• 締切済み
  • すぐに回答を!

損害賠償の訴訟への対応

私は店頭と通信販売で商売をしております。 先日 通信販売で商品を発送しましたところ発送先を誤ってお客様の職場に発送してしまいました。 その結果 下記のようなメールが お客様から来てしまいました。 【職場を私的に利用したとして解雇になりましたので御社に対して損害賠償の訴訟を行います。】 弊社の発送ミスの結果 このような状況となってしまいましたが このような場合 弊社の対応は どのようにしたら最善でしょうか? また もし嘘だった場合 逆に詐欺または脅迫などで訴訟を起こした場合 こちらは有利でしょうか? お手数ですがアドバイスいただけましたら幸いです。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数64
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.3
  • jess8255
  • ベストアンサー率45% (1084/2359)

会社経営者です。 通信販売の商品が誤って職場に送られたことを会社に知られたとしても、そんなことが解雇の理由になることはあり得ません。やったとしたら、会社側の解雇権の乱用ですし、当然違法です。 こんな訳ですからあり得ない事情ですが、推測するに悪意の客、クレーマーに嵌められたのではありませんか? あなたに配送先について意図的に錯誤を起こさせ、それをネタに金を取ろうとしているのかも知れません。通信販売では時折り起こる事例です。もしそうでないにしても、迂闊に相手の法外な要求を呑んではいけません。 商品はすでに届いているのですから、これ以上あなたから行動を起こさない方がいいでしょう。商道徳として、配送先を誤ったことが事実ならその事のみお詫びする。しかし、相手にそれ以上余計なコミットメントを与えることのない様にしましょう。 事柄の謝罪以外は静観をすることですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 損害賠償の訴訟への対応

    私は店頭と通信販売で商売をしております。 先日 通信販売で商品を発送しましたところ発送先を誤ってお客様の職場に発送してしまいました。 その結果 下記のようなメールが お客様から来てしまいました。 【職場を私的に利用したとして解雇になりましたので御社に対して損害賠償の訴訟を行います。】 弊社の発送ミスの結果 このような状況となってしまいましたが このような場合 弊社の対応は どのようにしたら最善でしょうか? また もし嘘だった場合 逆に詐欺または脅迫などで訴訟を起こした場合 こちらは有利でしょうか? お手数ですがアドバイスいただけましたら幸いです。

  • 損害賠償につきまして。

    2008年9月にある者より(以下Aと称します)時計を業者価格で卸すので取引してほしいという申込があり、何の疑いも無く申込を受けました。 Aの言う価格で仕入れることができると信じ、さっそくホームページ上で販売を行いました。 一般的な市価より安価なため、予想以上の注文が入りました。 その注文の発送をAに依頼しましたが、数日すると「商品が届かない」という問い合わせが殺到するようになり、不思議に思い、Aに状況を問い合わせると、「出荷した商品が紛失した」との返答がありました。 当店は、Aに対して当方の商品を販売しており、決済はお互いに相殺するとの約束でしたが、あいまいな態度に一喝しましたところ、「契約書を交わしていないから送らない」と態度を変え、結果的に商品は騙し取られ、総額約450万円の債務不履行よる大きな損失を出すはめになってしました。 どうしても泣き寝入りはしたくありませんが、小額裁判では60万円しか損害賠償請求ができません。 民法709条に基づいた、債務不履行による損害賠償および失墜した信用回復の慰謝料の請求訴訟を起こしたいと考えはいるものの、法廷代理人を依頼した場合、かなりの着手金が必要になります。 前置きが長くなってしまいましたが、このような訴状を私一人が提訴することはできるものなのでしょうか。 ご指導いただけましたら幸いでございます。

  • 落札者から損害賠償!!

