• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

昔話・童話全集探してます。

本が大好きなもうすぐ4歳になる子供の為に以前から昔話やグリム童話のような語り伝えられている絵本を探してます。 特に昔話に今ハマっていて図書館に行っては気に入った本を借りてきたりしてますが、何度も繰り返し読み聞かせてあげたいし、家に常に置いておきたいので購入を考えてるのですが、探していても挿絵がアニメ的だったり話自体が簡略化されてたりで気に入ったのがありません。 また1話ずつであれば良い本もあるのですが、今回はセットのような何話か収録されている童話全集みたいのを探してます。 おすすめの物がありましたら教えて下さい!

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数3721
  • ありがとう数7

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

最近、ほんとうにいい童話全集ってないですよね。 私は子供の頃、講談社の「世界のメルヘン」がお気に入りでした。 国別で、サンドリヨンの挿絵がすごくきれいで、今でも大切にしています。 今ならいちばん手に入りやすいのは、アンドルー・ラングの童話全集ではないかと思います。 絵は地味ですし、4歳児向けにはすこーし難しいかな?とも思いますが、一度書店や図書館で手に取ってみてください。 絵のお好みもあるかと思いますが、4歳児なら、こちらのいずみ書房のものの方がいいかな。 下のリンクから、各巻のタイトルをクリックすると試し読みができますから、参考にしてみてください。 http://www.izumishobo.co.jp/onlinebook/c01_dowa.html

参考URL:
http://blog.book-ing.co.jp/message/2008/08/post_6010.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • ラング世界童話全集だとは思うのですが・・・

    今から25,6年前に読んでいた童話(絵本)です。 一風変わった、世界昔話で内容はラング世界童話全集だと思うのです。・・が、復刻版の詳細を見てみると1冊が200ページ位あるようで・・。 私が読んでいた物はB5位の大きさでハードカバーで表紙を入れても厚さはせいぜい1センチ位と記憶しています。 私の記憶違いでしょうか? 挿絵や表紙もおしゃれで子供用の絵本にはもったいないようでした。インテリアとして飾っておいてもいい感じだったと思います。 表紙は白地で絵はあまり派手な色味ではなかったように思います。お話は何編か入っていました。その中の1つは何人かの中から本物のお姫様を見つけるというようなお話でした。(お姫様は話せなかったような・・。) あいまいな記憶で本当に申し訳ありませんが、皆様のお力をお借りしたいです。 どうぞよろしくお願いいたします。

  • おすすめの読み聞かせおはなし絵本(複数話はいっているもの)を教えてください。

    4歳と2歳の娘がいます。 私自身、絵本が好きで読み聞かせをしています。1冊1話の本はたくさん持っていて狭い家の本棚がいっぱいになっています。 4歳の娘が最近むかしばなしに興味を持ち始めたようです。初めて昔話の絵本を買おうと思っています。 私の希望としては、いろいろな昔話がはいっているおはなし集のような本で(日本や世界のものがまざっていてもかまいません)、できるだけ挿絵の多いものを探しています。お話が好きで何話も読んでくれといわれると思うので、できれば1話が5分以内くらいで読めるものがいいです。また、本当に気に入ったお話を1冊もので買ってもいいかなと思うので内容は少々要約されていても構いません。 おはなし集は近所においている本屋がなく、手にとって見ることができないのでここで質問させていただきました。また、私は絵本が好きなので、昔話以外のおすすめおはなし集があれば、そちらも教えていただけたらうれしいです。 ちなみに、「まんが日本昔話101話」は書店で見たのですが、あれより挿絵の割合がもう少し多いといいかなという感じです。 どうぞ、よろしくお願いします。

  • 20年位前に販売されていた日本昔話の本について、どうしても見つけられな

    20年位前に販売されていた日本昔話の本について、どうしても見つけられないのでご質問させていただきます。 覚えている情報としては…↓ ・本の大きさはおよそ30×20cm位と大きめ ・一冊につき5話程度入ってたような…(曖昧で申し訳ない;)日本昔話全集なのかな?シリーズ物として数冊出ていたと思います。 ・買ってもらったのは3歳の頃(1991年)でした。 ・挿絵がアニメ調のイラストではなく大人びた綺麗なものが多かったのを覚えています。 昔の事なので覚えている情報が微妙なものばかりですみません; 出版社名や正式なタイトルなどが全然思い出せないので、ご存知の方いらっしゃいましたら回答宜しくお願い致します。

