• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

放射線の問題

  • 質問No.5409422
  • 閲覧数519
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 28% (51/178)

「α線の比電離能は飛程終えん付近で最大となる」という問題です。
答えは「正」とだけ書かれていて理由が分かりません。


そもそも比電離という言葉が分からなかったので、調べてみたところ「経路1cm当たりのイオン対の総数で、イオン対を作り出すのにはエネルギーを使う」と書いてありました。

飛程し始めの方がより大きなエネルギーをもっているので、より多くのエネルギーを持っている、つまり「飛程し始めの比電離能が最大となる」というふうに思えますが、ちがいますか?調べて余計に混乱しました。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
  • ベストアンサー
良くある誤解です。
どんな粒子も「吸収断面積」という値で代表される「反応効率」を持ちます。
α粒子は質量が大きく2+の電荷を持ちます。
飛翔中に他の粒子と相互作用し次第に「運動エネルギー」を失っていきますが、2+の電荷は失いません。
飛翔が修了するとそこに2+の電荷を「置き去り」にします。
だから、「比電離能」が大きくなるのです。
お礼コメント
shine2009

お礼率 28% (51/178)

わかりました!ご回答ありがとうございます。
投稿日時:2011/11/22 00:48
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