• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

殺人罪+殺人未遂の量刑

殺人未遂+殺人罪の場合の量刑はどの程度ですか? 殺人罪および殺人未遂を犯した場合 刑法第199条、203条より 、死刑又は無期若しくは五年以上の懲役に処する。 ということはわかったのですが、 仮に同一人物に対し殺人を試みたが未遂に終わったので(立件は無しと過程)、 後日殺人に及んだ(完遂)場合の量刑はどのようになるのですか? やはり重犯もしくわ再犯扱いになるのでしょうか? 法学のレポートの参考にしたいので、もし詳しい方がいたら 判例などを加えて解説していただけると助かります。

noname#98191

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数2442
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4
noname#110938

結論から言うとね、質問どおりなら判るわけがない、だね。こんなお粗末なレポート課題を出す教員ってどんな人間だ?とか疑問にすら感じるよ。 「法学のレポート」だってんだからそれなりの基礎知識はあるという前提で話をしたいところなんだけど、はっきり言おう、質問を見る限り基礎知識がなさ過ぎだね。 量刑ってなんだか知ってるでしょ?知らないなら調べないと。簡単に言えば、その事件で最終的に言い渡す刑(宣告刑)を決めることだよ。つまり、事件の情状によって決まるんだから量刑なんて一般論で判るはずがない。 再犯と区別されるところの重犯って何?法律用語で重犯ってないと思うよ。うちの法律用語辞典には載ってないね。国語辞典には載ってるが、法律用語とは一言も書いてない。しかも再犯と違う意味の重犯だとしたら「重い犯罪」という意味だ。 再犯はどうだ?まず再犯加重の要件は?前の殺人未遂について「立件してない」(起訴していないという意味と解釈するよ。ちょっと言葉の使い方が雑すぎるね。法律用語だけじゃなくて、「過程」という誤変換にしろ、「もしくわ」なんて「てにをは」の間違いにしろ)ってんでしょ?このときに再犯加重できるの?できないでしょ?だったら再犯加重なんてありえない。 同じく併合罪は?起訴していない罪について併合罪加重はできない。だから同じ。 とするとどうなる? 殺人既遂罪で起訴されて法定刑は殺人既遂罪の法定刑。処断刑は、他の事情によるが少なくとも起訴しなかった殺人未遂罪については再犯加重の要件を満たさないし、併合罪加重もできない。つまり刑の加重事由にはならない。 じゃあ、殺人未遂罪の事実は量刑上考慮すべき事情とできるか?つまり、起訴されてない余罪を量刑で考慮することは可能かという有名な刑訴法の論点になる。一般論としてはできる。ただ、両罪の関係を見ると実質的に一つの殺人を遂行したに過ぎないとも言えることもあり得る。もちろん事情によるけどね。そうすると、少なくとも余罪として刑を重くすべき情状となるとは一概には言えない。あくまで事例判断にならざるを得ない。 この程度のことしか言えないね。 法的根拠は基本書と条文見れば明らかだ。判例が問題になるのは、最後の刑訴法の論点くらいなもんだ。 ちなみに科刑上一罪ではないよ。 科刑上一罪というのは、本来数罪のものを処断する場合に一罪として扱う場合だけど、その類型は牽連犯と観念的競合しかない。牽連犯は複数の犯罪が目的手段の関係にある場合で観念的競合は一つの行為で複数の犯罪を犯した場合を言うの。だけど、質問の例は二つの殺人の実行行為が別個にあるんだから観念的競合ではないし、目的手段の関係にもない(この目的手段の関係は一般的に目的手段の関係にある場合を言うので、通常二つの殺人の実行行為は目的手段の関係にはない)。よって、科刑上一罪ではないよ。 この質問の事例はあくまでも併合罪関係にある二個の犯罪について一方のみを起訴した事例に過ぎないよ。そして、起訴していない犯罪は原則として処罰できない。あくまで量刑上、情状として考慮ができるに留まる。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 殺人未遂罪の刑罰はどのくらい

