• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

化学 酸と塩基

炭酸ナトリウムNa2CO3に価数とかありますか? HClなら一価の酸、みたいに そもそも価数が何かよく分かっていないので分かりやすく教えていただけると助かります><(辞書とかひいても難しくてわからないんです)

noname#93742
noname#93742

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 化学
  • 回答数3
  • 閲覧数4945
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • gohtraw
  • ベストアンサー率54% (1630/2966)

「分子を形成したときに何本の結合があるか、イオンになった時に(電子一個を単位として)どれだけの電荷をもつか」 が価数なのですが、これじゃよく判らないですよね。電子の軌道がどうこうという説明もありますが却って混乱させてしまいそうで・・・。  ある程度覚えてしまうしかないと思うのですが、分子式を見ながら ナトリウムは1価(これは覚えないと仕方ないと思います) ナトリウム2個と結合している炭酸は2価 一方炭酸カルシウムはCaCO3。2価である炭酸と1:1で結合しているのでカルシウムは2価 硫酸カルシウムはCaSO4。2価であるカルシウムと1:1で結合するので硫酸は2価 という具合に広げていくのがよろしいかと。 価数の説明になっていなくて恐縮なのですが・・・。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (2)

  • 回答No.3
  • ye11ow
  • ベストアンサー率40% (230/564)

価数には幾つかの種類がありますが、 ここでは (1)酸・塩基の価数 と (2)イオン価を表す価数 を取り上げます。 どちらも、一旦頭の中で整理できれば比較的やさしい事項です。 (1)酸・塩基の価数 「HClなら一価の酸」というように質問者様が理解されているのが、 「酸・塩基の価数」です。 酸であれば、電離し放出する水素イオンの数がその「酸の価数」になります。 化学式に含まれているHの数が酸の価数なので、化学式を見れば一目瞭然です。 硫酸はH2SO4で、Hが2個含まれるので、「2価の酸」になります。 塩基の場合、電離し放出する水酸化物イオンの数、 すなわち化学式に含まれるOHの数が「塩基の価数」になります。 水酸化ナトリウムはNaOHで、OHが1個含まれるので「1価の塩基」になります。 水酸化カルシウムはCa(OH)2で、OHが2個含まれるので「2価の塩基」です。 ここでアンモニア(NH3)ですが、OHを含まないのですが、これも塩基です。 アンモニアは水素イオン(H+)を1個受け取り、アンモニウムイオン(NH4+)となります。 水素イオンを1個受け取る塩基は、「1価の塩基」になります。 水酸化物イオン(OH-)に着目するよりも、「与えたり受け取ったりする水素イオンの数」 に着目し価数を数える方法のほうが、より一般的だといえます。 先のNaOHやCa(OH)2なども、やはり水素イオン(H+)を受け取って中和されます。 その他として、価数の決め方には「電子の数」を使う場合もあります。 (2)イオン価を表す価数 ナトリウム原子(Na)は電子1個を失ってナトリウムイオン(Na+)になります。 カルシウム原子(Ca)は電子2個を失いカルシウムイオン(Ca2+)になります。 この「1」や「2」がイオンの価数です。 イオンには陽イオンと陰イオンがありますので、 水素イオン(H+)  = 1価の陽イオン 硫酸イオン(SO42-)= 2価の陰イオン などのように呼ぶことができます。 (フォントの都合で「+」や「2-」を上付き文字にしておりませんが、適宜解釈ください) (3)ご質問事項について さて、ご質問の炭酸ナトリウム(Na2CO3)についてですが、 ナトリウムイオン(Na+)= 1価の陽イオン 炭酸イオン(CO32-)= 2価の陰イオン これらのイオンによって構成される塩ととらえることができます。 また炭酸ナトリウムは、中性塩である塩化ナトリウム(NaCl)などとは異なり、 水に溶かすと塩基性を示す化合物です。 つまり、水素イオン(H+)を受け取り(酸によって)中和されうる化合物です。 ここで、水に溶かし電離させた際に放出する水酸化物イオンの数や、 中和の際に受け取る水素イオンの数で、塩基としての価数を決められそうですが、 炭酸ナトリウムはNaOHなどのように完全には電離しない化合物であり、 中和の反応式は、平衡反応を含む他段階の式となり、単純ではありません。 1モルの炭酸ナトリウムが、2モルの塩基として十分働かず、中途半端になります。 よって、炭酸ナトリウムを「2価の塩基」とはあまり呼ぶことはしないようです。 しかし、完全電離する化合物と仮にみなして考えれば、2価の塩基だともいえます。 なおここでの説明は、素人の個人的解釈として、参考程度に考えておいてください。 初学者向けにやさしく説明したつもりです。 (引用文献) http://www.geocities.jp/amy_chemistry/chemistry27.1.html http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BE%A1%E6%95%B0 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%82%AA%E3%83%B3

