• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

「マイノリティ」=「普通ではない」

「マイノリティ」=「普通ではない」という意味なのでしょうか? なんだか違うような気もするけど、そうだと言われればそうとも取れますか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数208
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

「普通」という言葉にはさまざまなニュアンスがあります。 また「普通ではない」というのも、単に対義語という以上の、さらに異なるニュアンスがあります。 その上で『「マイノリティ」=「普通ではない」』と言い切れるかというと、言い切れないと思います。 普通という言葉には「正しい」という意味も「平凡」という意味も「多い」という意味もあるでしょう。しかし「正しい」=「平凡」=「多い」とは言えないと思います。 ところが「普通ではない」と言ってしまうとそれは「異常」という意味に感じるのではないでしょうか?それも社会的に認めがたいレベルの「異常」です。 「正常」に対して「異常」、というのとちょっと違う意味があるような気がします。 したがって「マイノリティ」を「普通ではない」という意味に考えるのは早計であると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

そうですね。ごもっともです。

関連するQ&A

  • 「マイノリティ」とは?

     何をもって「マイノリティ」というのでしょうか?  「マイノリティ」についての情報をください。

  • 障害者の問題と、マイノリティの問題(長文です)

    こんにちは、よろしくお願いします。 私の夢は、すべての障害者や、色々な人種、思想の人、色々なマイノリティの方が、みんな仲良く一緒に暮らすことです。 と本当に思っているんですが、障害者の問題と、マイノリティの問題を一緒に論じることって、一般的に何か問題を感じる方って、いらっしゃいますか。 というのが、たとえば、障害者問題で言えば、比較的、手話ですとか盲導犬だとかは、最近一般の人にも理解がありますよね。でも、いまだにたとえば地域で暮らす知的障害の方に対するかなり激しい差別があったり、することがありますよね。 マイノリティの問題で言うと、性同一性障害の方については、最近ずいぶん理解が進んでいますが、同性愛については、(特に男性同士)いまだに激しい差別にさらされることが多いですよね。 世の中に、なんとなく受け入れられやすいマイノリティと、生理的に受け付けないマイノリティがある、というのは、なんだかちょっと変な気がします。 障害者のノーマライゼイションについて考えるときにも、マイノリティの存在を認めることと、同じような問題であると思うのです。 ただ、一般の方にとって、マイノリティという言葉は、どこか「普通の人と違った少数派」といった、その言葉自体に差別的な意味を含んで使われることが多いような気がするんですね。 そういった意味において、障害者の方や、障害者にかかわって働いている方が、「障害者をマイノリティ呼ばわりするなんて、失礼な!」といった感情が生じる可能性があったりするのでしょうか。 (ちなみに、私は、同性愛者です。)

  • マイノリティ

    こんにちは。 どの分野でも結構です。 マイノリティって相談できない、確認できない事が多いじゃないですか? みなさんどうやって解決、けじめ、etc付けてます??

その他の回答 (3)

  • 回答No.4

 少数派だということでしょう。  大多数のひととやりかたが違う、考えが違う。その他大多数と違う。  異端的、反逆的、反体制的、大勢批判派 というような人が入ることが多いでしょうね。  上に上げた言葉は類義語か関連後でしょうね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

有難うございます。

  • 回答No.3
  • ziggo
  • ベストアンサー率36% (12/33)

minorityは、majoeity(マジョリティ)に対する言葉で、一般的に「少数派」という意味で使われます。 普通ではないという意味はないと思いますが・・・。 添付URLを参考にしていただければ、なんとなくわかっていただけるかと・・・。

参考URL:
http://eow.alc.co.jp/minority/UTF-8/?ref=wl

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

有難うございます。

  • 回答No.1
  • char2nd
  • ベストアンサー率34% (2685/7757)

 あえて日本語訳するとすれば、「社会的少数者」となるようです。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%83%8E%E3%83%AA%E3%83%86%E3%82%A3  本来の意味からすれば、民族的に数が少ない人々や性的な部分での少数派を指します。  ただ、日本ではホームレスなどの社会的弱者まで含む傾向にあるので、その点が問題であるかと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

有難うございました。

関連するQ&A

  • 教育におけるマイノリティー

    表題どおり、みなさんは教育におけるマイノリティーといったら何を連想しますか? または自分がマイノリティーだった!という人、回答よろしくお願いします。

  • マイノリティとマジョリティ

    こんにちは。 何らかの自分に取って大切な事においてマイノリティであり、マジョリティにそれが伝わらず、勢力関係上マイノリティはマジョリティを理解する様求められるだけでマジョリティがマイノリティを理解しようとしてくれる事は無い。 そんな中、マイノリティがストレスを溜めたり、心の姿勢が変になってしまったり、ゆがみやすくなる精神を矯正する作業に日々追われたりなどという状態が解る方。 もしあなたがそういう立場だったら、あなたはどう対処していますか? また、あなたはその立場ではないが、そういう対処法に知恵がある方である場合、どうすれば良いのでしょうか? よろしくお願い致します。

