• 締切済み
  • 困ってます

非線形微分方程式ax'+bx+cxx'+d=0

 線形微分方程式にはある程度決まった解法があるのですが、 非線形微分方程式は、これといった解き方がなく、 ケースバイケースで解いていかなければいけません。 非線形微分方程式ax'+bx+cxx'+d=0は解けるものなのでしょうか。 ただし、xはt(時間)の関数です。x'=dx/dtを意味します。  解き方が分かる方がいらっしゃいましたらよろしくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数446
  • ありがとう数3

みんなの回答

  • 回答No.4
  • inara1
  • ベストアンサー率78% (652/834)

他でも「 alogy+by=ct+d 」の解を質問されていますが、訂正させてください。 その質問(http://sanwa.okwave.jp/qa5169605.html)の ANo.2 さんが LambertのW関数をグラフ化されていますが、W(x) の値は、-1/e < x < 0 のとき値が1つに定まりません。したがって [1] の説明にある「単調増加関数」というのは間違いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
  • inara1
  • ベストアンサー率78% (652/834)

y = x + (d/b) でなく、y = x - (d/b) とおいたほうがいいと思います。 問題の微分方程式の解もケースバイケースです。h07m さんのように y = x + (d/b) とおくことができるのは b ≠ 0 の場合です。ちゃんと場合分けすればそれぞれの解が得られます。補足質問にある「ここから y = ? の形に変換できません」の解き方は最後に書いてあります。 (A) b ≠ 0 の場合 問題の微分方程式を変形して    x' = -( d + b*x )/( a + c*x ) --- (1) y = x - (d/b) とおくと、式(1)は    y' = -y/{ ( a*b - c*d )/b^2 + ( c/b )*y }    → { ( a*b - c*d )/( b^2*y ) + c/b }*y' = -1    → ( a*b - c*d )/( b^2 )*ln(y) + (c/b)*y = -t + C(定数) --- (2) となります。この解は a*b - c*d が = 0 か≠ 0 かで異なります。  (A-1) a*b - c*d = 0 の場合     c = 0 のとき、a*b - c*d = 0 から a = 0 となります(b ≠ 0なので)。したがって元の微分方程式に a = 0、c = 0 を代入すれば        b*x + d = 0 → x = -d/b     c ≠ 0 のとき        式(2)に a*b - c*d = 0 を代入すれば          (c/b)*y = -t + C          → y = -(b/c)*t + C' = x - (d/b)          → x = -(b/c)*t + C'' または x = -(d/a)*t + C''  (A-2) a*b - c*d ≠ 0 の場合     c = 0 のとき、式(2)から        ( a/b )*ln(y) = -t + C        → y = exp{ b*( -t + C )/a } = x - (d/b) ---- b ≠ 0 で a*b - c*d ≠ 0 で c=0 なので a ≠ 0        → x = d/b + C'*exp( -b*t/a )     c ≠ 0 のとき        この解は初等関数では表わせません。LambertのW関数を使えば y = の形にできますが、計算が面倒なので後で説明します。 (B) b = 0 の場合 問題の微分方程式に b = 0 を代入して変形すれば    x' = -d/( a + c*x ) --- (3)  (B-1) d= 0 のとき    x' = 0 なので x = C(定数)が解です。  (B-2) d ≠ 0 のとき    式(3)をの両辺に a + c*x をかければ      ( a + c*x )*x' = -d    両辺を t で積分すれば       a*x + (c/2)*x^2 = -d*t + C(定数)    c が = 0 か≠ 0 かで場合分けしてxについて解きます。   【 (A-2)のc ≠ 0 のときの解について 】 b ≠ 0 で a*b - c*d ≠ 0 の場合の式(2)     ( a*b - c*d )/( b^2 )*ln(y) + (c/b)*y = -t + C(定数) において、A = ( a*b - c*d )/( b^2 )、B = c/b とおけば    A*ln(y) + B*y = -t + C --- (4) とすっきりします。この解 y は初等関数で表すことはできないのですが、LambertのW関数というのを使えば y = の形にできます。 式(4)の両辺を A で割ると(a*b - c*d ≠ 0 なので A ≠ 0 )    ln(y) + (B/A)*y = ( -t + C )/A (B/A)*y はln[ exp { (B/A)*y } ] と書けるのでこれを代入すれば    ln(y) + ln[ exp { (B/A)*y } ] = ( -t + C )/A ln の和を1つにまとめれば    ln[ y*exp { (B/A)*y } ] = ( -t + C )/A ln をはずせば    y*exp { (B/A)*y } = exp{ ( -t + C )/A } 両辺に B/A をかければ(a*b - c*d ≠ 0 なので A ≠ 0 )    (B/A)*y*exp { (B/A)*y } = (B/A)*exp{ ( -t + C )/A } z = (B/A)*y とおくと    z*exp(z) = (B/A)*exp{ ( -t + C )/A } -- (5) この解 z はLambertのW関数 [1] で表わされます。LambertのW関数というのは    z*exp(z) = q の解 z = W(q) のことです。この関数Wを使えば式(5)の解zは    z = W[ (B/A)*exp{ ( -t + C )/A } ] と書けます。z = (B/A)*y だったので    y = (A/B)*z = ( A/B )*W[ (B/A)*exp{ ( -t + C )/A } ] c ≠ 0 なので B ≠ 0 です。A = ( a*b - c*d )/( b^2 )、B = c/b とおいたのでこれらを元に戻せば    y = ( a/c - d/b )*W[ exp{ b^2*( -t + C )/( a*b - c*d ) }/( a/c - d/b ) ] したがって    x = d/b + y = d/b + ( a/c - d/b )*W[ exp{ b^2*( -t + C )/( a*b - c*d ) }/( a/c - d/b ) ] となります。 ここで a/c - d/b の値ですが、これに b*c ( b≠0、c≠0 なのでb*c≠0 )をかけると a*b - c*d (≠ 0)なので、 a/c - d/b ≠ 0 です。また、LambertのW関数の定義域は -1/e < なので、-1/e < exp{ b^2*( -t + C )/( a*b - c*d ) }/( a/c - d/b ) が解の存在条件です。さらに、式(2)で y が ln の中にあるので、y > 0 つまり、x > d/b でなければなりません。 [1] LambertのW関数   y*exp(y) = x を満たすような関数 y = W(x) のことです。W(x) の定義域は -1/e < x で( e はネピア数)、W(0) = 0 の単調増加関数です。この関数の性質は[2]に出ています。 [2] http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%88%E3%81%AEW%E9%96%A2%E6%95%B0

