• 締切済み
  • 困ってます

べた基礎の布部分を独立基礎にしたい

木造住宅の基礎ですが、昔の家のように高めにして、独立基礎にしたいのですが、確認申請はおりますか?構造上問題ありますか?地面はべた基礎のように配筋して独立基礎と連結させ、コンクリートで仕上げたいです。1820ピッチで独立基礎を建てる方法は可能ですか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数1957
  • ありがとう数4

みんなの回答

  • 回答No.6

独立基礎とは言えませんが、湿潤温暖な日本の気候にマッチする昔ながらの高床式を現代の金物工法で実現している会社もあります。 http://www.tanaka-soken.com/concept/concept04.html 人通口程度ではなく、もっと大きく内部の基礎立ち上がり切り取っていますので、通風は抜群でしょう。 私としては、べた基礎ではなくて布基礎にして、床下の土中湿度を解放してあげたいところですが、、、。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 布基礎と独立基礎?

    布基礎と独立基礎? 農村地帯の広めの土地に戸建住宅を計画しています。 現在のところ、木造平屋建て、高床式、切り妻屋根の軽量屋根材葺きで、ウワモノ重量を軽量化し、ローコストで耐震性を確保する計画です。 この上物に対する基礎としては、「コンクリートから人間へ」という時代に、べた基礎で大量のコンクリートを流し込むのは気に入りませんので、上物と同様、軽量化、ダイエットし、大地への負荷を軽減し、資源を節約し、耐震性を確保したいと考えています。(できれば私の予算も削減したい!) そこで、布基礎か独立基礎かの選択となるのですが、建築数年後の床下乾燥に期待して高床式を採用するわけですから、布基礎の立ち上り部(GL+450mmぐらい)が床下通風をじゃまするのが気に入りません。 かといって、人通口のように、布基礎でありながら基礎の一部をカットしてしまう神経も理解できません。 「傾斜地に建っている別荘」などに使われている独立基礎は平地の平屋住宅では使えないのでしょうか? ボイド管で柱の数だけ独立基礎を立て、その上に柱直建てができないかと考えています。 そこで、木造住宅の基礎の専門家に質問です。 1.平地の平屋建てに独立基礎が使われていない理由は何でしょうか? (「基礎屋さんの売り上げ確保」って答えは無しですよっ!) 2.軽量住宅の基礎に独立フーチング基礎を使う場合の注意事項は何でしょうか? 3.土台無しの木造建築の建築確認を取るにはどうしたらよいでしょうか? 4.「傾斜地に建っている別荘」は次回の大地震の際に崩壊するのでしょうか? 追加の質問ですが、 5.梅雨時に工事されたべた基礎で、そのべた基礎に覆われた土中の水分は、その後、乾燥期になってもべた基礎の下や、防湿シートの下でウジウジしているのでしょうか?

  • べた基礎について

    はじめまして。家を建てる為に先日、べた基礎を行いました。コンクリートで固めましたが部屋の部分のあたりに鉄筋が何本か見えていました。ハウスメーカーに聞いた所、基礎をつくる業者に渡した配筋図面と地盤調査後に設計士が渡した配筋図面が違っていた為、いらない鉄筋があったので削って取ろうとしたがとれなかったのでそのまま残ってしまったと言っていました。構造には問題はないと言っていましたが、資料をみせられた訳ではないので不安になってきました。このような場合、コンクリートをとって鉄筋の配筋からやってもらった方がいいのかそれとも、このくらいのミスはよくある事なのか教えてください。それと基礎の平らな場所に山みたいな盛り上がりがあるのですがそれも平気なのか教えてください。

  • 住宅の独立基礎

    玄関の庇を兼ねて二階の洋室を乗せています。 この場合を通し柱の独立基礎にしたいのですが可能でしょうか? やはり布を本体から伸ばしてきて、その上に柱を乗せるべきでしょうか?  木造二階建のべた基礎で新築検討です。

  • 回答No.5

独立基礎をやっているらしい建築事務所があります。 けやき建築設計というところで、下記に写真がでていますので、ご確認の程。 http://www.keyaki-sekkei.com/main/ModelhouseFrame/ModelHouse/Concept/sekkei/kouzou/kouzouFrameset.htm べた基礎ではなく、本当の独立基礎に見えますが、上記の工法ができるのであれあば、床下をコンクリートで覆うこともできるでしょう。 私は上記の事務所に、コンタクトしていませんし、推薦するものでもありませんのでご了承ください。 子供のころ、高床式神社の床下にもぐって遊んだ経験がありますが、そこは、梅雨時の雨の日でもカラカラでした。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
  • n-space
  • ベストアンサー率35% (628/1749)

