• 締切済み
  • 暇なときにでも

異星人のことで

アンビリバボーで見たことがあるんですが、地球に住む様々な人種の複数人が異星人に連れて行かれ宇宙船に乗せられ、移動中に何人か死に、その異星人達の住む惑星へ移動したとき何人か死に、てっきり悪いことされるかと思いきや、交流を深め仲良くなったそうです。そのとき滞在していたひとたちは空に奇妙なものを見たそうです。月みたいなものが2つほど存在していたこと。そして滞在中に何人か死亡したのち、そこの惑星に残る者と地球に帰る者とに意見が分かれた。何人かはそこの惑星に残り、何人かは地球に帰ってきた。帰ってくる途中、何人かは死亡した、そして少数の人が地球にかえってきてこのことを話した。その少数の人はまたどんどん死んでいった。おそらく2つの月みたいなものが異星人たちの惑星と近すぎたため、放射能汚染かなにかで死んだものと思われる・・。とあった。 この文章からわかる関係ある記事を教えてくださいお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

みんなの回答

  • 回答No.1
noname#160321
noname#160321

アンビリーバボーだから新聞に載るはずはありません。 話を読んでいるとどこかの原住民が大英帝国時代、植民の成功の証明としてイギリスへ連れて行かれまた戻ってきた話そっくり。 「ビーグル号の3人」―艦長とダーウィンと地の果ての少年 原書名:THREE MEN OF THE BEAGLE(Marks,Richard Lee) マークス,リチャード・L.【著】 〈Marks,Richard Lee〉 竹内 和世【訳】 白揚社 (1992/06/10 出版) 341p / 19cm / B6判 ISBN: 784826990042 NDC分類: 289 価格: ¥2,548 (税込)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 異星人と地球のコンタクトについて

