• ベストアンサー
  • 困ってます

等価交換について

東京在住のものです。 岡山に店舗兼住居付きの土地があります。3500万前後の評価額です。 この土地活用を考え、融資申請をしましたが通らず、また大手住宅メーカー数社に等価交換方式で賃貸住宅を建てるための見積もり依頼をしましたが、物件の立地上無理とのことで断られました。 岡山にあるこの土地と等価のマンションに変えたくおもっています。 物々交換をしてくださる業者やこの手のご相談ができる先をお教えいただきたく。よろしくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数421
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • 0621p
  • ベストアンサー率32% (852/2623)

不動産における等価交換というのは、地主が土地を提供して、デベロッパーなどが建築費を負担し、地主は提供した土地相当分の所有権を得るという事で、土地を売って買う場合よりも税制上の優遇があるわけです。 土地と他のマンションなどを交換する場合は、価値の等しいものを交換するという意味では「等価交換」ですが、税制上は交換としては認められず、土地を売ったとみなされて譲渡所得税が発生する事になります。 というような税制上の問題がありますので、そのあたりを充分研究なさってから考えた方が良いと思いますが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 もう少し勉強いたします。ありがとうございました。

その他の回答 (1)

  • 回答No.2

質問文から想像ですが、あまり土地活用には詳しくない地主さんの様 ですね。 取り敢えず、今のまますばらくは定期借家で貸しておくとか、潰して 駐車場にしておいて、その間に勉強して計画立てたらどうですか? アパートが建てられない土地であったり、建ててもうまくいかない土地 であれば、無理して建てるより売ってしまったほうがいいということも あります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 土地の等価交換による名義の一元化について

    複数の共有名義の、土地の等価交換による名義の一元化を考えています。このとき基準となるのは路線価でしょうか?それとも固定資産税算出のための評価額でしょうか?また、実際に交換を行う場合、価格の差は何パーセント程度、等価交換として認められるのでしょうか。さらに、等価交換を行った場合に発生する費用は登録免許税のみでしょうか?

  • 土地とマンションの等価交換について

    土地とマンションの等価交換についてご存じの方は教えてください。 自己所有している60坪弱の土地(現在居住中です)の売却もしくは等価交換を考えています。 出来れば、業者の方にマンションなどを建ててもらって、自分たちがその一部に住むことができれば良いと考えていますが、まずどこへ相談に行ったら良いのかが分かりません。 近所の不動産屋さんに相談に行きましたが、「この場所なら等価交換でも自分で建てて賃貸にしても良いと思いますよ」と言われており、具体的な案までは示してもらえませんでした。 具体的にはどういった業者に相談に行けばよろしいでしょうか? 等価交換の経験のある方、知識をお持ちの方がいらっしゃたら教えてください。 場所は神奈川県川崎市内です。

  • 土地と土地の 等価交換について

    よくある自分の土地を提供し、マンションを建築しその一部を得る、というのとは、ちょっと違います。 同じ性質の不動産どうしを交換するなら、税法上の等価交換の対象となると聞いてます。 そこで、私が埼玉県に所有している150坪ほどの住宅地の更地があります。これと東京都区部の住宅地の土地(更地)と交換したいのですが、 1.税法上の等価交換の対象となると考えてよろしいでしょうか? 2.自分で東京の土地をその所有者まで探して交渉するのは現実的ではありませんので、業者に頼みたいと思います。この場合、やはり情報を沢山持っている規模の大きい不動産やに依頼することが妥当でしょうか? それとも、そんな面倒なことは引き受けてくれないでしょうか? 3.「等価」の換算は路線価での評価をして、東京の土地の面積を計算することでよろしいでしょうか? 多分、場所にもよりますが、100坪くらいになると考えます。 レアケースかもしれませんが、お知恵を拝借お願いします。

  • 等価交換方式の分譲マンション購入について

     現在、都心で中古マンションを探しており、立地、間取りとも好みの物件を見つけました。駅から徒歩5分以内で築1年、比較的高額物件です。  ただ、等価交換方式で建てられたマンションで、総戸数約130戸のうち、約半数が地権者(企業)所有。地権者所有分はすべて、賃貸に出ています。(持ち分は約4割で過半数には至りません)。  一般的に、等価交換方式のマンションは管理組合の運営が難しく、また賃貸が多いと資産への考え方が違うため止めた方がいいと言われますが、仲介の不動産会社は「このマンションは管理体制がいいので、そんなに心配しなくても大丈夫」と言います。  実際に等価交換方式マンション、または分譲と賃貸が混在するマンションにお住まいの方、または経験された方、何か問題がございましたでしょうか。杞憂に過ぎないのか、実際に避けた方がいいのか、ご意見を伺えれば幸いです。

  • 固定資産の等価交換について

    こちら、やんばるでは就職先もなく、収入は0 それでも、税金は課されます 沖縄良いとこで、固定資産の評価はどんどん上がる。 評価額が上がったからとて、不動産業をしているわけではないので、収入にはならない。 就職先の多い中部東海地方の土地と私の土地を交換しようかと模索しているところです。 そこで、教えていただきたいのですが 1、等価交換でも税金はかかるのでしょうか? 2、その際の不動産業者への手数料はだいたい、いくら位が相場でょうか? でも、沖縄の土地を手放したら、二度と沖縄で土地を手に入れることは不可能 かと思うので、悩んでいるところでもあります。