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • Ae610
  • ベストアンサー率25% (385/1500)

一般解の形によっては、y=の式に表現出来ないことは幾らでもあり得ます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • Ae610
  • ベストアンサー率25% (385/1500)

ax'+bx+cxx'+d=0  (a,b,c,dは定数・・・!?) であれば解ける。 x'(a+cx)=-(d+bx)であるから x'=-(d+bx)/(a+cx) となって、適当な変換を行う事で、変数分離形に出来る。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 たしかに、変数分離になるのですが、  x' = -(d+bx)/(a+cx)  (a+cx)/(d+bx)x' = -1 y = x-(d/b)とおく。  [[cy+{(ab+cd)/b}]/y](dy/dt) = -1 [c+{(ab+cd)/b}(1/y)]dy = -dt  両辺積分して  cy+{(ab+cd)/b}logy = -t+A (A:積分定数) となるのですが、ここからy=?の形に変換できません。  どうしたら良いのでしょうか。  おねがいします。

質問者からの補足

 たしかに、変数分離になるのですが、  x'=-(d+bx)/(a+cx)  (a+cx)/(d+bx)x'=-1 y=x-(d/b)とおく。  [[cy+{(ab+cd)/b}]/y](dy/dt)=-1 [c+{(ab+cd)/b}(1/y)]dy=-dt  両辺積分して  cy+{(ab+cd)/b}logy=-t+A (A:積分定数) となるのですが、ここからy=?の形に変換できません。  どうしたら良いのでしょうか。  おねがいします。

関連するQ&A

  • 微分方程式

    dx/dt=a^2-x^2 (aは実数の定数) (1)この微分方程式は1階の線形同次・線形非同次・非線形のどれにあてはまるか。 (2)この微分方程式の一般解を変数分離法で求めよ。 考えたことは(1)は非線形だと思いますが、合っていますか? (2)はdx/(x^2-a^2)=-dtと変形し、両辺積分します。  すると、1/(2a)log(|x-a|/|x+a|) = -t + C このあとx=が分からないです。 教えてください。お願いします

  • 線形2階微分方程式と非線形2階微分方程式の違いは?

    数学用語の意味の違いがいまいちつかめません。 (1)【線形2階微分方程式】 未知数y(x)とその導関数y'(x),y''(x)についての線形の微分方程式    y''+p(x)y'+q(x)y=f(x) を 2階線形微分方程式という.最も簡単な例として d^2f(x)/dx^2=0 がある。 (2)【非線形2階微分方程式】 非線形2階微分方程式の定義がテキストには載っていなかったのですが、    y''+p(x)y'+q(x)y ノットイコール f(x) が非線形2階微分方程式ということでしょうか? (1)と(2)の違いがどこにあるのか、はっきりせずにモヤモヤしているので、 スッキリさせたいです。どなたか数学に詳しい方がいらっしゃれば、 どうかご教授下さい。よろしくお願いします。

  • 微分方程式 線形 非線形

    前回の質問の続きです。 前回の質問内容:http://okwave.jp/qa/q7818206.html ラプラス方程式が、2階線形偏微分方程式、 ポアソン方程式が、2階非線形偏微分方程式であることは 理解できました。ありがとうございます。 微分方程式で参考書やインターネットにあった線形微分方程式と 非線形微分方程式を以下に示します。 線形微分方程式 (1)y”+y’-2x=0 (2)y’+xy=1 (3)(x-1)y''-xy'+y=0 非線形微分方程式 (1)(y”)^2+y’-2x=0 (2)x(y”’)^3+y’=3 (3)y・y’+xy=1 上記、線形/非線形の分類に間違いはあるでしょうか? 非線形微分方程式の(3)y・y’+xy=1は、なぜ非線形となるのでしょうか? y・y’+xy=1⇒y’+x=1/y⇒y’+x-1/y=0は線形ではないでしょうか? 線形微分方程式(2)y’+xy=1も、xy’+xy=1となると非線形になるの でしょうか? ご回答よろしくお願い致します。

  • 微分方程式

    今、大学の物理の宿題をしているんですが、次の微分方程式が解けないんです。誰か解法を教えてください!! x″=-0.4(x')3乗 という微分方程式です。線形微分方程式しか習っていないため、まだ非線形のやつは分からないんです。どうかお願いします。」

  • 微分方程式 線形 非線形 その2

    前回の質問内容で、 y・y’+xy=1 が非線形微分方程式であることは理解できました。 >yy' は、y と y' が 1 次づつの積で { y,y',y'',y''',… } については 2 次、 >xy' は、{ y,y',y'',y''',… } に含まれるのが y だけで 1 次です。 ご回答頂いた内容を整理している際に、疑問に感じた点があったので再度 質問させて頂きます。 y’+xy=1 は線形微分方程式ですが、 y’+(x/y)=1も線形微分方程式でしょうか? (x/y)は、yを1次として考えて線形微分方程式なのでは と考えたのですが、正しいでしょうか? 1/yは非線形になるのでしょうか? 同様に、 1/y’+xy=1は非線形微分方程式となるのでしょうか? 1/y,1/y’が線形なのか非線形になるのかがわかりません。 ご回答よろしくお願い致します。