    このMSN相談箱を検索等すると、 「異星人」について様々なやりとりが行われています。 しかし、 太陽系が2000億個ある銀河系、それが1000億個ある宇宙で、 この地球に人間やほかの生命がいるのですから、 間違いなく他の星にも知的生命はいるでしょう。 そして、スーパーストリングやループ量子重力理論、 その上にも理論がきっといくつかあるのでしょうし、 この宇宙が理論の存在を許している以上、その理論を使っている生命も必ずいるでしょう。 人類が、このまま発展すれば、光速を超えた移動法や(重力波を遣ったり、テレポーテーション等。) 高度な科学技術を発見するでしょう。 普通に考えても、100年後人類は太陽系の外に有人探査しているでしょうし、 理論的な発見があれば、ほかの銀河まで行ける様になっていても不思議ではありません。 そう考えると、人類が1000年後、1万年後に「今の文明から見れば宇宙人になり」、 植民等を通じて宇宙文明になっているのは当然です。 戦争のリスクは常にありますが、よく言う「戦争で、ドレーク方程式の文明の存在期間が短い」 というのは、核を持ってから解決するまでの政治的プロセスである様に思います。 そして、人類がこれから、核戦争で滅びる確率もありますが、 それとは反対に、平和的な文明を築き、犯罪や戦争とバイバイする可能性も十二分にあるわけです。 その上で、 1万年前は人間はみんな土人だったわけで、 たった数千年で飛躍的な進歩を遂げました。 1万年後には、人類だけの独自の科学力でさえ、 普通の宇宙文明(あるとして。)と同じ位いってる事は自然な事と思います。 科学者も、「科学的な方法を否定せず、宗教等で弾圧しなければ、数百年で今の科学技術位はいつの時代からでも出来た」みたいなことを言っているのを見たことがあります。 科学技術も政治的成熟も、個体の成熟も、戦争や暴力の放棄も、 一度種として決めてしまえば、永続的な平和が期待できます。 地球が幼年期を終わり、大人になれば、「科学技術が宇宙の理論限界値」に達するまで伸び続けるのは確かでしょうし、仮にファイナルセオリーを解いても、ずっと平和が続くと思います。 それで、 異星人は確実にいますよね。 「異星人がいるか?いないか?」等のレベルでもなく、 「光速に限りがあるから会いに来れない」のレベルでもなく(これを言っているのは、アインシュタインの業績を称えたい勢力の命令なのかな、とも思いますが。) (この宇宙の中で、光速C以上の速度は間違いなくあるでしょう。100年前は空さえ飛べなかったんだから。) 「地球人来るなんて、アマゾン川の虫を観察するためにホワイトハウスが動く様なもの、  だから異星人がいても地球になんか来ない。」でもなくて、 「地球人は程度が低いから興味ないし交流したいとも思わない。」でもなくて。 そして、地球に文明が成立していて、 異星人としても、彼ら自身昔は程度の低い星だったのだから、 「地球にも興味を持つ」のは明らかだと思います。 宇宙に国連みたいなものがあったら、 間違いなく発展途上惑星の監視・啓発・教育は宇宙連合の主任務でしょうし。 その上で、 「宇宙人がいるかいないか」という次元の質問ではありません。 多くの宇宙物理学者同様、異星人は確実にいる、という上での質問です。 1、すでに地球にやってきていて、UFOの目撃や、各国の政治家や研究者、一般人の証言等で明らかになっている様に、おそらく人類創世記から人類を見守ってきた異星人たち(今思えば、文明が地球にできる前から、生命体・生態系や環境、資源等、探査は異星人にとって興味深いものになるでしょう。恐竜の観察もきっと楽しかったはずです。 穿った見方をすれば、技術力さえあれば 一つの星の歴史を科学力で塗り替えて、考古学やいろいろな分野で現地人、地球人に錯覚させる位の技術は当然あるでしょう。) 彼らがいるのは100%間違いないですが、 コンタクトは西暦何年頃になるでしょうか? そろそろ、という時期に今来ている様に思います。2100年には必ず黒船は来ているでしょうし、 出来たら早くしてほしいな、と個人的には思っています。 2.量子重力理論の完成、世界政府誕生、核の平和利用等いくつかコンタクトの条件はあると思いますが、みなさんは異星人が設けたコンタクトの条件は何だと思いますか? いくつかお願いします。 3、よく、オカルトなんかで 「ユダヤ系財閥やフリーメーソン等が、石油を支配して儲けるために、宇宙人情報を隠蔽している」 と言います。 しかし、そんな理由だったら、反発して正義心で内部告発するヒトが絶えないでしょうし、 宇宙人がそれに屈する理由も理解できません。 つまり、この地球で宇宙人情報を知らされているのは、本当に一握り、という事になります。 だから、内部告発するヒトが出ないのでしょう。(元首級とか、それ以外ではNASA職員や宇宙飛行士、自衛隊・軍等ごく一部。いずれの職にも守秘義務があります。) そして、自衛隊やNASAで、「一部知っている」というのではなく、 宇宙人が来ていて、何を目的としているのか、 彼らがいつコンタクトしたいと大体の事を言っているのか、 なぜ異星人側も、「まだ情報を小出しにするだけで、大々的には自分たちの存在を公開しないでほしい」 という様なことを(おそらく)言っているのか、 という事をちゃんと全部理解しているのは、地球上に1千人もいないと思います。 どうやら、日ユ同祖論等(絶対ではないですが。)や、イスラエルの死海文書等を考えると、 ユダヤ人のトップや天皇家等が地球のエースピッチャーの様ですが、 宇宙連合や異星人は、 現段階で 「なぜコンタクトできない」のだと思いますか? 私は、時期尚早だからかな、と思います。 第二次世界大戦が終わって、核を持って、 宇宙物理学がやっと異星人たちに届き始める、位になりだして、 政治や文化も成熟してきて、 異星人情報も少しずつ公開されて、というステップの中で、 「もう少しで公開できるんだけど、まだ時期が少し早い」という事だと思います。 皆さんの意見をお聞かせください。 最後に、現在の宇宙情報のリークや、 いつコンタクトか、あるいは宇宙探査の方向性というか、時期的なものは、 異星人の指示によるところで結構決まってるんじゃないかな、と思います。 ・西暦何年頃がコンタクトか ・コンタクトの条件 ・今はまだコンタクトできない理由、 等お願いします。 それと、この質問に補足をつけていくので、 いろいろ議論していけたらうれしいです。 最後に、ヤフー知恵袋等の様に、 「こういった質問を、ノートにする」事等できると思いますか? 私はいい歳したニートですが、 もし協力・興味を持ってくださる方がいたら、HPやノートの立ち上げ等できたらいいな、と思っています。 そういうのも募ってみたいと思います。自由にコメントお願いします。 私も、人生に行き詰っており、 異星人に助けを求めるワケではないですが、 みんなが元気なうちに早く地球が幸せになれたらいいと思っています。 コンタクトについていろいろ意見交換したいです。 又、HPやノートの立ち上げ等についてのご意見・ご感想もお待ちしています。 よろしくお願いします。

