• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

チンプンカンプンの語源は?

  • 質問No.53560
  • 閲覧数679
  • ありがとう数7
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 94% (18/19)

「ちんぷんかんぷん」(辞書引いて珍糞漢糞と書くと始めて知りました…)
の語源はどこにあるのでしょうか?
気になりはじめたら止まらなくなりました。
下らない質問でごめんなさい。お知恵を貸して下さい。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
  • ベストアンサー
説明が長いので、
下記URLを参考にしてみてください。

…同じことを考える人はたくさんいるんですね。(^^;
お礼コメント
ojalu

お礼率 94% (18/19)

おぉ!これは面白い!
こういうサイト探してました。
回答ありがとうございました!!
投稿日時:2001/03/19 13:29

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.3

ベストアンサー率 29% (1122/3749)

 大辞林には「珍粉漢粉」になっていますが、
私の記憶では元々「珍本漢本」なのですが、日本語ではなんと読むのでしょう?

広東語では「チャンプン・ハンプン」と読めますが、てっきり中国語だと思っていました!
お礼コメント
ojalu

お礼率 94% (18/19)

回答ありがとうございます。
なるほど、裏を取るためにも中国語の方面からも探り入れてみましょうか…?
投稿日時:2001/03/19 13:36
  • 回答No.2

ベストアンサー率 42% (213/499)

こういう説があるそうです。

「ちんぷんかんぷん」はもともと「ちんぷんかん」で「陳分漢」と書き
「陳分」は中国人によくある姓名で「漢」は熱血漢のように男性を意味する語。
江戸時代、中国人の名前は読みにくく、解りにくかった。
そこから世間の人が「ちんぷんかん」を「なにがなんだかわからない」という意味で使ったと言う。
もう一説に、中国には「チンプトン、カンプトン」という言葉があり、
チンプトンは、聞いても解らない。カンプトンは、見ても解らないという意味から、
見ても聞いても訳が解らない事に使われるようになったという説。
 また「珍糞漢」「陳粉漢」「陳奮漢」などとも書き、儒学生が漢語をしゃべっているのを
ひやかしていったもの。と言う説もある。
なお、同じような語源を持つ言葉に「頓珍漢」(とんちんかん)があるが
これは鍛冶屋が交互に打つ槌(つち)の音がうまくそろわないところからきたと言う語源説もある。

・・・ということです。なんだか説明聞いてもいまいちちんぷんかんぷんですね。
お礼コメント
ojalu

お礼率 94% (18/19)

回答ありがとうございます。

まんまはまずいかも…
投稿日時:2001/03/19 13:34
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