• ベストアンサー
  • 困ってます

「血が濃い」とか「血がつながっている」って、どういうこと?

親族関係で、「あの人とあなたは血がつながっているのよ」とか「あの人が一番あなたと血縁関係があるのよ」とか言われますが、実のところよく意味がわかりません。本当に、何か血液の成分で、それぞれの親族間や家族において特徴的な、または共通のものがあるのでしょうか? また、「血が濃い」とは何を意味するのでしょうか?血の色(赤)が濃いということなのでしょうか?(まさかそんなことはないと思いますが・・・)

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数3963
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

血が濃い=形質が似ている=DNAが似ている、その一族が特徴的に持つ、形質を受け継いでいる、と言うことです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (5)

  • 回答No.6

他の方の回答にもあるとおり、血液成分の話ではなく昔からある言葉です。 昔の人は体中を廻る血液が命の源だと考えたのでしょう。 血が繋がっている というのは血縁関係、つまり実の親子だということです。 (祖父母や孫も含みます。) 血筋、血を分けた兄弟 という言葉もありますね。 血が濃い というのは二通りの意味があると思います。 1. 純血に近い。 例えば日本人とアメリカ人のハーフならばそれぞれの血を半分もらっているため、日本人の血が薄くなっている ともいえます。 2. 親などの性格等が如実に現れている。 祖父にそっくりな子が生まれれば、祖父の血を色濃く受け継いだ などと言います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5

血縁、血統という言葉があるように、血という言葉は遺伝的な繋がりのある集団について使われる表現です。例示のような血液の成分において特徴的、共通なものがあるということを意味しません。 ただ、「血が濃い」というのは必ずしも科学的文脈で使われる表現ではないです。従いまして、ご親戚の言われた言葉はこれだけでは判断しにくい面があります。 ご親戚の発言が仮に何がしかの科学的事実に基づいた発言であれば、血が濃い≒系統的に近いということになります。親戚関係でいえば、同じ伯父であっても、自分の父母の兄弟である場合と姉妹の配偶者の可能性があり、この場合前者は「血がつながっている伯父」後者は「血の繋がっていない伯父」と言えるでしょう。 一方でもっと一般的には顔や性格などが似ていることを血が濃いなどと表現することがあります。仮にあなたに兄弟がいて、あなたが父親に似ており、兄弟が母親に似ているような場合に、「父親の血が濃い」、「母親の血が濃い」という表現はされますが、生物学的な理解としてはどちらに系統的に近いということはありませんので、前半で紹介しました事例とは明らかに意味は異なります。 ある人が祖父母に似ている場合、「爺ちゃんの血が濃い」「隔世遺伝」といったことは普通に言われますが、生物学的にはあまり意味のない表現です。また、生物学的な意味で用いられる「隔世遺伝」とも用法が異なります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4

科学の素人ですが、失礼します。 「血が濃い」なんてあまり聞きませんが、私が子供の頃は、よく年寄りが言ってました。 今では遺伝子はDNAだというのが常識ですが、科学なんてものがまだ無い時代、大昔の日本人は、血液そのものが遺伝子だと考えていたのです。 だから「血が濃い」もそうですが、「血縁」「血族」「血統」「血を受け継ぐ」「血は争えない」とか血にちなんだ言葉が多いのです。 http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=%E3%81%A1&dtype=0&stype=1&dname=0ss&pagenum=1&index=112457100000

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
noname#160321
noname#160321

>「血が濃い」とは何を意味するのでしょうか? 最近はあまり使われませんが、地方の古くからの名家ですと、本家の何代目から別れて何代経って、その間に本家の何代目との婚姻関係があって…と、気にする人も居ますね。 私の父方の伯母は某名家(A家としましょう)の出なのですが、父方の祖父はA家から養子縁組で我が家の本家を継いだので、その伯母にとっては自分の子供達の方が現在のA家の当主よりA家の血が濃いという思いが死ぬ迄ありました。 うちの本家は大したことない割元庄屋なのですがA家は鎌倉時代からの名家で大水のとき日蓮上人を戸板に載せて使用人達に次の村まで水の中までお渡ししたとか、でその戸板がまだ残っていたりして…、まあ大変。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • a987654
  • ベストアンサー率27% (112/414)

