• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

力学の問題です

原点に静止していた質量mの雨滴が、単位時間にμの割合で周囲の静止していた水滴を取り込みながら重力場の中を落下してゆく。 (4)t秒後の質量を求めよ。 力学の問題の一部です。 つまらなくてすいません。 なんとなく分かっているんですがね・・・ これを間違えていたら 次の微分方程式が間違いになってしまうので・・・ おねがいします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 物理学
  • 回答数2
  • 閲覧数235
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • sanori
  • ベストアンサー率48% (5664/11798)

こんばんは。 雨滴が周囲の静止していた水滴を取り込むためには、雨滴には時間ではなく動くことが必要だと思うので、私としては何となく違和感があるのですが、 問題文の通り「単位時間にμの割合で」というモデルを立てるのであれば、 dm/dt = μ  ・・・(あ) という簡単な微分方程式になります。 (あ)を解きます。 dm = μdt となり、積分して ∫dm = ∫μdt ∫dm = μ∫dt となって、 m + Const. = μt ・・・(い) 次に、Const.を求めます。 初期(t=0)の質量をmo とすれば、 mo + Const. = μ・0 Const. = -mo これを(い)に代入して、 m - mo = μt m = mo + μt  ・・・(こたえ) となります。 微分方程式まで立てて解いたわけですけど、 「mo円の箱に1個μ円のお菓子をt個入れた時の値段は?」 とでもすれば、小学生でも立てられそうな式ですね。 ご参考になりましたら幸いです。 どっか勘違いしていたらすみません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

積分までしてもらって分かり易かったです。 ありがとうございました!

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

>単位時間にμの割合で 「割合」は,(質量に対する割合の意味でなく)時間的変化率のことをいっているのでしょうから,すなおに読めば m(t) = m + μt でしょうね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

最初そう思いましたが 割合だから掛け算か? と思ってしまって分からなくなっていました・・・ ありがとうございました!

関連するQ&A

  • 物理の問題が分かりません。助けてください><

    原点に静止していた質量m0 の雨滴が、単位時間にμ の割合で周囲の静止した水滴を取り込みながら重力場(加速度g)の中を落下してゆく。(1)t 秒後の質量m はどのような微分方程式に従うか、(2)t 秒後に雨滴の速度がv になった。雨滴の運動方程式を求めよ。(3)初期条件はどのように書けるか。(4)t 秒後の質量m を求めよ。(5)t 秒後の速度を求めよ。(6)t が大きくなるとどのような運動になるか。(7)t0 ではどのような運動となるか、(8) t 秒後の雨滴の位置を求めよ。(9)t→∞のとき、雨滴の位置はどのような式で表されるか。ヒント:質量が変化する運動なので、運動の第2 法則は本来の形dp/dt=f、p=mv 僕の回答は(1)md^x/dt^2(2)ma=mg-kv(3)v(0)=0(4)~(9)は分かりません。すみません。 僕の回答が合っているかと(4)~(9)の分からない問題を1つでも分かる方いらっしゃいましたらどうか回答よろしくお願いします。

  • 力学の問題

    このような問題は初めてでどこから手をつければいいかまったく分かりません・・・ お願いします! 滑らかな水平の針金に質量Mのリングをはめて、 リングに長さLの軽い糸を結んで、その他端に質量mの錘を吊るす。 糸をピンと張ったまま錘を針金に接触するまで持ち上げたとき、 リングは原点にあるとする。 その後静かに離す。錘が落下して針金と角θをなす。 (1)座標系で、t秒後のリングの位置、速度、錘の位置、速度はどう表せるか。 (2)水平方向で保存される量は何か、理由とともに述べよ。 (3)(2)の結果から導かれる式を示せ。(微分方程式) まだ問題は続きますが ここまで分かれば後はもう一度自分で考えてみます。 ヒントだけでもいいのでお願いします。

  • 機械力学の問題です!!!

    機械力学の問題です。解ける方解答をお願いします。 質量にはたらく重力によるモーメントとばねの復元力によるモーメントのつりあいの位置を原点とし、角度θをとる。ただし、棒の質量は無視でき、角度θ(t)は微小とし、sinθ=θである。 (1)モーメントのつりあいをもとに運動方程式を求めよ (2)初期条件θ(0)=θ0,θ '(0)=ω0の場合について固有円振動数ωnおよび自由振動解θ(t)を求めよ

