• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

「低血糖症」と「キレる」の関係

7/20のTBSの番組「スパスパ!人間学http://www.tbs.co.jp/spaspa/」にて、キレる原因はセロトニンが不足しているからで、肉と砂糖を充分に採ると良い、ということでした。セロトニンは感情を抑制し、興奮した脳を鎮める働きをする脳内物質。肉によりタンパク質を摂取し、セロトニンの原料のトリプトファンを作るためということですか? では砂糖は何のために食べるのでしょうか?  一方、以下のような話も見かけます。 清涼飲料水の取り過ぎにより、血糖値が上がり、インシュリンが分泌され、逆に血糖値が下がる低血糖症になる。低血糖症の症状に「イライラする/機嫌がいいかと思うと突然怒り出す」がある。http://members.tripod.co.jp/cheerup/index-1.html →これがキレるということですか? 次に血糖値を上げるためにアドレナリンが分泌される。この繰り返しにより大量のインシュリンとアドレナリンが分泌されるようになり、アドレナリンの高い状態は常に攻撃態勢にあるようなもの。ちょっとした刺激に敏感に反応する。http://www.suga.gr.jp/haru/dosuruanata/9908/page5.html →これがキレるということですか? このあたりが今ひとつ整理できていないのですが、どなたかすっきりご説明願えませんか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数823
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • yoda
  • ベストアンサー率36% (291/804)

「セロトニン」とは、 一般的な適量のセロトニンは人間の原始的な欲求、つまり本能を抑えます。セックスや食欲、攻撃性などを鎮め理性を保つ働き、いわゆる人間の衝動にブレーキをかけるホルモンの1つと言えます。しかし、セロトニンの分泌があまりに過剰過ぎるとブレーキがロックになり、身動きが取れずにガチガチの状態になります。恐怖心にとらわれ神経質になり、行動もぎこちない状態になってしまいます。逆にセロトニンが少ない場合は脳のブレーキがない状態になり、セーブ(理性)がきかなくなります。こうなると一時的な感情に捕らわれ暴力的になったり、奔放なセックスに走ったり、ひどい時にはうつ病や自殺に至ります。またセロトニンが少ない人は実際に犯罪者に多いことや友達が少ないことが最近の研究で明らかになっていると聞きました。 ただ、私の意見としては、「キレる」と言う表現が、あらゆる行動・出来事に当てはめ易いので、安易に(一種の流行語のように)使われすぎているので、gomuさんのように理解しにくくなってもいるのでは無いかとも思います。 この間も、娘を叱ったら、言うに事欠いて何て言ったと思います? 「とうさん、キレないでよ」なんて言うもんだから、私も「キレて」(ウッソ!)娘を叩いた。ナンテね!

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

セレトニンの説明ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 低血糖症に人工甘味料は悪い?

    こんばんは、僕は今、低血糖症に悩んでいます。 夕方時になると甘い物や炭水化物が食べたくなるのです。 甘い物が欲しくなると、代わりに人口甘味料(パルスイート)を入れたお湯、紅茶、緑茶などを飲んでいました。 低カロリー、血糖値が上がらない事は知っていますが、甘さでインスリンが分泌される事は無いのでしょうか? 人工甘味料の甘みで低血糖症が引き起こされる、影響を与えることはあるのでしょうか?

  • たばことインシュリングルカゴン関係性

    たばこを吸うとインシュリン抵抗性ができると聞きます。 またグルカゴンの分泌を促し一時的に血糖値もあがるとききます。 私は炭水化物を食べるとすぐににきびができてしまう体質なのでファセオラミンやギムネマを摂取して少しでも糖の吸収を遅らせるように努力しているのですがたばこを吸うと糖の吸収を遅らせるような作用はあるのでしょうか? また炭水化物を食べてインシュリンが分泌されているときにグルカゴンの分泌を促す食べ物を食べた場合血糖値自体は上がると思うのですがグルカゴンによりインシュリンの働きが鈍くなり糖の吸収を弱らせるということはありますか?よろしくおねがいします。

