• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

これって大丈夫なのでしょうか?

ある方のHPで宮廷画家(ピエール=ジョゼフ・ルドゥーテ)の絵画を HP(ネットショップ)とblogのデザインに使用しているのを拝見しま した。とても素敵なのですがこのように勝手に使用しても問題ない のでしょうか? この宮廷画家の絵は、よくキッチンウェアやアートフレーム、 ポストカードとして販売されています。勿論もう亡くなった方 ではありますが・・・。 ポストカードかフレームの絵をスキャンして使用しているものと 思います。 様々な所でルドゥーテの絵画をTシャツにプリントしたり、 商品化しているようですが、使用承諾が必要なのでしょうか? HPに使用しても大丈夫ですか??  

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数590
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

意匠法 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%84%8F%E5%8C%A0%E6%B3%95 絵画を絵画のままでとして使用することは著作物関連で許諾違反となりますが、物品(Tシャツ、HP)などに付随しているものは、意匠法により表現が奨励されています。 また、新たな表現物(プリントTシャツ、HP背景など)は、それ自体に著作権が発生しますので、さらに表現物そのものを勝手にコピーすることは許諾違反となります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

有難うございました。 とても勉強になりました。 感謝申し上げます。

関連するQ&A

  • 店頭でポストカードを配ってる絵画ギャラリーって。。

    始めまして。 よく商店街、アーケード内でラッセンやヒロヤマガタなどの ポストカードを絵画ギャラリーの店の前で配ってる光景を良く見ます。 私もよくポストカードを差し出せれますが必ず1人で歩いてる時に 限ります。 この手の店に入るとやはり絵の購入を激しく勧めて来るのですか? また、他の画家の複製画などもあるのですか?? クリムト、ゴーギャンなどが好きなのであるのであれば入って見たいのですが、 何故か恐ろしくて入れません。 詳しくご存知の方教えて下さい。

  • 現代アートの重点について

    現在アートの歴史のクラスをとっています。私は、ラファエロ、ミケランジェロ、ティツィアーノなどの時代の絵画とても好きです。しかし、ピカソの時代の絵画や20世紀の絵画、そして現代の絵画は彼らの時代とはかけ離れた部分に重点を置かれています。現代の画家さんたちはもうラファエロたちのような絵を描かないのでしょうか?それはなぜですか?

  • 洋画家の方の名前ですが

    3年前に知り合いからもらったポストカードの絵を描いた方について知りたいのですが、その知り合いとは連絡がつかなくなり、またそのポストカードも引越しでなくしてしまい途方に暮れています。 その画家のファンである知り合いから聞いたことで私が覚えているのは次のとおりです。 (1)現在は60~70歳代の日本人男性 (2)田園調布出身(在住?) (3)よくヨーロッパに出かけ絵を描いている (4)銀座で個展を開いたことがある (5)姓は「高橋」 また、私がもらったポストカードもどこかヨーロッパの町が描かれている水彩画でした。 どなたか、この画家さんの名前やHPなどわかる方おしえてください。よろしくお願いします。

その他の回答 (2)

  • 回答No.3

ピエール=ジョゼフ・ルドゥーテは没後169年経過してますから 著作権はとっくの昔に消滅してますね。 どうぞ自由にお使い下さい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

有難うございました。感謝いたします。

  • 回答No.1

著作権フリーでない限り、権利者の許諾がないと、権利者から訴えられる恐れがあります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

有難うございました。

関連するQ&A

  • Galerie Braveという絵の販売店に関して

    先日、秋葉原を歩いていたら、チラシを持った綺麗なお姉さんに絵の展示を見に来ないかと声をかけられ、近くの絵画の店へ案内されました。店の名前は「Galerie Brave(ギャラリエ・ブラーヴ)」です。二階、三階に上がると、ジョン・ラッテンベリーという画家が描いたという版画の絵が展示されており、買うようにしつこく勧められした。しかし、値段が何十万円もする高いものだったので、ずっと断り続けたら、今度は絵のポストカードやはがきのような物が置いてある一階に案内されました。そこでもしつこく買うように迫られ続けたので、面倒くさくなったのと、少しばかりは興味を持ったものもあったというのもあって、合計5000円分の買い物をしてしまいました。後でホテルへ戻って色々調べたら、法外な値段で絵を売りつける悪徳な絵画商法であると知り、激しい憤りを感じたので、翌日、その店へ行って、激しい口調で返品を申し出たところ、意外とあっさり承諾され、5000円を返してもらいました。お金は手元に戻ったとはいえ、このような悪徳商法は許せません。近くの警視庁万世橋警察署に伝えようと思うのですが、このようなことで警察は動いてくれるのでしょうか? 長々と申し訳ございませんでしたが、ご回答よろしくお願いいたします。