一番血が濃いのは親子=1親等 その次が同じ両親の兄弟姉妹、片親違いの兄弟姉妹、祖父母と孫、 皆2親等ですが血で言ったら同じ両親の兄弟が一番濃い。 続いて伯父伯母(叔父叔母)と甥姪、曾祖父曾祖母とひ孫、いとこ同士 となっていきます。 要するに親から子へは両親から半分ずつの遺伝子を受け継いでいます。 (一卵性双生児同士は特殊で全く同じ遺伝子) その親もまた祖父母から半分ずつの遺伝子を受け継いでいるわけで 逆にいえば1世代毎に1/2、1/4、1/8と遺伝子を受け継いで いる量は減っていくわけです。 血液自体も当然遺伝子は同じようになっているため、血が濃い=近親 薄い=遠縁といった表現をするのです。 >あの人とあなたは血がつながっている お互いの両親どちらかの先祖をたどってゆくとどこかで同じ親 (両親とは限らない)にゆき当たる人の事を”血がつながっている” と表現します。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 彼女の義理の父(?)は、私の血縁関係になる?

    彼女は、実の(現在の)両親と、一人の姉(養女)をもっています。 姉は、離婚した(前の)父と現在の母の間で 産まれました。 私は、離婚歴のない両親と弟一人です。 入籍するにあたって、彼女の前の父は、私からの血縁関係や親族にあたるのでしょうか? どうやら、その人は反社会的な方らしいのです。 私としては、関係無いと思いたいのですが、私の家族に縁談を機に悪い影響が出るのが、恐くて。 ただ、血縁関係や親族でないと客観的に言いたいのです。 どうか、その辺りを教えてください‼

  • 看護学校の小論文について勉強している物です。

    私が書いたこの文章の修正点など教えてもらえませんか? 私にとって家族とは 私にとって家族とは絆だと思います。 家族とは血の繋がったものではなく人としての繋がりだと私は思います。 一般的に家族と呼ばれる人は同じ住まいに住み皆で支えあってる人達の事だと思いますが私の考えは違います。 私は家族とは心で繋がっている人の事だと思います。 血縁関係がなくても、その人の事を大切に思える考え、こそ本当の家族ではないでしょうか、私がこのような考えを持ったのはつい最近の事です。 きっかけは母の死でした、私が二十歳の時に母が自殺で亡くなり精神的に落ち込んでいる時に母の友人家族が支えてくれました。 夕食を誘ってくれたり、旅行に連れて行ってくれたり、時には怒られる事をしましたが、お金では買えない色々な物をもらいました。 友人家族は言ってくれました。「血縁関係は関係ない、君は私達の家族なんだよ」 近年では児童虐待などの痛ましい事件が多発しています。 血縁関係がある自分の子供なのに、食事を与えず餓死をさせ死亡させるというニュースがありました。 その家庭自分の子供にはご飯をあげないで猫にはエサを与えていたそうです。 猫には愛情と言う物があっても自分子には無かったんでしょう 血縁関係があっても自分がその子を大切に思って無い為にそのような虐待をするのではないかと思います。 相手に思いやりの気持ちを忘れない、気持ちを持った人こそ本当の家族を手にしているのでしょうと思います。 家族とは血の繋がりではなく心の絆だと私は思いました。

  • 指紋について

    ズバリ、聞きますが、指紋は家族などの血縁関係のある人とは、似ているのですか? よろしくお願いします。

  • なぜ、「血」の繋がりと言うのか?

    よろしくお願いします。 「血縁」「血脈」など、親子の繋がりを示すときには「血」という言葉が使われていますが、なぜ「血」なのかと不思議に思いました。 今では、親と子に共通するものは「遺伝子」だとわかっていますが、「遺伝子が繋がっている」なんて言いませんよね。 なぜ「血」という表現を使うようになったのか、その歴史的な起源が知りたいです。昔の人は、どのように考えて「血」という表現を用いるようになったのでしょうか?