  • 血糖値の感知について質問です。

    血糖値の感知について質問です。 まとめをしているうちに分からなくなってしまったんですが、血糖値が低いときは(1)視床下部が感知して交感神経を刺激してアドレナリンを分泌する(2)すい臓のランゲルハンス島が直接感知してグルカゴンを分泌する、ですよね? そしたら、血糖値が高いときはどこが感知するのかなーと調べてみたところ、視床下部が感知してインスリンを分泌、とランゲルハンス島が直接感知してインスリンを分泌、の両方が出てきてしまったんです。。 どちらが正しいんでしょうか??両方なのですか??

その他の回答 (1)

  • 回答No.2
  • kawakawa
  • ベストアンサー率41% (1452/3497)

生物薬剤学をかつて専門としておりましたので、こういう質問は昔が懐かしくなります。 何か疑問が生じた時の原則なのですが、問題をもっともっと簡単に単純に考えて見ましょう。複雑そうに見える現象も実は単純な現象が組み合わさっただけですから。 脳の栄養はグルコースです。それが不足すると当然脳の活力は低下します。 キレやすい人の多くに食生活の乱れがあるといっても、糖分はジュースやファーストフードから摂取しているから大丈夫と思われがちです。 しかし、ファーストフード型の糖分摂取は短時間に血糖値を上げる方向にすすむため、インスリン分泌が促されます。 その結果、逆に低血糖状態に進み、一種の空腹状態になります。実際に脳への糖分供給もごく短時間で終わってしまい、脳は飢餓状態となります。当然、脳内カテコラミンのバランスは危機状態に備えるため、攻撃パターンになります。といところまでは、多くの説で言われています。 でも、実際にはそれだけでしょうか? 人間が社会生活を営んでいく上で、非常に重要なのが理性による感情や行動の制御です。当然これらの行動は脳が判断し、指令を下すのですが、その肝心の脳の機能が低下していると‥ 人間の体は複雑で、たった一つの原因から様々な反応が現れます。また、複数の原因から一つの結果が現われることも多々ありますので、糖分とキレルの関係が唯一絶対のものとは考えないことです。 低血糖が攻撃的という構図ならば、高血糖は穏やかなのでしょうか?別に糖尿病の人はおとなしいという病態は定義されていませんよね。 血糖値によって変化する脳内カテコラミンのバランスも大事ですが、それ以前に脳に記憶される「学習」が非常に大事だと思います。 同じDNAタイプの植物を違う環境に育てると、まったく異なる形態や特性を示すようになります。人間も同様で、同じ遺伝子タイプであっても、環境によって異なってくると思います。 最後に、人類は肉食系と雑食(草食)系に二分されます。歴史を見ると、肉食系民族は非常によく戦っていますね。草食系民族は肉食系に蹂躙されながらも、根気強く農耕を続けてきました。これを考えると、肉食中心にせよという意見は如何なものかと思うのですが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

