• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

古家つき土地購入の際、古家の扱いについて(長文です)

ある土地を購入予定です。 古家付きで購入しますが、建物は土地と所有者が違いまして 土地所有者の先祖の方が所有者で、 既に60年以上前に亡くなっています。 相続もしなかったそうです。 既に資産価値は無いので取り壊しをして構わないそうですが 実際には使えそうなのでそのまま暫く使って10年後位に 売りに出す際に壊して更地にする考えでおります。 正式には建物も一緒に買ってしまえばいいのでしょうけど 相続人全て(子孫が相当数居るようです) の許可を取るとなると莫大な時間が掛かりますので 名義変更までが大変だと思います。 そこで、使用貸借という事で借りている事に してしまうかと思うのですが何か問題が有るでしょうか? タダで使っていれば家賃も何も発生しませんし面倒が少ないのでは 無かろうかと思っています。 将来的に滅失登記は所有者の子孫の代表者が代理で申請出来るよう なので最も費用が掛からずいいのかなと思っておりますが・・。 とにかく時間とお金を掛けたくないのが 売主(所有者の子孫)と私の共通の望みです。 他にいい手が有ればご教授願えれば幸いです。 また、使用貸借の場合も契約書を作った方が良いでしょうか? 長文失礼しました。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数336
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

その家屋の名義人が亡くなったのは具体的に昭和何年ですか。 家督相続があったころに亡くなっているとしたら、その人の次の方の子孫の共有となります。 また、その家屋を相続しなかったのではなく、相続はしたが名義変更しなかっただけなのではないですか。 経験からいうと相続の書類は古くともどこかにしまっているものですよ。 もしも、どうしても相続の書類が見つからない場合はやはり#1の方がいうように壊してしまい、滅失登記してしまったほうが後々問題はありません。 なお、今はどうしても壊したくない場合でも、使用貸借はやめたほうがよいですよ。それよりは契約により土地に存在する家屋ごと購入すると明記したほうがよいです。20年後時効取得し、名義をあなた名義に変更したほうがよいです。 行政書士等の専門家に相談してください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答有難う御座います。 実は行政書士に相談した結果 土地の相続人は10人程度なのでなんとか協議して 売買出来そうなのですが、 この家屋の相続人は既にひ孫の代までになり 約100人にのぼる可能性が有るそうです。 家屋には事実上価値が無いのに費用を掛けてまで 遺産分割する必要が有るかどうか? 土地だけ買ってはどうか? と言われていまして・・。 また、定住せず別荘感覚で考えていますので 時効取得は難しいと思います。

関連するQ&A

  • 古家付きの土地の購入を考えています。

    古家付きの土地の購入を考えています。(所有者は破産、管財人付です) 古家はすぐに取壊しをする予定なので、建物の所有権移転登記はせず解体する予定ですが、滅失登記以前に仮登記などつけられる可能性はないですか?最善の策を教えてください。

  • 親子間の土地使用貸借

    建物(賃貸物件ですが、現在は借主なし)所有者が子供、土地所有者が親という場合、親子間での賃料支払いがなければ(使用貸借)、税務署へ無償返還の届出の提出は不要だと思うのですが、この考え方で間違いないでしょうか? 相続時は更地として評価します。

