• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

塩素を発生させる実験でなぜ水を通すのか

お世話になります。 高校の教科書などに、塩素を発生させる実験があります。「塩酸+酸化マンガン(IV)で発生させ、水で塩化水素を吸収し、硫酸で水を吸収し、下方置換」というものです。この場合、塩素が水に吸収され次亜塩素酸になってしまうと思うのですが。いかがなものでしょうか。そもそも、「塩素は水と反応する」と書いてあります。 どうか、よろしくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数1386
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • potachie
  • ベストアンサー率31% (1065/3387)

効率と収量の問題です。 塩化水素はアンモニアと並んで、笑っちゃうほど水によくとける気体のひとつで、密閉した部屋に充満させた後、そこに試験管半分の水を入れるとほとんど真空を作ることができます。 塩素は、水に溶けるとはいいながらも、常識の範囲内です。二酸化炭素は水に溶けるよ、と言っているのとほぼ同レベルです。二酸化炭素も、塩素のように水に溶けると炭酸を作りますが、炭酸水から二酸化炭素を追い出しても、その液体の量の何十倍も出てくるという状況にはなりません。 炭酸と同様に、次亜塩素酸も水に溶ける量には限界があるので、ある程度の塩素が水に溶けた後は、きちんと外に出てくるんです。 この2つの気体の水への溶解性については、「よく溶ける」といいながらも大きな差があるんです。 で、ご質問のケースでは、この2つの混合気体から塩化水素を除きたいわけですから、水に溶かしてしまうのが一番カンタンなんです。確かに幾らかは塩素が水に溶けて無駄になりますが、効率と手軽さで、十分に満足できる収量が得られるからです。 この手の工業化学的な発想ができると、大学進学後にいろいろと活躍の場が広がります。ご質問の内容は、「定性的」な話ですべてを理解しようとして迷ってしまったケースですが、化学では、量を考えた「定量的」な理解ができると1段と高い「実験」ができるようになります。 で、この先は、反応速度 と 平衡 の概念があると、さらに先に勧めるようになります。記憶の片隅にでも置いておいていただけると将来役立つかもです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

さっそくのご回答ありがとうございます。なるほど、溶解度のオーダーがぜんぜん異なるのですね。「工業化学的な発想」、まさにおっしゃる通りですね。勉強になりました。感謝しております。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
  • gohtraw
  • ベストアンサー率54% (1630/2966)

 吸収水に塩化水素が溶けるため酸性になり、 Cl2+H2O→HCl+HClO の平衡が左に傾くためある程度以上操作を続ければ反応で生成するのとほぼ等量の塩素が得られると思われます。  いわゆる「混ぜるな危険」ということをやっているわけです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

さっそくのご回答、ありがとうございました。なるほど、水に発生した混合気体を溶かした場合、水中のHClの濃度が高くなれば、Cl2→HCl が起こりにくくなりますね。「生成するのとほぼ等量の塩素が得られる」というのも理解できます。 ありがとうございました。感謝しております。

関連するQ&A

  • 塩素の製法について教えて下さい

    塩素を発生させ捕集する問題で、図が書いてあり物質名を選択する問題があります。 精製方法は、 (1)フラスコ内で <酸化マンガン>に<濃塩酸>を加えます。 (2)<水>で 塩素に混じって出てくる塩化水素を吸収します。 (3)<濃硫酸>で 塩素に混じっている水分を吸収します (4)下方置換で塩素を捕集します 以上のような図が書いてあり、上記の< >の中の物質を答える問題になっています。 (1)の選択枠の中には さらし粉があります。 さらし粉と塩酸で、塩素が発生するはずですが、さらし粉を選んではいけない理由がわかりません。 教えて下さい。

  • 高校化学 塩素の製法 混乱してます;

    高校化学で、「塩素」の製法について 「二酸化マンガンに濃塩酸を加えて加熱し、発生した気体を水のはいったビンを通して塩化水素を除き、濃硫酸のはいったビンを通して水を除き、下方置換であつめる」についてですが、 発生した気体の中に塩素と塩化水素と水蒸気が含まれるんですよね。 それを水に通すと、塩化水素だけでなく、塩素まで水にとけてしまうのではないんですか?

  • 塩素の製法について

    塩素の製法についてたずねたいです。 式ではMnO2+4HCl→MnCl2+Cl2+2H2O となっているんですが 高校の教科書に載っている装置での実験だと 濃塩酸+酸化マンガン(IV)とし加熱したのちに、水の入ったびんのあとに濃硫酸の入ったびんをとおして、下方置換でびんに塩素を あつめています。 水の入ったビンでは、塩化水素を吸収し、濃硫酸の入ったびんでは水を吸収するそうです。 でも、水の入ったビンで、疑問なんですが MnO2+4HCl→MnCl2+Cl2+2H2O では、塩化マンガンはできていますけど、塩化水素はできていませんよね? ここはどう考えればいいのでしょうか? 塩化水素は右辺の式には入っていないので、悩んでいます。 教えてもらえるとありがたいです おねがいします。