つまり、「キレル」と「糖分」が直接の関係があると、思わないほうが良いということですね。より複雑な要因があるのではないかと。

関連するQ&A

  • 摂食障害・血糖値

    インシュリンと血糖値の関係、摂食障害のひとつである行為のチューイング(食べ物を飲み込まずに出す)について質問させていただきます。 1:高血糖になると太ると言いますが、それはインシュリンが大量に分泌されるためグリコーゲンが貯蔵物質(脂肪など)として蓄えられるからですか? 2:逆に食べ物を体内に入れずに低血糖になった場合でも、インシュリンが分泌されれば糖が吸収され、さらに低血糖のために空腹感が生まれて太るのでしょうか?それとも血糖値が上がっていないと痩せるというもの(理屈抜きで)から、インシュリンが分泌されてさらに低血糖になれば痩せるのでしょうか? 3:糖尿病患者の方で痩せる人と太る人がいるみたいですが、それは前者は高血糖になってもインシュリンが分泌されていないためで、後者は高血糖なのに薬などでインシュリンが効いているためという考え方で合っていますか?そうすると1番と2番の最初に述べた意見が合っているということになりますよね・・・ 4:チューイングについてです。これは食べ物を飲み込まずに出す=カロリーが吸収されないということなので痩せるのですか?私はそう思っているのですが、この行為は太るという人もいるんですが、その理屈は脳が味や咀嚼を感じてインシュリンを分泌するため、低血糖になり空腹を感じるのと飢餓状態になるので少しの量で栄養が最大限に吸収されるというものでしたがどちらが合っていますか?後に述べた意見が合っているということは、脳は味と咀嚼を感じた時点でインシュリンを分泌するということですか? 5:4番でも出てきましたが、飢餓状態になっても食品のカロリーは決まっているのですから、カロリーが大幅に吸収されるということはないのではないですか? 自分なりに色々調べたのですが、インシュリン、血糖値、新糖生、自律神経・・・などと色んなことがごっちゃになり分からなくなってしまいました。 なので詳しい方は回答お願いします。 どれか分かる番号の質問だけでも良いので教えて下さい。

  • 血糖値上昇に影響する因子

    血糖値の上昇に影響する因子について勉強しています。 ホルモンについて質問です。 低血糖に反応して分泌されるホルモンとしては、 グルカゴン、成長ホルモン、コルチゾール、アドレナリンがありますが、 サイロキシンは低血糖に反応して分泌されるわけではなく、 分泌された場合に血糖上昇に働くということでしょうか。 それとも低血糖の場合に分泌が促進されるのでしょうか。

  • GI値が低くても最終的には吸収されるのでは?

    世の中低インシュリンダイエットというものが大流行なようですが、どうしても納得がいかない点があります。GI値が低いというのは食後インシュリンが一気に大量に分泌されるのを防ぐだけで、結局は食べた分のカロリーを消費しない限りじわりじわりと吸収されてしまうのではないでしょうか。例の「特命リサーチ」中の低インシュリンダイエットに関するページからリンクしてあったページ(下記)を読んだのですが、私はこれは糖尿病対策としては有効でも、これだけではダイエットとして成り立たないと思うのです。私の考えでは、 ・通常ならば食後急激に血糖値が上がりインシュリンが大量に分泌され、血糖が一度グリコーゲンや脂肪に変わり、それが血糖値が下がった後に再び血糖に戻されエネルギーとして使われる ・ところが、GI値の低い食事を摂ることによって、血糖値の上昇を緩やかにする。消化・吸収中にも代謝によってエネルギーが消費されるので、その分のエネルギーを血糖をそのまま消費することによってグリコーゲンや脂肪に変わる量を減らす ・その結果、全体としてインシュリンの分泌量が減り、糖尿病対策に役立つ ・食後、血糖値が高めの状態(通常の食事をとった後より低いが食間よりは高い状態)が長く続くので、この間に運動をすると脂肪を燃焼するより効率よくエネルギーを消費できる というものだと思ったのですが、この解釈は合っているでしょうか? http://www.frontier-group.co.jp/program/nagata/research.html

  • 黒砂糖とダイエット

    黒砂糖は体に良いし、太らないと聞いて、 甘いものが食べたくなったら、なめてます。 でも、やはり砂糖は砂糖なので、太らないなんてことは無いのではないかと思うのですが・・・ その辺はどうなのでしょうか?? 最近インシュリンダイエットというのが、有名ですが、 黒砂糖もやはり血糖値をかなりあげますよね?? GI値は高いのですか? ご存知の方がいたら教えて下さい。 あと、間食には何が良いでしょう??

  • 低インシュリンダイエットで最近流行の血糖値をあげないお茶は有効?

