締切済み

日々の売上管理における累計前年対比の考え方について

  • 暇なときにでも
  • 質問No.5297276
  • 閲覧数6382
  • ありがとう数12
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 84% (44/52)

頭が混乱してきたのでご指導願います。特に流通業界系の方だとご理解いただけるかなと思います。

日別の売上を前年対比するときは「同曜日」が基本ですよね。
例えば、2009年9月1日(火)の対比日は2008年9月2日(火)

例外は祝日ですが、以前ならすべて「同日」対比、現在はハッピーマンデーなら「同曜日」対比と、複雑になっています。

次に、累計前年比の考え方ですが、「A.同日対比」と「B.同曜日の積み上げ」の2つが考えられると思います。

例えば9月1日(火)~9月10日(木)の前年対比は、

「A.同日」なら、2008年9月1日(月)~9月10日(水)の累計、
「B.同曜日」なら、2008年9月2日(火)~9月11日(木)の累計が基本になると思います。

Aの問題点は、「9月1日の前年比はいくら?」って聞かれたら、「同日」「同曜日」のどちらで答えるのかということ。それと1週間ごと、月曜日に前年比がガクんと落ちること。

Bの問題点は、対比日の設定が担当者によって変わる点。また、当然のことながら対比日を一月分積み上げた数値と、前年の月度実績は一致しないため、月度の前年比が2つ存在してしまうこと、などあげられます。

そこで、実務的にA・Bのどちらを執るべきか、あるいは一般的なのかをご教示いただければと思います。

なかなか言葉だけで正しくお伝えできていないかもしれませんが、よろしくお願いします。

回答 (全1件)

  • 回答No.1

ベストアンサー率 43% (160/369)

事務的な報告資料では、「同日」の数字を記載し、
増減理由として曜日日数のコメントをつけます。
営業の説明資料では、「同日対比」と「同曜日対
比」を並記します。
お礼コメント
mr-gooqoo7

お礼率 84% (44/52)

早速のご回答ありがとうございます。

なるほど、両方の数字を出せば、間違いはないですね!
あるいは、定型フォーマットなら「1日の当日前年比○%、累計前年比△%」と、○と△が異なっても済んじゃいそうですね。聞く方・見る方も..

参考にさせていただきます!
投稿日時 - 2009-09-17 17:11:29
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

ピックアップ

ページ先頭へ