  • 抵当権設定されている古家の滅失登記について

    古家つき土地を購入し、建物を新築中です。種々の登記手続きのうち、できるものについては自分でやって費用節約をしたいと考えており、まずは古家の滅失登記の手続きについて調べています。タイトルにあるとおり、抵当権設定されている古家の滅失登記についてご教示下さい。 <現在の状況> ・古家つきの土地を購入し、古家の取り壊しが終わり某大手ハウスメーカーで建物を建築中。 ・中古住宅としての売り出しだったので、売買契約は土地+建物としての契約 ・土地、古家とも所有権は移転済み ・土地購入時の借入に伴い、土地と古家の両方に抵当権が設定 今後の登記手続きですが、抵当権設定されている建物を勝手に滅失できないのかとも思い、素人考えとして以下のような段取りを想定していました。 (1) 古家の抵当権抹消登記 (2) 古家の滅失登記 (3) 新築建物の表題登記 (4) 建物保存登記 (5) 建物への抵当権設定登記 ところが、いろいろ調べてみると、(1)は不要で、抵当権設定したまま滅失登記はできると書いてあるHPが見られます。 そこで教えて頂きたいのですが、 ・本当に抵当権設定したまま滅失登記はできるのか? ・抵当権設定したまま滅失登記をするとその抵当権はどこへ行ってしまうのか? ・抵当権設定したまま登記記録が閉鎖されて、後々困ることはないのか? ・滅失登記申請において、抵当権設定されていない建物の申請と比べて、手続き上申請書類等で違いはないのか? よろしくお願いします。

その他の回答 (2)

  • 回答No.3
  • 0621p
  • ベストアンサー率32% (852/2623)

相続人が何人いるのか知りませんが、たくさんいれば必ずややこしい人が一人や二人はいるものです。自分にも権利があるのに勝手に契約された、などと言ってくる人がいないとは限りません。解決しておいたほうが良いです。 >とにかく時間とお金を掛けたくないのが 売主(所有者の子孫)と私の共通の望みです。 あくまでも売主側の責任です。中途半端な事をしてしまうと、何か問題が起こった時にあなたにまで影響してきますよ。時間はかかっても相続してもらうか、売主の責任で滅失してもらったほうが良いです。 売買契約で買っておいて時効取得というのはありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

有難う御座います。 常識的に考えれば確かにそうなんですけど。 >売買契約で買っておいて時効取得というのはありません。 例えば所有者の子孫の誰かが20年以上住んでいた場合、 その人が時効取得しているという事で名義をその人にしてしまえば 簡単そうなのですが相続人が時効取得出来るんでしょうか? もしお分かりでしたらお教えください。

  • 回答No.1

建物の所有者が既に60年以上前に亡くなった先祖の方が所有者で 相続もしなかったということですが、相続人として、子孫が相当数 居るようなので、勝手に使用貸借ということにするのは、リスクが 高いと思います。 滅失登記は所有者の子孫の代表者が代理で申請出来るというのなら、 現在の所有者が持っている間に済ませてもらう方が無難です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

そうですね。実際に築100年近い 家屋は20年以上人も住んでおらず廃屋に近い状況で 値段を付けれるような代物ではないので 逆に壊すのに100万円かかるなら実は 滅失させずに100万円掛けて直せる所は自分で直し 使いたかったのです。 調べ切れていませんが、所有者のひ孫の代までが相続人になり 100人位になってしまいそうです・・。 こういう場合は皆さんどうしているのでしょうね? 有難う御座いました。

関連するQ&A

  • 相続した土地に建てられていた隣家の建物の撤去費用

    相続した土地60坪の更地に隣の土地からまたがって建物27坪が存在していました。 建物の所有者と話し合いの結果、建物の取り壊しと建物の登記滅失申請をそちらの負担で 了解をいただきました。 3ヵ月後建物の登記滅失は完了。建物も取り壊し、後は土台のコンクリートの処分(費用50万円) の段階になってから、たまさか聞いた法律の専門家から処分代の負担は時効成立により必要なしと いわれたそうで支払いを拒否してきました。処分費用は私が負担するものなのでしょうか? ちなみに建物は20年以上前から建っていたそうです。

  • 空き家になってる古家付き土地を売りたい

    2年間空き家になってる家を売却しようと思っています。 相続した家なのですが、空き家のままにしているので、だいぶ建物が傷んでいます。雨漏りをしているせいか、2階の和室の部分がやられています。 建物自体も築40年の古家なのですが、更地にしてから売却したほうが良いでしょうか? 2階建てなのですが、リフォームしてまだ使用することもできると思います。更地にするとなると、20坪ほどの家なのですが解体費用を見込まなければいけないので、けっこうな負担で困っています。 都心に割と近い場所にあるので、数社に相談していて、ある不動産仲介会社からは古家付き土地として売却しましょうと提案されていますが、まだ決めかねてる状態です。

