• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

彼氏をふったけれど・・・

  • 質問No.5201134
  • 閲覧数139
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 25% (1/4)

初めて投稿させて頂きます。彼とは約2年間付き合いましたが、先日私の方から別れました。
別れた原因は彼を信用できなかった事と、彼が毎週末イベント(DJをしています)なのでそれに合わせるのに疲れたのと、価値観の違いでした。
でも別れたけれど嫌いになって別れたわけではないし、自分の相手に対する理解がなかったせいなので後悔しそうな気がしてモヤモヤしています。
彼は忙しいけど私に心配をかけないようにイベント帰りの朝にもメールくれていたし、浮気はなかったようです。すごく大切にしてくれました。
でもクラブは出会いの場でもあるし不安な環境なので信用してあげられませんでした。

あとずっとひっかかっていた事ですが、彼の周りには悪い人が多く、彼の家に遊びに来た友達が薬をやっていて、その残骸を部屋に残していきました。
私はそれを見つけて問い詰めたら「オレはやってない。連れが持ってきてやった。外で捕まるのならオレの家でやればいい」と言っていました。
私は薬物とかに関わるような人と繋がりたくないのでこの時別れようかと思ったのですが、この時はまだ好きな感情の方が大きかったので別れませんでした。彼はもうこんな事はしないと謝ってくれました。
でも未だにずっとひっかかっています。

あと全体的にだらしのない所にイライラして、この人と一緒に住めば100%別れるだろうなとも思います。

彼の方は、元々別れたいとは思っていなかったので戻れるなら戻りたいけど、俺の事を信用できないのなら無理。
今はDJ業に夢中なので当分彼女はいらないと言っていました。

私はまだ未練が少し残っているのですが、もうきっぱり忘れた方がいいのでしょうか?

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 44% (15/34)

忘れなよ。
良いところと悪いところ、両面を見た上で、「一緒に暮らせない」って感じたなら、その先はないもん。
彼氏も「DJに夢中」なわけで、あなたのことを第一とは考えてくれてないわけでしょ。

大きなトラブルが発生したとき、「DJを辞めてあなたを支えてくれる人」の方が、あなたとしても安心できるだろうし、信頼関係を築けないと愛情は育たないでしょ?

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.4

ベストアンサー率 3% (4/114)

あなたのこの書き込みから麻薬取締官が動いて、彼や彼の友人が連行されるでしょう。
  • 回答No.3

ベストアンサー率 16% (31/183)

あなたの決断に狂いは無かったと思います。

彼の生活環境、仕事(DJ)、素行の悪い友人関係と、それを許している
彼氏。
すべてにおいて、嫌になって、別れたんですよね。

後悔も、未練もすべて断ち切って下さい。
自分の嫌だと思ったその思いを忘れないでください。
  • 回答No.1

ベストアンサー率 41% (194/473)

危なっかしい彼ですね。
類は類を呼ぶっていいますが 
付き合い続けていたら やがてあなたもそのように染まっていったのかもしれません。
別れて正解でしょう。
彼女は要らないって言い 追いかけようともしなかったんでしょう?
彼にとってあなたは必要とされていないということです。
きっぱり忘れて 次の恋を探しましょう。
未練が残ってるからといって 
元に戻るということは彼の行動を認めてしまうということになります。
決して連絡取れないように携帯から彼に関係する情報は削除しましょう。
今 今すぐにです。 きっと彼より素敵な男性とめぐり合えますよ。
お礼コメント
ruporupo

お礼率 25% (1/4)

ありがとうございます。
やはり類は類を呼ぶですよね。彼が暴力を男性に対して振るったのも3回くらい見てきました。(上下関係に人一倍うるさい人で、気に入らない事があったみたいです)
大人の自覚がないですよね。
以前に私から別れ話を切り出して、次の日には元通りっていうのが何回かありました。今回は彼も「俺と付き合う事でしんどい思いするのなら仕方ないな」と言ってきて別れた感じです。
投稿日時:2009/08/12 15:27
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