  • 塩素の製法の化学式

    塩素を実験室的に発生させるとき,酸化マンガンIVも反応しますよね。 これは,酸素を実験室的に発生させる時とは違い,酸化マンガンIVが触媒として働いていないと思うのですが, これはそう記憶した方が良いのでしょうか。 実際に実験したことも写真も図も見たことないのですが,両者とも酸化マンガンIVは過酸化水素や塩化水素に,同じように加えている,であっていますよね…?もしそうなら,なぜこのような違いが出るのかと疑問に思いまして,質問させて頂きました。。

  • 塩化物イオンと水に溶けた塩素について

    塩化ナトリウムと塩酸の電気分解について勉強していたところ、以下の2つの疑問がわいてきてしまいました。化学が全くわからないので、どなたか詳しい方、ぜひ教えて下さい。 塩酸を電気分解すると、水素と塩素が発生しますが、塩素は水に溶けやすいために、ほとんど気体としてたまらないとのことです。 ここで1つ目の疑問です。 (1)ここで発生した塩素は、水に溶けた後、どのような形で存在するのでしょうか。ネットで調べると、発生した塩素は「次亜塩素酸」になって水に溶けると書いてあったのですが、なぜ再び塩化物イオン(Cl-)にはならないのでしょうか。 食塩(塩化ナトリウム)を水に溶かすと、ナトリウムイオンと塩化物イオンに分かれるとのことですが、これも電気分解すると、塩素が発生するとのことですが、ここでも同様に(1)の疑問が生じます。 また、さらにここで2つ目の疑問です。 (2)食塩を溶かした時点で、塩化物イオンが水中にありますが、この塩化物イオンと水からは次亜塩素酸はできないのでしょうか。 塩素と塩化物イオン、次亜塩素酸の関係が全くわからないので、食塩を水に溶かして塩化物イオンが溶けているのは危険じゃないんだー、とかよくわからないことが頭の中を駆け巡ってしまいます。 どなたか解説をぜひよろしくお願い致します。

  • 一つでも答えられるならお願いします

    毎回お世話になっています、下記の質問に一つでも答えられるなら 教えてください 1:硫化水素や塩素について 塩酸に硫化鉄やさらし粉を入れると硫化水素や塩素が発生しますよね でも、硫化水素や塩素は水に溶けやすいはずなのに何故塩酸の溶媒の水に溶けないんですか?? 硫化水素を水に溶かしたときに生じる水素イオンや 塩素を水に溶かしたときに生じる塩化物イオンが塩酸(塩化水素水溶液)中にあるからですか?? 2:塩酸と硫酸について 考えることが少し子供ですが 普通、硫酸を水で薄めるとき硫酸が飛び散らないよう水に硫酸を注ぎますよね だとしたら万が一塩酸と硫酸を混ぜるようなことがあったら どっちにどっちを注ぐんですか?? 教えてください

  • 酸化マンガンと濃塩酸による、塩素の生成での質問

    酸化マンガンと濃塩酸による、塩素の生成での質問 質問を化学反応式で表しますと、 MnO2 + 4HCl ―△→ MnCl2 +2H2O + Cl2↑ なんですが、左辺のMnは(IV)なのに、右辺のMnはどうして(II)になるんですか? 後、この塩素を下方置換で得るために、 水→濃硫酸→下方置換のビーカー という順に配置しますが、水と濃硫酸を順番を変えると、塩素が水蒸気に吸収されてしまうとはどういうことでしょうか?

  • 化学実験で・・・

    私は中学生なんですが、もう少ししたら、いろいろと実験器具があるので実験しようとおもっています。(部屋で)それで、今やろうと思っているのは ○希硫酸濃縮実験 ○↑で作った濃硫酸+塩化ナトリウムでできる塩化水素→水と化合させて塩酸(液体)をつくる実験 ○塩素系と酸性系の洗剤等を混ぜて塩素発生→塩化銅をつくる実験 今はこれくらいです。家庭内の自分の部屋でやる分に大丈夫ですか? 塩化水素と塩素ガスは有毒なのですがどのくらいなのか心配で^^; 気をつけて換気・マスクを重ねる等やっていれば大丈夫ですか? 教えてください。お願いします

  • 無機化学を勉強しています。

    無機化学を勉強しています。 その中で塩素の製法について参考書のなかに 酸化マンガン(IV)+濃塩酸 ・不純物について ・塩化水素ガス 水に通して溶かす? ・水蒸気 水に通すため水蒸気が混じってしまう。これを取り除くために濃硫酸を使う。気体が酸性なので濃硫酸で乾燥させることが出来る。 と書いてありましたが なぜ濃硫酸で乾燥させることが出来るのか分かりません。 長くなってしまいスミマセン。よろしくお願いします。

  • 教えてください

    私は、とても化学が苦手なのですが......。 よくわからないところがありまして、良ければ教えてください。 たとえば、塩酸って、塩化水素が水にとけている水溶液じゃないですか! ですが、化学反応式では塩酸→水素➕塩素。で水は含まれまれていません。 それは何故でしょうか? くだらない質問ですが、よろしくお願いします。