• 締切済み
  • すぐに回答を!

契約書の補充契約について

現在、税理士事務所の開業準備を行っておりまして、 契約書を作成しております。 そこで、契約書の「報酬の額」の条項について質問 させて頂きます。 今のところ、契約書の「報酬の額」については、 以下のような記載を考えています。 --------------------------------- 第三条 甲が乙に支払う報酬の額は、以下の通りとする。 (1)税務会計の顧問業務に係る報酬の額  ・・・1万円 (2)税務会計のその他の業務に係る報酬の額  ・・・別紙料金表に〇印のある業務 --------------------------------- 別紙料金表では、例えばですが、以下のようになっています。 --------------------------------- -業務内容-  -選択欄- -報酬の額- ・税務調査万円       2万円 ・議事録の作成 〇     3万円 ・届出書の作成       4万円 --------------------------------- 上記契約書の内容に従えば、契約期間が1年だった場合、 その1年間は、 (1)税務会計の顧問業務に係る報酬の額  ・・・1万円 (2)税務会計のその他の業務に係る報酬の額  ・・・3万円 が契約金額になると思います。 そこで質問なのですが、お客様の要望で、年の中途に 別紙料金表にある「届出書の作成 4万円」の業務を 行うことになった場合、どのように契約書を修正・更新 すればよいでしょうか。 例えば、 (1)新しい別紙料金表を作成し(「届出書の作成」に〇を付ける)  新しい契約を1年結ぶ (2)既存の契約書はそのままで、覚書のような書類を別途作成する などを行えば良いのかと考えておりますが、実務的にはどのように 処理すべきでしょうか。 お手数ですが、宜しくお願い致します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

みんなの回答

  • 回答No.1
  • R48
  • ベストアンサー率24% (683/2741)

開業前から契約内容の変更が想定されるようでは、頻繁に発生するものと思われます。 以下のようにしてはいかがでしょうか。 ・基本契約書には契約締結期間、支払い条件とその他の基本的な事項だけを掲載する。 念のために他の文書に基本契約書と重複する事項があれば、後から締結した文書の効力が上位であることを記載。 (法的には書かなくてもいいのですが、誤解を招かないように記載しておきます) また、契約番号をつける(年度がわかるように、「2009-00001」等が良い)。 双方の捺印またはサインで締結します。 以降は2パターンの方法があります。 -パターン1 ・作業範囲記述書を作成します。 作業範囲記述書番号を、基本契約書番号に枝番を付けて記載します(「2009-00001-01」等)。 期間や納期、金額を記載します。 双方の捺印やサインで締結します。 ※作業範囲記述書は、さらに変更が発生した場合に、変更注文書を発行することで容易に再変更できます(捺印やサインで締結)。 番号は「2009-00001-01-01」と枝番を増やすのが簡単です。 -パターン2 ・作業の見積書を作成します。 期間や納期、金額を記載します。 見積番号をつけます。 ・作業の受注用に作業注文書を作成、契約書の契約番号と見積書の見積番号を記載します。 雛型は受注側で作成して発注者に渡し、発行してもらいます。 ※注文書方式では注文請書を返送するのが商習慣です。 税理士さんとのことで、売上計上については添える必要ないと思いますが、前金の場合は繰り延べになるはずなので、途中の金額変更では繰り延べが正しく行われるよう、また余剰金発生時はプール金にならないように気を付ける必要がありますよね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 税理士との業務契約書の印紙税

    法人ですが、このたび税理士と業務契約書を取交わしました。税理士の説明では、税理士等の顧問契約は民法上の委任業務にあたるので契約文書は課税対象にはならない、といいます。しかし税務署に問い合わせると、税理士業務全てが委任業務になるのではなく、内容によっては課税される、とくに特定の年度の税務申告作業完了に対する報酬額が定められていれば「請負」と解釈され、その部分に関しては2号文書扱いとなる、という回答でした。今回の契約内容には「委任業務の範囲」として「法人税事業税住民税および消費税の税務書類作成ならびに税務代理業務」他が記載されています。また「報酬の額」としては「税務書類作成ならびに税務代理の報酬として XX円」他と定めています。印紙税の金額としてはわずかですが、税理士に対する信頼関係上明らかにしておきたく、どなたかぜひご教示ください。なお、税理士は全国税理士会の標準フォーマットを使用している、とのことでした。

