• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

塩化アルミニウムの反応について

 小学校6年生の理科です。  「とけた金属のゆくえ」という実験で、塩酸にアルミニウムを溶かした液を蒸発皿にとり加熱、残ったものに水、塩酸を加えて変化を見るというものがあります。  その結果として教科書には水にも塩酸にも溶ける、とあるのですが予備実験をしてみると水には溶けませんでした。  上記の実験は反応式でいえばAl+3HCl→AlCl3+3H2 であり、残ったものは塩化アルミニウムだと考えます。確かに溶解度の大きいものではないですが、実際薬さじの小さい方にほんのわずかの量しか使わなかったので、これが溶けないのでは教科書の結果と異なることになってしまいます。  使ったアルミはアルミ箔なので不純物として鉄は考えられますが、これも同様の反応で塩化鉄となり、やはり水にはとけると思います。  残留物が溶けない原因は何でしょうか?教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数6376
  • ありがとう数8

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • c80s3xxx
  • ベストアンサー率49% (1603/3255)

残ったものが塩化アルミニウム(6水和物)ではないからでしょう. おそらく,水酸化アルミニウム Al(OH)3 あたりになっています.これは塩酸には溶けますが,水には溶けません. 加熱過程で Al3+ と水が反応してできるわけですが,加熱しなくても蒸発するまでには少なからぬ量ができてしまうと思うので,そもそもの教科書の記述?に首をひねりたくなりますが... なお,鉄は量も少ないし,色も白くはならないので,関係ないでしょう.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 ご回答、ありがとうございます。  ということは、アルミニウムを塩酸に溶かしたことでまず塩化アルミニウム(溶液中ではそれぞれAl3+、Cl-として存在しているのでしょうが)が生成、加熱によりそれが水酸化アルミニウムに変化する、と考えればいいのでしょうか。  残留物を塩酸に溶かしたものを観察してみると、いかにもコロイドっぽいもやもやした感じがあったのでもしや?とも思っていました。  …が、それなりに理論で納得させられる高校化学ならともかく、小学生にこれを説明するのは難しいですね。しかも教科書に写真付きで載っていることを覆すにはどうしたらいいのやら。  ちなみに説明不足でしたが、残留物は白ではなく、少々黄味かかっていました。これはやはり鉄の仕業ですよね。

関連するQ&A

  • 化学 金属と酸の反応について(イオン化傾向?)

    成分がアルミニウムと鉄の混合粉末に 塩酸を加えて水素発生の実験をする際、 アルミニウムのイオン化傾向が鉄のそれより大きいので アルミニウムと塩酸の反応が優先されて進むのでしょうか? その優先のされ方も、 アルミニウムの反応が完了してから初めて鉄の反応が始まるのか、 それともある比率でアルミニウムの反応とと鉄のそれが同時進行するのか、 というのもわからないのですが。 ご回答お願いします。

  • 熱した蒸発皿がさめるまでの待ち時間

    小学6年生の理科です。アルミニウムと鉄にそれぞれ塩酸を加え、その溶液を今度は加熱して、蒸発後でてきたものが、もとの金属と同じ性質のものかどうか確認する実験をします。教科書には、子供達に。「蒸発皿は完全にさめるまで、さわらせてはいけない」とありますが、完全に冷めるまで、なにもしないで、待っているのでしょうか?それとも実際は、待っていられないので濡れ布巾などで移動させ、次の実験(鉄のあとはアルミニウムを同じように加熱して、何が蒸発後出てくるのかみてみないといけません)にかかるのでしょうか?そのあと、その出てきたものに、磁石をくっつけてみたり、薄い塩酸を加えたりして、様子をみます。完全に冷めるまで2つを待っていたら、とても20分では実験は終わらないと思います。現場で実践されている工夫やアイデアがありましたら、どうぞ教えて下さい。

  • 新米先生のかなと言います。理科クラブの担任に最近なりましたが、来週の活

    新米先生のかなと言います。理科クラブの担任に最近なりましたが、来週の活動で、以下のような実験を行います。よく分からないので、すいませんが、教えてください。  水酸化アルミニウムを塩酸に溶かすと、 Al(OH)3+3HCl→AlCl3+3H2Oの反応が起きると思いますが、その反応について、ご教授ください。 Q1.その時できたAlCl3は実際は、AlイオンとClイオンに分離していると考えて宜しいのでしょうか? Q.2その溶液を加熱して、酸および水を蒸発させた時に始めて塩化アルミニウム六水和物ができるのでしょうか? Q3.その塩化アルミニウム六水和物を加熱すると、生成物は何でしょうか?

