• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

正当な基礎工法なのか?

教えてください。 近隣地に予定されいてる建築物(高さ約12m・4階建て・約15戸の マンション)の基礎工法ですが、「杭基礎」とあります。 施工主からの説明会で、一般が想像している杭打ちはしないので、 工事中の振動、騒音はないと説明されました。 施工主から提示された設計図を見ると、地面下に2mほどしか杭が 入っていません。 その周辺は、地盤が緩いといわれており、隣の9階建ては地面下へ 約65mの深さに杭を入れています。 建物の高さが 12m(4階建て)に対して、地面下が2mなのは、 素人から見ると不安です。 これは正当な基礎工法なのでしょうか? (地面下2mで、4階建てを支えられるのか?) 専門家の方、建築に詳しい方がいらっしゃいましたら、回答をお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数181
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • 03594
  • ベストアンサー率32% (148/456)

一般的にはPC杭や鋼管杭なら2mなど打ちません。割高になるだけです。 本当にたまたま地盤が良いなら4階だろうが6階だろうが直接基礎かベタ基礎で杭無しでもできるケースはあります。 可能性としては柱状改良の可能性があります。 柱状改良 (長さ2~8m) http://www.jiban.co.jp/gyoumu/koji/koji03.htm 土を改良材と攪拌して柱状に何十本と強化するものです。 但し、緩いと言われる地盤でその敷地だけ4階建ての支持層が基礎下から2mにあるとは考えにくいと思います。 小さな可能性としては埋蔵文化財がその深さに埋まっており、保護する為に止めているのかもしれません。その場合は構造的には怪しいものです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

近隣でも、支持層が基礎下から2mにあるとは思っていないのです。 基本的には、法令に添ったもの、及び役所が確認する内容なので、 最終的には、大丈夫だと思ってはいるのですが、、、。 短期間で建築する予定になっているので、不安が生じ、質問させて いただきました。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 高さ10m以内で4階建てマンションを建築する工法を教えてください

    高さ10m以内で4階建てのマンションを建築する工法があると聞きました。具体的な業者の名前や工法についてご存知の方がいたら是非教えてください。よろしくお願いします。

  • 曳き屋工法

    曳き屋工法について教えてください。 区画整理事業で 重量鉄骨3Fを曳き屋工法での移転工法が提示されました。 1F店舗 2.3F自宅です。建築面積(1F面積)110m2あります。 1Fは100%土間コンクリートです。 移築先に移動可能敷地はありますが 移動先場所が現状建築物場所と 重複します。(移築先敷地に新規基礎が100%が出来てからの曳き屋は出来ません)移動距離は約12mです。周囲に敷地の空きは有りません(周囲に1.5mぐらい空き地はあります) 約2.2m正方の基礎が9個 地表1.2m下にあります。 事業先の説明では地表下の基礎ごと 曳き屋してくださいとの説明です。 この場合  曳き屋費用はどのぐらい必要ですか。 坪単価 総費用 事業そのものが不適切など どのようなご意見でもおねがいします。

  • 木造住宅の杭基礎について

    先日、ある建築業界関係者の方から、下記のような意見を頂きました。ここの掲示板ですが。 「木造建築物で杭を打つという例を見聞したことがありません。(昔の東大寺みたいな大型建築物は別。)あるとしても相当な特殊例だろうと思われます。」 「木造住宅では、そもそも杭を打つと言うことはあり得ませんし、打つ必要もありません。」 木造住宅で杭基礎を打つことは無いのでしょうか? 地耐力が20kN/m2以下なら、十分にありえると思っていましたが。

その他の回答 (2)

  • 回答No.3

規模により軸力も違いますので9階建ては支持層で4階建ては中間層で支持で柱状改良はあり得ない話ではないです。あるいは、鋼管羽付き杭という可能性もあります。ここで基礎計画の是非の判断は出来ません。 マンション建設に反対なら責めるところが違います。 倒れてきた時はどうしようと考えるなら、国に訴えて法律を変えてもらうしかないです。確認申請で、基準法に定める最低の基準は、満たしていることを確認している建前になっています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

マンション建設には、反対してないのです。 ただ現状何を聞いても、詳細が決まっていないという回答なので、 話になっていない状態です。 単純に地下2mで、地上10mを支えるに値するのか?という 疑問から質問させていただきました。 ありがとうございました。

  • 回答No.1
  • nrb
  • ベストアンサー率31% (2227/7020)

地体力など地下データが不明で回答はできません 町内会などから施工元や施工主に説明を求めるなどして必要なデータを集めて下さい 他には 建築許可が出している所に確認して下さい

