• 締切済み
  • すぐに回答を!

正当性を欠いた実況見分による不利な保険対応について

【事故状況】  今年8月、交差点で信号待ち発進直後、同方向同士で接触。当方スクーター、相手は4tトラック(運送会社)、転倒した私のみ怪我をし入院(頭蓋骨骨折、急性硬膜外血腫、全身打撲等)。 【見分状況】  退院後、相手と互いの車両を用意し2人まとめて見分。信号待ち中の停止位置について、相手車両は警官が誘導、私は「同じ車線内だった、トラックの向こう側にもまだ余裕があるじゃないですか、もっとずらして下さい」と何度主張しても、担当警官は「これ以上トラックは向こうへ行けない、ありえない」と言って、やってみることもしてもらえず見分が進められてしまいました。  結果、私は隣の左折専用車線に飛び出した形となり、調書を作る段階で「車線変更して直進車線へ進入」という表現をされたので「だから、車線変更はしていない、同じ車線内に停まっていたと何度も言ってるじゃないですか。」というと「この内容でもう見分は終了している」と言われ、私は納得できないまま押印してしまいました。 【相手任意保険会社の対応】  「当方ドライバーから見分の報告を聞いた雇用会社の判断ですが、あなたの車線変更によって起こった事故と思われ、当方のドライバーが大きく悪いとは思えない、任意保険を使う必要は無さそうなので、ご自分で自賠責に請求して下さい。」との事。  退院以来、「全て、見分の報告をドライバーから聞いた上で対応を判断したい」と言われ、ずっと自分で医療費を払っています(国保)。 【その後】  停止位置について納得できないという理由で、担当していた警官の上司に見分のやり直しを求め、先日2回目の見分を行ってもらえました。再度、相手ドライバーと車両に来てもらい、私の主張通り、同じ車線内で停止していた形で見分終了。 しかし、調書の書き直しは私の分のみで、相手方は変更なしという事でした。 【相談したい点】  このままでは、相手任意保険の対応に大きな変化を期待できず、先々問題となる過失割合も、私の方が事実以上に大きくされそうで心配です。  右に大きくカーブしている十字路なので、運転手はハンドルをきっている筈だという点、トラックの前面部分から私のスクーターのバックミラー擦過痕がついている(トラックが後ろからぶつかった証拠)点、など、相手の不利になる点も無視されています。  最初の見分で停止位置をやり直してもらえさえすれば、同じ車線内で停止できることを証明でき、その位置で見分が終了すれば保険対応も違っていた筈です。  不当な見分を行った警官に「自分が停止位置を決めつけた」と一筆書いて欲しいですが絶対無理な事でしょうか。無理な場合、同じ車線内だったという事をどうすれば相手方に認めさせることができるでしょうか(停止位置に関する目撃者はありません)。過失割合などを不利にしない為に、何か手は無いでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数217
  • ありがとう数2

みんなの回答

  • 回答No.2
  • donbe-
  • ベストアンサー率33% (1504/4483)

調書は双方の言い分をそれぞれ書類作成 それを業務上過失傷害として検察庁に書類送検 検察官合議の上 相手の起訴・不起訴の刑事処分を決定するのみ 過失相殺に踏み込むことはしません。 警察は事故後の対応 事故事実は当事者間にしかわからないこと、保険屋も同様 したがって、保険屋は契約者の主張を尊重しながら あなたの主張言い分も含んだ、足して2で割る示談対応しかできません。 例えば、信号機のある交差点でお互い青主張なら、第三者目撃証言がない限り、双方青主張の立証・証拠がないかぎりは双方の主張の間をとって5:5で示談するしかないでしょう。 あなたに刑事上の処分はありません。 過失相殺は民事上の問題 警察は民事不介入 これを最終的に決定する権限があるのは裁判所です。 示談とは双方話しあい 不満ながらも妥協し折り合うものです。 人身部分では自賠責がありますので、120万までは原則過失相殺関係なく100%補償されます。 治療費立て替えで経済的負担があるなら、早々に一度被害者請求することですね。治癒までは120万超えない限り何回も請求出来ます。 物損では任意保険の過失相殺適用したものでの賠償提示になるでしょうが、あなたがあくまで自分主張で貫くなら、最終的に調停・訴訟に持ち込み裁判所の判断を仰ぐしかありません。(その他斡旋機関として、紛争処理センター利用もあります) 訴訟を提起するのはあなたになります。 事故の真実を知るのは当事者のみ 警察・保険屋が解るはずはありませんし、決定、決めつける権限はまったくありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

