• ベストアンサー
  • 困ってます

自己株式での増資の仕訳に関して

自己株式の処分による増資の仕訳なのですが、 なぜこのような計算になるのか?さっぱり分かりません。 ×1年1月1日に200,000株(新株176,000株及び24,000株)を1株当たり3円で交付し、 払込金額を当座に預け入れた。 なお自己株式の前期中に一括取得した40,000株である。 ・仕訳 現金600,000/資本金528,000 □□□□□/自己株式60,000 □□□□□/その他資本剰余金12,000 ・計算過程 @3×新株176,000株=528,000円 前T/B自己株式100,000÷40,000株=@2.5 @2.5×自己株式24,000株=60,000円 @3×自己株式24,000株=72,000円 72,000-60,000=12,000 このような感じなのですが、なぜ前期の株の単価を出して、当期と比較して、 その他資本剰余金を出すのか?がよく分からないのです。 もう公式を丸覚え状態になっています。 誰か分かりやすく教えてもらえませんか? 大雑把な質問で的確にココが分からないと言えていませんが、よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数2225
  • ありがとう数11

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4

それでいいのだと思います。  資本維持(拘束維持性)という考えは、資本取引と損益取引を区別すべきという考えの論拠ですので、資本を維持するための発行というと、少し違和感がありますが、ともかく、当該取引は資本取引であり、損益取引ではない。  ⇓ 従って、本ケースでは貸方にでる12000は、損益取引ではなく、資本取引によるものである。  ⇓ 従って、株主資本(資本金・資本剰余金)を加減する必要がある。  ⇓  現行法では、株主資本のうち、資本剰余金を加減することとされている  ⇓ 現金 72000 / 自己株 60000 *********** / 資本剰余金 12000 という仕訳になるというのが流れだと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (3)

  • 回答No.3

お答えします。 まず、自己株式取得時の仕訳は  ⇒ 自株 60000 / G 60000 … @2.5×24000 次に、自株交付時は  ⇒ G 72000 (@3×24000)/ 自己株式 60000 / 資本剰余金 12000 となり、自己株式a/cはB/S上相殺され、なくなります。 ここで、質問者様の処理である    G 72000 / 自己株 72000 とすると、自己株a/cが、貸方に12000残ってしまいます。自己株取得時に24000株取得し、それを交付時に24000株渡したのなら、会社には0株の自己株つまり、自己株は存在しません。なのに、B/S上に自己株a/cが残っているのは問題ですよね?従って、自己株72000という貸方計上は問題があると考えられます。  ここまでは、いかがでしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 大変理解出来ました。 「自己株a/cが残っているのは問題ですよね?」 の言葉で凄くすっきりしました。 そしてminority19さんの 「そして、資本は資本維持が原則であり、維持拘束性が求められるのに対し、損益は処分可能性を示すものであり、概念が異なるため、それぞれを混同すべきでない)ですので、当該差額は、株主資本として扱うのが妥当と考えられます。従って、自己株処分による差額を払込資本として、資本剰余金を加減することとなっています。」 から、 資本剰余金 12,000が貸方に出てくるという事でしょうか? 資本は資本維持が原則でありというのは、株の取引で儲けよう(商売をしよう)として、 発行とかをした訳ではないので、損益にはしない。 あくまでも、資本維持の為に株を発行したので、資本剰余金勘定を使用する。 知識不足で説明は下手ですが、こういう事でしょうか?

  • 回答No.2

補足します。 自己株式の考え方には、  (1) 自己株式は資産である。  (2) 自己株式は出資の払い戻しである。 という2通りがあります。現行では(2)が採用されています。  ちなみに、(1)の考え方によると、資産の譲渡であるから、当該差額は損益認識すべきと考えられます。  一方、現行制度では、(2)が採用されていますから、当該取引は資本取引で、損益認識はせず、払込資本を加減することになります。従って、@3円は資本取引における単価となります。  説明が下手ですみません。。。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

何度もすみません。 さっぱり状態なので、基本的な事からお聞きしたいのですが、 現金600,000/資本金528,000 □□□□□/自己株式72,000☆ 3円で交付したのだから、 24,000×3円=72,000円 とするのはなぜ、駄目なのですか? この説明は、最初の回答に含まれていると思うのですが、 読んでも分からない状態なので、まずこれからお願いしたいです。 時間があればよろしくお願いします。 何度もすみません。

  • 回答No.1

 まず、自己株式はB/S上に60000として計上されているため、その自己株を交付したのならば、当然、当該金額が払いだされます(消滅する)。そして、実際に払い込まれた金額の差額が問題となりますが、当該取引(増資)というのは、現行法上、自己株式は資産ではなく、出資の払い戻しという性格であり、資本取引となります。資本取引と損益取引は区別されるべきというのが原則(資本を利用して、収益を獲得する、そして、資本は資本維持が原則であり、維持拘束性が求められるのに対し、損益は処分可能性を示すものであり、概念が異なるため、それぞれを混同すべきでない)ですので、当該差額は、株主資本として扱うのが妥当と考えられます。従って、自己株処分による差額を払込資本として、資本剰余金を加減することとなっています。  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 すみません。 ますます混乱しています。 資本取引の単価2.5円であり、 損益取引の単価が3円って事なんですか? 混ぜたら駄目だから、自己株式とその他資本剰余金に差額が出てる? 多分、全然違いますよね? すみません。 ちょっと今の時点では1割も分からず状態です。 もう少し勉強します。