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
noname#160321
noname#160321

酸塩基は価数でなく「塩基酸」「酸塩基」で数えます。 水酸化ナトリウムは一酸塩基、炭酸ナトリウムは二酸塩基、 塩酸(塩化水素)は一塩基酸、硫酸は二塩基酸と呼びます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 酸と塩基

    (1)0.01mol/lの塩化ナトリウム水溶液 (2)0.01mol/lの炭酸ナトリウム水溶液 どちらのほうが、pHが大きいか? (1)KCl+H2O→HCl+KOH 強酸+強塩基なので pH=7 (2)Na2CO3+H2O→NaOH+HCO3(係数省略、因みにいくつになりますか?でてきません・・・・ NaOHは強塩基 HCO3は何ですか?? また、酸、塩基の強弱は暗記ですか? よろしくお願いします。

  • 受験化学 酸塩基滴定

    NaOHとNaCO3の混合水溶液の濃度を調べる問題で  1.混合水溶液に過剰のBaCl2を加える  2.1の溶液にHClを滴下する という作業があるのですが1ではBaCl2とNaCO3が反応しNaOHは反応しない。2ではまずHClとNaOHが反応しその後HClとBaCO3が反応する。 これらの反応の有無と順番の理由は何でしょうか?酸塩基の強弱から来るのだろうとは思うのですが。上手い説明が出来る方お願いします。

  • 酸・塩基について教えてください。

    ご覧いただき、ありがとうございます。 酸塩基の問題について質問です。 水酸化ナトリウムと炭酸ナトリウムの混合水溶液が1Lある。 この混合溶液10mlをとり、PPを指示薬として 0.05mol/Lの硫酸を溶液の色が消えるまで摘果したところ15mlを要した。 この溶液にMOを指示薬として加え、溶液が赤色を呈すまで 0.05mol/Lの硫酸を敵かしたところさらに5mlを要した。 もとの混合溶液の水酸化ナトリウムと炭酸ナトリウムの質量を求めよ。 上記の問題について、反応式は… *PP指示薬の元  2NaOH+H2SO4→Na2SO4+2H2O  2Na2CO3+H2SO4→2NaHCO3+Na2SO4 *MO指示薬の元  2NaHCO3+H2SO4→Na2SO4+2H2お+2CO2 かな?と思い、それで解いていたのですが… 硫酸は2価の酸なので、それを考慮しなくては!と考えてみたのですが、 反応式をみると、係数から NaOH:Na2CO3:H2SO4=2:2:1 となるのでは?と思い…ここは考慮しなくてOKなのでしょうか? どこを考慮すべきなのかが、イマイチ分かっていません… できれば上記の問いの解答も含めて教えていただけると有り難いです… 長くなりましたが、よろしくお願いします。

  • 化学の質問です。

    炭酸ナトリウム十水和物 Na2CO3・10H2O の価数は2でしょうか。

  • 酸・塩基反応

    酸の反応として、 強酸(例HCl)+弱酸の塩(CaCO3)→強酸の塩(CaCl2)+弱酸(H2CO3=H2O+CO2) になりますよね。 で、質問なんですが、塩基でも同じことができるのかどうかなんです。 強塩基(例NaOH)+弱塩基でできた塩(MgCO3)→強塩基でできた塩(Na2CO3)+弱塩基(Mg(OH)2)が起こるのでしょうか? 炭酸塩でなくて硫酸塩では、 2NaOH+MgSO4→Na2SO4+Mg(OH)2の反応が起こるのでしょうか?また、この反応はNaOHが塩基、MgSO4が弱酸として働く酸塩基反応(中和反応)と解釈していいのでしょうか? 頭の中でぐちゃぐちゃになってしまい、混乱しています。 よろしくお願いします。

