-PR-
解決済み

下北半島、アイヌ、斗南藩

  • 暇なときにでも
  • 質問No.5373052
  • 閲覧数1376
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 94% (37/39)

下北半島旅行中、「下北」はアイヌ語からきていると聞きました。いわゆるアイヌ人がいつ頃から住んでいて現在でもその文化や子孫が残っているのですか? 会津藩より移った「斗南藩」も日本語らしからぬ響きですがアイヌ語との関連がありますか?ご教示ください。
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 38% (1994/5205)

北海道や北東北に住んでいた人々の子孫がアイヌ民族になったと言われています。
アイヌ文化が成立するのは中世以降です。
たしかに東北には「ぺ」「シリ」などのアイヌ語地名が残っていますが、「語感が似ている」というのはこじつけです。
その方法なら日本全国ならず世界中の地名をアイヌ語で解釈することも不可能ではありません。

おそらくは古代に北海道や北東北に住んでいた人々の言語や文化がのちのアイヌ文化につながったのでしょう。
従って「北東北にアイヌ民族が住んでいた」とまでは言えないかと思います。(少数の人々が住んでいたでしょうけれど)
補足コメント
otakesan07

お礼率 94% (37/39)

ガイドさんの説明では村落へのクマの出没は珍しくないようですが、アイヌの熊祭りと同様な風習は残されていないようです。
投稿日時 - 2009-10-18 10:36:37
お礼コメント
otakesan07

お礼率 94% (37/39)

大間崎より函館の五稜郭が見えた時、海が湖のような感じでした。訪れてみて実感することが多々あり、これからも足をのばして行きたいとおもいました。ご回答有難うございました。
投稿日時 - 2009-10-18 10:50:00
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-

特集


開業・独立という夢を持つ人へ向けた情報満載!

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