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

「細かいところが決まっていない」からと、詳細の説明が 施工主から聞きだせない状態なのです。 なので、一般的にどう考えるのかと思い質問してみました。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 杭打ち工事施工後の、各杭施工報告書の有無

    杭打ち工事における施工報告書の有無。 当方、ある建物の建築工事を請け負った元請の建設会社の従業員です。 当該工事において、杭打ち工事を請け負った杭打ち業者との間でトラブルがあり、簡易裁判所にて本人訴訟が係属中です。 杭打ち業者が本来打つべきよりも打ちすぎたのであり、その対処のために余計な支出をやむなくされたのであるから、 その分について支払え、というのが当社の主張です。 しかし、杭を打ちすぎたことが発覚した時点で、その写真を収めていなかったため、実際にどうだったのか定かではありません。 そのため、各杭の施工報告書を参考にすればよいのですが、当該業者からは、全杭の結果が一覧表になったものが1枚提出された(しかも、裁判になって初めて提出されたものです)のみです。 一覧表は、後でいくらでも改ざんできるものであるから、原告に対し、施工状況がグラフになっているものが添付され、実際の施工結果を記した報告書について、それぞれの杭の分だけ提出するよう、裁判所に文書提出命令を申立てました。 しかし、相手方から返ってきた答えは、「当該工事は、摩擦杭工法であり、その工法においては電流計管理が必要ないため、データはとっていない。よってそのような文書は存在しない」とのことでした。 そんなことあってたまるか、と思うのですが、裁判官からは、あるというならばその存在を立証するための客観的証拠を提出しなさいとのことでした。 どの建築士に伺っても、摩擦杭工法だろうが、支持層に届いたかどうかわからなければ仕方がないから、少なくともデータは必ず取っているはずだ、との回答をいただきました。 が、意見書を書いていただくには至らず、困っております。 そこで質問です。 (1)摩擦杭工法においては各杭の電流計管理は行われず、データを取らないのが通常か。 (2)データを取るのが通常であるとすれば、何かそれを義務づけるような根拠(法令、監督官庁による指示・通達等)はあるか 以上の点について、ご教授いただければと思います。 よろしくお願いいたします。

  • 鋼管杭打込み部の転石除去方法について

    鋼管杭打込み部の転石除去方法について 橋台を造るため、杭基礎として鋼管杭を地中に6m程度打込むのですが、少し回りを掘ってみたら転石がたくさん出てきたと施工業者から連絡がありました。鋼管杭は岩パイル工法で打込む予定ですが、岩パイル工法は転石が多いと打設が出来ないと聞きました。 転石は地上から1.5m下より推定で2m程度に渡り多数いるみたいですが、現場を見ていないので大きさは不明です。 ●この場合、転石除去はバックホウ+ブレーカーで除去可能でしょうか? ●ダウンザホールハンマーみたいな大掛かりな機械を持ってこなければ除去できないでしょうか? ●又は、何か別の工法で除去するのですか? 鋼管杭の打込みが6m程度で、打込みは支持層が固く岩パイル工法を選定しているので転石除去については なるべく安く・早く終わらせたいのですが・・・誰か経験あるかた教えてください。

  • 基礎工事の深さに制限がある場合、どのような地盤改良がよいでしょうか?

    基礎工事の深さに制限がある場合、どのような地盤改良がよいでしょうか? 気に入った土地(造成地)が古墳調査地域であるため、基礎工事を1m程度で行わなければなりません。盛土部分も含めると2mの基礎工事が可能らしいのですが、購入前に不動産屋で、表面波探査法という方法で調べたところ、「造成経過年数が浅いため、地盤落ち着いていない、また、表層部分付近にやや地耐力が不足している地盤が見受けられるため、現段階では十分な地業を行った後に直接基礎での施工が可能と思われる。」とのこと。データとしては、深度0~1m 53~71kN/m3、1m~2m 45~48kN/m3、2~4m 40~45kN/m3、4~5m 55~60kN/m3のようです。HMの話では、RES-P工法か、MS基礎ならば(地盤保証付く?)建屋を建築可能とのことですが、この地盤であれば通常4m程度まで杭打ちを実施するところ、基礎工事の深度に制限があるため、別の工法を選択しなければならないことに不安を感じています。素人目で杭を打った方がなんだか安心、といった感じなのですが、深度2mまでのところで別法を使って地盤改良をしても、大丈夫でしょうか?不足の情報あれば、補足させて頂きますので、アドバイスお待ちしています。

