埋まっている歯の治療と良い歯科医院の見分け方について。

長くなりますが、深刻に悩んでいるのでお願いします。 先月の日曜日、急に左上の歯が痛くなりました。私は元々上の歯 が1...

sizensika さんからの 回答

  • 2009-07-29 20:56:30
  • 回答No.1
sizensika

ベストアンサー率 40% (144/354)

実際に拝見していないので何ともいえませんが物事は色々な方向から見た方が良いと思いますので、一つの見方として参考意見を述べさせていただきます。
私達の歯の噛む力は50キロ近く有り、動きながら磨り減りながら時間を掛け体全体でバランスを取りながら生えてきます。噛み合わせの不調和があると歯や骨、体その他に様々な問題を起こします。1本歯を削るとそれまでその歯に加わっていた50キロ近くの力が他の歯に加わり、
エナメル質にひびが入り虫歯になったり、骨に負担が加わり問題を起こしたり、体のバランスも変わります。二本歯を削れば二本分の力が他に移動し益々バランスが崩れます。あるアメリカの有名な歯医者は診断をして、この患者さんなら大丈夫と言う人だけを治療したがそれでも3本の歯を一度にやることは無かったそうです。たとえ下顎4番、5番の歯の隣接面が同時にカリエスに成っていても、痛みが在れば止めるだけで、治療は一本づつで、上下第2大臼歯が正確に噛み合う患者さんに限って白金加金の暫間クラウン(仮の歯)を入れ、調整を続け、患者さんが自分の歯かテンポラリークラウンの歯か判らなくなるのを見極めてから隣の歯の治療にかかったと言うほど、治療にあたっては厳密に注意深く行っていたそうです。治療に当たっては出来るだけ噛み合わせを変えない様に慎重に最小限する事が大切だと思います。そういう意味では大して問題もない歯を安易に詰め直ししたりしない方が良いと思います。
またある患者さんの例ですが歯を抜いた左下奥歯の所の痛みと腫れが
2年ほど取れなかったそうですが体のバランスを取るために右の歯をちょっと削ったら症状が改善されたと言う事もありました。治療にあたって体全体のバランスを考える事も大切です。
噛み合わせに対する知識、考え方は先生に依り色々ですが一度噛み合わせに詳しい先生に診てもらうと良いかもしれません。ただ下手にいじると問題が更に大きくなりますので慎重な対応が大切です。
参考:
歯科医療等に伴う噛み合わせの不調和が原因で頭痛、肩こり、腰痛その他様々な事が起こります。私達の歯は時間を掛け体全体でバランスを取りながら生えてきます。歯科医療は自然の時間的変化に比べ大きな変化を与えますので体が付いて行けず、バランスを崩し上記の様な事が起こる事がありますので、治療は噛み合わせを変えない様に、最小限に少しずつ体を馴染ませながら行わなければ成りません。また虫歯になったら歯医者に行き詰めて貰うのが当たり前と多くの方は思っていると思いますが、某国で学校に歯科室を作り子供達の歯をせっせと詰めたら返って虫歯が増えてしまったと言う報告もありますし、歯医者に行けば行くほど歯が駄目になると言う統計も出ています。

歯を削って痛いと言う事は
「それ以上削ると駄目に成っちゃうよ」と言う歯の命の叫び声です。
麻酔で歯を黙らせればいくらでも削れます。歯を殺す事など簡単な事です。神経を取れば神経の管に膿を持つ様に成るかも知れません。
神経を取れば枯れ木と同じで歯がもろく折れやすくなります。
被せる為に大きく削れば自分の歯はどんどん無くなります。
被せれば自然の歯と固さが違う為、今度は骨が減り歯周病に成ります。
入れたものに噛み合わせの不調和があれば相対する歯が駄目になったり
噛み合わせが不安定になり歯も体も時間を掛けて駄目になります。

歯科治療は歯の、体の気持ちに耳を傾けながら
掛け替えのない歯を大切にし、体のバランスを崩さない様に
慎重に行う事が必要です。

歯科医療所詮偽物、最小限一度に治療しない事が大切。
歯の堅さ、形全てに意味があります。
車に純正部品が良いように歯も自然が一番です。

参考キーワード:
顎関節症、顎変位症
お礼コメント
noname#107448
アドバイスありがとうございました。
投稿日時 - 2009-08-03 13:04:16
この回答にこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう!
この回答にはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A
ページ先頭へ