    はじめまして! こんばんは★私と友人A子は ネット販売(オークション)の 仕事をしています! 楽でオークションで匿名取引です! 私が出品したものに 落札者が表れ、金額は13万 でした!! 高く値がついたと思えばA子による 吊り上げ入札が関係していました! 過去の履歴を調べた落札者は あなたは誰かと組んで吊り上げ している!と、でも 入金もあり、発送も おわってます!落札者は返金希望 しており、しないなら損害賠償だの 弁護士つけるだの、あなたの居場所 突き止めます、あなただけでなく ショップや会社、吊り上げの人も! あなたが悪いのですよ!あなたに騙されました!精神的苦痛を味わった などかなり多い文章で脅迫じみた 文章をおくってきます! こちらからしたら返金すれば 解決なのかもしれませんが 入金されたお金は社長もとに 入るため引き出しが不可です! ブラックにしてしまう手もありますが 評価で色々書かれても困りますし 本当に匿名取引できてるのかも 不安なので会社に負担かけられません!! 相手は○○弁護士?など名前も使って きますし、あなたみたいな可哀想な 人は、、神は罪を許しません なんちゃら~と長々続き 最後には損害賠償!と何通もきます(°_°) どうしたらいいでしょうか? 本当に罪に問われますか? またこちらの対応はA(吊り上げた人) と直接連絡とりましたが吊り上げでは なく購入意思があり入札されました ブラックリストにしたので 今後大丈夫ですと謝りもいれましたが 怒りが収まらないようで鬼メールが きます(°_°) もちろんA子は今後、吊り上げなど しないと深く反省してます!

  • 回答No.2

こんにちわ。 >発送先を誤ってお客様の職場 とのことですが、なぜ?職場の住所を、あなたは知っているのでしょうか? 通常ですと、オーダーフォームなどに記載があったからですよね? ひょっとして、自宅と職場の2つの住所があり、どちらかに送るという意味でしょうか? いずれにせよ、解雇との関連性は薄い気がします。 だからと言って、相手の正体?などが不明の為、 下手にこちらからはあまり仕掛けない方がいいと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

>職場を私的に利用したとして解雇 この程度で解雇されるなんて考えられない。 よって提訴されるまで静観、提訴されたら弁護士に依頼がベストです。 詐欺、脅迫なら警察へ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 自転車の整備不良での怪我、損害賠償について

    数日前に、某大型自転車販売店にて自転車のタイヤチューブを新品に交換して貰いましたが、数キロ走ったところでものすごい音でタイヤがバーストしました。 その影響で、私は転倒をして怪我(軽い打撲程度)をしました。 タイヤは無傷でクギが刺さった後はなく、チューブが5cm避けていました。 おそらく取り付けが甘く、チューブがタイヤに挟まったのだと思われます。 数日前にも同じお店でチューブを交換して貰いましたが、そのときも同じように少し走っただけでバーストしました。 お店の担当者は、またバーストしたときには無料で直しますのでと言っていました。 (取り付けたチューブはブランドのしっかりしたものです。) しかし、再度バーストが起きてしまいました。 事故の件は、お店には言っていませんが、バーストしたことは伝え、無料でまた直します。(3度目)とのことでした。 お店に対して、損害賠償請求をするのは行き過ぎでしょうか。 今は、自転車販売店に対して損害賠償請求を考えていますが、いくつかお聞きしたいことがあります。 1.小さな怪我なので、賠償額が少ないと思われるので弁護士を通さず、本人訴訟になってしまうと思いますが、賠償額はいくらにするのが妥当でしょうか。 2.整備不良が原因での事故だということを立証するには、どうするのが最善策でしょうか。 3.訴訟の前に、販売店のお問い合わせ窓口(責任者に取り次いで貰い)に今回起きたことを報告するべきでしょうか。 4.怪我の証明、事故が起きた証明はどうすればよいですか。こういうときは救急車を呼ぶべきですか?自転車での単独事故でも警察に事故を届けるべきですか?教えてください。 法律に詳しい方、経験者の方のご意見、ご回答お待ちしております。

