• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

文法の説明をお願いします so much that we share that it's time...

There's so much that we share that it's time we're aware It's a small world after all It's A Small World の歌詞にこういう文がありますが、 1. この much は形容詞ですか? 名詞ですか? 2. 2つの that が文法的にどういう働きをしているのですか? 3. 直訳をお願いします。 ↓、自分なりの直訳 私たちが共有する多くの物がある 結局、それは小さな世界であるということに私たちが気付く時だ

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数2974
  • ありがとう数10

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
noname#181603

There's so much that we share that it's time we're aware it's a small world after all 最初の that は関係代名詞で名詞 much にかかります。 もう一つの that は so ... that とつながり 「非常に~なので~だ」。 直訳的には 「私たちが共有するものは非常にたくさんあるので、(今こそ)結局この世界が小さいということに私たちは気づく時」

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。

関連するQ&A

  • so much money that

    so 形容詞/副詞 that...、あるいはsuch (a) 形容詞 名詞 that...と習ったのに、どうして、She has so much money that...という英文があるのでしょうか。この英文はShe has such much money that...ではないのですか?

  • That's it we're dead?!

    That's it we're dead?! 仕掛けられていた罠で死にかけた場面でのセリフですが、文構造が掴めません。実際には死ななかったのにwe're deadとなっているのはなぜですか?itは罠のことですか? よろしくお願いします。

  • It's where we're going that matters.

    NHKラジオ英会話講座より It's where we're going that matters. 大事なのはどこへ行くかでしょう。 (動詞matterには「重要である」という意味があります。)   (質問)文章の構成がよくわかりません。私の迷っていることを述べますので、間違いを指摘してください。 1)It...thatの構文で主語はmattersとしたいところですが、動詞isの主語にはなりえない? 2)ではthat mattersでSVと考えて、この節を主語と考える?そうすると、もうひとつthatの前にthatが隠されている? 3)that mattersは「それは重要です」と考えるのが普通ですが、なにか「重要なこと」と名詞句として使えるのでは? 4)同じ頁に次のような文章もあります。 What matters now is who is going to head the comittee. 今重要なことは・・・・。 5)that matters/what matters に鍵がありそうですが? 分りにくい質問ですみませんが、この初心者の迷いを理解して、やさしい回答をお寄せくださるようお待ちいたします。以上

その他の回答 (1)

  • 回答No.2
  • KappNets
  • ベストアンサー率27% (1557/5688)

much は品詞としては (determiner or adjective), adverb, pronoun/ noun の区分があります。ときとして pronoun との区分がやっかいです。 形容詞なら掛かる名詞が必要ですし、副詞は動詞に掛かります。 -----There's too much noise. (形容詞) -----Do you travel much? (副詞) ところが -----give away much (名詞) の much は動詞に掛かる副詞にも見えますが、give away の目的語が必要と考えれば名詞ですね。 -----was not much to look at も同様に名詞です。 -----There's so much も so が掛かっていることからは形容詞に見えますが、there is の後には名詞が来るべきと考えれば much は名詞です。つまり形容詞だがその後に来るべき名詞が省略されているのだろうと考えることになります。 much が名詞化していると考えれば that はそれを受ける関係代名詞となります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。

関連するQ&A

  • It was after I changed jobs that we became friends.

    NHKラジオ英会話講座より It was after I changed jobs that we became friends. 仲良くなったのは、僕が転職してからだよ。 (質問)It...thatの構文についてお尋ねします。 (1)We became friends was after I changed jobs.は如何でしょう? (2)jobsは冠詞(the)は不要ですか?複数形の名詞はtheは不要なのでしょうか? 以上

  • 文法を教えてください it is a long lane that has no turning

    待てば海路の日和あり、にあたる英語の文章の文法が分かりません。 It is a long lane that has no turning. 直訳すると、それは曲がり角のないまっすぐな道だ 強調構文で訳すと、長い道には曲がり角がない となってしまします。 うまく訳せない原因は、 thatに特殊な用法があるか  a + 形容詞 名詞 が特殊な意味になるか、 そのどちらかだと思うんですけど。 好かったら教えてください。

  • 「小さな世界」のポルトガル語の歌詞を知りませんか。

    ディズニーの、「小さな世界(It's a small world)」のポルトガル語の歌詞を探しています。 ネットで見られるものでなくても、 以前聞いたことがある、確かこんな歌詞だった・・・などの情報でも良いので、教えていただけたら嬉しいです。

  • It's a Small World (小さな世界)歌詞

    It's a Small World(小さな世界)の歌詞,日本語と英語は知っているのですが,中国語やポルトガル語,韓国語等でも歌われているのでしょうか。 歌われているとしたら,その歌詞も知りたいです。