丁寧なご説明をして頂き有り難うございます。 自分に不当に不利になりそうなことを回避しなければ、と焦りが先にたち頭が混乱していましたが、読み進むうちに、だいぶ冷静になれました。 今後の話し合いでもめそうになったら、書いて頂いた言葉を思い返しながら乗り越えたいです。 有り難うございました。

関連するQ&A

  • 任意保険が対応しない場合の対処

    どなたかご意見を下さい。  去年8月の交通事故、当方は原付、相手は会社のトラックで、信号待ち発進直後、同方向での接触事故、私は、頭蓋骨骨折・急性硬膜外血腫等で入院した被害者です。相手任意保険会社が対応しないと言うので、自賠責に被害者請求中、未だ通院中ですが、治療関係費だけで限度額120万を確実に超えようとしています。  任意保険が対応しないと言う根拠は、実況見分で、信号待ちの停止位置について両者の主張が著しく違い、それをもとに加害者の過失が大きいとは思えないため、とのこと。  私の主張は「停止はトラックと同車線内」、加害者側は「原付は、隣の左折専用車線内」、よって、私が違法な車線変更でトラック側へ寄のではないか、と主張しています。  これは、見分時に、担当警官が私の言い分を無視し、停止位置を指示誘導した為で、私は警察へクレームをつけて見分のやり直しを求め、11月にやり直してもらい、1月に被害者供述調書のみ私の主張通りに書き直してもらいました。検察庁へは未送致。  加害者は、停止中から接触まで、私の存在自体に全く気づかなかったと言い、実際、事故時もそのまま走り去ろうとしていたところを後続車ドライバーに引き留められて戻ってきたそうです。  実況見分で事故トラックを確認したところ、前面部分から側面にかけて私の原付バックミラーの擦過痕がついており、相手が後方からぶつかったことは明らかなのですが、そういった点も無視した対応をされています。 「轢き逃げ未遂」などで厳罰嘆願書を書いて警察に渡してあります。  後遺症については、めまいで治療中の耳鼻科医師が「後遺症は必ず残るので治療開始から1年後に後遺症診断書を書くことになる」と言い、頭部外傷の縫合部位の後遺症診断書は依頼したところ、あとはむち打ちがどうなるか未定です(むち打ちについてはペインクリニックでブロック注射とリハビリ治療中)。  本日、日弁連無料電話相談をしたところ、今から任意が対応するよう覆すのは無理だと思われるので即弁護士相談を勧めるとの回答でしたが、もう一度、加害者本人あるいは任意保険会社に対応を求めるのは無駄なことでしょうか?  何件か、インターネットで相談できる弁護士に打診しましたが、いづれも対応不可との返答で、前途が不安です。今後、どういう行動をとるのが得策と思われますか?

