-PR-
解決済み

親子間の金銭貸借の債権相続

  • 暇なときにでも
  • 質問No.52627
  • 閲覧数2414
  • ありがとう数9
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 41% (105/251)

親子間で金銭貸借契約を交わして金銭を借り入れ、その返済中に親が死亡した場合の債権はその子に相続され、その残金が相続税の控除額内であれば債務は消滅するのでしょうか?
そうすると、事実上の生前贈与を受けることが可能ということになりますよね。
もちろん、相続人がその子だけであればという条件が必要と思いますが・・・。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 29% (1751/5870)

理論的には相続により債務が消滅すると思います。
但し、見かけ上の貸し借りでは贈与と見なされる様なので
注意が必要のようです。詳しくは参考URLに説明があります。
お礼コメント
table_1969

お礼率 41% (105/251)

回答ありがとうございます。
利息は、年間の贈与控除額を利用し、元金分のみを振込みにて返済を続けるので見かけ上の貸し借りではないかと思います。
ただ、相続人がたくさんいるので事実上無理です。
投稿日時 - 2001-03-17 15:31:07
-PR-
-PR-

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.2
レベル14

ベストアンサー率 46% (1678/3631)

 相続税対策のため、第三者との間で架空の金銭消費貸借をして、税務当局に摘発される例があります。やはり、納得させるためには、お金を借りる蓋然性(これこれのものを買うためとか)が必要でしょう。
お礼コメント
table_1969

お礼率 41% (105/251)

回答ありがとうございます。
ちなみに、家を買う目的であればいいんでしょうか?
投稿日時 - 2001-03-17 15:27:23


このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
この法律は知っておいたほうがいい!あなたの経験や知識を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