  • 公認会計士事務所への費用

    個人企業の会社で経理などを公認会計士事務所に顧問契約で月5万円で頼んでいます。どなたかおわかりの方がいたら教えて下さい。 1)顧問契約を結ぶ時に報酬見積もり書は貰いましたが、契約書の作成はしてくれませんでした。契約書というのは 作成しなくてもよいのでしょうか? 2)月5万円の報酬料(含パソコン入力)の他、年度末決算10万円、法人税・地方税確定申告書24万円、消費税申告書3万円、償却資産申告書1万円、年末調整・法定調書合計表2万円と別途消費税請求となっているのですが、これは一般的な料金なのでしょうか? 3)会社の中に数名不動産所得があり、この確定申告作成費用は別途で、最初は一人あたり30万だったのが12万5千円と見積もりを変えてきました。一般的に確定申告(白色)なら2万から5万円と聞いたのですが、それって暴利ですよね。 4)年末のボーナスを一人200万円去年よりアップしたほうが、法人税も個人の税金も安くなるとのことでしたが、すでに確定申告を個人でしたものがおり、その200万円のために税率が高くなりもの凄く税金を払う金額が増えたと聞きました。この会計士は税務にくわしくないと見てよいのでしょうか?(今までにも、領収書のまとめ方などで質問したことがあるのですが、本人ではなく部下が来て仕事をしているのでまるで解答になりませんでした。) どうかアドバイスをお願いします。

  • 契約書について

    契約書作成にあたり教えて頂けるとありがたいです。 報酬額記載のところで『うち取引に係る消費税及び地方消費税の額』 とは報酬金額XXX円に含まれる消費税のことでしょうか??

  • 酬の支払い調書の作成の書き方について

    報酬の支払い調書の作成の書き方について教えてください。 年の途中から、弁護士と顧問契約をしました。 その際、細目は顧問料だけの記載でいいのでしょうか。 それとも、○月からの顧問料でいいのでしょうか。 また、弁護士・司法書士の報酬額の支払い調書の 提出はいくら以上でしょうか。 50万円でいいのでしょうか。 ご回答のほど、よろしくお願いします。

  • 税理士と顧問契約を結ぶメリットとは?

    何でしょうか? 教えてください。 法人成りを考えています。 税理士会が開催する無料相談会に2回行きました。 別々の先生が出てきて相談に乗ってくれました。 個人事業主の収入と法人成りした場合の役員報酬の考え方の違いなどについて教えてもらいました。まあ、ここまでは自分で事前に勉強した範囲内です。 しかし二人の先生とも、節税についての質問をするとなぜかお茶を濁した回答しか返ってきません。 一人の先生は 「節税の方法を教えてくれる税理士なんていません。  われわれ税理士の使命は”正しく税金を納めること”を指導するだけです」 と言いました。 もう一人の先生は 「小規模事業者の法人成りのいいところは、役員報酬を事前に決定できることです。それによって納税額があらかじめ分かることです。よって資金繰りなどが計画的に出来、業務の見通しが立てられます。 業務の見通しが立てられれば、自然と業績は上向きになります。 そうすればちまちま節税なんてしなくても、売り上げは伸び、収入、所得は上がっていきます。節税なんかよりよほどいいですよ。 そういうように考えましょうよ、ね。」 とのことでした。 別に脱税の方法を教えてください、と言ったわけでもないのに、なぜ節税の方法を教えてくれないのでしょうか? まあ、それぞれの事業内容や経費の使い方によってケースバイケースなのはわかりますが、ふたりの税理士の口ぶりでは、「節税などというものは存在しない」という言い方でした。 顧問契約を結ばない段階では教えてくれない、顧問契約を結んだら、それに見合うだけ節税テクニックを教えてくれるのでしょうか? それとも税理士は節税を指導してはならない、という新たな規則でもできたのでしょうか? 節税したけりゃ自分で勉強しろ、って事でしょうか? 顧問料の相場について質問すると、一方の先生は、(私の仕事の売上に対しては)高い顧問料を要求し、決算処理、年末調整はまた別料金をとり、さらには税務調査の時はまた別料金を取る、とのことでした。 節税方法も教えてくれず、「毎月帳簿を見るために訪問します」と言ったところで、別に業務そのものを手伝ってくれるわけでもなく(訪問されたって売り上げが上がるわけでもないし・・・)、年末調整や決算、税務調査の際は別料金を取る、というのでは、いったい何のために顧問料を払うのか、疑問がわきます。 少なくとも私の仕事の売上、利益では、下手すりゃ税金よりも税理士顧問料の方が高いです。 これが税理士顧問料の相場なら、まるで「第二の税金」です。 もう一人の先生に質問したら、 「税理士の相場については、青色申告会とか商工会議所にたくさん税理士がいるから聞いてみたら?」 とのことでした。(まあ、要するに、”あんたと顧問契約を結ぶつもりはさらさらないよ。こっちにも客を選ぶ権利はあるよ。”と言いたいのでしょう) 顧問契約を結ぶメリットって何でしょう? 税理士は、節税をしたい人とは顧問契約をしたくない、という事でしょうか?

