• ベストアンサー
  • 困ってます

全波整流回路 電解コンデンサ選定

入力電源AC24V(100Hz)をブリッジダイオードにて全波整流し、電解コンデンサを使用して平滑します。 平滑された電圧の負荷を純抵抗200mAとした場合の 電解コンデンサのリップル電流を算出したいのですが どのように求めれば良いのでしょうか? 使用電解コンデンサは680uF ESR=0.8Ω(100Hz) 手順が逆なんですが実際に回路を組み、電流プローブにて測定したところ ≒270mA(rms) となりましたが、この電流値になる理由を知りたく。 入力電圧及び周波数、負荷、静電容量及びESRの数値から概算値は算出できるものなのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数5121
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

> 早速 シュミレーションし近似値を得る事ができました。 'Simulation'ですから,正しくは「シミュレーション」です. 洒落で書くときは「趣味レーション」ですね. それはともかく,この本の第3章に整流回路シミュレーションが載ってますから,参考にしてください. http://www.cqpub.co.jp/hanbai/books/36/36291.htm 面白いのは,トランスの等価直列抵抗に外部抵抗を直列に入れていくと,リップル電流がグングン減っていきます. まぁ,出力電圧も減りますが.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 全波整流の電圧計算について

    交流電圧(正弦波)をダイオードブリッジで全波整流にして、その出力に下記を接続した時の電圧(Vout)の計算方法について教えて下さい。 (エクセルでグラフ化してみようと思っています) ダイオードブリッジは4つのダイオードから生成され、順電圧Vfは電流にかかわらず1V一定とし、逆電流はないものとします。 (1)抵抗負荷(1KΩ)のみ接続の場合 (2)平滑コンデンサ(10uF)と抵抗負荷(1KΩ)を接続した場合 (3)平滑コンデンサ(10uF)と定電流負荷(12mA一定)を接続した場合 (4)平滑コンデンサ(10uF)と定電力負荷(144mW一定)を接続した場合 ●入力電圧(V)の計算式は下記でやっています。 rag=(経過時間/((1/入力周波数)/2))×3.14 入力電圧(V)=(交流電圧×√2×SIN(rag) 上記(1)に関しては入力電圧(V)のマイナス側に触れている箇所をプラス側にするだけでしょうか? 上記(2)の抵抗負荷に関しては、入力電圧(V)下降時は下記時定数の計算式にて計算できると思うのですが・・・ Vout=入力電圧×(1-exp(-経過時間/CR)) (入力電圧(V)上昇時は全波整流後の入力電圧(V)とイコールの電圧になる?) 上記(3)(4)に関しては時定数の計算式のRの箇所をオームの法則等で置き換えるだけで良いのでしょうか? 上記に挙げていないもの(たとえばコンデンサの漏れ電流成分等)は無視します。 エクセルでグラフ化したいので、出来れば計算式で表せるようにしたいと思っています。 ご回答頂くときに交流電圧の値が必要な場合は、AC100V/50Hzで御願いします。 ダイオードブリッジのVf分がどのように影響するのか、抵抗負荷、定電流負荷、定電力負荷では計算式がどのように違ってくるのかを教えて頂きたいです。 以上、よろしく御願いします。

  • 半波、全波整流回路の電圧波形について教えてください!!

    大学で苦手な電磁気のレポートが出てまして、、、ご教授お願いします!!   半波、全波整流回路中の平滑コンデンサーの容量を大きくしたときに、電圧波形のリップルが、コンデンサー容量が大きいほど小さくなったんです。理由がよくわからないので教えてくださいませんか!?!?コンデンサーのどういった作用でこうなったのか知りたいです。 何を書いたらいいか分からず、不十分なご質問だとおもいますが、どうか教えてください!!

  • サイリスタによる整流回路

    サイリスタ整流回路の負荷特性の実験をして、その測定値から”効率”を計算しているところなのですが、その算出方法がわかりません。測定したものは入力電流、入力電圧、入力電力、力率、出力電圧、負荷電流です。この測定値からどうやって効率を算出すればいいのですか?

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

周波数が低くて電解コンデンサのリアクタンスが大きいため,ESRは不要です. 最も知りたいのは,整流回路から見たトランスの等価直列抵抗です. 入力電圧も無負荷時の電圧が必要です(小型トランスなら定格電圧の10~15%増しになってます). 負荷時の電圧は等価直列抵抗と負荷から計算できますから. 非線形回路のため代数計算はできず,ここのSection 8のO. H. Schadeのグラフから図式計算します. http://www.onsemi.com/pub_link/Collateral/HB206-D.PDF 今は,無料のSPICEシミュレータが入手できますから,自分でシミュレーションしたほうがわかりやすいでしょう.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

御回答ありがとうございます。 早速 シュミレーションし近似値を得る事ができました。 今後も使用していこうと思います。 大変助かりました。

関連するQ&A

  • 電解コンデンサのリップル電流は何を示しているの?

    電解コンデンサを充放電させるおもちゃを考えているのですが、例えば充電状態で端子を短絡すると内部インピーダンスでの電流が流れます。この電流は非常に大きなものになりコンデンサの仕様にあるリップル電流をはるかに超えてしまいます。出力電流がリップル電流を超える使い方は不可なのでしょうか?リップル電流の意味を教えてください。また、ESRという抵抗値が示されていますが120Hzと20kHzの2種類で示されています。抵抗は周波数とは無関係ではないのでしょうか?対象者が素人なのでそれに合わせたやさしい解説をしていただければ幸いです。

  • 整流器の点検について

    整流器の点検について このカテゴリーでの質問でよいのか迷いましたが、他によさそうなカテゴリーが見当たりませんでし たので、ここで質問させて頂きます。 整流器の点検項目にリップル電圧の測定は必要であると思いますが、リップル電流の測定は 必要でしょうか? 平滑コンデンサのリップル電流の測定には、手間が掛かりますが、その手間を掛けても必要 な理由があれば測定する以外にないのですが、できれば省略をしたいと考えています。 省略してもよい理由があれば、ご教示願います。 平滑コンデンサの温度測定程度であれば、容易なため、実施することに問題はありません。 また、平滑コンデンサの容量が抜けてきた場合に、平滑コンデンサの温度は上がる方向でしょうか、 下がる方向でしょうか?

