• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

フェノールの定量

液状フェノール中のフェノールの定量を 臭素-ヨウ素滴定法(チオ硫酸ナトリウムで滴定)で測定中、 間違えて大過量の臭素液(0.05mol/L)と 超大過量のヨウ化カリウ試液(1mol/L)を加えたら 少量の赤色の油状(?)の 物質が生成(沈殿)しました。 この油状(?)の物質が何なのか知っておられる方がいましたら 教えて下さい。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数1978
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
noname#160321

>液状フェノール中のフェノールの定量 この意味が良く分らないのですが…。 この場合はっきりした触媒は無いのですが、酸触媒があればフェノールは容易に臭素化されブロモフェノールになります。 臭素がブロモフェノールに溶け込めば赤色の油状物質になります。 また、ヨウ化カリウムと臭素があればヨウ素分子が出来ています。 ヨウ素は臭素より赤い色が濃いのでこれが上記と同様ブロモフェノールに溶け込めば赤さは際立っているでしょう。 いずれにせよ、油状物質が底に沈んでいれば、水より密度の高いブロモフェノールである可能性は大です。 ヨードフェノールには多分ならないと思いますが、化学は「全ての可能性は排除できない」事が前提なので、ガスクロマトグラフ/質量分析器などで見てみれば瞬時に分ります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

大変ありがとうございました!! とても参考になりました!! 過量の臭素でトリブロモフェノールがテトラブロモヘキサジエノン (葉状晶?)になると思い込んでました。

関連するQ&A

  • 試料中のL-アスコルビン酸の定量について

    この前実験でL-アスコルビン酸のインドフェノール滴定法を行ったのですが、その際に「測定時は滴定時間を1~3分で行う」と書いてあったのですが、何でなのでしょうか? 試料中のL-アスコルビン酸が酸化してしまうからなのかと思っているのですが、本当の所はどうなのでしょう? 教えてください。宜しくお願いします。

  • インドフェノール法の計算方法で…

    インドフェノール容量法を使って食品中に含まれるビタミンCの定量をしました。 その実験結果の計算方法で、 アスコルビン酸(mg%)=アスコルビン酸標準溶液の濃度×インドフェノール溶液に対するアスコルビン酸溶液の滴定値/インドフェノール溶液に対する試料溶液の滴定値×希釈倍数 という式によって出すのですが、何故標準溶液の滴定値から試料溶液の滴定値を割るのかが分かりません。 滴定法の計算方法では、逆のパターン(試料溶液の滴定値から標準溶液の滴定値を割る)がほとんどだったと思うのですが… すみません、分かりにくいとは思うのですが教えてくださいっ

  • 酸化還元滴定とヨウ素滴定

    この前、実験でオキシドールに含まれる過酸化水素の定量をしました。 その際、最初は過マンガン酸カリウムを利用した酸化還元滴定で、その次にチオ硫酸ナトリウムうを利用したヨウ素滴定で行ったのですが 滴定結果から求められる含有量に若干の差がありました。 使ったオキシドールは同じビンから採ったもので、どちらも10mlとはかりとってメスフラスコで100mlに希釈しました。 これは滴定法が違ったことによる差なのでしょうか?それともただの誤差だったのでしょうか? 調べても分からなかったので皆様のお力を貸していただけるとうれしいです。

  • ビタミンCの定量方法について(アスコルビン酸溶液をヨウ素酸カリウムで滴定したのですが、うまくいかず困っています)

    ビタミンC(アスコルビン酸)関係の実験をしています。インドフェノール法を用いて定量をしたいのですが、うまくいきません。 まだインドフェノールに入る前の段階で、ヨウ素酸カリウムでアスコルビン酸(ヨウ化カリウムとデンプン液を加えたもの)を滴定しました。実験書には「明らかに青色を認める点より1滴前を終点として」とあるのですが、予想される滴定量を超えても、青色になりませんでした。それどころか、滴定を続けていると黄色くなります。何度か試したのですが、やはり青色を認めないまま、黄色になってしまいます。 青色になるというのは、おそらくヨウ素デンプン反応で、黄色くなったのはアスコルビン酸の色だと思われます。後から考えると、加えるデンプン液の量が少なかったのかなとも思いますが、よくわかりません。後日また実験をする予定なので、アドバイスをいただけると助かります。

  • 日本薬局方・フェノールの確認試験

    フェノールの確認試験で、塩化鉄((3))試液を加えるとキレートを形成しますが、どのような形なのでしょうか?図の描いてあるサイト、本などあったら教えてください。(サイトは探したのですが見つかりません…) また、臭素液を加えると白色沈殿を生じ、揺り動かすと初めは溶けますが、過量を加えると溶けなくなるというのは、最初にできる2,4,6-tribromophenolは溶けるけれど、2,4,6,6-tetrabromo-cyclohexadien-(1,4)-one-3は不溶であるということであっていますか? どうか回答をお願いいたします。

  • 簡易滴定法

    ウォークリー・ブラック法(簡易滴定法)について調べているのですが、資料がみつかりません。 実験で、食品中の炭素量をこの方法を用いて定量したのですが、なぜ、直接滴定法ではなく、逆滴定を利用したのでしょうか?(H2SO4存在下でK2Cr2O7を過剰量加え、残存量をFeSO4で逆滴定) 副反応の影響や、沈澱生成など、いろいろ考えてみましたが、よくわかりません・・・ 回答お願いします。

  • 沈殿滴定・ホルハルト法について

    Ag+の滴定法である、ホルハルト法について2点質問があります。 (1)滴定前の溶液、およびAgSCNの沈殿はどちらも無色なのでしょうか? (2)赤色錯体であるチオシアン酸鉄(III)の化学式は、FeSCN2+と[FeSCN(H2O)5]2+どちらがより正しいでしょうか? 教科書にはっきりとした記述がなく、インターネットでも上手く調べることができませんでした・・・図書館でも調べてみようと思いますが、もし知っている方がいらっしゃるのであれば是非教えて下さい!

  • チオ硫酸Naと過ヨウ素酸の反応式

    硫酸酸性、よう化カリ(KI)過剰のもとで、 オルト過ヨウ素酸(IO4-)とどのような反応をしI2(ヨウ素)を遊離するのでしょうか? 又、どういう反応でチオ硫酸Naで滴定されるのでしょうか?  又、ヨウ素酸(IO3-)は上記と同条件下、チオ硫酸Naとどのような反応をするのでしょうか? 反応式を教えて下さい。 過ヨウ素酸酸化によるジオール量定量(滴定法)の計算に必要なのです。ブランク-サンプル(ml)で定量するのですが。 よろしくお願い致します。

  • チオ硫酸ナトリウム溶液の標定

    チオ硫酸ナトリウムを標定するために、ヨウ素酸カリウムにヨウ化カリウム溶液を加えました。この際黄色になりますよね?この色になる物質って何になるんですか?あと、一回目と二回目の色の濃さが違いました。二回目の方が明らかに濃かったのですがこれはどうしてでしょうか?滴定量としてはあまりかわりはなかったのですが…教えてください!

  • Mohr法についての質問です。

    大学の実験で、Mohr法により、Naclを用いて硝酸銀水溶液の漂定を行い、その硝酸銀水溶液を用いて未知試料中の塩化物イオンの定量を行ったのですが、この場合の沈殿滴定法としての有効性を教えてください。