  • 弟がドイツで購入してきた絵について教えて下さい。

    絵と一緒に同じ絵のポストカードも同梱されていました。 絵の裏側には Seifenblasenzauber Soap-bubble mystery Bulles de savon Ursula Hegewald との印刷物が貼ってあります。 ネットで調べてもドイツ語の説明しか載っておらず、 わかるのはタイトルらしき「シャボンの泡?」「シャボンの泡の神秘」くらいで、 Seifenblasenzauber Ursula Hegewald (画家の名前?) さっぱりわかません。 画家の素性も、いつどう言う設定で描かれた物なのか、 価値的にどれほどの物なのかも、全然わかりません。 ドイツ語がわかる方、ドイツの絵画に詳しい方など、 何でもいいので、わかる範囲で教えて下さい。 よろしくお願いいたします。

  • 卵の殻(?)を使った絵画

    卵の殻を使ったという絵を見ました。 「パ」なんとかという技法だそうですが、 美術用語サイトでは見つけられませんでした。 絵はクリムトのような、光沢のある感じです。 (作品によって異なると思いますが) 卵の殻に描くエッグ・アートではありません。 自分でいろいろ勘違いしていると思いますので、 そもそも、このような絵画技法はあるんでしょうか? あれば、この技法の正しい名前を教えてください。 よろしければ、この技法で描いている画家の方の お名前や作品などもご紹介いただければ嬉しいです。

  • 自分で絵本やポストカードを作りました。販売したいのですが、gooブログ(無料)で、どこまで紹介できますか?

    絵を描いているtubameと申します。 このたび、自分で描いた絵で絵本やポストカードを作りました。 gooのブログは既に使用しておりまして、そこで紹介したいのですが、 以下のような文章は販売行為にあたるのでしょうか? (1)「○○(←ある店)にて絵本を置かせてもらっていますので、 お近くへお越しの際は、お買い物がてらお立ち寄りください。1冊¥○○○円です」という表現 (2)「○月○日に▲にてアートイベントがあり、そこで出店しています。 よかったら見にきてください1冊¥○○○円です」 (3)「遠方にお住まいの方で、お店やイベントに来れず、でも欲しいと思ってくださる方は、 個人的にメールをいただけますか?1冊¥○○○円、送料○○円です」などの表現 どこまでが商用にあたるのか分かりません。 また、gooブログではネットショップはできないとありましたが、 例えば商用可能なFC2ブログへ飛ぶようなリンク程度でしたら 構わないのでしょうか? また、ブログとは別に独自のホームページを持っています。 (レンタルサーバーはロリポップを使用し、ホームページビルダーで作成しました。 ヤフーへのカテゴリー登録も済ませていて、アートのカテゴリーで自分のHPが紹介されています。) 確か、ヤフーも商用はダメだと思うのですが、自分のホームページで どこまでの表現ならOKか分かりません。 ご存知の方がおられましたら、よろしくお願いしますm(__)m

  • 著作権について教えて下さい。

    アルフォンス・ミュシャの絵画のデザインの缶コーヒーを見つけて購入しました。 ミュシャやロートレックなど、19世紀から20世紀前半の海外の有名な画家の絵を、商品のパッケージに使う場合、 誰かの許可を必要とするのでしょうか? 画家が死去している場合、誰に著作物の使用料を払えばいいんですか?

  • 水彩色鉛筆/英語での名称や起源(発祥など)

    「水彩色鉛筆」に関する質問がいくつかあります。質問は下記の通りです。よろしくお願い致します。 一:画材の水彩色鉛筆(自体)のことを英語では何という名称でしょうか? ニ:水彩色鉛筆を使った絵画(アート)を何と言いますか?色んな種類があればそちらも教えて下さい。 三:水彩色鉛筆を発明した人やメーカー又は発祥の国など。 四:水彩色鉛筆を使用している画家(アーティスト・クリエイターなど)お勧めがあれば教えて下さい。 できれば写実的な作品より抽象的な作品の方がうれしいです。(ポストカードなどにも合うような感じ/海外の方も知りたいです) 五:おすすめのテクニック等(サイト紹介等) 質問が多くてすみません。小さなことでも構いませんのでご回答お待ちしています。

  • 模写した絵を個展で公開できますか?(著作権について?)