  • 損害賠償請求について

    商品を生産する為に業者と商品売買取引契約を交わしました。 商品生産の前に依頼した商品のサンプルを確認して多少の細かい部分訂正はありましたが、全体的に問題なかったので生産に入りました。 サンプル作製代金+量産にかかる費用の2割を量産前にお支払いしています。 商品の納期は2週間~3週間という事でしたが少し遅れて量産が終わりました。 商品を当方に発送して頂く前に量産にかかる費用の3割をお支払いしています。 現時点までで5割の作製料金を納付しています。 サンプルに問題なく細かい部分の訂正のみだった為、納期の少し前から余裕を持ってお客様(販売先)から予約を受け付け商品の入荷間近に商品代+配送料を入金を全て確認しています。 商品入荷までお客様(販売先)にはお待ち頂いていました。 納期ぎりぎりに商品が届き包装前に検品、確認したところサンプルにはなかった不要な部品が付いていたり、ネームタグも表裏に縫い付けられ、訂正箇所も修正されていませんでした。 午前中から業者に連絡しても未だ連絡が取れずメールの返信もありません。 契約書の内容には ■乙は作製サンプルと商品との違いが見受かられる時は、速やかに甲に伝える義務がある。 ■甲は乙よりサンプルと商品の違いを指摘された場合は速やかに再度の作製を行う義務がある ■但、サンプルと商品の違いが微細で乙の許容範囲の時は甲乙双方の話し合いにて商品代金の値引き等にて対応する場合もある 上記の様な文章が色々あります。 商品は既に全てご予約、お支払いが済み完売している状態です。 指示した内容と異なり、ミスもあるので生産し直す時間(海外の工場なので)をお客様に待ってもらう事は出来ないと思います。 正直、今更作り直してもらっても商品が無駄になり意味がありません。 お客様(エンドユーザー)からお支払い頂いていた商品代金はもちろんご返金します。 今回の商品作製にかかった費用、包装などに必要な雑貨の費用、販売が決まっていた売り上げ等はどうなってしまうんでしょうか? 返金や売り上げの填補がなければこのまま過ごしていけません。 依頼当初から少し上目線であー言えばこう言うといった感じで業者がまともに損害補償などに対応をしてくれるとは思えません.. 裁判をした場合負けてしまいますか?又、損害賠償出来るとすればいくらが妥当でしょうか。 法律に詳しい方、同じ様な経験をした方お力をお貸し下さい。 宜しくお願い致します。

  • 会社から損害賠償を請求されそうです

    はじめまして。 今月、私の不注意(お客様への連絡を怠っていた)で会社の評判を下げてしまいました。 その騒動の後、受注もなくなってしまい、会社は5000万の損失と社長が言っていました。 社長は、会社は従業員に対して損害賠償を請求できると言っていて、私に対して1250万の請求をすると伝えてきました。 しかしその伝え方もほとんど脅しのようなもので、 お前が連絡怠ったから会社が潰れそうになってる。お前の親にでも頼んで金貸してもらってそれで払えよ、それかお前の実家を差し押さえる。お前の人生こっちは知ったこっちゃねえんだよ。 それか、今月20万、来月から4月まで200万ずつノルマ達成したら目つぶってやる。 と言われました。 達成出来ないって分かってそんな事を社長は言い、会社に残ってノルマ達成するか、懲戒解雇して損害賠償請求するかの二択を迫られました。 しかし、受注を受けたのにもかかわらず、社長は殆ど作業をせず、作業が進んでないのにもかかわらず受注を入れようとしてます。 私が勤めてる会社は株式会社ですが、社会保険・年金等の制度がありません。(これは違法だと思うのですが…) しかも会社の資金繰りが悪化すると親族から大金を借りてそのお金すらも吹き飛ばしてしまうという会社です。社長がパチンコで勝った金で従業員に給料を払ったりとか、とにかく酷い会社です。 今日の仕事中に、かなり勇気を出して、会社をやめたいと伝えたところ、 お前のその言葉、他の従業員が聞いたらお前の事ボコボコにすると思うぜ。むしろ殺すんじゃね?俺はそうなっても知らないぜ。 辞めるならお前を訴えてボコボコにしてやる。 って言われたんですよ。 もし裁判で負けて多額の請求をされることを思うと、このまま会社に居続けて、無理なノルマを達成するしかないのかなと考えてしまい、続けますと答えてしまいました。 そしたら社長が、 じゃあ何かあったときの為に誓約書作っとけ。お前がハンコまで押したらあとはヤーサンに預けとくわ。お前が破らなきゃいいだけの話だから別にヤーサンに預けてもいいよな。 と。ここで断ったら何をされるかと恐怖で、それに対しても、はい、と答えてしまいました。 まとまりのない文章でしたが、会社に対して損害賠償しなければならないのでしょうか。 それと、社長のやってることは脅迫になるのでしょうか。 ご回答よろしくお願いします。