  • 地球の地底にはウランが含まれており、常時大量に放射

    地球の地底にはウランが含まれており、常時大量に放射性物質が海洋に溶け出しているので、福島第一原発事故の放射能汚染水はタンクに貯めて人が管理するより海洋に全部流して薄めた方が良いという人がいます。 人間が作り出したものは地球の自然にとっては微々たるもので、福島第一原発事故の放射能汚染水を海洋に流しても地球に与える影響は微々たるもので問題ないと言う。 一流の科学者はそう言っている一方で、地球温暖化は人間の工業化による影響による人為的なものだと言う。 私からすると、地球温暖化は太陽活動と地球の自然現象の循環の一環にしか見えませんが、なぜ科学者は地球温暖化は人為的で、放射能汚染水の希釈は地球の自然現象で浄化出来ると結論付けることが出来るのでしょう? 地球温暖化は地球の自然現象だと言うのなら、放射能汚染水の希釈理論も理解出来ますが、人間が人為的に作り出した工業化による地球温暖化は人間の性で、人間が人為的に作り出した放射能は自然が耐えるっておかしくないですか?

  • 地球と宇宙の時間の違いについて。

    地球の時間と、宇宙の時間では進み方が違うと聞いた事があるのですが、地球での1秒が、別の惑星では5秒であるといったことがありえるということなのでしょうか。 その場合、もし地球の人が別の惑星に地球にとっての10分間滞在して、地球に戻ってきた場合には40分間、地球の人より歳を取るのが遅くなって戻ってきたということも起こるということでしょうか。

  • 月よおまへは何処へ行く

    惑星は、お互いに離れて行くと聞き及びます。 それは地球と月の間でも例外でないそうです。 平安時代にはもっと月は大きく見えただろうと言われていますね。 さて、この月、どんどん地球から離れて、一体何処へ行くのでしょう。 他の惑星に捕られてしまうのか、それとも小惑星帯で留まってしまうのか、疑問です。

  • スーパー・アース」と衛星「月」について質問です。

    「スーパー・アース」という地球型惑星の衛星と地球の衛星、「月」について質問です。 「スーパー・アース」とは、太陽系外惑星のうち地球の数倍程度の質量を持ち、かつ主成分が岩石や金属などの固体成分と推定された惑星のことですが、ここで以下の質問です。 1.観測された「スーパー・アース」の中で、質量と重量、大きさが一番大きい「スーパー・アース」はあるのでしょうか? 2.「スーパー・アース」は、地球よりも重力が強いそうですが、ふと思ったのですが、地球には「月」という衛星がある。 では、地球の重力よりも強い重力を持つ「スーパー・アース」では、「月」といった衛星は回れにくいのでしょうか? 3.地球の周辺に回っている衛星「月」は、ジャイアントインパクト説、つまりは岩石惑星同士の衝突で出来たという説があるが、ここで質問です。 では「スーパー・アース」のような、地球よりも大きい岩石惑星だと、ジャイアントインパクト説、つまりは大きな岩石惑星同士の衝突が起きずに、小さな小惑星が集まってできた惑星になると、「月」といった衛星は生まれないのでしょうか?