  • 交通事故の実況見分調書に警官の虚偽の記述

    皆様、よろしくお願いいたします。 2010年5月に、車対車の交通事故に遭遇しました。 相手が、100%悪いと思うのですが、人生の勉強代として多少の過失は認めてもよい覚悟でした。 ところが、実際にはすべて相手の嘘が通った形となり、担当の警官まで虚偽の記述をしております。 ※100歩譲って、警官は勘違いをしている。 相手、100対0で主張しているが、相手の保険会社からは50対50なら話会うという連絡が 私の保険担当に一回ありました。 それ以外は、なしのつぶてで 実況見分調書を待ってからの判断ということでした。 ここにきて、やっと目にした調書なのですが・・・ 私の保険会社からは、 以下、調書内容であれば50:50が妥当と判断いたします。 なぜ、なぜ・・・ このような書面が届きまして、めまいで気を失いそうになりました・・・ 検察からは、双方不起訴といわれており、過失割合は証拠がないため、お互いの供述を 覆すにはいたらないでしょうと言われております。 ただひとつの救いは、もし罰金刑が双方に課せられる場合は、今回の事故は 客観的に相手のほうの過失が高く、相手のほうの罰金が多くなるケースですと言われました。 ただ、裁判に発展した場合でも、互いに労力と資金を費やすだけの成果は、 期待できないでしょう、とも付け加えられております。 現時点で、私の任意保険の搭乗者保険で対応してもらっています。 ここで、事故の詳細を記載させていただきます。 相手、黒のキャデラック(32才男と妻、5歳くらいの女の子) 私、国産2lのワゴン、7人乗車中(子供3人7,5,3才と両親70代、そして私たち夫婦)です。 ゴールデンウィークのある日、行楽地へ向かう途上のことでした・・・・ ある大きな交差点の手前100m位で、2車線左側から右車線へ、私が車線変更をました。 渋滞中に、片側がスーッと抜けたよううにあいたからです。 すると私の車線変更に怒った後続車両(相手)は嫌がらせのような追跡をして来ました。 交差点に入り、相手は右折レーンから、私の車両に並ん高と思うと、 突然、私の車両の前方に割り込んできて抜き返そうとしました。 ※速度は40~60km位  そのときに、相手は右前輪とフェンダーを中央分離帯に接触させ、 私の車の左後部フェンダーとバンパーに激しくぶつかりました。 左ハンドルで、私の車両に向かって叫んでいましたので、前方不注意だと思います。 180cmをゆうに超えるこの男は、道路に降り立ち私たちに罵声を浴びせ続けました。 暴力団と思えましたので、車に鍵をかけ、うまく頭を下げて近くの駐車場まで手招きで誘導しました。 『あせっていた私は、駐車場のポールに後ろバンパーをぶつけてしまいました。』 このことが後で、問題になります・・・・・・・ 私の子供と両親が救急車で病院に搬送されましたが軽症です。 私が怒鳴られているときに、妻が110番をして、 若い警察官がバイクで着てくれました。 そしてけが人がいるとわかると、交通事故処理班を呼んでくれました。 その担当の警察官が今回の問題人物です。 何故か、相手に有利になるような、信じられない行動と事実が続くのです・・・ (1)はじめから私の話は煙たがっていた。 (2)私の話をほとんど話を聞ない。 (3)取調べの日時に、土か日曜日を希望したところ憤慨され、ありえない話をされた。  ※土、日の取調べを認めるようでは、警官に収賄の疑いがかかる、もってのほかだ。うんぬん・・ (4)私の不利になるような調書を作られた。 (5)なかなか人身事故にならず、機関に再三訂正を求め、物損→人身まで 5ヶ月もかかった。 私の保険会社から実況見分調書の閲覧が可能になり、写しが送られてきて驚きました。 そのまま記載します。 (4)被疑者の運転した加害車両の状況 加害車両の部位   右後部フェンダー部及び後部バンパー右側部に、前から後ろに向かう擦過痕等が認められた。   地上高28~54cm  後部バンパー右側及びリアドア右端付近に衝突痕が見られたが、同痕跡は駐車場にバックで   進入した際、コンクリートブロックにぶつけたものであり、本件とは無関係であるとの双方の   供述であった。 (5)相被疑車両の状況   相被疑者・車両の損傷部位   前部バンパー左側及び左前フェンダー部に相手車両の塗色の擦過痕。   前部バンパー右側及びタイヤホイルに中央分離帯のコンクリートの接触痕。   同乗者の妻は妊婦であり現時点で4ケ月とのことであった。 反省点はあります。 それは・・・ 

  • 実況見分の訂正をしたいんですが

    交通事故の制動距離の件でです。路面状況は舗装された乾燥したアスファルトで平坦であり、午後6時30分頃天気は晴れです。 軽のワンボックス 全長329cm 車両重量1150kg の車が時速57km走行でノーブレーキで11.8mまでの間の速度を教えてください。減速はしますか? そして、その地点から停止まで15.6mの距離をブレーキをかけ減速し、12.1mまで距離の所で車左バンパー角と単車前輪に衝突後停止するとすればその間の時速は何kmでの走行になるでしょうか? 時速57km走行の車が11.8mの距離までに時速35km間でノーブレーキで速度20kmほど落ちる事は無理ですよね? 私が単車で相手車になり、最初の車の走行地点では時速57km走行と断定できております。 相手はそれまで11.8mまでの距離に交差点前だからということで、減速し(ブレーキはかけていません)、時速35kmで走れば15.6m停止地点までに止まれると回答しています。 実際の停止位置は先の交差点内でしたが実況見分の内容では添付図のようになっていました。相手の嘘の供述で当方立会い無い元での作成です。 ご回答よろしくお願いします

  • 回答No.1
  • DENBAN
  • ベストアンサー率36% (243/660)

質問者さんが主張したいのは、発信時に何処に停車していたかと いう事でしょうか。事故の状況が分からないのですが、 その停止位置で止まる前は、スクーターが前を走っていて後ろから きたトラックが並んだのか、トラックが停止しているとこへ、 スクーターが後から並んだのでしょうか。後者の場合何処を通って トラックのどの位置に停車したのでしょうか。 また、どのようにぶつかたのでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