  • 謎のジャンル…大人向け童話

    皆様、こんばんは! 先日、村上春樹の『ふしぎな図書館』という小説を読みました。 これは、ファンタジーというべきか、それともホラーというべきか、 魅力的な挿絵とともに脳を刺激する、そういった、大人向け童話(大人向け絵本?)と言われる不思議なジャンルの本でした。 でも、ここでふと疑問が。 童話って、子供向けだから童話って言うんだよな…。 それなのに何故、大人向けの童話というジャンルが存在するの? 昔は、子供の近辺にも『死』『殺す』等が当たり前のように存在したが、現在は、それがタブーとなり、本当は怖いグリム童話のように、現代子供向け童話と、大人向け童話にジャンルが分裂したのか? とも考えましたが、過去のものだけでなく、現在もこうして大人向け童話は作られ続けている。 村上春樹の『ふしぎな図書館』に話を戻しますが、 貴重な本を餌にして、子供を図書館の奥に誘い込み捕まえた子供達の脳みそを吸おうとする、狂犬の化身ともいえる老司書。 老司書?の手下である優しい羊男。 そして、捕まった子供達を救おうとして、身を挺して狂犬に噛まれながらも風船?になり主人公を救う美しい小鳥。 更に、捕まった子供は脱出の際に、何故か母からもらった大切な靴を無くしてしまいます。 裸足で家に帰り着くのです。 本当に、意味不明なんです。村上春樹が言いたいことは何でしょうか? 世の中には、こういった怖いリスクが潜んでいるから安易に冒険しちゃいかん!という道徳? それとも、最初から深い意味など無いのか?。 う~ん、わかりません(TT) 『ふしぎな図書館』で、村上春樹が言いたかったことでも、大人向け童話というジャンルの意味についてでも構いません。 想像でも空想でも何でも構いませんので、私に、この謎を解くヒントを与えて頂けないでしょうか。 宜しくお願い致します。

  • おすすめの名作全集を教えてください

    来月で5歳になる娘がいます。 今まで昔話や名作といった類のお話をあまり読んであげなかったので、誕生日のお祝いに、日本や外国のよく知られているお話の絵本全集を買ってあげようかなと思っています。 何かおすすめがあれば、簡単な理由と共に教えていただけると助かります。

  • 辞書並の厚さの童話集を知りませんか?

    20年~30年前、世界各国の民話や童話が収録された、辞書並の厚さ(ページ数は1,000枚以上あったような…)の童話集を持っていましたが、引越しのどさくさにまぎれて無くしてしまいました。とても大切にしていたので、できたらもう一度手に入れたいのですが、本のタイトルや出版社を忘れてしまったので、今となっては探しようがありません。この本について、どなたかご存じないでしょうか?以下、うろ覚えの記憶なのですが、  ・箱入りの装丁  ・総ページ数が1,000ページ以上  ・分類は国別  ・アンデルセン、グリム、イソップ童話も含まれて   いたと思う  ・姉妹品に日本の民話・童話が収録されたものが   あったが、厚さは半分以下 「世界の童話集」のような題で検索してみても、分冊になっている全集がほとんどで、該当するような本が探せませんでした。お心当たりのある方がいらっしゃったら、是非教えてください。よろしくお願いします。

  • 昔アニメで見ていたムーミンがとても懐かしく、本の購入を考えています。

    昔アニメで見ていたムーミンがとても懐かしく、本の購入を考えています。 講談社のムーミンの童話全集(単行本)を購入しようと思っているのですが、 9巻まとめて売っているものと一冊ずつ売っているものの違いがあれば教えて欲しいのですが。 知りたいこと 1.本の大きさ(アマゾンで調べたら全部まとまっているほうは異常に大きいサイズの表示でした) 2.内容が同じか 3.挿絵が同じか 4.まとめているほうは全部で一冊なのかそれぞれ分かれて入ってるのか よろしくお願いします。

  • 童話発表会での本選び

    小学三年生の息子です。7分以内の絵本を暗記して発表する童話発表会があります。何かおすすめの本はありませんか?

  • “フェーリ”というひとが挿絵を描いている本

    子供の頃、子供向けに描かれた「世界名作童話集」といったシリーズものの大判の絵本が好きでした。主に外国の童話ばかり、一冊につき3話ほど収録してある本で、絵本、という言い方からもわかるように、それなりに文章も長いものの絵が主体。挿絵の描き手は、同じ本の中でも、お話ごとに変わる(「あかずきん」「しらゆきひめ」「シンデレラ」の三本が収録されているとすると、「あかずきん」の挿絵はA、「しらゆきひめ」はB・・・という具合)。 ことにお気に入りは、「ロバの皮」という作品の挿絵を担当した画家で、彼は他の本でも一作ほど挿絵を担当していましたが、シリーズ全体ではそんなにたくさんは手がけていなかったと思います。 とにかく、布の艶やかな質感がたいそう美しく、幼心に、この作家が描く月のドレスや星のドレスが大好きでした。最近になってまた見たいと思い、探していますが見つけられません。 TBSブリタニカというところが出した『アリババと40にんのとうぞく(他一篇)』という絵本の挿絵を手がけた、“フェーリ”なるイラストレーターの絵が、記憶にあるそれと近いのですが・・・。 どなたか、ご存知の方いらっしゃいましたらお教えください。

  • 名作集でもいいですか?

    こちらのカテでいいのかわかりませんが、アドバイスいただければお願いします。 4歳になる娘にそろそろ昔話や童話を読んであげようかと思っています。 そこで、質問なのですが、「まんが日本むかしばなし 101」(題名は少し違うかもしれません。)のような複数のお話が1冊に収められている本と、1話1話別々の本になっているものとではどちらがいいのでしょうか? 私としては1冊で複数読める方がいいかな~と思うのですが・・・。 それともそんな事は気にせず、好みで選んでいいのでしょうか? あまり大したことではありませんが、「こういう名作集がよかった!」などもアドバイスいただければと思います。