  • マイノリティにとっての幸せ

    人間にとって最大に幸せな時とは何かを考える時、優位性で考えると、生命の誕生、その次に、パートナーの確定、そして個人の成長が思い浮かびます。 周囲の結婚していく人を見ていると、こちらまで幸せな心持ちです。 本能は素晴らしい物もたくさんあるんだなと最近つくづく思います。 本能の醜い部分を理性でカバーする事で、人間という存在が成り立ち、本能と理性の両方が幸せを感じる。 そのような社会が日本にしっかり存在していたんだと思うと安堵します。 しかし、そうではないマイノリティの人もいると思います。 私は、社会全体でみると収入、容姿、資質は平均以下の人間でマイノリティの部類に入ります。 現時点で、そのような方はどういう時に最大の幸せを感じるんでしょうか。お話お聞かせいただけたらと思います。

  • グリーンデイのマイノリティーの和訳って?

    グリーンデイのマイノリティーの歌詞の意味が知りたいんですが、見られるサイトとかはありませんでしょうか?差別をテーマにした曲かなあと思って興味が湧いたので…。グリーンデイの曲は本当にステキですね。ご回答お願いいたします。

  • マイノリティーを気取ってる?

    「私には異性を全く意識しない異性の友達がいる。かりに二人で一晩過ごしても間違いを犯すことはない。そもそもそういう意識が普段から一切ないから」という男女の友情有り派の人が希にいます。 こういう人はたいがい”男女の友情なし派”の人を器が小さいとか異性を見たらエロいこと考えるの?と少し馬鹿にした言い方をします。 ところがこういう人でも自分の恋人が異性と旅行に行ったりすることを不快に思うようです。 恋人がいるのに異性と旅行ってマナー違反とか言い出します。 マナー違反って誰がそんなこと決めたのからわからないのですが 結婚もしていないし、泊まりでセックスするわけでもないのに あたかも二人で泊まったらセックスするんだと勝手に決めつけてます。 その割に自分は二人で泊まっても絶対性的関係にならないなど、意味不明はことを言ってます。 こういう人ってマイノリティーであることを気取っているだけなのでしょうか?

  • マイノリティの問題解決に向けて

    ひとりの台湾系日本人として,わたしは日本社会に存在するマイノリティの「問題」に向きあってきました。 マイノリティの「問題」を解決するにあたり,わたし自身が考えたことは,マイノリティ自身の,うそ,いつわりのない,「ほんとうの心の内」を明かすことが解決法のひとつであると,わたしは考えるようになりました。 「ほんとうの心の内」を明かすことで,マイノリティの人々が「日本人と共に歩みたい」,「日本人と同じ価値観を分かちあっている」,「日本をまもりたい」,「日本の将来のために,何かをしたい」,「日本社会のなかで受けいれられたい」,「日本人から認められたい」などの「特別な気持ち」があることを,多くの人々が理解できるはずです。 「ホンネ」で語ることが,マイノリティの問題解決につながるのでしょうか? 参考までに: わたしは台湾系日本人で,日本教育を受けた経験があり,日本語でコミュニケーションをすることが可能です。 それと同時に,わたしは台湾にたいする「特別な思い」があります。わたしは,「台湾は東アジアに存在する国民国家のひとつ」であると考えています。台湾の将来については,「危惧」することがいくつかありますので,「台湾という国民国家がなくなってほしくない」という「特別な思い」があります。 台湾への「特別な思い」を強調することが多々ありますが,わたしはそれと同時に日系人の歴史に向きあい,日系人との「対話」に取りくんでいます。 歴史を学ぶことは小さい頃から好きなことではありましたが,滞米生活を機に日系人の歴史に向きあうようになりました。 (言葉は悪いのですが)「半分しか日本人でないわたし」が日系人を歴史に向きあったのですが,そこには「もうひとつの理由」がありました。それは,わたしがみずからの「日本のアイデンティティ」に真摯に向きあっていることを,日本人に「証明」したいという「強い気持ち」です。 多くのマイノリティにとっては,日本ににたいする「(良いイメージの)特別な思い」があると,わたしは考えています。それを,マジョリティが理解すること,さらには,マイノリティ側の人々がそれを「説明」することが,いまの日本社会には必要だと思います。 マイノリティだって,「皆と仲良くなりたい」と思っているのです。

  • 在日コリアンは、マイノリティか外国人か?