  • 訴訟を起こされるべきでしょうか。

    お世話になっております。 中小企業の経営者です。 現在、財務的に厳しい状況の中、クライアントより損害賠償のお話しが上がっています。 クライアントはホームページ制作会社です。 弊社もホームページ制作会社です。 いわゆる下請けの立ち居地で業務委託契約は締結していまして、 業務内でクライアントが損害賠償をこうむった場合は弊社が支払うと記載されています。 今回の事件ですが、 エンドユーザーのお客様が納品の長期遅延により発注を取り消しにされたいとのことです。 打合せ日より約87日経過していまして、弊社の社員の遅延により物理的に14日の遅延が生じました。その遅延に対しての責任を負えとの連絡です。 ただし、弊社はホームページの制作に関しお客様が契約をキャンセルできることを知りませんでした。紙面でも口頭でも一度も説明を受けていませんでした。 今後の方向としては、 示談金、訴訟を受け被告人となる、その他bestな対策を検討しています。 良きアドバイスをいただけませんでしょうか。 何卒、よろしくお願い致します。

  • 企業から元社員への損害賠償請求について

    質問させていただきます。 神奈川県在住だった女性が、福岡の会社に誘われ、就職後、約2週間で自己都合退職しました。 (1ヶ月間の試用期間中でした) その後、会社から顧問弁護士事務所を通して損害賠償請求を受けています。 損害賠償請求の内容は、 (1)就業前経費 : 82,317円 (2)電話工事・什器備品費 : 676,000円 (3)書籍・ソフトウェア費 : 187,830円 (4)社宅解約費用 : 291,060円 (5)名刺費用 : 1,990円 (6)海外出張費用 : 62,658円 (7)弁護士費用 : 130,000円 以上、 計 1,431,855円 です。 【前提】 ・女性は九州の出身で、会社の社長(A氏とします)とは元々面識がありました。 ・女性は過去にA氏が福岡で起業する際、仕事を手伝ったことがあります。 事の経緯は、 ・2011年3月頃、A氏より、「業務拡大に伴う人員拡充要請」という理由で、過去に仕事を手伝ってもらった経緯のある女性に対して誘いのメールが届く →女性は現在の居住地や東京で従事していた仕事等、諸事情を鑑み断る ※誘いと断りのやりとりは数回ありました ・2011年3月11日の震災後、再度「原発が危ない。東京にいてはもう命はない、福岡にきたほうがよい」というような内容で再度誘いのメールがあり、少し動揺してしまった女性は、A氏が東京に来るので会うということになった。東京は危ない、ということと、社内で相応のポジションを約束する、また社宅も用意する、という話で説得される。 ・女性は一旦入社の意向をA氏に伝える。女性は東京での仕事が多忙であったため、入社は仕事が落ちつく2011年5月以降ということになった。 ・女性は仕事が落ち着いた2011年5月中ごろ、福岡行きを再検討。