  • 土地の等価交換について

    私と弟で 1,300万円の土地に差金250万円を付して1,550万円の土地と等価交換を図っています。 差金の額から譲渡所得税を計算すると48万円ほど掛かります。 次のことどもが疑問ですので、お教え下さい。 住宅メーカーの税理士に聞きに行ったところ、20%以内の差であれば、当事者同士が納得すれば、差金の支払いなど必要ない(したがって譲渡所得税も収める必要がない)と言い切りました。 これは正解でしょうか??? そもそも、私が税務署に聞きに行ったときには、「土地同士の価をどう決めるかは、税務署はノータッチです」というので、「それでは全く話がすすまないので、私は、第三者も納得できるもののひとつとして、路線化から価格を算出します」と言いましたら、係官は良いとも悪いとも言わず、ただ頷いていました。 それを、「売買は双方の話し合いで決めるもので、その価格で良いです・悪いですとは税務署はよう言いません」という言葉を拡大解釈すれば、どんな場合でも差金など発生しないという理屈になりますし、差額が20%以内でなければならないという、その差額の計算も出来ないことになってしまいます。 税務署は税を集めるのが仕事でしょう、それでは48万円の税収を逃してしまうことになります。ことに兄弟間の等価交換ならば、いっそうその価格の決め方に厳しい目が注がれるのではないでしょうか。 このお問い合わせ文で気のついたことなどもお教え下さい。

  • 等価交換を利用した共有不動産の名義の整理について

    等価交換を利用した共有不動産の名義の整理について 3人姉兄弟(生計は別々)で2ヶ所の不動産A、B(ともに土地・家屋)を共有しています。将来の売却・相続を考えて不動産Aの名義を姉に一元化するため、不動産Aの兄弟2人の持分と不動産Bの姉の持分とを交換したいと思っています。このAとBの交換部分の価格を相続税評価額×持分で比較すると、土地についてはほぼ同じ(5%程度の差)です。家屋については両者に約2倍の開きがありますが、どちらも古い建物であり、金額的には土地の価格の7%以下に過ぎません。このような場合、 1.土地の等価交換は可能か 2.家屋は別個に売買となるかと思うが、土地の等価交換に伴う交換差金とみなして、売買の差額についてのみが譲渡所得として課税されるのか 3.どこに相談して、どのように話を進めればよいのか をお伺いさせていただきたく、よろしくお願いいたします。

  • 等価交換でマンションを建てたい

     初めまして、皆様の御知恵をお借り出来れば幸いです。 東京郊外○○市に在る実家の土地の事です。320坪1筆に(当方を含めて9軒借地)居住しています。 去年地主さんより話があり、この土地を売却したい「分筆されてないので一括購入してほしい」との要望でした。時間が無いので至急回答してほしいとの事でした。同居住3名(親戚)と協議し取り合えず時間が無いので各1/4ずつ出資して購入し共同名義で登記しました。 出資金に対する不公平感が発生した為(借地割合ほか公道に接道の有無等々、又単純に羊羹のように4分割出来る事でもなく)第三者である弁護士を立て精算をする事に成りました。 私は精算完了後同意を取り付け等価交換方式で分譲か賃貸マンションを建てたいと考えております。 どのようにこの問題に取り組んで行けばよいのしょうか教えてください。宜しくお願い致します。

  • 妻への家屋贈与と等価交換に関する税金について

    5年前に30年以上自宅をを離れ、新居を購入しました。 買替えのため、旧自宅は不動産屋さんに売却を依頼しましたが現在まで売れ残っています。 今回、ある建設会社より、隣のアパートと一緒にマンションを建てましょうという話があります。土地家屋の買取、あるいは出来上がったマンションの1室との等価交換等です。 こちらとしては、旧自宅を25年連れ添った妻に贈与した上で、契約を締結し、妻の母の住居としたいのですが。 この際の贈与税とマンションとの等価交換に関わる税金をご教授いただけますか?

  • 宅地等価交換の片側を共同保有の持分割合にできるか

    最終的には税理士など専門家との相談になると思いますが、 ある程度一般的な考え方を知りたいと思い質問いたします。 現在私一家は父から相続した定期借地権のマンションに住んでおります。 それとは別に、元々の父の実家である一戸建てがあります。こちらの名義は兄となっております。 評価額は、確認が必要ではありますが、立地条件を考えると大幅にマンションの方が高いと想定されます。 兄は仕事柄海外赴任が多く、また国内の職場も元実家とは離れていることが多いため、 実家に住むことが現実的でないのですが、そこの地縁を大切にしたいという親族共通の意思があり、売却などせず、誰かが住むようにしたいと考えております。そこで今後、弟の自分が実家に移り住むという話になっております。 引越しに合わせて、実家の名義を兄名義から私名義にしたいのですが、 できれば不動産の等価交換特例を利用して節税をしたいと考えております。 このような状況で、例えば マンションの共同保有名義持分50%と実家名義100%が等価だとすると このような形で不動産の等価交換をし、特例を受けるということは可能でしょうか。 よろしくお願いします。