  • 古家ありの土地の購入について

    古家ありの更地渡しの条件の土地の購入についてご質問があります。もともと家のあった土地を購入した場合、家を建築するまでの諸経費(上下水引き込み費用等)はなにもない分譲地を購入した場合と比べどのくらいカットされるでしょうか?一般的なカットされる内容とおおよその金額を教えてくださいませ。よろしくお願い致します

  • 親の土地に家を建てる(使用貸借と相続)

    私の父の土地に娘夫婦(私と夫)の家を新築する事で、夫婦の両家でもめています。土地を将来相続する予定ですが、それまでは使用貸借となります。 姉は実家を相続し、私は古家付のその土地を相続する事で、私の実家家族間では話はまとまっています。将来争いの無い様に、姉妹間で念書を書き、父はその相続についての遺言を公証役場に出す予定です。古家の解体と擁壁を作り直す(更地の状態にする)のに誰がその費用を負担するのかで、もめています。更地の費用は予想で600万円位になりそうです。土地は譲るので、解体と擁壁の費用は娘夫婦で持つように。というのが父の考えです。夫とその両親は、使用貸借の期間は、現在の土地の所有者である私の父が、更地にして土地を貸すべきで、その費用を夫婦で負担するのは、法律上間違っている。自分達だったら、息子にそんな費用は負担させない。と言います。念書を書いたり、公証役場で遺言を書いても何度でも書き直せるので、信用できない。生前贈与してくれれば問題ないのに、貴方の父は土地を更地にすべきなのに、その費用をよこせと言っている。ケチだし詐欺と同じだ。と言われました。父は、娘夫婦がマイホームを持つ上で役立てればと、土地を有効活用して欲しいという考えで、提案してくれているだけに、そう言われて悲しいです。その古家に夫婦で数年間住んでいました(家賃一切無し)。夫は(1)過去の家賃代だと思い割り切って更地代を出す。又は(2)はじめに父に更地の費用を負担してもらい、夫婦で相続時(15~20年間位)まで毎月土地の賃料を支払い、賃料を更地代にしてもらう。どちらかを父が受け入れるなら、納得すると言います。私の父は土地はあげる意向なのに、子供から一銭も取りたくないので、(1)も(2)も納得しないという考えです。そういう考えなら、土地は要らないと受け止め、姉に相続させると言います。((2)の賃料を支払うにしても、もし父が数年内で亡くなった場合、合計賃料は更地代にもならないと、と思うのですが)。夫にはまだ伝えていませんが、父は家を建てる時に、ローンをしなくて済むように、いくらかお金を貸してくれるつもりでした。私も独身時代に貯めた数百万円のお金を、家の購入費に使おうとも思っていましたが、気を利かすのがバカバカしいです。 夫も私もその土地に家を建てられれば、家計は助かるし自分の子供にも将来財産が残せるという考えは共通です。ちなみに私と夫は共稼で、今現在はローコストメーカーなら一軒家を建てるだけの貯金は蓄えました。どの両親との同居も考えていません。 使用貸借の場合、親である土地の貸主は、子供の借主の為に、法律上更地にする義務がありますか?相続について念書と公証役場という形で、何十にも対策を練っていますが、全く信用無いのでしょうか?ここまでしている、私の父の考えは間違っているのでしょうか? 何故夫の両親は、このような事を言うと考えられますか? 世間の皆様はどうお考えなのか、このこの件に関して解決するアイデアがありましたら、教えて下さい。どうぞよろしくお願いします。長くて読みにくい点、申し訳ないです。