 目をとめて頂き有り難うございます。  はい、主張したいのは、発信時に何処に停車していたかという事=私は車線変更していない、という事で、相手方にもそれを認めさせる材料をつくりたかったのです。相手方任意保険担当が、「あなたが隣の左折専用車線から進入したがために起こった事故であるから当方ドライバーに大きな過失があるとは思えない」と言っているのを撤回させたかったのです。  状況は、私のスクーターが、5車線の左から2番目の車線を、信号待ちで溜まり始めていた車の左側を通り抜け、先頭まで行って停止線で停止、同じ車線内の右手にいたのが接触したトラックかどうか私は認識していませんが、相手ドライバーは、先頭にいたと証言、すぐ左隣は左折専用車線。  しばらくして青信号になると同時に発進、私のスクーターはポンコツで時速10~15kmのノロノロでしたが先頭で発進しました。発進直後、右のバックミラーが後続の相手方トラックに当たって左回りに回転、驚いて右側を見ると、避けられない程トラックの車体が近づいて追い抜いていく所で、荷台の出っ張りに身体が跳ね飛ばされて転倒しました。ぶつかった後は救急車の中で気づくまで気を失い記憶がありません。接触地点は停止線から3~4m程度の交差点内、右にカーブが始まるあたりです。相手ドライバーは、終始私の存在にもぶつかった事にも気づいてないと言い、交差点を抜けて10数m行ったあたりで後続ドライバーに事故を告げられ戻ってきたとのこと。  車の左側を通り抜けてはいけなかったことは反省しております。ご意見頂けましたら幸いです。

関連するQ&A

  • 交通事故の実況見分調書の内容とは?

    私は交通量の多い3車線4車線の交差点で自動車同士の事故にあいました。私は右折レーンで先頭で待機しており、黄色から赤信号そして右折矢印が出てから右折を開始しました。事故日は日曜日の昼で交通量が多く、信号が黄色でも直進車両がヅルヅルと直進してきました。よって矢印が出てからの右折開始でも十分に渡れる私は(黄色では直進車両がなかなかきれないので矢印以外の右折はかなりの危険を伴う。ほぼ自殺行為と誰でもわかる)矢印が出てから直進車両の列がきれたのを確認して、右折を速やかに開始しました。その時交差点に、直進してくる車が… 私は相手の存在に衝突のわずか前に気づき、相手が女性ドライバーでよけるそぶりの無いことがわかりましたので、怖いくらい冷静に相手の車がぶつかる瞬間を見ていました。ドカーン。私の車の左前のタイヤ付近に正面からぶつかり車どおしは接着していました。当たった瞬間私は窓を開け、相手に『赤信号ですよ。すいませんが。』と注意をしましたが、『相手からは黄色だと思って…』と返答しました。相手の車から煙が出ていたのでとりあえず出て交差点を渡り安全なところで警察を呼んでもらいました。15分ほどして警察官2名が来て、別々に分かれて実況見分を行いました。その後、両者を集め、私にはいくら矢印でも確認義務があることの注意を促し、その後、相手の方に『でも無理な進入がもっと良くない』と注意した上で、『今後あなたが供述を変えてしまうことがあるのでそうしないように』と注意しました。そしてこの場は解散。私はこちらに過失が無く、被害者であることを自覚していたので、事故でショックもすぐ元通りになると期待して何とか穏やかにしておりました。しかし、その次の日、相手の保険会社から『うちの加入者は黄色で進入したと言っています。』との報告をうけました。案の定供述を変えたのです。あり得ない…。確かに目撃証言はない…。  しかしもし相手の供述通り、黄色で停止線を進入していたならばこちらの信号も黄色になってしまいます。(相手は速度50キロであったと供述。私は停止していたので5キロ程度。)黄色では先に記載したとおり右折車は、よほどのスピードで3車線の直進車をくぐりぬけるように進まないと確実に事故を起こす。  私は現在、人身事故扱いで警察に届け、その後両者立会いのもと再度実況見分を行いました。私は右折開始までの停止位置の確認と相手に気付いた位置の確認のみでした。相手は信号から後ろのほうに下がったり、行ったり来たりして警察官と話しておりました。その後、被害者として再度取り調べを行ったのですが、内容は今までと一緒です。被害者からは相手保険会社に丸投げしており、謝罪も無いことから刑事処分を強く望むことを伝えてきました。  しかし、先日相手保険会社から70:30〔私〕の過失割合の提示がありました。30の過失は判例上直進車の確認業務を怠ったことらしいです。しかし相手の赤信号無視は明確であると思っていたので(警察の取り調べもやはりあの交差点では矢印以外の右折は厳しいはずで、私が被害者であったと認めているので、私の供述は揺るがないもののはず。むしろ相手は私の供述と衝突までの速度と距離の関係から信号の黄色を確認した位置が停止線の50m~60m先であったことを図面化されて衝突までの速度と距離の関係からそれを認めざるを得ないはず。よって警察の実況見分調書にはおそらく赤信号無視の内容が記載されているはず。)てっきり100:0か90:10と思っていた私はショックでした。 そして現在私は今後の対策の中で (1)警察の実況見分調書を武器にして相手保険に黄色の進入の間違いを認めさせる。 (2)知人弁護士に相談してみる。〔初回5000円の相談料~〕 (3)ひたすら病院に通い、慰謝料で心身的にもまかなう。 (4)相手保険に相手の供述での具体的図面を書いてもらい、矛盾点を指摘していく。 事を行う予定です。 そこで(1)についてですが、私のとりでである警察の実況見分調書は私の思うとおりの武器としての効力が本当にあるでしょうか?また(3)全治2週間の診断書を受けましたが、本当に通い続けることがか可能でしょうか?ちなみに年内は通う予定です。(4)は矛盾点を見つけてひたすら相手の保険担当者から加害者に確認をしてもらうようにしようと思っております。しかし無駄なことでしょうか? .63