    低インシュリンダイエットは 「インシュリンを低くおさえる食品を取ることで、血糖値を低く保ち、インシュリンの脂肪合成を阻止し、脂肪燃焼をすすめます。インシュリンには、血中の糖がエネルギーとして消費されるのを促進する働きと、消費されずに残った糖を脂肪細胞に運んでたくわえさせる働きがあります。このインシュリンの分泌量を低く抑えると、糖が脂肪細胞へ運ばれにくくなります。また、脂肪細胞からエネルギーを引き出して消費させるグルカゴンの分泌もうながされます。」 との事ですが、最近流行の食前に飲んで血糖値をあげないようにするお茶ってダイエットとしても使えるんでしょうか?

  • アドレナリンについて

    アドレナリンが分泌されると元気になるというのを聞いたのですが(アドレナリンには心拍数や血圧を上げ、瞳孔を開きブドウ糖の血中濃度(血糖値)を上げる作用などがあり、興奮状態で脳の回転が速くなり、アドレナリンの分泌が多くなると、体の動きも機敏になるので、元気になったと感じる) アドレナリンが沢山分泌されればそれだけ元気になれるのでしょうか? 受容体がある以上、一定量を越えれば受容されず効果はないのかともおもうのですが。 受容体について調べてみましたが難しく、中々理解がしにくかったのでこの場でお聞きしたいと思います。 解りにくくてすみません。どなたかしっていらしゃったら教えていただけると嬉しいです。

  • 低血糖症治療に力を入れてる病院

    低血糖症についてはあまり詳しく無い病院が多いと聞いてます。http://www.mariyaclinic.jp/index.html の病院ではかなり力を入れてるようですが、関西方面で他に力を入れてる病院、低血糖症についてちゃんと検査してくれる病院ってあるのでしょうか?ほとんどの病院がちゃんと見てくれないようなので・・・私も検査入院してきましたが、初めに書いたアドレスの病院とは検査の仕方が似ても似つかない状態で、本当に苦しい治療でした、ほぼ拷問に近い治療だと思います。あきらかに血糖値は低いんですが(50前後)低血糖症だけど、それだけですね。という診断をもらったんです。もちろん改善方法のアドバイスも薬もありませんでした。本当は上記のアドレスの病院がかなり力を入れてるようなので行きたいのですが、仕事もしてて、新幹線で何度か通院しないといけないので、仕事を辞めない限りは難しいので、関西地方で低血糖症治療をしてくれる病院ご存知ある方教えて下さい。

  • グリコーゲンの合成促進

    グリコーゲンの合成促進とインスリン、アドレナリンの関係性がいまいちよくわかりません。 グリコーゲンが合成されると、インスリンが分泌され血糖値がさがるのでしょうか? その反対に分解がおこると・・?? ネットでしらべても難しい文面でわかりません。 宜しくお願いします

  • 糖尿病の最新治療について

    血糖値400~500に上がってしまい、この3月からインシュリンを1日3回注射するようになりました。46歳男性です。(母も糖尿でインシュリンを注射していました・・・遺伝)、治療について──すい臓からのインシュリンの分泌を復活させるような新薬の研究などはありえないのでしょうか?あればボランティアの治験など参加したいと思っているのですが・・・・詳しい人いたら情報お願いいたします。

  • <緊急!>生物I 

    ( )のア&#65374;クの答えを教えてください! (1)動脈より(ア)内に入った血液は腎小体に送られ、  血球と血しょう中のタンパク質を除く成分が  糸球体から(イ)にろ過される。 (2)間脳の底部にある(ウ)では、体内のホルモン量に応じて  放出ホルモンや抑制ホルモンが分泌され  これらのホルモンは、血液によって  その下部にある(エ)に伝えられる。 (3)食後などで血糖値が上昇すると、血糖値の情報が  (オ)のランゲルハウス島のB細胞に  伝わり(カ)が分泌される。また、血糖値が低下すると  情報がランゲルハウス島のA細胞に  伝わり(キ)が分泌されグリーコラーゲンの分解を促して  グルーコースを血液中に放出される。  さらにアドレナリンや副腎皮質から分泌される(ク)などのホルモンが働く。