-PR-
解決済み

販売されてる「水」について

  • 暇なときにでも
  • 質問No.52361
  • 閲覧数67
  • ありがとう数3
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 18% (10/53)

販売されている水は賞味期限が2年ぐらいとなっています。
しかし、水道水などを冷蔵庫にいれておいても、ある程度の日数で
腐り始めると聞いたことがあります。
ということは、販売されてる水には保存料などが入っているということでしょうか
教えてください。
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3
レベル5

ベストアンサー率 50% (2/4)

販売されている水は、お気づきだと思いますが、
「清涼飲料水」と表示されていると思います。
容器包装されて販売されている水は、いわゆるジュースと同じ扱いになります。

水道水は、すべて塩素で滅菌されています。
蛇口から出る時に、この塩素(カルキ臭の素)が残留していないと、違反になります。
この塩素が入っていることによって、水道水には、細菌がいないのです。
残念ながら、この塩素は、沸騰させたり、長時間保存しておくと効果がなくなってしまいます。
ですから、水道水を無菌的に容器に詰めてから保存しておかないと、いくら冷蔵庫にいれておいても、細菌が増殖してしまいます。(=腐る)

販売されている水は、法律で決められた方法で製造されています。主に熱、紫外線等によって滅菌されていて、ほぼ無菌状態で販売されているので、腐らないのです。ただ、開封してしまえば、ダメですけどね。

また、保存料が使用出来無い訳ではありませんが、使用した場合は必ず原材料表示に「保存料」と書かなければならないので、わかると思います。

以上は水道法、食品衛生法からです。
関連するQ&A
-PR-
-PR-

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.1
レベル13

ベストアンサー率 30% (565/1854)

保存料ではなくて、殺菌の問題ではないでしょうか? 水道水をそのまま冷蔵庫に入れるのでは、 水道管を通って来る間や、蛇口から出る時、 容器に付着している分など、多少の雑菌がいると思います。 市販の水だと、ボトルに詰めた後で、高温殺菌をしたり、 あるいは、隙間に入っているのも、普通の空気ではなく、 例えば、窒素だとか、酸化を防ぐガスになっているのかも知れません。
保存料ではなくて、殺菌の問題ではないでしょうか?
水道水をそのまま冷蔵庫に入れるのでは、
水道管を通って来る間や、蛇口から出る時、
容器に付着している分など、多少の雑菌がいると思います。
市販の水だと、ボトルに詰めた後で、高温殺菌をしたり、
あるいは、隙間に入っているのも、普通の空気ではなく、
例えば、窒素だとか、酸化を防ぐガスになっているのかも知れません。


  • 回答No.2

非常用の保存水を見ると、それぞれ下記のように特徴があり、保存料は使わずに、加工しています。 1.この商品は、防災・避難用品として売り出されています。どうして5年も保存できるかというと、微生物の混入、細菌類・有機物などの不純物の含有量が少なく、活性化された腐りにくい自然水で、ペットボトルも厚手のものを使用しているんだそうです。 2.地下水を逆浸透膜方式の浄水システムで限りなく純水に近づけたきれい ...続きを読む
非常用の保存水を見ると、それぞれ下記のように特徴があり、保存料は使わずに、加工しています。

1.この商品は、防災・避難用品として売り出されています。どうして5年も保存できるかというと、微生物の混入、細菌類・有機物などの不純物の含有量が少なく、活性化された腐りにくい自然水で、ペットボトルも厚手のものを使用しているんだそうです。

2.地下水を逆浸透膜方式の浄水システムで限りなく純水に近づけたきれいで安全な長期保存水です。

3.北上山地の地表下600mに湧く自然鉱泉水を加熱処理することにより、5年間の保存を可能にしました。弱アルカリ性で分子集団が極めて小さいため、まろやかで生態組織内への浸透力が高い「美味しくて、身体に良い水です」。
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
同じ症状や状況になったことある!あなたの知っていることを教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


新大学生・新社会人のパソコンの悩みを解決!

いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