  • 力学の数式[F]と[G]の求め方がわかりません。

    球形の雨滴が,静止している霧のなかを鉛直に落下しながら,霧の付着 により成長する場合の雨滴の運動について考える。霧は雨滴の表面積に比 例して付着するとする。時刻t=0における雨滴の半径をr₀,落下速度を V₀とするとき,以下の数式[A]~[G]を埋め,文章を完成させよ。ただし,dm,dr,dt,dv,dPは微小量であるとする。 解答には、途中計算も記すこと。 時刻tにおける雨滴の質量をm,半径をr,水の密度をρ(一定)とすると, M=(4/3)πr^3ρより,dm=[A]dr -(1) ここでは、簡単のため,単位時間に単位表面積当たり質量aの割合で霧が 付着し,雨滴が成長すると仮定する。このとき,雨滴の質量変化は, dm=[B]dt -(2) となる。(1),(2)よりdmを消去すると, dr=[C]dt -(3) なので,時刻tにおける雨滴の半径rは, r=[D]-(4) となる。 ここで,鉛直下方をx軸の正の向きにとり,雨滴の時刻tにおける速度を vとする。重力加速度の大きさをgとし,空気抵抗は無視できるものとし, 雨滴に働く外力は重力のみであると仮定する。このときの雨滴の運動方程式を考える。時刻tにおける雨滴の運動量は、P=mvである。時刻t+dt における運動量は,時刻t+dtにおける雨滴の速度をv+dv,質量を、m+dm とすると, P+dP=[E]-(5) となる。時刻tと時刻t+dtの間における運動量変化は,その間に外から働 いた外力の力積に等しいので, dP=mgdt -(6) である。(5),(6)式より次の運動方程式が得られる。 d(mv)/dt=[F] -(7) (3),(4),(7)式などを用いることにより,時刻tにおける速度vが求められる。 速度vをr₀,a,t,v₀,g,ρを用いて表すと,以下のようになる。 v=[G] 最後の数式[F]と[G]のところを教えてくださいませんか。 途中まではこんな感じなのでしょうか? ↓↓↓↓ [A]は,両辺を積分してM=(4/3)πr^3ρに元に戻らなければならないので 4πr^2ρ [B]は,単位時間に単位表面積当たり質量aの割合で霧が 付着し,雨滴が成長すると仮定する。なので 4πr^2a [C]は,2式を代入してa/ρ [D]は,両辺積分して r+C_1=at/ρ+C_2 r=at/ρ+C_2- C_1 初期条件より C_2- C_1=r_0 よって r=at/ρ+r_0 [E]は,mv+(dm)v+(dv)m+dmdv [F]は,2式を代入して P+mgdt=mv+(dm)v+(dv)m+dmdv P+mgdt=P+d(mv)+dmdv d(mv)/dt=mg-dmdv/dt お願いいたします。

  • 力学的エネルギーの問題がわかりません!

    ある力学的エネルギーについての問題が分からないので、みなさんのお力を貸していただきたいです! 1,高さ19.2mの高さから質量3kgの物体を自由落下させた。   重力加速度=9.8m/秒速2秒 (1)19.6mでの物体の力学的エネルギーはいくらか?   これは自分でもわかりました (2)地上での物体の力学的エネルギーはいくらか? (3)地上での物体の速さはいくらか? 2,ボールを真上に初速度39.2m/sで投げ上げた。   最高点の高さは投げ上げたところから何mか? です。テストが週明けの最初なので困っています!お願いします!!

  • 力学

    物理の力学でわからない問題があるので、物理得意な方お願いします! ★y軸上を質量mの物体が自由落下している。重力加速度をgとして次の問に答えよ。 (1)物体の運動方程式のy成分を書け。加速度はd^2y/dt^2とあらわすものとする。 よろしくお願いします。

  • 高校・大学の物理(力学)教えてください。

    ma=mg-bv (a:加速度 b:定数 g:重力加速度 v:速さ m:質量) という運動方程式がかける状態があったとして(つまり、質量mの物体が落下しつつ、速さに比例する抵抗力を受けている場合です)、これをx=f(t)の形に直すにはどうすればよいのでしょうか? 位置xの一回微分と二回微分がでてくる微分方程式は初めてでわかりません。

  • 物理 力学的エネルギー

    地面から2.0(m)の高さから、質量mの物体を自由落下させた。ここで、地面を原点にし、鉛直上向きを正の向きにした y軸をとる。また、計算を簡単にするため、重力による加速度の大きさを10(m/s^2)とする。なお、必要ならば、√2=1.41、√3=1.73、√5=2.24を使って、有効数字2桁で答えなさい。 (1)質量m=2.0(kg)の物体が地面に到達するときのそれぞれの速さを「力学的エネルギー保存則」を使って求めなさい。 (2)質量m=4.0(kg)の物体が地面に到達するときのそれぞれの速さを「力学的エネルギー保存則」を使って求めなさい。 力学的エネルギーの保存則 1/2mv^2+mgy=mgh を使って求めると書いてありますが、これは代入してどうやってそれぞれの速さを求めれば いいんでしょうか?

  • 力学の微分方程式が導けません・・・orz

    力学の微分方程式が導けません・・・orz 下図に示すように,原点Oから水平距離L0離れた点Pにケーブルを吊るしたときの,張力とたるみの関係を表す微分方程式を求める問題なのですが,どうもうまくいきません. 因みにケーブルのたるみ角度θが小さいときは,この微分方程式は近似的に下の式のようになります. (d^2u)/(dx^2)-w/Th=0 このときのThはケーブル中央での張力です. T:ケーブルの張力 u(x):ケーブルのたるみ曲線 ρ:質力密度 A:断面積 g:重力加速度 L0:原点0から点Pまでの距離 わかりやすい解答お願いしますm(_ _;)m

  • 力学的エネルギー保存

    ご覧頂きありがとうございます。 力学的エネルギー保存の問題だと思うのですがよくわからず困っています。 質量mのボールを高さhまで持ち上げてそっと離す、その後の運動について答えてください。 なお、ボールを離した位置を原点として鉛直下向きにx軸をとる。重力加速度をgとして空気抵抗は無視する。 (1)ボールの運動方程式を立ててください 下向きに軸をとるのでmx''=mg (2)運動方程式を解いてボールの位置と速さを時間の関数として表してください。 v=gt+C 初期条件よりv=gt x=1/2gt^2+C 初期条件よりx=1/2gt^2+h (3)ボールが座標xの高さまで落下したとき速さvであるとして力学的エネルギー保存を表す式を立ててください 1/2mv^2+mgx=mgh (4) (1)の運動方程式に仕事の定義を当てはめて(3)の式になることを示してください。 仕事の定義ってW=Fxですか?よく分かりません。 (5) (2)から時間変数を除去することで(3)の式になることを示してください。 v=gtよりx=v^2/(2g)+h (3)から遠くかけ離れてしまいました。 (6) (3)の式を微分方程式とみなし、これを解いて物体の位置と速度を時間の変数として表してください。またそれが(2)と一致することを示してください。 とても困っています、よろしくお願いします