-PR-
締切済み

近視矯正について

  • 困ってます
  • 質問No.52817
  • 閲覧数672
  • ありがとう数4
  • 気になる数0
  • 回答数5
  • コメント数0

お礼率 10% (2/19)

10歳の娘の近視が進んでおります。多分、0,1ぐらいになっていると思います。
最近よく新聞広告などで望遠鏡のようなものを覗き近視の矯正出来るという
治療法?を見かけます。投書欄もあり、この器具を使ってほんとに視力が1,0に
なったとか、良くなったとか子供から大人までのコメントが紹介されていますが、
私の回りにこの器具を使ったというような人が全くいないし、高価で一般的に
テレビでも紹介されていません。どうも眉唾のような気がするのですが、本当に
効果があるのでしょうか。
通報する
  • 回答数5
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全5件)

  • 回答No.3
レベル9

ベストアンサー率 31% (26/82)

 直接、視力測定に関与していないため的はずれな回答となるかもしれません。
 10歳で視力0.1とのことですが、両目でしょうか。片側でしょうか。日常生活で、ボール投げなどをしたときよく受け損なうことや、真っ直ぐ歩くと言われて2本の線の間を歩きにくいことがありませんか。おそらく視力を測定されておられることから眼科受診をされていると思いますので細かいことは、眼科医よりお聞きと思いますが。
 両目で視力差が大きい場合、良い目に負担がかかり、その目で物を見ようとしてしまいます。そしてどんどん視力低下を来してしまいます。気がつけば両目をあけての裸眼視力0.1となってしまいます。事実右目1.2 左目0.1 でアイパッチしない子は0.5に 3年間つけた子は1.0に何とか調整できたと知り合いが行っています。
 眼科医にご相談をお勧めします。

  • 回答No.1
レベル13

ベストアンサー率 37% (593/1595)

近所の方が相次いでこの手の器具を買い求めて、使ってました。最初のうちは「視力の減退がなくなった!と喜んでいたのですが、やがてやっぱりだめみたい・・・ということに相成りました。
私自身が結構な「ど近眼」で親がやはり、眼鏡をかけなくてもいいように・・・といろいろ手を尽くしてくれましたが、やっぱり眼鏡のお世話になるしか方法がありませんでした。遺伝とかも影響するみたいですし。「仮性近視」から「正常な視力」に戻るのはまずほとんど特殊なケースを除いてダメなのでは?と思います。高価な物ですし、「時間」と「お金」がもったいないかな?と言う気がします。それなら、遠くを見て眼を休めても原理的には一緒では?と思います。
  • 回答No.2
レベル14

ベストアンサー率 49% (1127/2292)

もちろん個人差があるものですし、一概にダメと言うつもりはありません。
中には本当に治った人もいるでしょうし…。あくまでわたし個人の経験としてご紹介します。
娘さんと同じ10歳の頃、やはり器具による視力矯正を受けていました。当時仮性近視(0.6程度)だったのですが、一時は少し効果があるかな、と思えたのですが(それも回復するのではなく、進行がゆっくりになる程度)、結局はそのあと急速に0.1以下まで度が進み、すぐに眼鏡のお世話になるようになりました。
思い出しても嫌なのは、視力矯正はとても目に負担がかかり、器具を使うのが苦痛だったことです。無理して遠くの物を見ようとするので、やり終わった後はすごく疲れました。眼鏡にしてからは、こんなに楽になれるならなんであんな苦労をさせられたんだ!という気になったものです。
  • 回答No.4

この手の商品の営業妨害をするつもりは有りませんが、私は効果に懐疑的です。
数ある利用者の中には、効果のある人もあるかも知れませんが、本当に効果があるならば、日本の眼鏡人口はもっと減っているはずです、
私の周りには、眼鏡やコンタクトを使用している人が大勢いますが、誰一人あの種の機械で資力が回復したと言う話を聞いたことがありません。

むしろ、レーザーによる視力矯正のほうが理論的には納得できます。
それでも、まだ、完全に効果があるとはいえない状況です。人によって、効果があったり無かったりしています。

やはり、眼科医に相談されたほうが宜しいと思います。
  • 回答No.5
レベル12

ベストアンサー率 42% (294/693)

私は視力をトレ-ニングで0.1から1.0まであげる事に成功した一人です。
はっきり言いますけど、0.7以下になったら何をしても視力が戻らないなんて
言ってるのは日本だけなんですよ。
欧米諸国では視力回復を目的とした視力眼科というものがあるんです。
しかし日本は遅れているのでそういう施設や概念が無い為、視力が下がったら
眼鏡で矯正するか、手術するしかないんです。

それに呼応するかのようにして出てくるのが「たった1分で必ず回復する!」などの謳い文句で登場する視力回復の器具です。この実態は70%が嘘なんです。しかしこれらの道具は偽物が多いですが、本物も確かにあります。
しかし、本物も確実に回復する訳ではなく、必ず元に戻ってしまうんです。
屈折率も正常に戻さないと駄目だからです。ですからお薦めは出来ませんね。
視力低下は毛様体筋が緊張してガチガチになってしまった為に起こります。

私が視力を回復したのは道具ではなく、手術でもなく、トレ-ニングをしたからです。それは何と中川和宏氏のビジョンフィットネスセンタ-に出会ったからです。
彼は米国医学博士であり、視力回復のメカニズムを米国で極めた人です。
ビジョンフィットネスセンタ-は東京の北青山にあります。

本屋にも著書があります。
視力はトレ-ニングすれば必ず回復しますよ。
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
美容・健康に関する悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