• ベストアンサー
  • 困ってます

Fxy=Fyx の証明はこれではだめですか?(偏微分の順序交換の証明)

Fは(x,y)で連続かつx,yについて偏微分可能し、FxyとFyxも(x,y)において存在するとき、Fxy=Fyxとなる。なお、FxyとはFをxについて偏微分して次にyについて偏微分したものとする。 これを示すと Fxy=lim(h→0)1/h{Fy(x+h,y)-Fy(x,y)} Fy=lim(h→0)1/h{F(x,y+h)-F(x,y)}より、 Fxy=lim(h→0)1/h{1/h(F(x+h,y+h)-F(x+h,y)-F(x,y+h)+F(x,y))} 一方、Fyx=lim(h→0)1/h{Fx(x,y+h)-Fx(x,y)}、 Fx=lim(h→0)1/h{F(x+h,y)-F(x,y)}より Fyx=lim(h→0)1/h{1/h(F(x+h,y+h)-F(x,y+h)-F(x+h,y)+F(x,y))} =lim(h→0)1/h{1/h(F(x+h,y+h)-F(x+h,y)-F(x,y+h)+F(x,y))} したがって Fxy=Fyxが成立する。 こうやって示したのですが、ダメですか?

noname#96505
noname#96505

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数7
  • 閲覧数2552
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.7

偏微分の順序交換は、質問者も触れているように、 極限の順序交換に帰する訳で。 おそらく、元々は、 lim[h→0] lim[k→0] G(h,k) と lim[k→0] lim[h→0] G(h,k) とを、 G の具体的内容に触れずに どちらも lim[h→0] G(h,h) に等しいと してよいか、ダメな理由は何か を質問したかったのだろうけれど… 補足での対応を誤ったので、話題が反れましたね。 ダメな理由は、 貴方の主張が成立するには、G に 偏連続性ではなく、二変数関数としての連続性 が欲しいからで、当にその為に、Fxy, Fyx に 存在だけでなく、少なくとも一方の 連続性が仮定されていれば十分となる。 質問文中の主張への反例は、私なら F = xy(arctan(y/x))~2 なんかが好き。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

上の補足として付け足しますと 例を挙げれば、K(x,y)=x^2/(x^2+y^2)と与える。 そうするとlim(x→0)lim(y→0)K(x,y)=1で、y=xとして考えると lim(x→0)K(x,x)=1/2 Fxyが存在するというのはあくまで、lim(x→0)lim(y→0)K(x,y)=1 だけ言えますということだから、私の言ってることが間違っていますよね?

質問者からの補足

回答ありがとうございます。勝手に私が解釈したためかもしれません。そのことに関しては本当にすみません。細かいながらも正確な定義を厳密に理解することは大事ですね。再度改めた結果、確認しますと 簡単に言えば、Fxyが存在するというの例として lim(x→0)lim(y→0)K(x,y)は存在しますよと言えてるだけである。 一般的にyを先に0に近づけてから、xに0を近づければ存在するものであってもyもxも同じ値で0に近づけたからといって必ずしも上の近づけ方でやった値と一致するとは限らないから、私が示した式が間違っているということなんですよね? 単純に言うと。

関連するQ&A

  • 偏微分の順序変更について質問

    (x,y)を独立変数として、ある関数Fをそれぞれの変数で1回づつの偏微分(それぞれ1回なので都合2回)することを考えます。Fxyと表示します。これは大抵の場合、微分の順番の変更が許されて、Fyxにもなると思います。(それが許されない場合もあるとは思いますが、あくまでもだいたいの場合です。)Fの2回の微分可能性は当然の条件として成立していると仮定してのことです。 別の独立変数(ξ,η)を考えます。この場合でも上と同様にFξη=Fηξが成り立つとします。 そこで質問ですが、Fxξ=Fξxという偏微分の順番の変更はおなじような理屈で成立するものでしょうか。私はできないんじゃないかなと思っているのですが。このような問題って微分積分学のテキストには説明されているでしょうか。"説明されない=できない"ということでしょうか。 よろしくお願いします。

  • 偏微分の「fxy」と「fyx」が同じ値になるときについて

    偏微分で fxy(x、y)とfyx(x、y)が点(a,b)を含むある開集合で 連続であるときfxy(a、b)=fyx(a、b)といえる。 という定理があるのですが、この解釈のしかたとして 例えばfxy(x、y)とfyx(x、y)が 0≦x<∞かつ0≦y<∞のような集合(半開集合?) で連続であるとき、 開集合0<x<∞かつ0<y<∞、では fxy(x、y)=fyx(x、y)といえるが、 点(0,3)、(0,0)、や(3,0)のような、 集合の境界上ではfxy(x、y)≠fyx(x、y)となる場合もある。 という解釈のしかたでいいのでしょうか?