  • 単相全波整流によるDCモーターの駆動について

    先日、AC100Vの全波整流(平滑回路は設けていません。)により 300W程度のブラシ付きDCモーターを駆動したところ、 モーターに掛かる負荷の増加に伴い、モーター端子間電圧の減少が見られました。 (テスターの計測で120V→90V程度の変化です。) この電圧低下要因としては、なにが考えられるでしょうか?

  • ブリッジダイオード型の整流回路

    一般的な全波整流回路(4つのダイオードの組み合わせ)において、 正の電圧であれば、負荷(出力)でも正の電圧が現れるのは解ります。 ところで、なぜ負の電圧を入力しても、正の電圧が負荷(出力)に現れるのでしょうか。 入力される負の電圧が、出力側の負荷に対してA側から(正の電圧が入力するA側)から流れるのは理解できるのですが、なぜ電圧値が負から正に変換できるのかがわかりません。 よろしくお願いします。

  • 平滑回路について

     チョークコイル型の平滑回路の利点・どんな時に使用するのが適しているかについてお聞きしたいです。  コンデンサ型では、負荷電流が増加するにつれて、負荷電圧は減少していき、リプル率は増加していくと思うので、低電流の時に使用するのが最も適していると考えて良いと思います。  コイルだけの平滑回路では、負荷電流の波形は平滑することが出来ますが、負荷電圧に関しては脈動分から見て、平滑出来ていないことになりますよね?また、負荷電流が増加するにつれて、負荷電圧は理論上では一定で、リプル率が減少していく事と思います。  電流だけ平滑して、何か利点があるのでしょうか?どんな時に使用するのが適しているのでしょうか?  ご回答お願い致します。

  • 電解コンデンサーのリップル電流について

    インバータ電源の整流ブリッジ直後につけてある電解コンデンサーについてですが、現在使用している電解コンデンサーは高リップル対応品で220μF/200V 105℃の物です。またリップル電流の定格は2364mArmsです。 実際に電流プローブを使用してリップル電流を測定しましたら、1500mArmsなので定格には十分に入っています。 ただ電流波形はピーク値8A、幅1mSのスパイク状です(間隔は約16ms)。ピーク値が大きくても、実行値が定格内に入っていれば問題ないかお教え下さい。 あと温度上昇ですが、電解コンデンサーのケースの温度は約Δ20℃上がります。20℃ほどの温度上昇は特に心配しなくても良い程度でしょうか?(使用する環境温度は40℃ほどです。) どなたかご経験のある方のご意見を頂ければ幸いです。

  • ストロボフラッシュ用電解コンデンサについて

    表記、Rubyconの、FKシリーズ、360V、1250uF という電解コンデンサを結構な数量もっています。これを200V強のトランスをブリッジ整流する電源の平滑回路に使いたいと考えていました。 しかし、Rubyconのホームページを見ましたら、ストロボフラッシュ用のメインコンデンサ以外の用途には使うな と記載がありました。これは、平滑回路に使うとまずいものなのでしょうか?  チョークコイルを挟んで、整流器直後と、チョークの出力側 の2か所にこのコンデンサを使いたいと考えていますが、チョークの出力側だと良いのではないかなどと勝手に考えています。整流器直後にも使えると良いのですが、リプルの関係など、まずいものなのでしょうか? ドカンといくと怖いです。 お詳しい方、お分かりの方、よろしくお願いします。

  • 電源回路

    三端子レギュレータ(7805)を用い電源回路の製作に取り組むところです。 サイトや書物等で調べたところ 三端子レギュレータの入力側と出力側のどちらにも セラミックコンデンサと電解コンデンサが使用されている例が多いのがわかりました。 ・セラミックコンデンサについては発振防止用に0.1uF程度が必要。 ・入力側の電解コンデンサについては平滑用に。 ・出力側の電解コンデンサ47uFを使用。 この辺りまでは調べる事が出来たのですが ・入力側の平滑用の電解コンデンサの値の求め方。 ・出力側の電解コンデンサの役割、何故47uFなのか。 が解らず困っています。 調べれば全てわかるのかも知れませんが、私の能力ではなかなか先へ進めなかった為質問させていただく事にしました。 記載した内容でも間違っている点がありましたら、ご指摘頂けると幸いです。 ご回答どうぞよろしくお願いします。

  • 全波整流回路について

    大学で全波整流回路を習っています。 その回路図で不明な点があるので教えてください。 http://www.mizunaga.jp/rectify.html の(3)ブリッジ整流回路 の回路図と全く一緒な回路を作成しております。 動作原理等は大体理解できたのですが、 左側にあるトランスは、低周波発信機を用いて実験する場合は不要なのでしょうか? 全波整流のどの回路図を見てもトランスの記号は入っているので・・・ よろしくお願いいたします。

  • リプル率と電圧変動率

    (1)全波整流回路でリプル率を小さくするにゎどのような方法がありますか? (2)全波整流平滑回路で電圧変動率を小さくするにゎどのような方法がありますか?