• ベストアンサー
  • 困ってます

周波数多重分割方式に関する事です。

「変調された信号の周波数成分は、搬送波を中心にある一定の帯域幅を持つ。伝送媒体で効率的に電気信号を送ることのできる周波数の範囲がその帯域幅よりも広ければ、1本の伝送媒体上に複数の周波数変調された信号を混合して送りこみ、受信側で周波数成分により分離してそれぞれ復調することで、物理的に1本の伝送媒体上で論理的に複数の伝送路を確保できる。この方式を周波数分割多重方式という。」 といった文章がありました。 「伝送媒体に周波数を送りこむ」という事は「ある時間毎に電圧を振ってやる」という事ですよね? これを踏まえ考えると、1本の伝送媒体に複数の周波数を送りこむと、波の合成(電圧の高いところ同士が重なると高電圧に、低いところ同士が重なると相殺されたりといった事)が起きてしまい、復調出来なくなるような気がするのですが・・・・。 それとも根本的に私の ”「伝送媒体に周波数を送りこむ」という事は「ある時間毎に電圧を振ってやる」という事” という認識が間違っているのでしょうか? 申し訳ありませんが教えて頂けないでしょうか? 宜しくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数432
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • bob
  • ベストアンサー率50% (52/103)

結論から言うと複数の周波数成分を合成しても数学的な操作で任意成分を取り出すことができます。 いろいろな方法があるのですが、一番有名なのがフーリエ解析と呼ばれるサインカーブを使った手法です。これを解説するとちょっと大変なので詳しくは数学などの書籍で調べてみてください。それほど数学的に難しくもないですし、理論を詳しく知らなくても比較的お手軽に利用できる偉大な手法です。 ADSLとかが具体的にどういう方法を使っているのかは知らないので他の方にお任せしますが、基本的には同様の原理を使っていると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

とても分かり易かったです。 ありがとうございました。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4

実際では、電話回線などで使用しているのですが、 難しく考えることはありません。 家庭用のTVの配線を見て下さい。 TVには1本の線(2本の地区もあるが)しか入っていませんが、3局以上見ることが出来ますよね。 つまり、3局以上の周波数情報が1本の同軸ケーブルの中に入って来ているのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

言われてみるとそうですね。 ありがとうございました。

  • 回答No.3

原理原則論からの説明は他の方がされていますが、私もこの問題は理論を説明されてもなかなか納得できませんでした。 そこで簡単な例を一つ。一本のマイクの前で、子供と大人が同時にしゃべったとします。2人の観衆がいて、1人は子供の声を、1人は大人の声を真剣に聞いたとします。するとちゃんと聞き分けられるのですよね。理由は、子供の声と大人の声の周波数が明らかに違うからです。 これが周波数分割多重方式なのです。電気的にはフィルターを使えば、簡単に周波数の分離をすることができます。難しいことを考えなくてもラジオやテレビの受信の際、沢山のチャネルの中から1つを選んでいますが、これらの放送自体が周波数分割多重なのですから。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

具体的な例を言って頂いて、分かり易かったです。 ありがとうございました。

  • 回答No.2
  • hyotan
  • ベストアンサー率83% (5/6)

ご質問の認識は正しいです.下の回答にあるようにフーリエ変換もそうですし,最近はOFDMなんてのもポピュラーになっています.いずれも数学的には上手く直交基底関数を選んでやることで,符号化しています. なんとなく相殺されそうな不思議な感じはしますよね.私は最終的には数式を解いてみて,うーん世の中上手くできているものだ,と感心して納得しました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

認識が正しいと言って頂いてホッとしました。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 占有周波数帯域幅の求め方

    「周波数200MHzの搬送波を0.5から16KHzの基底帯域信号でAM-SC、SSBで変調したときのスペクトル図を書き、占有周波数帯域幅を求めよ」とあるのですが占有周波数帯域幅をどうやってもとめるのでしょうか?知っているかたがいたらよろしくお願いします。

  • 占有周波数帯域幅と最大周波数偏移の求め方を教えて下さい。

    占有周波数帯域幅と最大周波数偏移の求め方を教えて下さい。 FMの変調指数を5、周波数20MHzの搬送波を16kHzの正弦波信号でFMしたときの占有周波数帯域幅BFMと最大周波数偏移Δfを求めたいのですが、わからないので教えていただけませんか?よろしくお願いいたします。

  • FM(周波数変調)の占有周波数帯域幅について

    「周波数200[MHz]の搬送波を、0.5~16[KHz]の基底帯域信号で、FMで変調したときの占有周波数帯域幅はいくらになるか。ただし、FMの変調指数を、5とする。」 という問題について、計算過程が全く分かりません。どのようにすれば解けるのか、分かる方いましたら是非教えてください。よろしくお願いします。

  • 周波数帯域とデータ通信について

    私は、最近、無線のデータ通信技術について、勉強を始めたばかりの初心者です。 周波数帯域とはなに?というのが、その質問です。 「デジタルデータ(0と1のデータ)を搬送波に乗せることを変調という」と知って、周波数が高い搬送波に乗せた方が、単位時間内に0と1をより頻繁に切り替えることができるから、たくさんデータを送ることができる、と単純に考えていました。 しかし、「高い周波数を使うと使用可能な帯域が広がる」とか「たくさんの情報を乗せると帯域幅が広がる」というところで詰まってしまいました。 (本サイト、「周波数について」という質問と回答) 変調方式に、FSKやASKやPSKがあるのは調べて分かりましたが、これと周波数帯域となにか関係があるのでしょうか? FSKだって、すぐ隣の周波数を使えば、広くならないだろうとか、ASKやPSKは、振幅や位相を変えるだけなのに、なぜ「周波数」の幅が広くなるのだ?とか考えているうちに、訳が分からなくなってしまったのです。 いずれの方法も、何ヘルツと決まっている「1本」の波にデータを乗せている(と私は思っている)のに、なぜそれに幅があるのでしょうか? 高速通信をすると周波数帯域が広がる、とか、周波数帯域が広いと高速通信ができるとか、卵が先か鶏が先かのようで、混乱しています。 高速通信をしようとすると、周波数帯域が広がるのですか?それとも、広い帯域をなにかうまくつかって、高速通信をするのでしょうか? どなたか助けていただけないでしょうか?よろしくお願いいたします。基礎的な事項について記述しているサイトや、私のような初心者用の本を紹介してくださるだけでもありがたいです。 ちなみに、本サイト「周波数について」「帯域幅と通信のしくみ」「質問:通信の基礎用語」いう質問と回答を見ました。どちらかというと後者の内容が近いのかと思いましたが、頭が悪く、?という感じでした。

