• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

信用創造の意味がわかりません

  • 質問No.5340794
  • 閲覧数563
  • ありがとう数5
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 69% (49/71)

ウィキペディアによると、
銀行は預金を受け入れ、その資金を誰かに貸し出す。その過程で信用創造は発生する。以下は、そのプロセスの例である。

1.A銀行は、X社から預金1000円を預かる。
2.A銀行は、1000円のうち900円をY社に貸し出す。
3.Y社は、Z社に対して、900円の支払いをする。
4.Z社は、900円をB銀行に預ける。

この時点で銀行預金は1900円に増えているというのですが、2の段階でA銀行は1000円のうち900円をY社に貸したのですから、100円しか残らないのでは???

初歩的な質問ですいません。ご回答よろしくお願い致します。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 40% (1540/3759)

> この時点で銀行預金は1900円に増えているというのですが、2の段階でA銀行は1000円のうち900円をY社に貸したのですから、100円しか残らないのでは???

A銀行には100円しか残りませんが、X社は預金を1000円持っていることに変わりはありません。Z社が900円預けた段階で、Zの預金は900円になりますから、合計で1900円の預金があります。

銀行がA銀行しかない(Z銀行が預ける先をBではなくAとします)とすれば、銀行は、
1.預金として1000円を受け入れる
2.そのうちY社に900円を貸し出す。残りは手元に置いておく
4.Z社から預金として900円を受け入れる
ということなので、この時点まででは、1900円を預金として預かり、1000円を現金で保有し、900円の債権を持っている、という形になります。
したがって、900円分の「信用が創造された」わけです。
お礼コメント
sion5656

お礼率 69% (49/71)

なるほど!! よくわかりました!! ありがとうございます!!
投稿日時:2009/10/04 12:37
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