昔の伝統工法は910ピッチの礎石にのっかっているだけです。束は根がらみできっちり固定され、建物は貫きや木組みの仕口で粘りがあります。地震にはすべりといって建物ごとずれる免震機構があったようです。 現行法では今のところそういった工法は難解な構造計算をしなければならず、時間と費用がかかるため神社仏閣でもなければ建てにくくなってきています。特に礎石は認められないと思われます。 そこで、現代風にするとすれば、RCのラーメンと木造の混構造というような発想で、はじめから意匠建築士の他に構造屋さんがはいればいけると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。実現は難しいようですね。よく分かりました。 日本の風土にべた基礎はよくないと思うのですが。それに基礎の高さが 低いですよね。玄関へのアプローチはいいですが。残念です。何を優先するかですよね。

  • 回答No.3
  • inon
  • ベストアンサー率20% (773/3793)

先ず、構造計算料と在来木造構造としては特殊な基礎になるために基礎部分の工事費が上がります。又、場合によっては混構造になるかもしれません、木造部分の構造も特殊なものになるため、工事費が上がります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。木造部分も変わってくるのですね。よく相談してみます。

  • 回答No.2

あなた様が述べられて居られるのは、在来布基礎工法に非常に近いものです。 拙宅の場合を説明します。在来軸組構造・布基礎工法です。 木造2階建てで、軸組部分の荷重を布基礎で受け、1階床荷重を土間コン(溶接金網挿入、又は鉄筋9mm縦横20cm間隔シングル配筋でコンクリート厚さ:12cm)の上に床束(縦横90cm間隔・束ブロック敷き)を立て、1階床下地(大引き・根太)を組みます。 土間コンと布基礎は差し筋で緊結します。 勿論、確認申請など不都合はありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

布基礎は使用しないで、完成時に見えるのは、土間コンと独立基礎のみ でやりたいのですが、どうでしょうか

  • 回答No.1
  • inon
  • ベストアンサー率20% (773/3793)

出来ないことは無いけれど、かなり難しい、手間とお金がかかる。 独立基礎といっても地中梁は必要だし。(ベタ基礎を厚くして地中梁の代用は難しいでしょう) 貴方が設計事務所とよく話し合って、後は設計と構造で詰めていくという感じですかね。 貴方の思いが全て叶わないかもしれませんが、出来ないことは無いと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ありがとうございます。どのようなところにお金がかかるのですか?

関連するQ&A

  • べた基礎と法律

    布基礎で木造住宅を従来工法で建てたいのですが、 うわさで、現在(H17)に新築する住宅の基礎は 「べた基礎」「土間コン」 でなければ建築基準法に反すると聞きました。 これは本当でしょうか?

  • 都市計画外区域の確認申請について。

    一般住宅で都市計画区域外に建てるんですが、 普通だったら木造で四号物件になるから、確認申請が要らないと思うんですが、 お客さんの希望で、『地下室が欲しい』って言われました。 地下を基礎と一緒にRCで一部屋作ったら、木造と、RCの混構造の住宅になりますか? だとしたら、三号物件になって、確認申請とか、構造計算とか必要な住宅になりますか? なんとか、混構造にならなくて地下室を作る方法はありますか? 半地下とかだったら大丈夫とかってことありますか? 教えて下さい。

  • 布基礎の設計について

    ある木造ツーバイフォー構造の基礎伏図を見て不思議なところがあるのですが布基礎のフーチングがドア開口の下で途切れています。 床まである壁の下だけにフーチングがある状態です。 基礎形状が途切れ途切れで非常に複雑です。 途切れているどころか部分的に独立基礎のような部分もあります。 単純に考えてドア開口の下もフーチングがつながっていた方が強固になると思うのですが。形状的にもスッキリするし。 私も構造は専門外ですが、こんな基礎伏図は初めて見たので凄く違和感があります。 コンクリートや鉄筋をケチるためですかね? ツーバイフォーだから壁だけ支えればいいという考え方? こんな布基礎ありですか? わかりにくい文章ですみません。