  • GMSK方式について

    こんにちは、 只今、技術士1次試験 電気電子部門 専門科目 過去問題について勉強中です。 下記問題に関して教えてください。 問題 GMSK方式に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。 (H20-26) (1)MSK方式を一般化した2値の変調方式である。  (2) 同期検波によって復調できる。  (3) 周波数検波によって復調できる。  (4)使用するガウスフィルタの3dB帯域幅を小さくすると、スペクトル特性が狭帯域になる。  (5)使用するガウスフィルタの3dB帯域幅を大きくすると、ビット誤り率特性が劣化する。 で解答は(5)ですが、この問題について、下記の意味を教えて下さい。 ・GMSK方式 ・MSK方式 ・同期検波 ・周波数検波 ・ガウスフィルタ この辺りの説明をしている本、資料等を教えて下さい。但し、超専門的な本は時間がかかり読む時間がないため、×です。

  • 信号の周波数と周波数帯域

    電波通信について質問です。 信号の周波数帯域が広いと大容量のデータが送れるということは理解できました。 ですが、信号の周波数と周波数帯域との関係がよくわかりません。 信号の周波数が高くなると周波数帯域が広くなるのはどういうわけなのでしょうか?

  • 周波数解析について

    ある信号をFFTを用いて周波数解析をしているのですが、単純なことについて教えて下さい。 自分の中のイメージとしては、周波数解析とは、 ある波を一定の周波数ごとに分解して、ある周波数帯域にどれくらいの成分が含まれているかを検討する物だと思っています。 自分のイメージが正しければ、あることが疑問に浮かんでいます。 現在、ある信号を周波数解析する前段階として、エラー(人工産物的な要素)を除外しています。 方法としては、時系列の信号データを一定時間毎に区切ってFFTをかけると言う物です。 自分が解析したい、周波数帯域は1Hz~35Hzまでの帯域と考えています。 綺麗な信号ならば問題なのですが、先のようなエラーと言うかノイズが載っている信号に対して、35Hzのフィルターをかけるとノイズの部分がなくなりクリアーな波形が見られます。 自分の知識が少ないため、ノイズが見られる信号は破棄していましたが、考えてみれば、必要な部分は1Hz~35Hzなので、35Hz以上のノイズ(フィルターをかけてなくなる領域のノイズ)が乗っていても、自分が必要な周波数帯域での周波数解析には関係ないのではないだろうか?と考えています。 少々ややこしい内容の質問になりましたが、アドバイス宜しくお願いいたします。

  • 瞬時周波数

    よく角度変調で,その位相項を微分したものを瞬時周波数と定義してあります. 1)では,振幅変調では瞬時周波数とは意味をなさないのでしょうか? というのは,振幅変調ではエンベロープの上昇時と下降時で周波数が異なると聞いた気がして,このことが瞬時周波数で考えているのではないかと思ったのです. 2)そもそも複数の周波数成分が混合した場合,瞬時周波数とはどうなるのでしょうか? 振幅がわからないので,こんなことを考えています. 3)FFTなどを用いずに,周波数を求める方法として下記は正しいでしょうか? 直接観測値から周波数を読み取るには,周波数成分が1つであれば2点もあれば振幅と周波数が三角関数の連立方程式を解いて導けると思います. (サンプリング定理は満たしているとし,観測値はサンプリング間隔毎にx(t), x(t+τ), ..., x(t+nτ)とする.) 多周波数の混合となった場合も,いくつの周波数成分があるかを前もってパラメータとして知っていれば,観測値の個数>未知数の個数を満足すれば解ける気がします. (ノイズとりあえず無しとしてです.) 4)3)で解いたものはやはり瞬時周波数ではないような気がしますが,如何でしょう? 質問が多くてすみません.混乱しています.よろしくお願いします. この考え方

  • 増幅器の増幅度と周波数帯域幅について

    タイトルのとおりトランジスタのような増幅器の増幅度と周波数帯域幅の関係について知りたいです。 増幅度と周波数は関係してるとわかりますが、帯域幅と増幅度の関係についてはイマイチわかりません。どういう関係なんでしょうか? 増幅度が上がれば帯域幅が狭くなるとかいうことでしょうか? お願いします。

  • ビデオ信号の周波数帯域について

    ビデオ信号では周波数インターリーブ方式により3MHz以上において色信号と輝度信号は交互の周波数帯を占めています。それをくし型フィルタなどを用いて分離して処理を行うと理解しています。 ここで疑問があります。色信号の帯域は1.5MHzですが、輝度信号の帯域は4.2MHzです。人の目は色よりも輝度に敏感ということで色信号は帯域制限をかけているようですが、周波数インターリーブを用いることで結局は色信号と輝度信号を分離できるように思います。なぜ色信号は帯域制限をかける必要があるのでしょうか。 理解が誤っている場合はその点を指摘していただけると助かります。