  • 水酸化ナトリウムと炭酸ナトリウムの混合物の中和反応

    水酸化ナトリウムと炭酸ナトリウムの混合物の中和反応について質問です。よろしくお願いいたします。 問題は、 濃度未知の水酸化ナトリウムと炭酸ナトリウムの混合水溶液20.0mlをとり、1.0mol/lの塩酸を滴下すると、第一中和店まで15ml,第二中和店までさらに5ml要した。混合水溶液中の水酸化ナトリウムおよび炭酸ナトリウムの質量を求めよ。です。 回答は、NaOHとNa2CO3の物質量をそれぞれx,ymolとおいて、 x+y=1.0*15/1000 y=1.0*5/1000 と式をたてていました。 ですが、私の方法では、炭酸ナトリウムは2価の酸なので、電離するので、2yとしました。 たとえば、水酸化バリウムと塩酸の中和反応でも立式時水酸化バリウムの価数を考慮して、かける2しますよね。 そこで、質問なのですが、この問題で炭酸ナトリウムが2価であるのに、×2されていないのはどうしてでしょうか? 二段階反応が関係しているからでしょうか? それとも、第一中和店までは、二価ではなく一価の酸として働いているということでしょうか。またもしそうなら、二段階目も一価の酸として働いているとうことでしょうか。 どなたかご存知の方がおられれば、アドバイスをお願いします。不明な点があれば補足させていただきますので、よろしくお願いします。

  • 酸と塩基の中和について

    危険物取扱者試験の勉強をしていますが化学でつまずいています。 【問題】 『80gのNaOHを水に溶かして1Lの水溶液にする。  この溶液10mLを濃度不明の酸で中和したら25mL要した。  この酸の規定度はいくつか。原子量はNa=23、O=16、H=1』 【答え】 『0.8規定』 HaOHの分子量は40なので80gでは2molで濃度は2mol/L、つまり 濃度2mol/Lの1価の塩基HaOHの溶液10mLを25mLの酸で中和することはわかりました。 『塩基の(濃度×価数×体積)=酸の(濃度×価数×体積)』 で解こうとしても酸の濃度と価数がわからないので答えが出てきません。 解き方を教えて下さい。お願いします。

  • 塩と塩の液性(酸・塩基)

    水に溶解させたときの塩の液性 強酸と強塩基からできた塩は中性 弱酸と弱塩基からできた塩は中性 強酸と弱塩基からできた塩は酸性 弱酸と強塩基からできた塩は塩基性 とあったんですが、「塩の液性」とあるのに、塩が塩基性だとか、酸性だとか いうのはどういうことなのかわかりません。 これは液性のことをいってるのではなく、塩の性質のことをいってるので しょうか・・・?? 酸性塩でも液性は塩基性を示すものだってありますし、 混乱しています。 もうひとつ質問ですが、 CH3COONa + HCl → CH3COOH + NaCl 酢酸ナトリウムも塩酸も0.1mol/lずつです。 酢酸が加水分解しないのは、H+がHCl由来のものだからなのでしょうか。 しかし、Na2CO3 + HCl → NaHCO3 + NaCl Na+ + HCO3- + H2O → H2CO3 + OH- Na+がOH-と結合しないのが不思議なんですが・・・ Na+は強塩基由来ではないですよね? 酸塩基は混乱することがいっぱいで意味がわからなくなってきました。

  • 化学の濃度計算の質問です。

    解き方を教えてください。 炭酸ナトリウム1規定濃度を1L作りたい。必要とする炭酸ナトリウム十水和物Na2CO3・10H2Oは何gか? 答えは143です。 計算にH2Oを入れるのか、炭酸ナトリウムは何価の酸なのかが分かりません。 wikiを見ると加水分解の式(?)が載っていますが、どれを使ったらいいのかわかりません。

  • [化学]酸と塩基はなぜ反応するのか。

    高校で習う化学の酸と塩基について。 何時間もわからず悩んでいます。 調べても出てこないので、どなたか説明できる方、教えて下さい 「どうして酸と塩基は反応するのでしょうか?」 ブレンステッドの定義では、酸はH+を与える物質、塩基は受け取る物質となっています。 しかしなぜ酸はH+を与えようとし、塩基は受け取ろうとするのでしょうか? 反応後の方が安定だからですか? ではなぜ安定なのでしょうか?電子配置などと関係があるのでしょうか? わかりにくくてごめんなさい。 例えば、 HCl+NaOH→NaOH+H2O と反応が進むのはなぜ? HClがH+をNaOHに与えるから反応が進むといいます。ですが NaOH+H2O→HCl+NaOH という反応はありません。 どうしてH+絡みのものだと反応するのでしょうか?