  • 交通事故の実況見分が遠い

     最初にお断りさしていただきます。本人ではないのですが、便宜上一人称で書かして いただきます。    一か月ほど前に、居眠り運転の車がスピンしながら対向車線を越え 私の運転する車に衝突してきました(衝突時は当方停止状態)。幸い双方、運転手 同乗者も怪我なく、警察、相手の親御様、相手の保険会社がきて詳しくお話しし、 その場は終わりました。(相手方も常識的な対応で双方穏便に済む)  私の方は、旅行中だったので交通費、レッカー代、車の修理代全部相手側の 支払いでした。後に車の修理代は全損価格を越えるので、全損価格になり多少 納得しかねましたが、過失割合はまったく揉めることなく当方過失0と言うことで 保険会社との示談に応じました。  ところが本日、事故現場の警察から電話があり、相手の同乗者から診断書が 提出されたので、実況見分の為、某月某日某時に事故現場に来るようにと 連絡がありました。上記したように旅行で行った土地なので350km程離れた 場所なのです。日にちも来週早々なので都合もつきかねます。 (推測ですが、相手の同乗者と相手の保険会社の問題だと思っています。)  警察は仕方がない、仕方がないの一点張りですが、こういう場合、交通費負担で 指定された日に行かなければならないのでしょうか?今のところかなり無理をしないと 行けませんし、釈然としない気持ちもあります。   法律のことだけでなく、現実的な対応、行けなければどうなるかなど、教えていただ きたいです。  本人でないので情報不足かもしれませんが、ご容赦ねがいます。  宜しくお願いいたします。  

  • 事故の実況見分調書の故意的な間違いについて

    よろしくお願いします。 1年ほど前に、右車線を走行中に、渋滞して停車している左車線から無理やり入って来た車に、事前発見して、停車したにも関わらず、斜めに突っ込んで来られて事故になりました。 その後警察に電話したら、忙しいので来いとい言うので、相手に言った所、反対に走って行ってしまい数十分程警察に遅れてきました。 警察で待っていたところ、相手は後で分かったのですが、地元の夕刊だけ出している新聞社の女記者で、事故担当で無い(これも警察官が去り際に言いました)警察官と同時に現れ、私を責め始めました。そして、相手は保険屋同志の話しでおたくと会う事は二度とないと捨て台詞を残していなくなりました。 助手席後部に20歳の長男が乗っていたのですが、少し頭を打ったので医者に行った方が良いかとその警察官に行ったら、「シートベルトはしとったんか!」と言われました。もちろんしていました。 その後、相手が忙しいとか言われて、現場検証も2か月放っておかれ、更に最後の事情聴取はなんと半年先でした。 保険会社は1対9と言って来たのですが、相手のふてぶてしさと警察の対応が異様に感じたので、0対10を主張した所、相手はこっちにも責任があると主張しているとの事でした。 保険会社は、子供の慰謝料が些少ですが出るので1割はそれから出したらと提案したのですが、相手の態度と警察の態度が大変不遜だったので、主人が相手と警察の態度が遺憾なので、弁護士さんに相談しようと言う事になりました。 そして、弁護士さんが実況見分調書を取り寄せたところ、なんと、事情説明の時に説明した事と違う事が書いてあり大変不利になっていました。 内容は、 1、信号の手前で赤信号なので、数キロ走行のち停車⇒ 40キロで走行 2、右折するので右折車線に入った⇒ 追い越し車線(存在しない)を超えて走行 3、相手を発見したので、事前停車⇒ 道路上で駐車違反(メイン道路なのと信号の手前なので駐車   する車はいない) 相手は、最初に仕事中の事だと言ったらしいのですが、最後の事情聴取の際に警察官に聞いたら、仕事中で無いと言いなおしたという事でした。 おそらく、仕事中なら相手の勤務している夕〇三〇も訴えられるかもしれないと思ったからかもしれません。   遅れて相手と現れた不審な警察官といい、その後の対応といい、警察と地元新聞社は色々なつながりがあるので、どう考えても癒着しているとしか考えられません。 実は、当松阪市は交通事故死日本一を誇る困った市で、轢き逃げも大層多いです、警察官のそういう事が一因で、安全運転しない土壌が出来てしまっているのかもしれません。   (松阪市に来て20年ですが、すでに当て逃げも数回、子供も轢き逃げを2回されています。幸い軽傷で済んで良かったですが) こういう事を減らす為にも、今回の裁判はぜひ世情に訴えたいと思っています。 警察に、実況見分調書を書きなおして欲しいと出向いたのですが、裁判になったなら担当の警察官とは会わせらないとの事でした。 初めての事なので、何が本当なのか、警察自体が信用出来ない状況です。 いろいろと教えていただけると大変有難いです。どうぞよろしくお願い致します。                                                      