原発問題で動揺していた中で福岡行きを一旦決めてしまったが、落ち着いて考えた結果、やはり神奈川での生活と東京での仕事を継続したいと思い、福岡に出向き、丁重に辞退の旨伝えたが、「逃げたければ逃げればいい」といったような脅迫じみた言葉をかけられ、結局断れずに一旦神奈川に戻った後、6月より勤務開始の運びとなる。 ・入社後、すぐに海外出張となった。帰国後、入社から1週間少し経過した時点で、環境の不一致という理由(一身上の理由)により退職の申し出をする。 ・退職の申し出をした日はその場で帰宅させられた。 ・退職依願の翌日、体調不良のため会社に連絡の上休養しているところ、A氏より以下のような内容のメールが届く -----メール内容要約------------------------------------------ ・女性を解雇処分にする ・解雇処分にされた人間は経歴に傷がつくので社会的信用を失う ・以下の名目で損害賠償請求する ●採用時にかかった渡航費・人件費等 ●社宅契約時にかかった諸費用・人件費・敷金・家賃等 ●不当な契約解除に対する当社への慰謝 訴訟を起こされると名前が公になる、また、請求は保証人である (女性)の両親に対しても行う -----メール内容要約------------------------------------------ ・女性は弁護士、並びに司法書士に相談の上、退職は本人の自由であり、A氏が提示したような損害賠償請求を受けることはない、また、メール内容が支離滅裂(女性の両親は保証人になどなっていない)で脅迫的であるのでとりあわないように、との助言をうけ、(1)解雇処分は受けること、(2)損害賠償の請求には応じかねる旨をメールで返信する。 ・その後、A氏より顧問税理士事務所に呼び出され、税理士立会いの下、女性が退職依願した日付をもっての「自己都合退職」ということで、退職を認める、と言われた(この時点でA氏は「解雇」が法的にできないということに気づく)。 ・その後女性は神奈川県に戻り生活をはじめたが、約3週間経過後、弁護士事務所を通して上記の損害賠償請求を受け取った。 以上が経緯概要です。 女性は法律云々ではなく、人間として、社宅の費用などにかかった費用は支払ってもよいと考えたこともあるようですが、度重なるA氏よりの脅迫じみた言動により、弁護士、司法書士に相談の結果、損害賠償請求の支払い義務はないと聞いているので取り合わないつもりのようです。 ただ、相談を受けてきた私としても、女性にも一旦は入社の意向を伝えたという落ち度があるのは重々承知ですが、入社前から退職後に至る現在まで精神的苦痛を受けている現状に納得のいかない思いです。 個人的には、女性と同じく、社宅費用は、心情的には仕方ないと思います(女性の親御さんもそのように言っておられるようでう)が、その他の経費について損害賠償請求というのは脅迫じみていると思います。 什器費などと書いていますが、PCや事務机・椅子など、女性いわく既存のもだったということです。 私としては、相手のやりたい放題にさせず、この後、何かアクションを起こしたほうがいいのか、と思っています。 知識豊富な皆様のご意見をいただけると幸いです。 よろしくお願いします。