  • 横浜マンション問題

    毎日のように旭化成建材による杭基礎の施工不良問題がニュースになっています。 何故、この問題は発覚してしまったかと言えば、マンション棟とマンション棟のジョイント部分で段差が生じている事で問題が発覚してしまいました。 簡単な話し、設計の段階でジョイントなどせず独立した配置としていれば、何の問題も無かったのだと思います。 何故、建築最大手の三井住友建設は、設計段階においてこんな単純なミスをおかしてしまったのでしょうか? だれも、設計段階で気が付かなかったのでしょうか?? ※【この質問は、設計に対する質問ですので、基礎杭の施工不良についてのご意見はご遠慮申し上げます。】

  • 地盤改良の杭打ちについて

    どうか相談にのって下さい。 よろしくお願いします。 古い家を解体し、きのう地盤改良の杭打ちが終わりました。(べた基礎です) 今日は工事がないということで、朝見に行ったのですが、 1、杭が図面のように平行に並んでいない 2、地面よりでている杭が、高かったり低かったり高さが違う 3、地面よりでている杭が割れている これって大丈夫なのでしょうか? 主人が出張で不在の為、私がHMに電話をして聞こうと思います。 その前にお知恵を拝借ください!

  • 6F建てRC造について

    構造初心者です。  6F建てRC造、(1F部分がピロティ、2~6F部分が200m2あまりのアパート)で、直接基礎(独立フーチン基礎)による設計は可能なのでしょうか? 当初杭基礎で行なう予定が、コスト高さから、地盤改良を行なった上で独立フーチン基礎にて施工しようという方針があげられています。 私は6F建ての建物を杭併用せずに地盤改良と直接基礎の併用で建てられている建物を見たことがありませんし、聞いたことが無いので不安です。 根入れ深さなどもやはり深くとらなくてはならないのでしょうか?

  • 建物の基礎補強の目安について教えてくださいませ。

    建物の基礎補強の目安について教えてくださいませ。 また、下記の基礎補強費の妥当性(高い/低い)についても教えていただけませんでしょうか。 現在住宅メーカ様と住宅建築にあたって 鋼管杭工事工法にもとづく基礎補強が必要である旨を議論しております。 そこで下記の材料を用いて実施することになりました。  【材料】   φ=114.3 t=4.5 L=9.0m ×33本 結果として、運搬費などの諸経費込みの材料費が109万円となり、 さらに施工費が60万円となり、総計が173万円となりました。 何卒よろしくお願い致します。

  • 2×4と在来工法

    一軒家を購入することとなりました 予算の都合で建売です まだ基礎も造っていない段階なので内装の色やドアなどは選択できますが、基本設計や構造にまでは注文はできません 建築会社は2×4も在来工法も施工実績があるのですが、今回の物件は在来工法です 建売を建設する側としては在来工法を選択する理由にどのようなことが考えられるのでしょうか?

  • 床断熱材と工法について

    新築住宅のことで質問です。 床の断熱材と工法についてですが、設計士さんの説明では、土台と大引の間にタイベックシートを少したるませてタッカーで止め、そこにグラスウール(t=100、15kg/m3)を敷き、その上に根太を施工し根太間にもう1度グラスウール(t=55、15kg/m3)を施工すると説明されました。上記、施工後は構造用合板(t=12)+フローリング材(パナ建オーマイティフロアー)で仕上がりになります。 この工法でなにか問題点等がございましたら、教えてください。 施工場所:北陸地方 住宅工法:在来軸組工法 基礎工法:ベタ基礎 壁断面:クロス→プラスターボード→内壁胴縁→グラスウール(t=100、15kg/m3)→耐力面材(ダイライト)→タイベックシート→外壁胴縁→GL角スパン よろしくお願いします。

  • 杭打工法の選定について

    親杭横矢板(H鋼杭300*300 L-9.5m)にて仮設の土留めを計画しています。 ※切り張りがあると躯体施工に邪魔となるので、自立式で計画、安定計算済 地元の基礎屋さんに現地およびボーリングデータを見ていただき、オーガーでの掘削(床付面より下に湧水があり、玉石層もあるため孔壁は崩れるとの見解)なので、ほぐされた状態の孔へバイブロにて打ち込みという感じでの施工予定なのですが、なぜこの工法を選定したかの理由に悩んでいます 例えば、別添図のようなフローにより、土質や施工条件によって、YES、NOによって枝分かれしていき、オーガとバイブロ併用を選定した。といったようなもの等で文書をつくりたいのですが、参考文献等あれば御指南いただきたく、どなたかお助け下さい。 よろしくお願いします。