  • 事故直後の実況見分内容を覆したい

    おはようございます。 先日、交差点で昼間に交通事故に遭い、悩んでいます。 こちら:右折(普通車)、相手(トラック)です。 現場交差点は、ゆがんでいて、中心部がくの字のくぼみ部分になっており、こちら側~交差点の中心へはすこし右に曲がって入るところです。 事故直後は右に曲がった形で、右前方から前が大きくえぐれた状態で止まったため、私が右折をしたものと思い込んでしまい、その後も同乗していた子どもやその他連絡に追われ、相手や警察にその旨を伝えてしまいました。自分と子供が負傷したため病院へ搬送され、後から警察の方がきて、ショートカットをしたといわれました。 ただ、ショートカットしてはいないし、あとで記憶を辿ったら、右折は開始していないことにも気がつきました。この内容はすぐに警察に連絡し、本日調書を作成してもらう予定にしていますが、どこまで効いてくれるか、証拠写真もはじめの発言に基づいてとられているのではないかと不安です。 また、車の修理について、こちらは保険会社で対応しているのですが、相手(会社)は保険に加入ていないのか、使いたくないのか、こちらの保険会社の方が相手会社の社長さんに電話をかけると、こちら:相手=100:0をはじめから主張し、一方的に言いたいことだけ言って電話を切るため、全く話し合いができない状況です。 幸い、車両保険にも入っており、治療費も自分の保険で工面できる状況なのですが、過失相殺も決まっていないのに決め付けてくる相手のずうずうしさには腹が立ちます。車が頑丈だったから死ななかったものの、殺されかけてたのですから。心情としては、なんとかこちらの主張を通して、5部5部くらいには持って行きたいと考えています。 ただ、双方の主張が全く食い違っているので、水掛け論になり、相手が払わない(払えない)で長引くようなら、こじれる前にサッサと終わらせたい気もします。 どのように対応していくのがベストなのでしょうか? 運転手は少し挙動がおかしく、警察が来てからは無口になり、自宅の電話、住所は一切教えてくれず、会社の電話番号さえもこちらが何度も指摘してもなんで違うかわからず(?)、こちらから市外局番を提示する始末。 しかも、かすかにお酒のにおいが。 その直後に子どもと病院へ運ばれてしまったので、アルコール検査をしてもらえなかったのが心残りです。 つらつらと書いてしまいましたが、よろしくお願いいたします。

  • 交通事故の実況見分調書

    私営バス車内で転倒して負傷しました。加害者が任意保険未加入なので自賠責から足が出た分について示談交渉しましたが、決裂して小額訴訟を起訴しました.これも拒否され普通民事訴訟に至っています. そこで質問です. 過失相殺を争う為、実況見分調書を相手弁護士が取り寄せました.そこには当方が主張した事故発生場所から100mほど先が事故現場となっていました.恐らく運転手の言い分を真に受けた結果だと思いますが、場所により乗車してからの時間が算定でき、座席に座ろうとするまでに過剰な時間がかかったと受け取られ、過失が問われる可能性が有ります.勿論、用法は速やかに着席しようとして転倒したことは間違いなく、運転手の言い分には矛盾が有ります. このような場合、事故現場周辺状況を説明して当方主張の妥当性を審判してもらえばよいのですか? 実況見分調書は加害者の刑事責任を問う為の書類で民事にはあまり有効でないと聞きましたが本当でしょうか? 過失相殺を問われないようにするにはどうすれば良いか、アドバイスをお願いします.