  • 土地、建物を買うつもりです

    土地、建物を買うつもりです 建物は、築60年、30坪弱、平屋建農家、物置付きです 家はまだしっかりしていますので手直しして使いたいと思っています ○ 土地は現所有者名義で問題はないのですが、建物部分は旧所有者の名義のままです ○ 旧所有者はすでに他界されており、相続人は何人になるのかわかりません ○ 現所有者と旧所有者の親族との間で土地、建物の売買代金の精算は終了しています このような場合、建物の移転登記をするにはどの様にしたらよいのでしょうか

  • 古家の所有権移転登記、滅失について

    滅失登記、移転登記について。 今回、古家付の土地を購入する事になりました買い主です。 古家は引き渡し後、すぐに解体して、新築家屋を建てる予定です。 流れとしては (1)引き渡し (2)古家の解体 (3)古家滅失登記 (4)新築家屋を建築 となるみたいです。 そこで質問があります。古家は売り主名義になっています。今回のような場合、普通土地の引き渡しと同時に古家も引き渡されることになりますので、古家の所有権は一旦買い主に移転登記しなければならないのでしょうか。 どうせすぐ解体するので、引き渡し後に売り主名義のまま、解体・滅失登記ができますか? それとも、一度古家の所有権を買い主に移転登記してからしか無理なのでしょうか? 古家の所有権移転登記ってお金かかりますよね? どうせすぐ解体するためお金をかけずに行いたいです。 ちなみに現状渡しが必須であり、現在売買契約書作成段階です。 また、土地建物共に融資を受けますで、土地建物共に銀行の抵当権がつきます。 もし、売買契約書の特約事項に記載するのであればどのような文面で記載しておけばよいのでしょうか。売主は知っている人で協力をお願いすればしてくれる可能性は高いです。

  • かみそり土地を市道に含む市道に面した古家付きの土地を購入し新築を建てる

    かみそり土地を市道に含む市道に面した古家付きの土地を購入し新築を建てる予定です。 かみそり土地の所有者は7人。 仲介業者の説明では、7人は、かみそり土地を市に寄贈予定です。 市への寄贈が済む前に土地を購入し古家を壊し新築を建てることは可能でしょうか?

  • 土地の使用貸借による建物と競売

    土地は父名義で、無償で父よりその土地を借りて、息子が息子名義で建物を立てた場合に、その後建物のみに抵当権を設定(なお土地建物の所有者は抵当権設定時も当然別です。)し、将来担保が実行された時には、法定地上権が成立するのでしょうか?もし成立しないとすると建物を競落した人は、土地の所有者に土地利用(使用貸借)を対抗もできづ、結局立ち退きを求められることになってしまうことになり、そんな物件を競落しようとする人はいなくなるように思うのですが、どうなんでしょうか。別の方の同様の質問で、使用貸借が法定地上権に変わるとの趣旨の回答がありましたが、正しいのでしようか。

  • 市道に面している古家付きの土地の購入を考えています。

    市道に面している古家付きの土地の購入を考えています。 土地に面している市道には他者の土地が購入予定の土地に沿った形で含まれています。 業界用語で『かみそり』というそうです。 新築を建てるのにかみそり土地の所有者7人から地積更正をするための印鑑と印鑑証明が 必要なようです。 仲介曰く、 『地積更正をしなくても新築は建築可能ですよ。』と。 本当ににそうなのでしょうか? 土地購入後に新築が建てられないとなれば大変です。 詳しい方の教えをお願いします。

  • 住宅用土地購入で、古家付き物件を買う時の注意点

    注文住宅用の土地を探しているのですが、 更地は少なく、古家付きの物件なら割と多くあります。 古家付き物件を購入する事は、もちろん解体費用はかかるのはわかりますが、それ以外に何か注意しなければならない問題点はあるでしょうか?何か余計な費用が発生したりややこしい事になるのでしょうか? 土地(古家付き)も、建てる注文住宅そのものもローンで買う事になるのですが、権利の問題?や登記関係の問題?なども、どうなるのか知識が乏しく不安です。 ハウスメーカーからは「できるだけ更地渡しにしてもらってください」と言われていますが、現実、難しいと思うので、古家付き土地を買う時の注意点を教えてください。