    殺人未遂罪の刑罰はどのくらいでしょうか? 刑法では、 「  第199条 人を殺した者は、死刑又は無期若しくは5年以上の懲役に処する。  第203条 第199条及び前条の罪の未遂は、罰する。 」 とあり、殺人未遂に関する刑罰が見つけられませんでした。 (別の条文に書いてあるのでしょうか?) 殺人未遂罪の刑罰がどのくらいで規定されているのか? 教えてください。該当する刑法の条文も教えてください。 本日の裁判員裁判にて、殺人未遂に対して懲役4年6月の判決が 出ましたが、殺人未遂の刑罰がわからないので、刑罰の軽重が ピンときませんでした。

  • 殺人罪を犯した人

    私の知り合いの女性に「殺人罪を犯した人は大抵懲役15年以上や無期懲役や死刑にされるよね」と言ったら、「そうなんですか?」と聞かれたのですが 殺人罪を犯した人は大抵懲役15年以上や無期懲役にされるのは当たり前の常識なのに、殺人罪を犯した人は大抵15年以上の懲役や無期懲役や死刑にされるということを知らないのは、おかしいと思いませんか? ※その知り合いの女性は20代後半です

  • 殺人罪の量刑について

    殺人罪の量刑ってどうやって決まるのでしょうか。 山口県母子殺害事件は無差別だから死刑か無期なのですよね? 逆に、二人の子供の病気を救うために、母親の同意を得て、母親が腎臓を二人の子供に提供する手術を医師が行ったような場合は、無罪になる場合はありうるのでしょうか?

その他の回答 (4)

  • 回答No.5

なんか火をつけちゃったみたいですいません(;^_^Λ 「科刑上一罪」ではないのですね 間違いを放置せずご指摘いただいてありがとうございました http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20080317190845.pdf この判例が参考になるかもしれません 立件していない、起訴していない罪を45条の確定裁判を経ていないと解釈するなら併合罪となるのでしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

行為者が複数の罪を犯した場合における法的処理を取り扱うのが罪数論です。それは(1)行為者の犯したのは1個の罪か複数の罪かをいかにして区別するかという問題領域と、(2)それが複数の罪であるとしてそれをいかに取り扱うかという問題領域から構成されています。前者は、犯罪成立要件論ないし、罰条適用論にかかわるものであるが、後者は刑罰論に属する問題であるといえます。(罪数論:by山口厚) 罪数の形態としては (1)単純1罪 (2)包括1罪 (3)科刑上1罪 (4)合併罪 (5)単純罪数・・・などが存在しますが、今回の場合、殺人罪が相当な重い刑にあたるため、殺人罪で処断されるので(3)の科刑上1罪にあたり、殺人未遂罪は別の単純1罪とされたとしても量刑は変わらないと言えると思います

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • utama
  • ベストアンサー率59% (977/1638)

立件なしということなら、法律上の量刑は変わらないですね。(死刑又は無期若しくは5年以上の懲役) また、起訴されていない犯罪を処罰するために量刑を重くすることはできませんので、情状の一事実として考慮されるとしても、それが決定的な理由となって重い量刑になるということはないでしょう。(殺人未遂をしたことが量刑上考慮されないと正当な処罰にならないというのであれば、それも立件して起訴すべきです) 殺人の具体的な量刑については、加害者と被害者の関係、殺害にいたる経緯・動機などが最も重視されますので、そのような情報なしに具体的な量刑を挙げることはできません。 なお、刑法には「重犯」という概念はありません。また、仮に殺人未遂が立件されても併合罪であり、再犯でも、科刑上一罪でもありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

科刑上1罪になると思います http://foggia2011.blog7.fc2.com/blog-entry-708.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 殺人罪の量刑について教えてください

    あるドラマの結末について話し合っていて、初犯とは言え、殺人罪で10年は軽くないかという疑問が出ました。 もちろん上限は死刑とわかってますが、下限はどれくらいの量刑がありますか? 執行猶予とかありえます?

  • 殺人未遂で診断書

    殺人未遂で後日加害者を立件してもらう場合は診断書とかがないと立件してもらえないのでしょうか?殺されかけたのなら別に傷がなくても立件できるような気がしますが・・・まぁ現行犯なら診断書なんかなくとも立件してもらえるでしょうが・・・どうなのでしょう?

  • 強盗殺人罪は執行猶予がつかないですか?