  • 人身事故の実況見分について

    家族が当方車対バイクの右直事故による人身事故の当事者となりすでに3ヶ月が経ちます。先方は未だに入院中です。 当方はこの間に警察の実況見分に立合い調書への署名も済んでいます。また、事故の目撃者からの証言も警察は取れていて、その内容は一致しているとの話が警察からはありました。基本的にはこの調書を送致することになると思うとも言われて来たそうです。 が、先方は未だに入院しているようで、見分はできていないようですが、両者の話しを聞かずして送致することはあるんですか? わかる方はご教示願います。 因みに事故は、当方青信号で交差点進入待機。その後黄色信号により対向車停止確認後右折開始したところ先方が路肩側から飛び出してきてうちのクルマに接触前に転倒し空のバイクが激突する事故で相手は全身打撲、肋骨骨折、内蔵損傷とのことです。 この内容で事後報告を保険会社にしましたところ判例では4対6で先方に過失があるとのことです。

  • 交通事故の実況見分で警官が間違って法律を理解

    高速道路の高架下の入口と出口に交差点のある(間隔は30m以内)場所で ・入口の交差点の20~30m手前ではRV車は原付の後方を走行 ・入口の交差点の出るあたりで、RV車は原付の右を走行、 ・高架下の出口の交差点ではRV車は原付の前を走行 ・高架下の出口の交差点の真ん中あたりでRV車が急停車したので原付が接触 ・医師の診断書を提出して人身事故扱い という事故の実況見分で、道路交通法第三十条第二項の「交差点の手前の30m以内の部分の追い越し禁止」の違反を主張した所、警察官は「車線変更していないので追い越しではなく、追い抜きだ」と言って、警察官は追い越しではないと言って、道路交通法第三十条第二項の違反も認めませんでした。 しかし、後で道路交通法を確認すると追い越しの用語の定義には「(車線変更ではなく、)進路変更」という言葉が使われていて、明らかに追い越しがあり、RV車は道路交通法第三十条第二項に違反しているので、道路交通法第三十条第二項の違反でも厳重に刑事処罰を求めたいと考えていますが、どうすれば良いのでしょうか? ちなみに、RV車の運転手は「自分は、一切、悪くない」という態度を取っており、接触後、その場を立ち去った事も(警察が控えていたので後で調べた)、「接触した事に気が付かなかった」とふざけた事を言っており、厳重に処罰されないと反省しないという相手です。 道路交通法の抜粋 (定義) 第二条  この法律において、次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。 八  車両 自動車、原動機付自転車、軽車両及びトロリーバスをいう。 二十一  追越し 車両が他の車両等に追い付いた場合において、その進路を変えてその追い付いた車両等の側方を通過し、かつ、当該車両等の前方に出ることをいう。 (追越しを禁止する場所) 第三十条  車両は、道路標識等により追越しが禁止されている道路の部分及び次に掲げるその他の道路の部分においては、他の車両(軽車両を除く。)を追い越すため、進路を変更し、又は前車の側方を通過してはならない。 三  交差点(当該車両が第三十六条第二項に規定する優先道路を通行している場合における当該優先道路にある交差点を除く。)、踏切、横断歩道又は自転車横断帯及びこれらの手前の側端から前に三十メートル以内の部分

  • 実況見分調書は物損の過失割合決定にも有効ですか?