  • 偏微分について。

    【次の関数f(x,y)についてfxy(0,0)とfyx(0,0)を求め、これが等しくなくことを示せ。 f(x,y) = xy(x^2-2y^2)/(x^2+y^2)…(x,y≠0,0) f(x,y) = 0…(x,y = 0,0) 】 という問題があるのですが、なぜ解き方として 【偏微分係数を求める定義の式(limを使う式)から求めなければいけない】 とあるのですが、なぜ公式(fx = nx^(n-1)のような)を使ってはいけないのでしょうか?

その他の回答 (6)

  • 回答No.6

あ,反例書き間違った. >Fxy(0,0)=1 >Fyx(0,0)=-1 じゃなくって Fxy(0,0)=-1 Fyx(0,0)=1 だと思う.もっとも本質的には何も変わらないのは いうまでもないけど.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5

>これでも違うのですか? そう,ちがう. そもそも,書いてることが 補足のたびに微妙に違ってるのはどうして? >すなわち、h→0とするならば、 >1/h{F(x,y+h)-F(x,y)}= Fy >1/h{Fy(x+h,y)-Fy(x,y)}= Fxy これは h→0とするならば、 1/h{F(x,y+h)-F(x,y)}= Fy t→0とするならば、 1/t{Fy(x+t,y)-Fy(x,y)}= Fxy こういう意味なのですよ. hという同じ文字だからといって,同じなわけではない. 代入なんかしちゃいかんよ. とってる極限が別個のものだから たまたま同じ文字hを使っても問題ないだけで 実際は「違うもの」なんだから. 何度でもいうけど, (二階の)偏微分は「あらゆる方向の微分」じゃない. このことに対する反論がないけど,それは納得してるのかな? 理解できてるなら こんな「代入」なんかは主張しないと思う. ついでにいうけど >Fは(x,y)でx,yについて偏微分可能かつFxyとFyxも(x,y)において存在すると言っている以上、 また「連続性の仮定」が落ちてるし,一点での連続性じゃ不足. こういう大事な仮定を無造作に落とすのは 数学の議論としては致命的だよ. いい加減疲れたから,検索して見つけた反例 F(x,y)=xy(x^2-y^2)/(x^2+y^2) F(0,0)=0 とすると,あなたの質問文でいう条件は全部満たすけど 実は Fxy(0,0)=1 Fyx(0,0)=-1 になる. つまり,あなたの証明はだめってこと. 計算はきちんと定義に従って, (0,0)での偏導関数を求めればいいだけ. Fは(0,0)で連続だし, FxもFyも(0,0)で存在するし,FxyもFyxも(0,0)で存在するのが すぐわかるはず. なんでだめかは 今まで私が指摘したとおり. 偏微分の定義を正しく理解していないことと 極限のとり方とかの呼吸が間違ってることかな. では。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4

>たしかに、私の言ってた前提が少し違っていたかもしれませんが 数学は前提が違っていれば証明はまるで違う. だから前提が違うのに証明だけというのはナンセンス. そうでしょ? 上限公理を仮定するか,デデキンド切断を仮定するか, はたまた有界単調増加列の収束を仮定するかで 証明が変わることくらいはしってるでしょう? >偏微分の順序交換の証明が私の示した式ではどうか判定を! しかし,あえてそのナンセンスなことをするなら だめ。やっぱり10点満点で3点でもあげすぎかも。 どんな方向からでも偏微分が存在する? それをどうやって示すの? いっとくけど,偏微分ってのは,軸方向だけの微分であって 全方向の微分じゃないよ. それは定義から明らかでしょう? #ちなみに「全方向で微分ができる」ってのはかなり強い条件で #そうそう成り立つものではない 今の場合,全方向で微分OKを示すのって 結局順序交換と同じようなもんだよ。 それこそ >ネットや参考書で探せば載っているので、 というくらいなんだから,なんでわざわざ 「探せば載ってる証明」では 平均値の定理を使ってるのか考えよう. そしてなんで「連続性」が必要なのか考えよう.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

