-PR-
締切済み

XROAD RM-C5020ポータブルナビの充電について

  • 困ってます
  • 質問No.5370428
  • 閲覧数856
  • ありがとう数4
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 92% (13/14)

バイク用でXROADのポータブルナビ(RM-C5020)を使っています。
充電満タンにして電源を切っておくと次の日には充電が無く電源が入らなってしまいます。
メーカーに問い合わせたところ電源OFF状態でもGPSを受信している為、充電を消費していると言われました。

皆さんのナビもこんなことありますか??
電源OFFでもそんなにすぐ充電を消費するものなのでしょうか?
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全2件)

  • 回答No.2
レベル9

ベストアンサー率 21% (23/109)

RM-C5020の場合、同じ電源ボタンで、スリープと電源オフを使い分けてるんじゃないですか?
もう一度マニュアルを読まれては。
お礼コメント
tales80

お礼率 92% (13/14)

もう一度マニュアルを見たところ、特にその使い分け方法は見つけられなかったし、メーカーに問い合わせをした時もスリープと電源OFFがあるとは一言も説明がなかったので、まったく知りませんでした。

そこで試しに電源ボタンを長押しと1秒程度の短く押すことをしてみたところ、画面がスリーピングとパワーオフという二通りがあるのを発見できました!

これで様子を見てみます。
困っていたので本当に助かりました。
どうもありがとうございました。
投稿日時 - 2009-10-19 00:04:19


  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 22% (505/2263)

自分がその装置を作るとしたら、ディップスイッチで消費電力を抑えるような設定をできるよう、基板上にて操作可能なものを隠しておきます。
ユーザーさんによっては、使い方次第でクレームにもなりかねないですから、万が一は引き取って、スイッチを切り替えるわけです。
当然マニュアルには書かず、おそらく営業窓口にも知らせないでしょう。

機械、電装をつくっていると、いろいろな目にあうので、保険に設計者だけが知っている逃げ道を用意しているものです。

窓口が技術窓口に行き当たり、まんまと設計者に当たれば、多分そうっと教えてくれるかも・・・。

さもなければ、市場から消滅する可能性がある商品ですね。そんなことが頻繁ですと。
某社の製品で、スイッチが操作できなくなる不良があったときですが、最初は有償で交換、1万2千強とられました。
しばらくすると、また同じ不良が出ましたので、初回は空けて調べなかったのですが、今度は、空けて、半田付けが取れていることを発見し、これは、設計上の不良なのに、一度目は有償修理だったが、一体どういうつもりか、公の場所で明らかにしようか?というような趣旨で打診したところ、新品を丸ごと送ってきました。無償です。
メーカーは、こういう弱いところを突かれたりすると、臭い物にふた的な対応をしてくることよくあります。

仕事でも使っているし、とても期待していたメーカーなのに、今は極力買わないようにしています。
その後の製品では、ちゃんと改良もしてありましたが、リコールせずに逃げた態度には許せない気持ちがあります。

オフトピックで、すみません。
お礼コメント
tales80

お礼率 92% (13/14)

インターネットで色々調べてみたところ、このメーカーはあまり評判がよくないようでした。
実際にメーカーの問い合わせ窓口の対応には、少し怒りを覚えました。
はっきりしない受け答えや献身的さのない反応。
電話接客がまったくできていないように感じました。

このポータブルナビは大手電気店では売っているのを見たことがありません。
よく調べて購入しなかった私も悪いですが、もしかしたらこのメーカーの製品はあまり信用できないかもしれません。
もう少しナビの様子を見て以前と変わらなかったら、もう一度クレームを訴えたいと思います。

回答、どうもありがとうございました。
投稿日時 - 2009-10-19 00:18:49
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
購入や整備のポイント。車好きだから知ってる豆知識を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-

特集


開業・独立という夢を持つ人へ向けた情報満載!

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