見ても分からなかったので、どなたかご存知の方がいらっしゃいましたら、どうか教えてやってください。

  • 意匠法29条の2

    おなじみ、意匠法29条の2「先出願による通常実施権」の条文です。 ここでは、「意匠登録出願に係る意匠を知らないで・・・“その意匠”又は“これに類似する意匠”の実施である事業をしている者・・・」と規定しています。 しかし、”その意匠”の場面が想定できません。 (”これに類似の意匠”の場面なら想定できるのですが、、。) 悩み出したら、スパイラルに入り込み、困っています。 どなたか、いい場面想定をご存じありませんか? よろしくお願いします。

  • 意匠法の抵触について

    意匠法9条の適用有無に関する審査において、後願の意匠登録出願に係る意匠に類似する意匠は審査対象にはなりません。 その結果、以下の2つの意匠が適法に登録されると思います。 (1)先後願の登録意匠の類似範囲が抵触する意匠 (2)先願の登録意匠と同一の意匠、後願の登録意匠と類似の意匠が抵触する意匠 先願優位の原則により、先願権利者は登録意匠と同一、類似の意匠を業として実施する権利を有しますので、後願権利者は(1)と(2)の場合両方、自己の登録意匠に係る意匠について、実施が出来ない範囲があると思います。 (1)については9条の適用を受けず、適法に登録されるため、26条の抵触規定があり、26条の裁定請求も可能です。そのため、後願権利者は自己の登録意匠に係る意匠と同一、類似の範囲で実施が出来るようになります。 しかし(2)についての後願権利者は、(1)と同様に9条の適用を受けず、適用に登録されてしまうにも係らず、26条に規定されていないため、先願権利者に対して裁定請求も出来ず、後願権利者は自己の登録意匠に係る意匠と同一の範囲でしか実施が出来ず、類似範囲は実施出来ないと思いますが、理解は正しいでしょうか。 その場合、(1)の権利者のみ裁定制度により救われて、(2)の権利者が救われないのは不合理だと考えていますが、条文の理解が不足しているようにも思えます。どこに矛盾があるか教えていただけませんでしょうか。 よろしくお願いいたします。

  • 意匠出願をしたいものがあるので、意匠公報を検索した結果、類似のものはあ

    意匠出願をしたいものがあるので、意匠公報を検索した結果、類似のものはありませんでした。しかし、特許公報や実用新案公報を検索すると、その中に出願しようとする形状に類似のものがありました。 この場合は、意匠を出願しても登録になる可能性はないのでしょうか。 つまり、意匠での公知例は、意匠公報以外に特許や実用新案も公知例に含まれるのでしょうか。

  • 意匠権

    今、日本では、意匠権が認められていますが、アメリカやその他の先進国と比較して、 非常に限られた場面でしか適用されていません。 例えば、スマートフォンのアイコンなど日本では適用されてませんが、 それは、何故で、また、意匠権や意匠法を適用することによるメリット、デメリットを詳しく教えていただきたいです。 よろしくお願いします。