関連するQ&A

  • 自己株式の消却

    自己株式の消却について、会計上と税務上の仕訳があるとおもうのですが、会計上の仕訳について  借方・利益剰余金/貸方・自己株式 この仕訳をすることは可能なのでしょうか?いろいろ書籍を読むとだいたいが借方・資本剰余金と書いてあります。知識のある方、是非お教えください。

  • 自己株式の消却

    自己株式の消却について、会計上と税務上の仕訳があるとおもうのですが、会計上の仕訳について  借方・利益剰余金/貸方・自己株式 この仕訳をすることは可能なのでしょうか?いろいろ書籍を読むとだいたいが借方・資本剰余金と書いてあります。知識のある方、是非お教えください。

  • 簿記 自己株式の処分について質問です

    自己株式の処分について質問させていただきます。 自己株式を処分して (1)処分差益の場合は『その他資本剰余金』の増加。 (2)処分差損の場合は『その他資本剰余金』の減額。 新株の発行と同時に自己株式を処分した場合は (3)処分差益の場合は『その他資本剰余金』の増加。 (4)処分差損の場合は『資本金、資本準備金』の減額。 以上、自己株を処分した場合のパターンとして↑の4パターンがあると思うのですが、 要は、処分差益や差損に応じて『その他資本剰余金』を増減させているわけですが (4)だけは違いますよね。考え方として仲間外れです。 何故、新株の発行と同時に自己株式を処分して、処分差損の場合だけ『その他資本剰余金』を 減額させるのではなく『資本金、資本準備金』から減額させるのでしょうか? 長年の疑問なのですが是非趣旨、理由など教えて下さい。 宜しくお願いします

  • 増資

    増資を行ったときの仕訳は (借)別段預金(貸)株式申込証拠金 ですが この増資の仕訳を行ったあとに いつか必ず (借)株式申込証拠金   当座預金 (貸)別段預金   資本金   (株式払込剰余金) と言うように 「(借)別段預金(貸)株式申込証拠金」は 振り替えなければいけないのでしょうか? そうなら最初から 「(借)別段預金(貸)株式申込証拠金」を計上せず (借)当座預金(貸)資本金         株式払込剰余金 とすればいいと思うのですが。 なんのために 「(借)別段預金(貸)株式申込証拠金」 を計上するのでしょうか? 増資をしたことを表すためですか? ご教授よろしくお願いします。

  • 自己株式処分+新株発行

    自己株式処分とともに新株も発行するとき 「自己株式処分差損」が発生する場合 なぜ「自己株式処分差損」を、資本金から直接控除するのですか? なぜ「自己株式処分差損」を、 「その他資本剰余金(自己株式処分差損)」で表示してはいけないのですか?

  • 自己株式の消却時の相手勘定

    会計の仕分けで、 自己株式を消却時は、なぜ”資本剰余金”で取り消すんでしょうか? イメージ的には利益剰余金のほうがしっくりくるのですが。。。 資本剰余金 ××/自己株式 ×× 他の掲示板で消却原資によって利益剰余金か資本剰余金にできるとありましたが、改正前はそうだったとおもいますが、そっちのほうが理論的なきがします。

  • 株式の発行、増資

    「別段預金」という勘定科目を使う時は増資の時のみですか? また株式申込証拠金と株式払込剰余金について、 私は 株式の発行時→株式払込剰余金 増資時→株式申込証拠金 だと思っていますがあってますか? また「株式申込証拠金」と「新株式申込証拠金」は違いますか? また「新株式払込剰余金」という勘定科目はありますか? 「新」がつく場合、「証拠金」「剰余金」について混乱しています。 よろしくお願いします。

  • 株式の発行(創立時と増資)について

    増資には「株主の募集」と「払込期日」があり 募集時にお金を集め(別段預金/新株式申込証拠金) 払込期日には株式の発行と、 別段預金と新株式申込証拠金を消しこみと 当座預金/資本金(株式払込剰余金) の計上を行うのでしょうか? 創立時には「株主の募集」と「払込期日」はないのですか?

  • 自己株式と剰余金・分配可能額算定

    剰余金と分配可能額について質問させて下さい。 期末の剰余金の算定は、会社法446条によって、「資産+自己株式(純資産の控除項目)-負債-資本金・準備金-法務省令事項」によってなされ、結果的に、その他資本剰余金とその他利益剰余金がその内容となるかと思います。 一方で、分配可能額の算定の際は、会社法461条2項によって上記の剰余金から自己株式の額を控除しています。 自己株式は純資産の控除項目であるならば、剰余金算定の段階で自己株式額を加算しなければ済む話だと思うのですが、剰余金算定段階で加算し、分配可能額段階で減額する意味はどこにあるのでしょうか? 剰余金算定の意味、及び分配可能額算定の意味についてご教示下さい。 よろしくお願い致します。

  • 自己株式と増資

    自分が代表取締役兼100%株主の会社で増資(資本金を10,000千円→100,000千円)したいのですが、出資に充てるものを何も持ってないので、 自己株式90,000千円 / 資本金90,000千円 のような処理をしようと思いますがこれって会社法上・税務上なにか問題はありますでしょうか?