いやいや、Fは(x,y)でx,yについて偏微分可能かつFxyとFyxも(x,y)において存在すると言っている以上、 |h|を今十分に小さくて限りなく0に近い値だとすれば 1/h{F(x,y+h)-F(x,y)}はFyに限りなく近づいて、 1/h{Fy(x+h,y)-Fy(x,y)}もFxyに限りなく近づく。(条件より) すなわち、h→0とするならば、 1/h{F(x,y+h)-F(x,y)}= Fy 1/h{Fy(x+h,y)-Fy(x,y)}= Fxy つまり、私が示した式と同じようになる。 これでも違うのですか?

  • 回答No.3

>ですが、FxyとFyxが(x,y)で存在して連続であるというのを正しいということを前提にしているのですから、 こんなこと質問文のどこに書いてますか?? けど,これだけでも条件が少し足りないかな. 一点だけの連続性でいけるのかな? そもそもあなたが言ってたのは「存在だけ」でしょ? だから私もNo.1さんも「前提が違うんじゃ?」と 指摘してたわけです. >言えば(h,k)がどんな方法で0に近づいてもFxyとFyxは存在する こんなことはどこに書いてますか? そもそも偏微分って「どんな方向からでも存在する」でしたっけ? 変数を一個だけ動かすっていうのが偏微分であり それだけで「全方向」が満たされるのかな?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

いやいや、Fxyが(x,y)で存在しかつ連続であるから Fxy=lim(h→0)1/h{Fy(x+h,y)ーF(x,y)}で表せる。 さらに、Fyも(x,y)で存在しかつ連続であるから Fy=lim(h→0)1/h{F(x,y+h)-F(x,y)}がいえるので、 質問した式で表せる。 すなわち、FxyとFyがここで存在してかつ連続と言っている条件の下で 計算を行っているわけだから間違っていないのでは? たしかに、私の言ってた前提が少し違っていたかもしれませんが 偏微分の順序交換とはどういうときで成り立っているのかとかは、ネットや参考書で探せば載っているので、私が書いてある前提とかというよりも 私が書いた式を主に見てください。つまり、私が言っている前提がどうのこうのよりは偏微分の順序交換の証明が私の示した式ではどうか判定を!

  • 回答No.2

定理の前提条件ってのは ものすごく大事なもので, その前提条件そのものが間違っていると まったく意味がないということを まず理解しましょう. #ぶっちゃけていうと #「間違った前提からは任意の命題が導ける」 #という定理が存在する で,今回のケースが「前提が違うのか」という問題はあと回しにして, 質問で提示された「解答」を私が採点するなら 10点満点で・・・せいぜいあげて3点. なぜなら微分の定義で極限をとるときに 一番大事なところを 理解していない(少なくとも曖昧にしてる)から. どこかはご自分でどうぞ. それで,「前提が違うのか」という点だけども, 私も「違う」と思う. 大事な条件が一個もれてる.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ですが、FxyとFyxが(x,y)で存在して連続であるというのを正しいということを前提にしているのですから、間違ってはいないのでは? せいぜい、言えば(h,k)がどんな方法で0に近づいてもFxyとFyxは存在する と言ってますので、h=kとして0に近づけた証明でいいのでは?

  • 回答No.1

まず、定理の前提が違うと思うのですが。 >Fは(x,y)で連続かつx,yについて偏微分可能し、FxyとFyxも(x,y)において存在するとき、 これ合ってますか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

いやいや、当然「Fは(x,y)で連続かつx,yについて偏微分可能し、FxyとFyxも(x,y)において存在するとき、Fxy=Fyxが成立する」 というのが命題なので。 合ってるとかというよりも、そうである場合にという意味なので合ってる当てないは関係ないと思いますが。

関連するQ&A

  • 教えてください!偏微分の問題です。

    教えてください!偏微分の問題です。 f(x,y)=(1/√y) e^(-x^2/4y) に対してfxx-fyを求めよ。 f(x,y)=log(x^2+y^2)に対してfxx+fyyを求めよ。 u(x,y)=1/2 √(π/t) e^(-x^2/t) に対してu_t-1/4 u_xx を計算せよ。 という問題なのですが、 1つめは(1/√y)e^(-2/4y)+(1/√y^3)e^(-x^2/y) 2つめは{(x+y)-4}/(x^2+y^2) と一応答えが出したのですが、 答えがなく確認することが出来ません。 よろしくお願いします。