  • 契約書の印紙に関して

    建設業の派遣労務者の委託に労働契約書として書類を作成したのですが 税務署の税額表に契約期間の定めのない場合(更新も含め)収入印紙額が4千円と記されていました。 以前、別件で派遣業者と取り交わした契約書にはなにも貼付されておらず、(この場合は受託者が作成したのですが・・・)お聞きしたところ、《2百円を貼ってもいいし契約内容でこの場合は貼らずともいいでしょう》とのことでした。 契約期間が問題になるのでしょうが、期間の欄を空欄にしておけば貼らずとも 問題はないのでしょうか。

  • 法定調書合計表の書き方

    法定調書合計表の書き方について教えてください。 「3.報酬、料金、契約金及び賞金の支払調書合計表」において、たとえば当社が昨年1年間で 弁護士報酬A  10万円 弁理士報酬B  10万円(特許業務法人) 司法書士報酬C  4万円 と支払ったとします。弁理士Bについては、法人であるために源泉徴収を行いませんでした。 この場合、支払調書の作成はAとBのみで良いでしょうか? また、合計表の支払金額A欄には上記A~C全ての合計額が入るのでしょうか、それとも支払調書を提出するA,Bの合計額でしょうか? いろいろとサイトを見てみたのですが、よく分かりませんでした。 よろしくお願いいたします。

  • 法人が顧問税理士の方に依頼している業務を自社で行う方法

    はじめまして。 11月に会社を設立し、現在一人で事業をしております。 一般的に法人企業は、税理士や会計士と顧問契約をされていると思います。私も会社設立の際に必要な税務署への届出や青色申告の申請などは税理士事務所へお願いをしました。 ただ、今後毎月の顧問契約はせずに自分で対応しようと思っています。小資本での起業のため、様々な点でコストを抑えて仕事をしておりますが、予定以上に費用が発生しているのが現状です。 そこで以下の点を教えて下さい。 ・零細企業が、顧問税理士に依頼する業務内容と費用の相場、 ・それら業務内容を自分で行う場合の方法、 初歩的な質問で大変恐れ入りますが、どうぞ宜しくお願いいたします。

  • 顧問契約書に貼る印紙

    1年間の顧問契約を結びます。職種はコンサルタントです。 その場合契約書には印紙が必要ですか? 必要でしたら、印紙税額表のどこを適用したらいいのでしょう。 また報酬は月額○○円と書面にあるのですが、該当金額は×12ヶ月の金額でいいのでしょうか。

  • 外部契約の役員報酬の源泉徴収

    税理士事務所の先生に法人の役員契約をしました。 現状の請求書には  (役員報酬+税務顧問)×10% で、記載されております。 給与と税理士等の報酬に区分されると思われますが、 役員派遣と税務顧問の源泉徴収はどのように記載されるべきですか。 又、源泉税額は上記の通りで宜しいのでしょうか。