    絵画の個展を市民ギャラリーを借りて無料で開く予定です。 そこに、ラッセン等有名画家の作品を模写したものを展示したいのですが、可能なのでしょうか? 可能であれば、どのように展示すればよろしいのでしょうか? (例えば、どこかに承諾を得るとか、絵の下に何か記載しておくとか...) また、ホームページのその個展開催案内の中で作品例として載せる場合や、 スーパーなどの掲示板にポスターとして掲載して頂く場合についてもアドバイス願います。

  • 絵画と音楽の著作権について

    お尋ねしたいことがあります。 17世紀~18世紀にかかれた絵で 大きな美術館に所蔵されている絵画を 自分のホームページ上で壁紙として使用したいと思っています。 壁紙ですので当然元の絵よりもかなり薄くいたしますが 作品自体に加工はしません。 作者没後50年(65年のケースもあり)で著作権はなくなると聞いておりますが たとえばその写真をある絵画の複製を売っているショップの作品見本をコピーして持ってきてしまっても それは違法にならないのでしょうか? また、画集、ポストカードからのコピーはどうでしょうか? 以前に著作権がなくなったものの画集のコピーは違法にならず その絵画を撮った人間にも著作権は発生しないと聞いたのですが・・・。 またクラッシック音楽の著作権はどうなっているのでしょうか? たとえば配布している(自分で弾いているなど)で 所からのDLは可能として CDからなど取り込むのはその演奏者が 没後50年絶たないと使用できないということでいいのでしょうか? 著作権について詳しい方どうかお教えくださいませ。

  • 版画のシルクスクリーンについて

    ある大きな百貨店の画廊を覗いていたら、シルクスリーンと書かれた絵が飾ってありました。 版画といえば浮世絵の木版画を思い浮かべますが、シルクスリーンと言った一見かっこいいカタカナ文字です。 ネットで調べたら大量印刷に向いている技法だということが分かりました。 有名な画家(2,3年前に亡くなっている)の油彩画がシルクスクリーンで複製され、それが数十万円で販売されていました。 店員さんは『エディションナンバーもついているし、サインもあるのでお買い得ですよ』と薦められました。 そのときは余裕があれば購入したいと気が動きました。 (質問1)エディションナンバーやサインは、鉛筆書きのようなもので書かれていましたが、信用できるものなのでしょうか。 (質問2)シルクスクリーンで複製する場合は、画家あるいはその身内の承諾を取って行っているのでしょうか。 後から考えると、今問題視されている食材不正と同じような、大げさに言えば詐欺まがいの商法のような気がします。その大百貨店のアート全体の信用度が薄れた気分になりました。考え過ぎでしょうか。 最近美術鑑賞に興味を抱き、本物の絵を購入したいと考えている一人です。 美術関係に疎いのでどなたか教えてください。

  • 画像をHPにアップすると直線に歪みが生じます。解決方法を教えて下さい。

    絵画を撮影し、HPに画像をアップしたとき、直線であるフレーム(色は黒、木製額縁)に歪みが生じます。 某オークションサイトに画像をアップした場合は、歪みもなく、真っ直ぐなフレーム画像でアップできるのですが、どのようにすれば自分のHP上に歪みのない画像をアップできるのでしょうか。 専門用語には詳しくないので、撮影からアップまでの手順を簡単に説明すると、 1 絵画を撮影するカメラはOLYMPUS C-2(古いです)   216万画像 撮影時は、HQ 1600×1200   ホワイトバランスはオート   絵画との距離は2mぐらい。 2 画像をPCに取り込み、ペイントグラフィックのソフトを使用し、  明るさの補正とシャープさ補正 3 ペイントで 画像サイズを800×600にしてサーバーにアップ ホームページ上では、width=70%に設定しています。 近距離で撮影したフレームの画像は特に問題ないのですが、絵画全体を撮影した時、フレームに歪みが生じます。 どうぞ宜しくお願い致します。