  • 血について

    今回質問させていただく内容は血についてです。 人間は当然ながら赤い血液です。 他の動物も赤が多いですが、中には血の色が赤色ではない生物がいますよね?(バッタや蛾) つまり赤血球が無いからなのでしょうか? もし赤血球が無いとすると酸素をどうやって身体に送るのでしょうか? ご回答お願いいたします!

  • 血縁関係のない親族の一周忌

    こんにちは。 乱文ですが お読み頂きアドバイス頂けると幸いです。 質問を簡潔にまとめると 一周忌に参列できない場合にその他のタイミングで出来る事、しなければならないことを教えて頂きたいです。 自分なりにも調べたのですが普通の親族や知人用のマナー等は出てくるのですが事情が特殊なのでそれらに当てはめて考えて実行していいのかわからずに質問させて頂きました。 以下、特殊(だと自分で感じている) 事情を簡単にまとめます。 ・血縁関係のない兄の一周忌 ※既に戸籍上でも家族関係ではない ・兄の両親とも私は血縁関係なし ※こちらも同様既に戸籍上でも家族関係ではない ・兄の両親は離婚しており親権は父親 ※離婚時に母親が家を出ている ※その際に私も戸籍から外れ別の家へ ・兄母と私は第三者の立会いがないと会えない ※詳しくは言えませんが弁護士等を通して決められており、基本的には会ってはいけない ・上記の理由により一周忌には兄母か私かどちらかしか参列出来ず、血縁関係のある母親が参列することに 参列出来ないのならせめて何かしたいのですが、何か出来ることはありますでしょうか。 また、何かする時に親族側として行うのか知人側として行うのか迷います。 普通に考えれば血縁関係もなく戸籍上も今は他人なので知人として行うべきなのですが、私が戸籍から外れてからも兄はずっと私を妹として接してくれました。 その後の家庭事情もあり、私も兄だけが唯一家族と思える人です。 また、生前兄は結婚しており、兄の奥様も私のことを兄の妹として、自分の家族として接してくれています。 兄の友人達も同様です。 ただ、兄の両親からはもう他人だと割り切られています。 私の気持ちとしては自分も兄の事を家族だと思っているので親族として何か出来ることをしたいです。 知人として何かするとなると、私を兄の家族として接してくれた兄嫁や友人、そして何より兄本人に申し訳ない気持ちもあります。 ただ家族とする繋がりは何もないのに親族側で何か行うのは非常識かなとも思いますし、それによって兄の両親と兄嫁等が揉めるのは避けたいです ※一周忌に参列するのが兄母か私かを決める際に既に揉めたみたいで、それを聞き私が辞退しています。 どのような立場で何が出来るのか教えて頂きたいです。 乱文で分かりづらく申し訳ないのですが、宜しくお願い致します。

  • 血液によるDNA鑑定

    血縁関係を証明するために 血液によるDNA鑑定を依頼したいです。 何処でしてもらえるでしょうか。 費用の相場も教えて頂ければ幸いです。

  • 年に一度以上は必ず会う親族・親戚は、何人いますか?

    私は、年に一度以上は必ず会うという親族・親戚が何人いるものか数えてみたら、11人でした。 さて、これって多い方なのか少ない方なのか、分かりませんでしたので、みなさんにお聞きしてみたいと思いました。 あなたには、ここ10年間は年に一度以上は必ず会うという、血縁関係のある親族・親戚は、何人いますか?

  • 血液型で血の色って関係あるんですか?血液型って何なんですか?

    血液型で血の色って関係あるんですか? 血液型が違うとそれぞれどう違うんですか? 血液型って何なんですか?

  • 叔母として着ていくものについて

    今度、姪(主人の姉の子供)の結婚式に行きます。 親族ですが、主人方の姪なので血縁関係はありません。 多くのサイトで調べたところ親族は黒留め袖、色留め袖(紋付き)を着ていくのがよいという事でしたが、私は両方持っていません。 訪問着で一つ紋、金糸が使われている柄のものはあるのですが、これを着ていってはいけないのでしょうか?