  • 偏微分の順序交換が無条件にできない関数

    f(x,y)= xy(x^2-y^2)/(x^2+y^2) ((x,y)≠(0,0)の時) 0 ((x,y)=(0,0)の時) について、fxy(x,y)=fyx(x,y)が無条件には成立しないことを示せ。 という問題なのですが、答案のイメージが曖昧になっていて困っています。 具体的にどういう答案を書けばよいのか教えてください! 因みに fxy(x,y)=fyx(x,y)の成立条件が fxy(x,y)とfyx(x,y)が共に存在しかつ連続 であることは知っています。 またfxy(x,y)とfyx(x,y)を直接求めたところ、ともに(x,y)=(0,0)で不連続であることは示せました。 無いとは思いますが、第二次偏導関数を求めずに証明できる少しでも簡単な方法があればそれも併せて教えていただけるとあありがたいです。

  • 2変数関数 f(x,y)の偏微分する方法をご指南ください

    2変数関数 f(x,y)を偏微分をといてみたものの あっているか自信がありません。(特に4番) わかる方、ご指導よろしくお願いします。 【問題】 次の2変数関数f(x,y)を偏微分せよ。 すなわち、関数f(x,y)のxおよびy関する変動関数fx(x,y)およびfy(x,y)を求めよ。 (1) x^2+3x+y+2 xに関するyの偏微分: fx(x,y) = 2x+3 yに関するyの偏微分: fy(x,y) = 1 (2) x^2y^3+3x+2y xに関するyの偏微分: fx(x,y) = 2xy^3+3 yに関するyの偏微分: fy(x,y) = 3x^2+2 (3) (x-y)/(x+y) xに関するyの偏微分: fx(x,y) = 1/1=1 yに関するyの偏微分: fy(x,y) = -1/1=-1 (4) √(x^2+y^2+1) f(x,y)=√(x^2+y^2+1)=(x^2+y^2+1)^(1/2) xに関するyの偏微分: fx(x,y) = 1/(√(x^2+y^2+1)) ? yに関するyの偏微分: fy(x,y) = 1/(√(y^2+x^2+1)) ? ※(4)は、答えに全く自信がありません。  できれば、途中の計算プロセスを詳しく教えていただけると助かります。 以上、よろしくお願いします。

  • 偏微分と全微分

    偏微分、全微分の問題です 解き方を教えてくださいm(_ _)m f(x,y)=x^2sin(1/x) (x≠0)、0(x=0) (1)fx(0.y)、fy(0.y)を求めよ。 (2)fx(x.y)はどこで全微分可能か、またそこで全微分せよ。 よろしくお願いします。

  • 偏微分、合成関数の微分法

    数学を進めているのですが、偏微分が絡んだ合成関数の微分法がわかりません。 大学数学のテキストは高校のと比べて、読み進めずらいです。助けてください。 (質問本文) 「」は私の理解の仕方と思ってください。まず、公式の理解から私の偏微分の考え方は正しいでしょうか? (1)関数z=f(x、y)にさらにx=x(t)、y=y(t)という関係がある時、「実質1変数で」、dz/dt=(∂z/∂x)×(dx/dt)+(∂z/∂x)×(dx/dt)(「それぞれxとyでzを偏微分して、x、yを今度は1変数なので、微分する」) (2)関数z=f(x、y)にさらにx=x(u,v)、y=y(u,v)という関係がある時,今度は変数が2つuとvがあるので、「どちらか片方で微分して」、∂z/∂u=(∂z/∂x)(∂x/∂u)+(∂z/∂y)(∂z/∂u)(「それぞれ片方の変数x、yでzを微分して(偏微分)さらに、そのx、yを関係式があるuで片方を選んで、uで偏微分する」) 次に、教科書の文章で、f(x、y)=0によって、xの陰関数y=f(x)が定められているとき、y‘=-Fx/Fyをxで微分すると、(dFx/dx)=Fxx+Fyy×dy/dx,dFx/dx=Fyx+Fyy×dy/dx(★)とあるのですが、★の微分はどのように考えて実行しているのでしょうか?(上の教科書の公式では全く上手くいきません)