    実況見分調書は物損の過失割合決定にも有効ですか? 知っている方がいましたら教えて頂きたいと思います。 事故は私は乗用車、相手は2トントラック。事故は国道上でT字路交差点。中央に遊休地が約20mあるので、上下一方通行となっています。私が国道を走行し、左から合流するT字路に差し掛かる手前で、相手のトラックはT字交差点を左折しましたが曲がらず、横断歩道上に進行方向と同じ向きでいました。トラックは私の直前を走っていたのではなく車間がかなりあいてました。私はT字路進入時に相手の車が交差点の横断歩道上にいるを確認したので停まっているのかと思い、そのまま直進したところ、急に目の前に出てきてT字の形でぶつかりました。私が進行方向に対してTのたて棒、相手は横棒。1車線の道路で相手は道をふさぐように出てきたのです。どうも、T字路の先にあるみなし道路(ほとんどガードレールで覆われていますが、一部2.9mくらいの幅があいており通常は入れない)に入ろうとして、真横に出てきたようです。事故当時、柵は動いていました。 私の車は左前がトラックの真ん中あたりの燃料タンクのガードにあたり、左側前の損傷が激しく自走無理となりました。 相手のトラックは自走可能でガードなどがひん曲がったくらいでした。すぐに警察を呼び物損で処理されました。 しかし翌日の朝、私の車に同乗していた嫁が首が痛いとの事で病院にいき診断したところ全治7日となりました。すぐに警察に人身への切り替えを要請しましたが、相手に連絡して同行で出頭して提出してくださいと言われました。 先日相手に連絡がつき出頭要請をしたところ了承されましたが、翌日警察を介して、私が診断書を出すならこちらも出すと。実は痛いの我慢してるんだと。向こうの運転手及び同乗者の2名が言っているようです。しかし、こちらが取り下げたら取り下げると。 また物損に関しては、相手は100%悪くないと言い張っており、先日も保険やを通して確認しましたが悪くないといっているようです。 特殊はケースだと思いますが、20:80で相手の過失が大きいのではと思っています。 人身部分と物損部分は違うと思いますが、物損のところでもめた場合は裁判等になろうかと思います。 その場合、人身事故扱いにして実況見分調書が出れば正当性を主張できるのではと思っていますがどうでしょうか。今の物損事故処理のままでは、お互いの言い分を保険屋を精査するでしょうが、相手が100:0で過失がないといっているならうまくまとまりそうな感じがありません。ぜったい泣き寝入りはしたくないですし、もし保険屋が手打ちのような形で50:50と言ってきたとしても私は納得できないと思います。 また相手はトラックは建設会社のもので、任意保険は入ってますが100:0を主張しているので使いたくないようです。運転手は下請けの方のようで、その会社の方ではありません。 当日作業は除草作業をされており、その休憩のため通常入れないみなし道路へ進入しようとしたようです。事故現場は除草作業の場所ですが、まだ作業はしておらず、他に人はいませんでした。事故後、わんさかと人があつまり御弁当を広げて昼食をとってました。特にそこの進入に対して交通誘導、看板、パイロンの設置などありませんでした。 国道なので県が委託して除草作業をさせているとこまで突き止めました。もめた場合、委託元へ連絡してもいいものでしょうか? 写真は相手がはいろうとしたみなし道路です。 私は写真右側から左へ国道を直進してました。 長々と書きましたが、何卒御教授お願い致します。

  • 被害者が任意保険未加入の交通事故

    自分が被害者で、任意保険未加入状態の交通事故の事で質問なのですが、解答頂けると助かります。 自分(被害者):250ccバイク(任意保険未加入・自賠責アリ) 相手(加害者):貨物トラック(任意保険・自賠責共にアリ) 場所:片側一車線の信号のない道路 怪我の状況 相手:無傷 自分:右肘打撲、左肩打撲、首の左側の筋を痛め、三日目の今日まで頭痛続き 現在は物損事故扱いで処理してますが、二回目の通院で診断書を貰い人身事故に替える予定 車両状況 相手:トラックのバンパー破損 自分:廃車 渋滞時、自分のすぐ前の車が右折しようと右に指示機を入れ、道路中央線に寄り停止したため、自分(バイク)は前の車の左側から避けて前に出た所、反対車線から右折してきたトラックにぶつかりました。 警察の事故処理で過失は7:3とは言われましたが、被害者である自分が任意保険未加入の為、保険会社から6:4と言われる場合があるとの事でした。 任意保険の支払いを忘れて解約になった自分が悪いとは十分承知ですが、真っすぐ走ってたら横から勝手に突っ込んできて、6:4ってのがありえなく思います。 今現在は、車の免許がなくバイクの免許しかない為、 仕事にもいけずに自宅療養中です。 何か良い相談場所、もしくは良い対応案などありましたら、宜しくお願いします。

  • 道路外出入車と直進車の過失割合と事故処理の進め方について

    先日、車対車で事故になってしまいました。 初めての事故なのでわからず自分でもいろいろ調べていますが、ご教示いただきたく、書き込みします。 事故の状況は 私の車がガソリンスタンドに入ろうと追い越車線から走行車線に車線変更しましたら、その手前のコンビニ駐車場から左折で本線に入ってきた車に左側後部ドアをぶつけられました。 私は車線変更の際に方向指示器もしました。 もちろんガソリンスタンドに入る予定ですから減速もしておりました。 相手側の車両も見えていました。 事故後相手側の保険屋さんから連絡がありましたが、まるで私のほうが過失割合が大きいように一方的に言われました。 路外出入車と直進車の事故は検索した結果路外8:2直進が基本と書かれていました。 通常なら保険屋同士で話し合ってもらえば良い所ですが、私のほうが任意保険に加入していなかったため、自分で交渉することになりました。 保険に入っていないので過失割合の負担額は自費で補償するつもりです。相手側も任意保険には入っているものの、車両保険は入っておりません。 質問1・私のケースではあとどれくらいの修正要素があるでしょうか? 質問2・あまりお金は使いたくないので自分の車両については修理しないでもよいつもりですが、相手側の任意保険で支払われたお金を補償に充当できるのでしょうか? 長文になりましたが、よろしくお願いします。