• 締切済み
  • 暇なときにでも

読書家は昔から偉かった(?)のでしょうか

某サイトで、自称読書家がやたらと本を読まない人を馬鹿にしていました 突っ込みたいところはたくさんあるのですがそれはおいといて そのサイトを閲覧していて、昔読んだ『坂の上の雲』に、登場人物の一人が、貸本屋に本をたくさん借りていることを恥じる描写があったのを思い出しました 今は読書家は偉い、というように考える人がいますが、昔はむしろ逆だったのでしょうか また、もしそうだとしたらいつからそのような風潮ができたのでしょうか 回答おねがいします

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数273
  • ありがとう数6

みんなの回答

  • 回答No.5
noname#99048
noname#99048

「昔」のことは、その昔の人らに尋ねてみないと分かりませんが 当方なぞは学生の頃から、読書してると、親にも友人にも「また本ばかり読んで!」と叱られましたがね。もっとも、このあとに続く言葉は、親の場合は「(受験のための)勉強しろ!!」だったし、友人の場合は「遊ぼう」だったけど。 > 今は読書家は偉い、というように考える人がいますが、昔はむしろ逆だったのでしょうか また、もしそうだとしたらいつからそのような風潮ができたのでしょうか 昔、と言ったって、当方は歴史なんかに関しても殆ど知らないから、ごく大雑把にしか言えないけど、「論語」なんかは、武士階級などの子弟の必須教養科目みたいに扱われてたらしいとは聞きます。 反面、こんにちの小説の母体とされる草紙もの、「戯作」と呼ばれたもの、こういうのは、どんなにたくさん読んだって、あくまで娯楽だったでしょう。 少し時代を遡れば、こんにちでは大なり小なり憧れを感じさせる趣きのある「作家」「小説家」なる名称も、「戯作者」と呼ばれ、むしろ軽蔑の対象とされていた時代もあったそうです。 自分は『坂の上の雲』読んでないし、 > 登場人物の一人が、貸本屋に本をたくさん借りていることを恥じる描写があった というのも、作中のその箇所の前後文脈を知らないので、何ゆえ「恥じる」のかは分かりませんが(本を買う金銭に乏しいこと、あるいは、娯楽に耽溺してることの証みたいな意味で恥じてるのかな?) 読書といっても、何かの専門的学術書もあれば娯楽小説もあるし、いろんな分野があるわけですから、結局、それらを膨大な数読んで、どのように役立っているのか、で偉いだろと誇ることができるか否か、ということになるかな。 それだと、「本を読まない人を馬鹿に」するのは、役立たずだからだ、と言う意味で馬鹿にしてるわけなんだろう。 たしかに、単なる知識を掻き集めるのが好きで膨大な読書量を誇り、その一端を、こういうサイトで披露することに生きがいを見出してる人も見かけます。その披露が、他人の役に立ってるなら、それはそれで結構なこと、しかし何でもそうなんだけど、それを自慢するようになったら、人格とか品性の点で、なんだかなあ...と思われてしまうのも、よくあることのようです。読書することで、精神修養度が下がるというのも、おかしな話。 たくさん読んで、それらの内容を的確に記憶にとどめる、より高次には、深く消化することができてこそ、他人の役に立つ。それは、知能の高低にもダイレクトに関わるから、尊敬も得やすいだろうし、自慢したくもなるかもしれない。だけども、知能指数が高いイコール人間性のレベルも高いか、というと、そうじゃないだろう。 質問者さんが > 某サイトで、自称読書家がやたらと本を読まない人を馬鹿にしていました ということに、反感めいた思いを抱かれたとしたら、そのへんに引っ掛かりを感じたからではないですか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
noname#101110
noname#101110