  • 微分方程式の偏微分問題について

    微分方程式の偏微分問題について 大学で微分方程式の授業を履修しているのですが、指定された問題がまったくわかりません 問u0>0,p>1とする。次の1階単独ODEの初期値問題について、(u0の0は小文字でユーゼロです) du/dt=u^p (t>0) u(0)=u0 u(t)が発散する時刻をTmaxとするとき、解u=u(t) (0<t<Tmax)を求めよ という問題です。 偏微分の計算の説明を少しされただけなので、このような文章問題はどうすればいいのかまったくわかりません。 一応この問題の前に 『1階単独ODEの初期値問題と局所解の一意存在定理』 2変数関数f(x,y)は点(x0,y0)の近くで偏微分できて、さらにその偏導関数fx(x,y),fy(x,y)は連続とする(これは短く「点(x0,y0)の近くで連続微分可能である」という)。そのとき、次の1階単独ODE y´=f(x,y), (y=y(x);unknown) について、y(x0)=y0をみたす解がx=x0の近くでただ1つ存在する という定理が書いてありましたが、説明されていないので自分で読むだけではまったく理解できませんでした。 明日までなので焦っています。 どなたか問題を解いて下さる方はいらっしゃいませんでしょうか?

  • 偏微分の問題

    物理学基礎論で、偏微分を習いましたがよく分かりません>< 今朝、数学のジャンルで質問させていただきましたが、質問の意味が分からないと言われたので、問題ごとこちらに質問させていただきます。 1、次の偏微分を求めよ。ただし位置ベクトルrの独立変数はデカルト座標(x,y,z)である。 ∂r/∂x これに対し私の答えは・・・ Δr/Δx=lim {r(x+Δx,y,z)-r(x,y,z)}/ Δx と、これでよいのでしょうか??(極限はΔx→0です) 2、次の偏微分を求めよ。ただし()-()ではデカルト座標xyzを極座標rθΦの関数とし、()-()では極座標rθΦをデカルト座標xyzの関数として微分を行うこと。 ()Δx/Δθ=rcosθ×cosΦ ()Δy/ΔΦ=rsinθ×cosΦ ()Δz/Δr=cosθ これでよいでしょうか・・・?? ()Δr/Δy=y/√(x^2+y^2+z^2)=y/r ()Δθ/Δz ()ΔΦ/Δx ()()がまったく分かりません^^;たとえば、()ではtanθを微分したらよいのでしょうか?? どなたかよろしくお願いいたします。

  • 偏微分について

    偏微分をこの前習ったのですが、いまいちよく分かりません><どなたか手助けお願いいたします。 位置ベクトルrの独立変数はデカルト座標(x,y,z)で、 Δr/Δx=lim {r(x+Δx,y,z)-r(x,y,z)}/ Δx と、これでよいのでしょうか??(極限はΔx→0です) またデカルト座標(x,y,z)、極座標(r,θ,Φ)について、デカルト座標を極座標の関数とし、または極座標をデカルト座標の関数として偏微分を行うときに、 Δx/Δθ=rcosθ×cosΦ Δy/ΔΦ=rsinθ×cosΦ Δz/Δr=cosθ でよいのでしょうか?? あと、これの逆の Δr/Δy,Δθ/Δz,ΔΦ/Δx のやり方が分かりません。 どなたかよろしくお願いいたします。

  • 偏微分について 至急

    偏微分について至急願います。 1つ目ですが、例えばz=3x+1の関数で、yについて偏微分せよ。という問題が出たら、答えは0ですか? 2つ目ですが、f(x,y, z)=y-x-λ(x^2+y^2-2)をλについて偏微分すると、x^2+y^2=2になるのはなぜでしょうか。そもそもλを微分すると何になるのですか?お願いいたします。

  • 偏微分してください

    f(x,y)=[(1/√2πx)e^{-(1-y)^2/2x}][(1/√2πx)e^{-( 2-y)^2/2x}] この問題を偏微分して fx,fyを求めたいのですが 途中でごちゃごちゃになってしまうので 簡潔に偏微分出来るならその方法を 出来ないなら少しずつ式を展開して 頂けると助かります。 よろしくお願いします。