    在日コリアンは、日本社会の「マイノリティ」だと主張し、他のマイノリティを巻き込んで、特別扱いを維持拡大する為の運動を展開しています。 在日コリアンは、外国人にすぎず、他の外国人と異なる特別扱いを要求するのは「区別」を求めるものであって、「差別反対」を掲げるのは自己矛盾だと思われるのですが、いかがでしょうか? また、彼らの「マイノリティ」利用を阻止する有効な方法は無いのでしょうか?

  • マイノリティーな脳

    マイノリティーな脳はあまり好まれないでしょうか? あなたが男性なら、女性ならそれぞれどのように感じますか? あえて学問のカテゴリーで質問させていただきました。 回答していただけたらうれしいです よろしくお願いいたします。

  • <マイノリティの利権>という「言説」

    日本社会においては,<マイノリティの利権>という「言説」がありますが,マジョリティである「いわゆる純日本人」にとって,このような「言説」を「高らかに主張」することによって,どのような「メリット」が考えられるのでしょうか? 参考までに: 利権というものは,マイノリティだけの特徴ではありません。マジョリティの側に立つ人々のなかにも,なにかしらの利権から,さまざまな恩恵を受けている人々が多くいます。 わたし自身はマイノリティのひとりとして日本社会のなかで生活をしていますが,生まれてから一度も,<マイノリティの利権>による恩恵を受けたことがありません。ひとりのマイノリティとして,そのような「言説」が,さも事実であるかのように扱われることは,大変遺憾なことです。 <マイノリティの利権>という「言説」の社会的な背景には,マジョリティである「いわゆる純日本人」の「ネタミの心」があると,わたしは考えます。このことを,わたし自身の「経験」をとおして,考えてみることにします。 わたしは台湾系日本人です。そして,親や親族のつながりなど,さまざまな「良い影響」があったので,わたし自身はみずからの台湾との「つながり」を,大切なもの,欠けがえのないものとして受けとめています。 このような事情があって,わたしはたびたび,台湾系日本人,あるいは,台湾につながりをもつ日本人であることを,自己紹介のときなどに「主張」しています。 ところが,このような自己紹介をすることを,快く思わない「いわゆる純日本人」がいました。そういった人々にとっては,わたしがみずからのアイデンティティを「強調」することが,台湾系という,(「いわゆる純日本人」からみれば)特殊なアイデンティティを,「利権のようなもの」として扱っていると,「誤解」したと(あるいは,「曲解」したと),わたしは考えます。言葉をかえると,「ハーフであることが特権のようなものであるという,大きな誤解をした」ということになります。 日本社会という,マイノリティにたいしては「同化の強制」が存在する社会のなかにおいて,みずからのアイデンティティを確立することは,容易なことではありません。わたし自身の場合は,みずからの「日本のアイデンティティ」を第一に尊重したうえで(そうでないと,日本社会のなかで認められない),台湾系であることの「意味」,「意義」,「日本社会に貢献できる要素」を見出すことは,難しい作業でした。 多くの「いわゆる純日本人」にとっては,民族的なバックグラウンドというものは,「手にすることのできない,輝かしいもの」なのかもしれません。「ハーフにたいするあこがれ」というものがありますが,いまだに,そのような「幻想」をもっている「いわゆる純日本人」は少なくありません。 しかしながら,「みにくいアヒルの子」という童話のごとく,民族的なバックグラウンドを当事者が重要なアイデンティティとして受けいれるためには,さまざまな「試練」があることを,「いわゆる純日本人」は理解しなければなりません。

  • マイノリティーに生きる人

    「温かい家族の元に生まれ、愛され、いい学校を出て、好きな職に就いて、愛する人と結婚し、かわいい子を産み、育て、マイホームを買い、老後は穏やかに生きて、見守られながら死ぬ」 多くの人は、最初はそう思っていると思います。けれども、人生の長旅、そうは思うように行かないことも多々、あるでしょう。 苦しみの中から、自分だけの希望・道を見出した方も、マイノリティーながら、いらっしゃるのではないでしょうか? 私は、幸せーに障害少なく生きてきた方より、苦労した方の方がずっと、魅力的に感じます。 結婚がー、とか、子供産めー、とか、つらつら述べる人には、不妊の方はどうやねん、とか、障害者の方はどうやねん、と思います。私自身、多くの障害者の方と接したり、不妊で悩む方、色んな問題を抱えながら一生懸命生きてきた方の生き様を見てきました。 マイノリティーと呼ばれようが、自分らしく生きておられる方、素晴らしいエピソード、為になる本や推奨できる人物伝や言葉などを教えていただくと、うれしいです。