>登場人物の一人が、貸本屋に本をたくさん借りていることを恥じる 何で恥じているのか、突っ込むのならこのあたりをもっと突っ込んで欲しいですね。 >今は読書家は偉い、というように考える人がいますが、昔はむしろ逆だったのでしょうか 両方とも質問者様が提示される現状では、検討に値しない設問のように思います。 膨大な蔵書や作品のスタイルを見れば、司馬遼太郎さんも大変な読書家であられたようです。読書家をからかうような文章は書かないのではないかと思いますが、どうでしょうか。 昔は読書=勉強 だったと思いますが、今は楽しみの一つに過ぎません。その他にも昔と今との差というと、本の普及の割には読書家といえるひとが比較的少なくなっただけではないかと私は思います。もっとも、尊敬されるほどに希少価値が高まったとは思いませんが。 あれやこれやで、今のほうがむしろ”読書家の位”が落ちているのか?あまり偉くはなくなっているのか、とか思ったりします。 個人的な感想です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
  • bakansky
  • ベストアンサー率48% (3499/7230)

読書家が「えらい」ってことはないだろうと思います。 何をもって「えらい」とするかによっても違うかもしれません。 二宮金次郎みたいなのが「えらい」とされてたこともありますから(今も?)、読書する人は勉強家=えらい人、という感覚があったのかもしれません。 中国の科挙という、官吏の試験を受ける人は、とにかくうまい文章が書けることが大きな評価基準であったので、当然のように古典を読んだであろうとは思います。そこでは、えらい役人 = えらい人 = たくさん読書した人、という感覚があったかもしれません。 現代でいえば、よく勉強した人 = 高学歴の人 = 出世コースの人、という連鎖になるのかもしれません。 あくまでも「・・かも しれません」ということで、すべての人がそう思っているかどうかは別でしょう。 また、人は「えらい人」でなければならないのか、という疑問もあります。 読書家というものの「イメージ」が、「軽薄でない人」というイメージと重なるということもあるかもしれないです。 でも、やっぱり「立身出世」主義と結び付くような感じは拭えないですね。 私はわりと「読書」もするのですが、「えらい」と言われたことはないです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • wanekoz
  • ベストアンサー率14% (199/1373)

あなたはフィクションと現実を混同しています。 ぜんぜん関係ありませんよ。 また、 その劇中でもそのキャラクタが標準の設定でも ないでしょう。 「某サイトで、自称読書家がやたらと本を読まない人を馬鹿にしていました 突っ込みたいところはたくさんある」 このサイトに関係ないので話題に出てくること自体おかしい。 「それはおいといて」 自分で出した話題を自分で退けていますね。 それは親しいものどうしの無駄話でしか なりたたないことです。 記述の種類や場の種類が理解できていない。 まず自分でよく考えることですよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • ml_4649
  • ベストアンサー率14% (123/860)

少なくとも今のように多くのメディアが発達していない時代では、書物は知識や見聞を習得するツールですから、偉いか偉くないかは別にして人から話しを聞く以外の知識を広げる唯一の手段であったと言えると思います。 偉いか偉くないかはそうやって習得したものをどう生かしたかで決まる気がしますから、「読書家=偉い」は100%ではないと思います。 「劉邦元来書を読まず」と言う言葉があるように、必ずしも書物が偉い人の必要条件でもないと思います。 読書家の知識が読まない人に比べて広いのは至極当然のことで、そう言うところからの一般論であると思います。 読めば偉くなれるなら誰でもなれますから、そんな公式があるとは思えません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 読書家

    宜しくお願いします。 読書家と言える基準は? 趣味を聞かれたり、何かのプロフィール欄に「趣味は読書」と記載する人がいますが、実際にどれくらいの書物を読めば「趣味は読書」と言えますか? 毎日忙しいなかで毎日数ページ読書する人や一週間に一冊読み終える人、運動が苦手で暇なときは気づけば書物を手にしている人なら解りますが、ただ本が好きなだけで、毎日忙しくて数ヶ月本読んでないと言ってる人、雑誌ばかり読む人も読書家なのか? 趣味欄に記載している以上、どれくらいの頻度で読書する人を読書家、或いは趣味は読書と言えますか?

  • 読書家の偉人について教えて下さい。

    ナポレオンやアインシュタイン、ドラッカー等歴史における偉人は総じて読書家であったと言われていますが、そういった偉人の読書家エピソードが知れる良い出典とかありますか?オススメを是非教えて下さい。 本(個人の伝記等)であればタイトルと著者名、雑誌やテレビであれば番組名や雑誌名等覚えている限りで良いので教えていただけると嬉しいです。 エピソードについては、上記の人物以外でもご存知であれば是非教えて下さい。よろしくお願い致します。

  • 貸本屋の実態!!