    強盗殺人罪は死刑もしくは無期懲役 (酌量減軽すれば、無期懲役もしくは無期禁錮、7年以上30年以下の懲役もしくは禁錮) (心神耗弱や未遂など法律上の減軽があれば 3年6か月以上30年以下の懲役もしくは禁錮) 執行猶予が付くのは3年以上の懲役・禁錮、50万円以下の罰金ですから。 最大限の減軽をしても執行猶予がつかないですよね。

  • 殺人罪を死刑又は無期又は7年以上の懲役にすべき、殺人罪の下限の3年を7

    殺人罪を死刑又は無期又は7年以上の懲役にすべき、殺人罪の下限の3年を7年に値上げすべきだと思いますがどう思いますか、減刑余地でも1年6ヶ月と執行猶予で非常に軽い罪になります、下限が7年だったら減刑でも3年6ヶ月と確実と実刑になるからです、例えば無理心中や児童虐待などでも執行猶予が付かないからです。それと過失致死も罰金刑だが懲役刑も新設すべきだと思います、傷害致死に無期懲役を新設して下限を5年に上げるべきです。皆さんはどのようなお考えですか?

  • 力道山を殺した実行犯は殺人犯で起訴されたのか殺人未遂かどちらでしょうか?

    力道山を殺した実行犯は殺人犯で起訴されたのか殺人未遂かどちらでしょうか? ナイフで実行したこと自体危険性があるのだから死の間にどういう「狭義の相当性」があろうとも もはや殺人既遂罪である、という主張の方であれば、 当然殺人罪なんでしょうが。

  • 殺人が何故懲役なのでしょうか

    刑法199条によると、殺人は    死刑又は無期若しくは5年以上の懲役 とのこと。 つまり死刑。 が、現実は懲役20年前後(が相場)のよう。 何故でしょうか。

  • 【法律】成人の刑期、懲役は殺人未遂10年、殺人18

    【法律】成人の刑期、懲役は殺人未遂10年、殺人18年って本当ですか? 免除無しで。

  • 妊婦が殺された時の殺人の量刑は重くなるのか?

    妊婦が殺害された場合、刑法上胎児は殺人の対象にはならないので 妊婦1人を殺した、ということになるのでしょうが。 犯人を妊婦一人分の殺人にしか問えなくとも 胎児も殺しているから、その分、量刑では通常の殺人罪よりも重くなるのでしょうか? どれくらい重くなるのでしょうか?

  • 殺人未遂で死刑になる?

    日本の現憲法下では、1人に対して殺人未遂を犯した場合に『死刑』という事はありえるのでしょうか?(殺意動機・社会的影響・世界的な影響・被害者の社会的身分など、あらゆる可能性を考慮して) 明治憲法の中に『大逆罪』という罪があったという事で質問いたしました。 この質問に他意や、危険な意図は全くありません。

  • 傷害・殺人未遂の時効について

     刑法上の犯罪の時効について、ご教示ください。公訴時効の意味です。まず、傷害罪の時効が何年であるか、についてお伺いします。加えて、傷害の実行行為が行われた2年後に、傷害罪にあたる行為であることが発覚した場合、時効の起算点は、いつなのでしょうか。実行行為時なのか、その後の分かった時なのか、の問題です。また、単純な傷害罪ではなく、未必の故意の傷害行為の場合も、特に時効が違ってくることがあるでしょうか。少し分かりにくいかもしれませんが、実際の事件は、未必の故意の実行行為を行った者がいた、その実行行為のために、他の者が現実に傷害行為に及んだ場合、原因となった未必の故意の傷害行為実行者の行為も犯罪として訴追できるでしょうか、という意味です。  もう一つの質問は、未必の故意の殺人未遂の実行行為の時効が何年になるか、です。未必の故意の実行行為のために病院送りにされています。殺人の実行行為とする根拠は、密かに投与された薬剤の特性からです。過剰投与により、殺人が可能になる薬剤であるからです。  最後に、以上の傷害・殺人未遂の実行行為が同一人の手で行われた場合の、時効がどうなるか、です。より重い犯罪としての殺人未遂の時効期間を適用して、傷害罪も殺人未遂と複合させて公訴提起できるか、という意味です。  よろしくお願いいたします。