• 締切
  • すぐに回答を!

ジベンザルアセトンとフェニルヒドラジンの反応

  • 質問No.5415174
  • 閲覧数2186
  • ありがとう数0
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 14% (6/41)

化学実験でジベンザルアセトンにp-TsOHを入れ、そこにフェニルヒドラジンとエタノールを反応させる実験をしました。

添付ファイルを見ていただければ、分かりますが、途中までは反応機構が分かったのですが、最後の1,5-ジフェニル-3-スチニルピラゾリンの生成機構がどうしても分かりません。添付ファイルで言うところの、「?」が付いているところです。

何かヒントになるようなことでもかまいません。よろしくお願いします。

回答 (全2件)

  • 回答No.2
No1のご回答と少し異なる考えを書いて見ます。
この問題は少しばかり悩ましいものが有ります。
それは、単純なイミンへのMichael型付加と考えて良いかという事です。
Baldwin則によると、5-endoの付加は禁制となっています。
そこで、他の機構を考えて見ます。
添付図のような5-exoによる反応です。
如何でしょうか。
  • 回答No.1
不飽和イミンへの求核的な分子内共役付加(1,4-付加)じゃないですか。
アミンが不飽和ケトンに付加するのと同じでしょう。
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A

ピックアップ

ページ先頭へ