• 締切
  • 暇なときにでも

鋼管の溶接

  • 質問No.52154
  • 閲覧数932
  • ありがとう数7
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0
鋼管を溶接した場合、溶接した箇所は強くなるのでしょうか、それとも弱くなるのでしょうか。教えてください。

回答 (全3件)

  • 回答No.3

ベストアンサー率 58% (125/215)

溶接方法によります。
簡単に言うと・・・
「溶け込み溶接」は強くなる。
「隅肉溶接」は弱くなる。
と思っていれば良いと思います。
お礼コメント
noname#236709
大変たすかりました有難うございます
投稿日時:2001/03/16 20:08
  • 回答No.2

ベストアンサー率 20% (7/35)

溶接の仕方に、大きく左右されることだと思います。

もしも下手な溶接をしてしまうと、そこからの欠陥が、後々考えられますよね。

溶接するということは、一部分に高い温度を与えることと同じなので、
鋼管にとっては部分的な焼入れ焼き戻しが行われることになります。
なので、そこの部分だけ、他の部分よりも硬化することが考えられます。
でも、これを強くなると言ってもいいのかな??
硬くなることは、一般的に脆くなることなので、一概に強いとは言えないような気がします。

作業は、気をつけて行ってくださいね。では。
お礼コメント
noname#236709
大変たすかりました有難うございます
投稿日時:2001/03/16 20:12
  • 回答No.1

ベストアンサー率 22% (214/970)

一般的に溶接した所は強くなります。
しかしながら、電気溶接等でビードが均一でない場合、鋼管の収縮によりビードの淵に亀裂が入る場合があります。
そのため、ガス鋼管等は、アイソトープによる非破壊検査を行い、品質を検査しています。
お礼コメント
noname#236709
大変たすかりました有難うございます
投稿日時:2001/03/16 20:13
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