  • あっぶねー地球滅亡するところだった!7/25

    恐竜絶滅レベルの隕石が地球に再び落ちる可能性はNASAがしっかり予測していて 当面1000年とか1万年レベルでないという風に聞いてたのですが、 直径130mの小惑星が地球と月の5分の1の距離のところを通過したそうです。 NASAは何か手を打てる期間には気づくことができなかったそうで、 寝耳に水だったそうです。 あやうく地球がほろぶところでしたね。(`・ω・´) なんで、ニュースでほとんどやらないんだろうか?(`・ω・´) どうしようもないからですかね?(`・ω・´) (`・ω・´) おちたら諦めるんですかね?そのときは? 天文学者も数日前まで気付かず…… 直径約130メートルの小惑星が地球とニアミスしていた 地球に向かう小惑星(シミュレーション)。 直径427フィート(約130メートル)の小惑星が7月25日、地球から4万5000マイル(約7万2000キロメートル)ほどの距離を通過した。 【全画像をみる】天文学者も数日前まで気付かず…… 直径約130メートルの小惑星が地球とニアミスしていた 小さいとはいえ、小惑星の衝突の威力は大量の核兵器にも匹敵し、いくつもの都市を破壊することになるだろう。 アメリカ航空宇宙局(NASA)やその他の専門機関は、宇宙のこうした物体を見つけるツールを持っているが、地球に接近する全ての小惑星を追跡するのは難しい。 中でも、今回の小惑星「2019 OK」には、天文学者たちは接近の数日前まで気付いていなかった。この時点で、既存の技術を用いて小惑星を破壊したり、その軌道を変えさせるのに十分な時間は残っていなかった。 直径130メートルの小惑星が7月25日、地球の約7万2000キロメートルほどの距離を通過した。 遠く離れた場所の出来事のように思えるかもしれないが、天文学者にとって約7万2000キロは"ニアミス"だ。この距離は地球と月の距離の5分の1以下なのだ。今回の小惑星の接近は、少なくともここ2、3年で最も『アルマゲドン』的なシナリオに近いものだった。 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190729-00000004-binsider-int

  • 太陽系惑星

    今年の何月か忘れましたがフジテレビ(関西テレビ)でアンビリバボーの番組で太陽系惑星であまり知られていない惑星があるとやっていました。 冥王星のつぎで明るさがなく中途半端な赤色惑星が太陽系内で見つかったとNASA言ってました。 未知の惑星らしいですが名前忘れました。 どんな惑星か人は住んでいる?生物は?探査機(はやぶさ等)は上陸出来るか?等々気になります 教えてください

  • どこまで本気なのか教えてちょ!

    世間には 1、実体としての幽霊の存在 2、地球に来ていると言う異星人 3、霊能者と言う者の存在 などを本気で信じている人が居るようですが貴方は如何ですか? 本気で信じているならその有無に一千万千賭けろと言われても二つ返事でOKが出せると思うのですがどうでしょう。 本心を教えてちょうだいな。

  • 惑星(岩石•ガス)の地軸が決まる要因は何?

    惑星(岩石•ガス)の地軸が決まる要因は何? おはようございます。 太陽(恒星)の自転軸と地球などの惑星の自転軸との間に、 何度かの角度差が生じそれを地軸と言いますが、 何の要因により惑星毎に異なっていますか? また何によって決まりますか? また下記のような惑星の場合、 決まらない要因は何ですか? 宇宙には自転軸(地軸)が全くなく、不規則にどちらへ転がるか分からない惑星もありますが、 そんな惑星でも公転軌道と言い、 恒星の周りを回っています。 月も地球を周回軌道で回っていますが、 ゆっくりと離れているので何年後かは詳しくは忘れましたが、 地球も自転軸が全くなくなるそうです。 よろしくお願いします。

  • 昔見た映画のタイトル

    昔見た映画をもう一回見たくなったので見ようとしたのですが、ビデオだったため捨てていました… 内容は断片的に覚えているのですが、 過去から現在なのかそれとも違う惑星から地球に着たのかも忘れてしまいましたが、悪い集団とそれを敵対している者達の争いでひょんな事から地球に着たという感じでした。 一番印象に残っているのはそれ(タイムトラベル!?それとも異次元移動)を行うために使うものでした! それは小さい小人が発明た物で大きさはジュースミキサー位の大きさで周りにキーボードのような物がいっぱい付いていてそれを押すと音が出て音階によって違う場所に移動できると言うものでした! あと覚えているのは、地球に来たときに、それを失い地球人が拾いその人も巻き添いにあい、悪い集団の一番ボスみたいな人が(確か女の人ディズニーの白雪姫のEvil Queenのような)その地球人の死んだ母親に化けて小人が作った物を奪いにくる。 あと良い者たちの男はデカイソードを持っていてブーメランパンツのような物を履いていました。 長々と書いてしまいましたがこのような内容だと思います。 もし。これかなっと思う方がいましたら回答お願いします。