  • べた基礎の底面のかぶり厚

    図面を確認したら、べた基礎の底面に鉄筋が2本書かれていました。 鉄筋が1本の場合のかぶり厚などは一応調べていたのですが、2本の場合はどのようになるのでしょうか? 2階建て木造住宅で鉄筋は上下ともにD10@200、底面の基礎幅は200となっています。 上下の鉄筋の間隔はわかりませんが・・・ かぶり厚などは大丈夫なのでしょうか? 教えてください。よろしくお願いします。

  • 基礎工事のコンクリート強度とかぶり量について

    愛知県西部にて アパート(木造軸組工法 二階建て)を建設中です。現状は基礎工事が終わったところです。 基礎はべた基礎・立ち上がり厚120mmです。 基礎工事の時のコンクリートの配合表を提出させたのですが、底板・立ち上がりとも、21N/mm2のレディーミストコンクリートでした。 インターネットなどでみると 冬場のこの時期は 24N~27Nが望ましいと出ていたので、監督に弱くないかと確認したところ、 住宅支援機構の施工基準で、べた基礎のコンクリート強度は21Nだから 全く問題ありませんと言われました。 柱状改良で地盤も補強してありますから、無筋コンクリートでも通りますよと・・・ 現場監督の言ううことは 正しいのでしょうか? また基礎工事の鉄筋の位置がずれて片側に寄っている部分もありました、この状態は大丈夫なのでしょうか? 外周部はおおむね、中心に配筋されていました。 なにぶん建築には素人なものですから、アドバイスよろしくお願いいたします。

  • 基礎立上がり高さ

    一般的な建築物の基礎は、地面からの高さ30センチ以上とすることが規定されています。 (平成12年建設省告示等1347号) しかしこれは、構造計算等により安全性が確認できる場合には、緩和することは可能だと思いますが、その「構造計算等により安全性が確認できる場合」とは具体的どのようなことでしょうか。 確認申請時に必要な提出物はなんでしょうか??

  • 基礎配筋

    住宅のモデルハウスを見る場合 べた基礎の場合の 基礎の厚さ、配筋の間隔、鉄筋の太さ、それぞれの大きさの基準(これくらいなら普通、これくらいあればかなりよい)といったことを教えてください。 また、ポイントなどを押してください。

  • 柱状改良する場合、基礎は布基礎?ベタ基礎?

    木造2階建の住宅の新築にあたり、柱状改良による地盤改良をする予定です。 この場合、建物の基礎は布基礎とベタ基礎のどちらが良いのでしょうか? 表層改良なら荷重を全体で支えるベタ基礎が良いのでしょうが、柱状改良なら荷重を柱部分の基礎で支えるので布基礎で十分のような気がします。 また、ベタ基礎だと全面に配筋しコンクリートを打つので重量が増えるし、杭の本数も増えコストアップにつながるのではないでしょうか? 木造2階建で1階の床面積が17坪ですが、ベタ基礎から布基礎に変更すると、どれくらい建築費が安くなりますか?

  • べた基礎にひびがあるのは不良工事ですか

    先日、ある構造見学会にいったときのことです。 まだ、基礎と柱ぐらいしかない状態だったのですが、 その基礎にひびが入っていました。 いわゆる、べた基礎の構造ですが、 おそらく、リビングになるだろう12畳ぐらい広さのぶぶんのまんなかに ばきっ、という感じでひびわれている跡がありました。 ひびの幅は大きくても1cm以下だとは思いますが、 長さは2mぐらいはあったでしょうか。 素人考えでは、基礎はひびなどははいらないコンクリート打ちのものだと思っていたのですが このような構造で強度など大丈夫なのでしょうか。 中にちゃんと鉄筋が入っていれば大丈夫なのでしょうか。 ちょっと怖くて構造見学会の説明員の方には聞けなかったので、よろしくお願いします。

  • 基礎部分にいくつかひびわれあり・・・これはあり?

    昨年、家を建てた者です。 家は木造住宅(2×4)です。6月に出来上がったのですが、秋ぐらいには基礎の部分が(地面に近い部分がほとんど)少しひび割れて浮いている状態の所がいくつかあります。箒などで突っつくと割れて粉々に落ちる程です。 また、基礎と犬走りとの境目というのでしょうか、その部分もヒビが入っています。勝手口の階段部分にも大きくヒビが入っているのですが、コンクリートの性質上仕方がないことなのでしょうか?