解決済み

何故、今のピーター・アーツは若い時の高速ストレートが出なくなったのですか?

  • 暇なときにでも
  • 質問No.5371227
  • 閲覧数300
  • ありがとう数3
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 53% (562/1046)

お時間がありましたら↓のアーツがまだ20代だった頃の
試合の動画をご覧ください
モーリス・スミス戦の時間1:35
http://www.youtube.com/watch?v=_FgKsiF4Yf4
マイク・ベルナルド戦の時間3:03
http://www.youtube.com/watch?v=klqm42zLgZ0

この二つの試合において、アーツは高速右ストレートを
放ってましたね。アーツはハイキックの選手という印象が
強いですが、このストレートもハイキックに負けないくらいの
武器だったと思うのです。それなのに何故、今のアーツは
高速右ストレートを出す場面が無くなってしまったのでしょうか?
皆様からのご意見をお待ちしております。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2

ベストアンサー率 50% (264/519)

今のアーツは体重が増え、その分、フィジカル面のメリットを利用した
老獪なキックボクサーになったなと思います。
このことは、競技で経験しないと感じないことかもしれません。

アーツが高速右ストレートを出せなくなった理由ですが、
おそらく彼の腰の問題が関係していると思います。
パンチだけでなくローもハイも含めて、体を素早く捻る動きは全般的に
遅くなった・・・というよりも速くすると体を痛めるためにしないという
選択をしているのだと思います。
実際、今でも時として素早い技を繰り出すことはありますから。

あと、技術的には、昔に比べてディフェンスを考えて右を放つ時も
左手を上げてガードしていますから、その分、体を捻り難いことも
今現在の彼の動きに幾分か影響しているのかもしれません。
この頃は目も良くて、多少ディフェンスを疎かにしても大丈夫だという
自信もあったのではないでしょうか。
何にも増して、スピードというより伸びがあるパンチですので、
目が良かったらほぼ必ず当てられるし、カウンターも避けられるという
気持もあったのではないでしょうか。
当時のアーツは自信満々でしたからね。
今、ディフェンスを意識しているのは、昔の選手に比べたらスピードが
速い選手が多くなりましたし、ディフェンスがしっかりしている選手が
出てきたので、トップとして挑むにはスタイルを変える必要があったとも
私は思います。もしかすると、当時のアーツですらスタイルを変えたかも?

それにしても若い時のアーツは、ご紹介のビデオで見ると、
本当に若くしなやかな体を目一杯利用した体を利用していますね。
こういう選手が、また出てきて欲しいです。
お礼コメント
sketemiel

お礼率 53% (562/1046)

お二人とも、いつもお世話になります。
ありがとうございました
投稿日時 - 2009-10-17 19:18:22
感謝経済、優待交換9月20日スタート

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1

ベストアンサー率 27% (229/826)

 正直に言って、直近のアーツの試合は誉められたものではありませんでした。パンチだけではなく蹴りも踏み込みもすべてみわたって衰えたといえるでしょう。
 基本的には加齢による衰えだと思われますが、それにしても衰えすぎですね。もしかすると相当体調が悪かったかもしれませんね。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
得意なスポーツについての豆知識や経験談を教えてください!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


より良い社会へ。感謝経済プロジェクト始動

ピックアップ

ページ先頭へ