  • It's a small world の歌詞

    It's a small world (邦題は 子どもの世界 か 小さな世界)のいろんな国の歌詞を探しています。中国とかタイとか・・・。知っている方、教えてください。また、どこに問い合わせれば知ることができるのか、という情報でも良いです。お願いします。

  • awareは後ろから名詞を修飾する?

    they may even cause their expectations to bacome fact without being aware of it. という英文の without being aware の部分は 前置詞+名詞+形容詞になると思うのですが、普通、形容詞+名詞の順番になると思います。 これは、awareが特別なのでしょうか?

  • 英文解釈

    It came to him slowly that in Japan he had taken being alone so much for granted that he was scarcely aware how miserable it made him この文の構造と訳し方教えてください。 aware を補語にしてhowからの名詞節をoと考えてはいけないんでしょうか? 目的語は長かったら後に置くと参考書に書いてたのですが…

  • so little money という表現について。

    問題の解説がなくて困っております。 問題 We had ( ) money available for education that the school had to close. 1.so little 2.such little 3.so much 4.such much で、so~that、such~thatの識別の問題と思うのですが、( )の後に、moneyという名詞が来ているので、私は、2.such little を選んだのですが、解答は1.so littleでした。確かに、『such(+冠詞)+形容詞+名詞』という形のほかに、『so+形容詞+冠詞+名詞』という形をとる事は知っていたのですが、「suchの場合、冠詞の省略はできるが、soの場合、冠詞の省略は出来ない」と、どこかで読んだ事があり、such little を選んだのですが、解答は、so little でした。 もし、soの場合でも、冠詞を省略することが出来るのであれば、たとえば、これも問題として載っていたのですが This is ( ) spicy food that I can't finish it. という所に、such が本来の正解ですが、soの冠詞が省略された形として、これも解答になり得るという事になります。何か文法的な根拠があるのでしょうか?よろしくお願いします。

  • 次の英文の文法的な説明をお願いいたします。

    【質問文】 We have also acted as a direct supplier to the retail industry, and are presently under contrat to make products for the defense industry. 本文の主語は“We”で、動詞が“have acted”と“are”だと認識しております。 [We] [have (also) acted] (as a direct supplier) (to the retail industry), and [are] (presently under contrat) (to make products) (for the defense industry). そして、 “, and”の前の文章は 「当社は、小売業界への直接的な提供者としての活動をしてきました。」 “, and”から後ろの文章は 「そして、(当社は)現在、契約に基づいて防衛産業のための製品を作っています。」 と意訳はなんとなくできます。 しかし、文法的に納得いかない箇所があるので、分かる方いらっしゃいましたら、解説をお願いいたします。 その納得行かない箇所というのは“to make products”の部分で、どこに係っているのかが分からないのです。 (1)contractという名詞に係っている場合 「防衛産業のための製品を作る契約に基づいています。」と直訳すると思います。 その場合、第一文(We have also acted ~ to the retail industry)と意味が繋がらないので、違和感を感じます。 (2)areという動詞に係り、be + to 不定詞形の場合 意味を通すためには、(presently under contrat:契約に基づいて)という部分が副詞句で、be + to 不定詞形を構成していると考えれば納得できます。 しかし、“presently under contrat”とうい句がbe + to 不定詞の間に入るのは文法的にありえるのでしょうか? 質問が下手で申し訳ありませんが、本文の後半部の(and are presently under contrat to make products for the defense industry.)がどうしても理解できない(特にto make productsの部分が)ので、分かる方いらっしゃいましたら、よろしくお願いいたします。

  • muchについて教えて下さい。

    NHKラジオ英会話講座より I guess I spend about that much on beer at the pub every month. 僕は毎月パブで同じくらいの金額をビールに使っているよな。 (質問)「同じくらいの金額」を[about that much]で表現しています。  muchに「同じくらい」という意味があるのか分らず、次のように考えて直訳してみました。 (1)muchの後ろには[money]が省略されている。 (2)ここで使われているmuchは「多くの、たくさんの」という形容詞である。 (3)[..about that much on beer..]を直訳すると、「ビール(beer)に匹敵する(on),そのくらい(that),多くのお金(much)をおよそ(about)」と考えました。 (4)全文を直訳すると「私は毎月パブでビールに匹敵するそのくらい多く(のお金を)およそ使っている」  この考え方で如何でしょうか?同類の[much]の例文を幾つかお願いできないでしょうか? 宜しくお願いいたします。 以上