その他の回答 (1)

  • 回答No.2
  • c80s3xxx
  • ベストアンサー率49% (1603/3255)

黄色みがあるなら,それは鉄由来でしょうね.アルミからなのか,コンタミなのかはわかりませんが. 塩酸に溶かす量を減らすことと,蒸発を加熱なしでやってみてはどうですか. 蒸発皿に取る量を多くしなければ (小学生相手ではそもそも多くできないでしょうけど),加熱しなくてもそこそこの時間で乾涸できるでしょう.うちわとか扇風機で風を送るのは効果的ですよ.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 またまたご回答、ありがとうございました。  本日、再度実験をしてみました。加熱なしでの蒸発…というのは、やはりかなりの時間がかかってしまうので、ガスコンロの火を極々弱く、さらにできるだけ蒸発皿を火から遠ざけて(蒸発皿とコンロの間に金網を挟んだだけですが)取り出した残留物は、ほぼ完全に水にも溶けてくれました。  やはり失敗の原因は加熱のしすぎなのでしょうね。これならば実験をするときに「火力は弱めに」としっかり注意しておけば、失敗した子がいても説明ができそうです。

関連するQ&A

  • アルミニウム

    アルミニウム片に塩酸を加えると気泡が発生し液体が黒くなりました。化学式は・・・ 2Al+6HCl→2AlCl3+3H3 だと思いますから発生した気泡は水素だと思うのですが、何故黒くなったのか分かりません。塩化アルミニウムのせいなのでしょうか?教えてくださいm(_ _)m

  • 塩化アルミニウム(AlCl3)発生器の材料

    Φ60×500mmのSUS316Lパイプで作った容器をマントルヒーターで400℃に加熱します。容器内には高純度アルミチップが貯めてあり、そこを塩化水素ガスが通り反応し塩化アルミニウム(AlCl3)ガスを作り出す仕組みです。 2Al+6HCl→2AlCl3+3H2 不活性ガスをキャリアーとして添加してます。 容器の内壁からの不純物放出が起こらないようにしたいんです。 SUS316Lが適した材料でしょうか? ほかに良い材料はありますか? インコネルは高すぎるし、SUS317J1やSUS836Lはどうでしょうか?

  • 明礬と塩化カルシウムの反応について

    明礬と塩化カルシウムの反応について 明礬(硫酸カリウムアルミニウム12水和物:AlK(SO4)2・12H2O)に、塩化カルシウム(CaCl2)を反応させて、硫酸カルシウム6水和物(CaSO4・6H2O)、塩化アルミニウム(AlCl3)、塩化カリウム(KCl)ができる反応は、以下であっていますか? AlK(SO4)2・6H2O + 2CaCl2 → 2CaSO4 + AlCl3 +KCl + 6H2O

  • 【化学】Al(アルミニウム)の反応

    【化学】Al(アルミニウム)の反応 参考書の記述に疑問があったので質問します。 『Alは両性元素だから酸の水溶液にも強塩基の水溶液にも溶ける。 2Al+6Hcl→2AlCl3+3H2 2Al+2Naoh+6H2o→2Na[Al(oh)4]+3H2 』 反応式で、塩酸を加えた場合は左辺に水がないのに、どうして水酸化ナトリウムを加えた場合は左辺に水があるんですか?? よろしくお願いします。

  • アルミ箔中の鉄。

    実験でアルミ箔を分析したところ、鉄などの金属が検出されました。これはなぜ入っているのですか?ただの不純物、混入物なのでしょうか?

  • 金属イオンの反応について

    アルミニウムイオン(3+)、クロムイオン(3+)、マンガンイオン(2+)、鉄イオン(3+)にアンモニア水とNaOH水溶液を1滴ずつ加える実験です。 ですが、ここでアルミニウムイオン(3+)は4滴で、他のイオンは2滴ずつとさらに水を2滴加えています。 なぜ水を加えるのでしょうか?? わかりにくい文章ですいません。 教えてください!

  • 化学の問題教えてください

    アルミニウム箔と鉄くぎに塩酸を加える実験を行うとき、 なぜ、アルミニウム箔と鉄くぎの表面を軽くサンドペーパーで磨くのですか。 詳しい解説だとありがたいです。

  • 理解の問題です。

    アルミニウム5.4gを塩酸と反応させると6.5リットルの水素が発生し、鉄8.4gと塩酸を反応させると6.5リットルの水素が発生します。 アルミニウムと鉄の混合物5.0gに塩酸を加え、完全に反応させたところ、4.8リットルの水素が発生しました。混合物に含まれている鉄は何gですか。 答えは小数第2位を四捨五入して第1位まで求めなさい。 答えは2.8gです。どなたかわかる方がいらっしゃいましたら、お願いします。m(_ _)m

  • Friedel-Crafts反応 アシル化

    三口フラスコに塩化アルミニウムとベンゼンを入れ、無水酢酸を滴下ロートを使って少しずつ滴下して反応させました。このとき、ベンゼンと塩化アルミニウムの境目から気体が発生しました。この気体は何ですか?反応式を見るとアセトフェノンと酢酸が考えられますが、この2つは液体として生成すると思うのでこれが原因であるとは考えられません。もし、内容液に水が存在すれば塩化アルミニウムが反応して塩酸が生じますが水は入っていないので、これも原因ではないと思います。 もう1つ質問があるのですが、この反応をさせるときに熱が発生したのですが、アセトフェノンが生成する反応が発熱反応なのですか?もしくは、他の反応が起こって熱が発生しているのですか?化学大辞典などを見ても載っていなかったので質問させていただきました。

  • マグネシウムを反応させて行うヘスの法則の実験

    実験でマグネシウムと酸化マグネシウムの塩酸との反応の反応熱を求め、それらと水の生成熱を使って、ヘスの法則により求めたのですが、ヘスの法則の実験にマグネシウムを用いるのはなぜですか? また、1mol塩酸80.0mlに対し、マグネシウム0.3g、酸化マグネシウムを0.6g反応させたのですが、なぜ質量比は1:2なのですか?