  • 微分方程式 線形 非線形

    微分方程式における線形と非線形について質問させて頂きます。 線形と非線形では何が違うのでしょうか? 1階線形常微分方程式が線形なのはわかるのですが、2階線形常微分方程式は 2階なのになぜ線形なのでしょうか? また、∇は後ろに関数を持ってきて1階の偏微分という演算を行います。 これは線形なのでしょうか? Δ(ラプラシアン)は後ろに関数をもってきて2階の偏微分という演算を行います。 ラプラス方程式やポアソン方程式も線形なのでしょうか? 線形微分方程式の問題に関していくつか当たったのですが、線形なのか非線形なのか がどのように使い分けられるのかわかりません・・・ 以上、ご回答よろしくお願い致します。

  • 非線形微分方程式の問題です

    非線形微分方程式について質問です。 とある大学院試験の数学の問題で次のような問題がありました。 y = dy/dx (x) + 4(dy/dx)^2 この微分方程式は (dy/dx)^2 の項があり、非線形微分方式です。 非線形微分方程式は解を求めるのが大変難しいだけでなく、解が求められないものもたくさん存在します。 私はこの問を解けませんでした。 解くことは可能なのでしょうか。 お願いします。

  • 微分方程式

    微分方程式 dy/dx+ay=cosx を初期条件 x=0のとき、y=0 のもとで解け。ただし、aは正の定数とする。 という問題です。 1階線形微分方程式y'+P(x)y=Q(x)の解法で解けばいいのかなと思い、 解いていきました。 P(x)=aなので、 e^(∫P(x)dx)=e^(∫adx)=e^(ax) これを問題の両辺に掛けると、 e^(ax)y'+e^(ax)ay=e^(ax)cosx (e^(ax)y)'=e^(ax)cosx e^(ax)y=∫e^(ax)cosxdx となりました。 で、∫e^(ax)cosxdxの解き方がよく分かりません。 置換積分法と部分積分法を試したのですが、ダメでした。 そもそもこの解き方であっているのかもあまり自信がありません。 この問題の解き方、または∫e^(ax)cosxdxの解き方を教えて下さい。 ちなみに、指数の部分は()でくくられているところで、cosxやyは指数ではありません。 どなたかヨロシクお願いします。。。

  • 微分方程式の線形、非線形の証明

    「y' * y'' = 1  …(*) という微分方程式が線形であるか、非線形であるかを証明せよ。」 (ただし、*は掛け算、y'はxの1階微分、y''はxの2階微分であるとする。) 【自分の考察】 2階線形微分方程式の定義は、 P0(x)y'' + P1(x)y' + P2(x)y = Q(x) であるので、(*)はこの形に当てはまらず、 y' * y'' 同士の掛け算になっているので、 『非線形』だと思う。 ここまでは、予想がついたのですが、 もっと数学的に証明することはできるのかと 疑問に思いまして、質問させていただきました。 線形関数で学習した、 f(x1 + x2) =f(x1) + f(x2) f(ax) = af(x) などを、使うのかと思ったのですが、 よくわかりません。 簡単そうに見えるのに、 まだ先が見えてこないので、 どなたかご教授いただければと思います。 よろしくお願いします。

  • 微分方程式 線形 非線形 その4

    与えられた問題の微分方程式が線形なのか非線形なのかは 理解できました。 >y についての微分方程式の次数は、 >y についての(代数的な)次数ではなく、 >{y,y',y'',y''',…}についての次数を見ます。 >それが 1 次式なら、線型微分方程式です。 と教えて頂き理解できました。 問題として当たったことはないのですが、 ・(y^2)’+xy=1は非線形微分方程式という認識で正しいでしょうか?    ・(logy)'や(siny)'などを含む微分方程式は非線形微分方程式と言う   認識も正しいでしょうか? 以上、何度も申し訳ありませんがご回答よろしくお願い致します。