  • お客様への手紙に会社地図を入れる・・?

    こじんまりとした通信販売の会社を営んでおります。当然にして商品の販売は郵送を通じて行っております。ご注文を受けたお客様には感謝状を送るようにしております。この度、この感謝状に「弊社の略式地図」を同封しようと考えております。直接、来店されるお客様はいませんし、皆さん弊社の住所はご存知なので「なんの意味ももたない」とは思うのですが、お客様に「あ・・このあたりで営業しているのね?」といった具合に弊社を身近に感じていただけるのではないか?、そして場所的なイメージが沸いたほうが、多少弊社に対する信用を強くお持ち頂けるのではないか?と思い、そのようなことを考えております。もちろん本当に大切なことは別なところにあるとは思うのですが、上記案についていかがでしょうか?

  • 黒子のバスケ脅迫事件…損害賠償額はいかほど???

    ウィキペディアから諸々拾ってみました。 イベントの中止など、もし犯人が例の大阪の派遣社員の大人単独犯だとしたら、この男にはいかほどの損害賠償が請求されますでしょうか? 2012年 1.スタジオYOUによる同人誌イベント(大阪、福岡、東京、名古屋それぞれすべての会場で中止) 2.幕張メッセで行われた『ジャンプフェスタ2013』での、『黒子のバスケ』関連のステージ・イベント・展示・商品販売の中止 3.東京ビッグサイトで行われた同人誌即売会「コミックマーケット83」において、『黒子のバスケ』に関わる同人誌やグッズの販売の中止 2013年 4.スタジオYOUによる同人イベント(石川・兵庫・静岡それぞれのイベントすべて中止) 5.赤ブーブー通信社主催の同人イベントで(大阪)、『黒子のバスケ』関連の同人誌を即売するサークルの参加を中止 6.『黒子のバスケ』関連の菓子に毒を入れて置いたことが示唆されており、商品の取り扱い中止・撤去を要求。セブン-イレブンは該当商品を店頭から撤去 7.ファミリーマートとサークルKサンクスは、10月下旬に発売予定だった『黒子のバスケ』の一番くじの販売を取り止め 8.「11月3日までに黒子のバスケの関連商品を撤去しなければ客に危害を加える」と書かれており、これを受けて、TSUTAYA全店の『黒子のバスケ』関連のコミックス・DVD・CDなどの商品のレンタル・販売を取り止め、撤去 ちょっと情報としては全然足らないかと思いますが、どのくらいの損害が発生して、その位の額が犯人に対して請求されるのでしょうか? ちなみに私、『黒子のバスケ』はまったく読んだことがありません(爆) ですので、どの程度の人気なのかも全く想像ができません。

  • 損害賠償の訴訟について2

    弁護士を雇って、訴訟を起こします。 その場合、相手方も弁護士をつけます。 (1)原告が勝利した場合、原告の弁護士費用を被告に払わせられますか? (2)原告が敗れた場合、被告の弁護士費用を払わなければならないですか?

  • 「損害賠償訴訟」を起こしています。勝てるかどうか教えてください。

    「損害賠償訴訟」を起こしています。勝てるかどうか教えてください。 不倫関係にあった男に事業資金として600万円を貸したのですが、自己破産、免責が下り債権の回収ができなくなりました。昨年暮れに、一方で破産、免責の申し立てをしながら、その事実を隠してさらに10万円の借金の申し込みがあり、貸しました。私に自己破産の事実を知られたくなかったので(知られるとさらなる借金ができないから。債権者名簿の住所欄に私の住所を記載してなかったために(住所が分からないという理由で、調べればすぐにわかるのに。許した裁判所も怠慢!)私には裁判所から免責に対する異議申し立ての書面が送付されなかったために異議申し立ての権利を行使できませんでした。数ヵ月後免責の事実を知り、あわてて「債権者名簿の虚偽記載、上記10万円の借金は詐欺的行為」を根拠に「免責取り消し」の提訴をしましたが却下されました。そこで、弁護士の勧めで「損害賠償請求訴訟」をすることになりました。「貸しつけた600万円は単なる債権ではなく、悪意と異常な貸付への強要による債権だから免責の対象にならないから返せ!」という訴訟です。「損害賠償の対象になりうる」と判断したのは以下の理由です。(1)上記免責の取り消し訴訟の不許可事由(2)「もうお金がない」の私の言葉に「サラ金から借りろ」(借りなかった)や居留守の電話は出るまでかけつづける、「「はい」の返事をするまで電話を切らない、それでも「はい」を言わないと「死んでやる、二人の関係をばらす」等脅迫じみた方法で貸付を強要。(3)妻と別れ、お前と一緒になるから」と結婚詐欺的文言。(4)金は事業資金ではなく遊興費に使った。 悪意と不実、虚偽と脅迫に基づいた金員の貸付だから免責対象にはならない」を理由に提訴中ですが、弁護士が急に投げやりになり「こんな仕事はもうからない」とまで言う始末。被告のために借りた金もあり返済中なのに免責の下りた本人はのうのうと暮らしていることが許せません。勝てるでしょうか?勝てそうなら誠実な弁護士に変えたいとも思っています。

  • 損害賠償訴訟中です。追加の損害賠償を求めることができますか。

    現在、損害賠償訴訟をしております。 現在、実質の賠償額を訴訟の対象にしておりますが、 慰謝料などの賠償額を、訴訟中に追加できるでしょうか。 それとも、別に訴訟を起こし求めることになるのでしょうか。 お客から、印刷を請け負ったのですが、印刷工程の中の、一部の工程を 被告に依頼しました。被告の原因で、印刷物の内容の多くの部分で、抜け落ちてしまい。刷り直しになりました。 その結果、信用を失ったり、裁判で、多大な労力を要しました。