    貸本屋の実態!! 今、学校の授業で「貸本屋」について調べているのですが貸本屋はあまり資料がなく大変なんです! 私の係は「貸本屋の実態」を調べる事で、例えば『お得意先』・『読書数』などを知りたいんです! 本などでも調べたのですがあまり貸本屋の事は載っていませんでした(・_・;) もし、貸本屋に詳しい方(?)がいらっしゃいましたらどうかお答えいただけるとありがたいです(>_<) よろしくお願いします<(_ _)>

  • 読書

    宜しくお願いします。 読書家と言われる人は主に小説を読んでいる人ですか? 愛読書はと聞かれた場合、小説のタイトルや好きな作家の名前を答える人が読書家ですか? 漫画本はともかく、例えば週間雑誌や文庫本の自己啓発本は読書でもなく、読書家ではないのでしょうか?

  • 読書家の皆様へ!!

    私は色んなジャンルの本をよく読みます!(ビジネス・小説・その他)そこでいつも思う事は、映画やテレビでヒットしたものは必ず二次的商品・サービスが世に沢山出てくるのに本の世界はベストセラーになっても余り二次的な物は出てないな~と思う今日この頃です!(テレビ化・映画化だってほんの一部) そこで読書家の皆様に質問です! 本の世界でも何か二次的な商品・サービスがあったらいいな~と思います? ちなみに私は本の音声商品があったらいいと思います(CDみたいな) 読んで楽しみ(学び)聞いて楽しむ(学ぶ)内容は同じでも 読む!聞く!では何か違うインパクト等があるのではと思います(私だけ?)それに音声であれば目の不自由な人でも気軽に本の中身を楽しめるのでは?とも思います!  いかがなものでしょうか?

  • 【読書家】ってどのくらい本を読む人ですか?

    うちの夫が読書家です。 かなり本を読みます。私はついていけません。 が、読書家って、どの位の量を読む人を言うのだろうか?と気になりました。 読書家の皆さん、読書が趣味の皆さん、 一年で平均何冊位本を読みますか? また、あまり読まれない方も、 どの位本を読めば、読書家だと思われますか? 教えてください。 宜しくお願いします。 ちなみに、夫の読書量は、締め切りのときにお知らせします。

  • 読書する本で…

    読書をするのに、片山恭一さんの『最後に咲く花』と言う本を読もうと思います。 この本について…どのような内容かよく分からないので、もし読んだ人や内容などが分かる人はどうか教えて下さい。 1・主な登場人物 2・あらすじ 3・感動するところ 4・感動したセリフや表現など… 参考にして片山恭一さんの本を読んでみたいなとおもいます。

  • 読書のノロケ話はしない方が良い?

    半年前から本格的に読書にハマりました。月に8冊ほど読みます。すると、いろんな人に本について語りたくなります。 旧友に会ったりすると、「○○先生の小説って読んだことある?アレに凄い感銘受けちゃって云々…」と、つい語ってしまいます。本屋なんか行くと喋らずにいられません。ストーリーは明かしませんが、登場人物や時代背景ぐらいは喋ってしまうことが多いです。 聞いている方としてはどうなんでしょうか?そんなに長々と話すことはないのですが、あまりしない方が良いですか? 悩んでいる人の話なんか聞いてると、「この本を紹介したい!」とか思うんですがやはりウザイでしょうか?

  • 名前の由来探しています・・・

    「ゆかり」と「このみ」という一組の双子さんの 名前の由来を探しているのですが、 解っているのは、1960年以前の書物などの 登場人物かなにかからヒントを得てご両親が付けられたということくらいです。 読書家の方など、本にお詳しい方の助けをぜひとも宜しくお願い致します。

  • 読書しなくちゃダメですか?

    僕は漫画はよく読むのですが、小説など文字だけの本は殆ど読んだことがありません。しかし、知識やボキャブラリーが人より劣っているとは思えないし、文章を書くのが苦手なわけでもありません。つまり、読書をしなくて困ったことがないのです。 読書家の方にお聞きしたいのですが、本をたくさん読んで、何か役に立ったことはありますか?また、「読書しないと、こういうことで損するよ」といったことがあれば、教えてください。