• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

不動産賃貸借契約の敷金について

不動産賃貸借契約を締結するとき、賃貸人が企業の場合、 企業が倒産したら退去時等で「敷金」が戻ってこない場合が考えられます。 賃貸人の企業が倒産しても「敷金」が戻ってくる、不動産賃貸借契約の締結方法や、よい方法があればお教えください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数187
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • been
  • ベストアンサー率39% (490/1243)

債権を確実に回収する方法はただ一つ、担保を設定することだと思います。人的担保として連帯保証人を立てるのも有効です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

有り難うございました。 大変参考になりました。お礼が遅くなり申し訳ございませんでした。

関連するQ&A

  • 賃貸借契約の事例問題について教えてください

    民法の期末試験で賃貸借が範囲なのですが、授業のレジュメに載っている設例を解いていて、わからないところがあるので教えていただきたいです。 問1 Xはテナントビルを建築・所有し、同ビルをAに売り渡すと同時にAからそれを一括して賃借した。ついでXは同ビルの2階部分をYにテナント料月額200万円で賃貸し、敷金の性質を有する保証金3000万円の預託を受けた。のちにXはAから同ビルを買い戻して、Zに譲渡し移転登記が経由された。その際XZ間では改めて賃貸借契約が締結され、Yに対する賃貸人たる地位をZに留保する合意がなされた。Yの賃料支払及び保証金の返還をめぐるXYZ間の法律関係について説明しなさい。 まず当初、XY間で承諾転貸がなされているので、XY間に賃貸借契約が成立(613条2項)。 ↓ その後Xが同ビルを買戻し所有権取得し、さらにZに所有権が移転。特段の事情がない限り、所有権とともに賃貸人たる地位もZに移転する。 ↓ XがYに対する賃貸人たる地位を留保する合意がなされているが、これを認めてしまうとYに不測の損害が生じるおそれがあるので、この合意は特段の事情とは言えない。(最判H11/3/25) 原則通りZに賃貸人たる地位が移転。登記もなされているのでZは賃貸人たる地位を主張できる。 ↓ 敷金契約は賃貸借契約に基づく債務を担保するための従たる契約であるから、主たる契約関係とともに当然に移転する。 敷金返還請求はZに対して可能。 賃料の支払いもZに対してする。 かなりざっくり書いてしまいましたが、これであっているのでしょうか? 同ビルをAからXが買戻し、さらにZに譲渡した時点で、Xはこの契約関係から離脱するという感じですかね(?) かなり急いでいます。 ご教授よろしくお願いします。

  • 土地賃貸借契約の解約でもめてます。

    コンビニの土地賃貸借契約を昨年5月末に締結し、工事開始の1週間前に突然、この出店自体を解約することが決まりました。幸い、田んぼの埋め立て工事に入る前の決定でしたので、実質的な損害は、昨年と今年の稲作無収穫分などですが、契約書の中で中途解約と解約金の条項があり、賃借人は賃貸人に対し、6ヶ月前の予告をもって、この契約の解約を申し入れることができる。ただし、賃借人はこの予告期間にかえ、6ヶ月分の賃料相当額を賃貸人に支払い、即時解約することができるものとする。また、賃借人の申し入れによる解約が為された場合には、敷金の無利子預託の定めに関わらず、賃貸人は、賃借人が賃貸人に預託中の保証金の解約時における未償還残額の9割相当額を、解約金として没収することができるとあります。 昨日、コンビニ会社に前項についての6ヶ月分の解約金を請求しました。敷金はまだ頂いてないので触れませんでした。しかし、土地工事開始の契約が終わってないから、この条文は無効だと言われました。 土地賃貸借契約の締結は、この条文にある契約を指すとしか我々は読み取れなかったのですが、先方の言い分は本当に正しいのでしょうか?土地賃貸借に詳しい方、是非、教えていただけませんか?

  • 賃貸借契約についてです

    賃貸借契約についてです。不動産屋と賃貸借契約を結んでいましたが、突然大家さんがあらわれ、不動産屋と大家さんの間の契約は解消したから来月からの家賃は不動産屋が指定した口座ではなく、大家指定の口座へ振り込むように言われました。 大家さんと不動産屋の間でいろいろあったのでしょうが、私は賃貸借契約を不動産屋と結んでいるので、まずはこの契約をどうすれば良いのか、契約を破棄する必要があるのであればその際にはどういう手続きをとったら良いのか、次に敷金や立ち退きの際の条項などはどうなってしまうのか、など何がリスクになるのかわかりません。 具体的に今後どうしていったら良いのか、どなたかお教えいただけないでしょうか・

その他の回答 (2)

  • 回答No.3
noname#24736

賃貸人が倒産したら、その物件に居続けることで、敷金と賃料を相殺する方法があります。 下記のページと、参考urlをご覧ください。http://www.kansai.ne.jp/tomatohm/z_fp/newpage222.htm

参考URL:
http://www.tkcnf.or.jp/08keieisha/qa0204_3.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

助かりました。参考になり、有り難うございました。

  • 回答No.2
  • kensaku
  • ベストアンサー率22% (2112/9525)

賃貸人は倒産する前にその不動産を売却するのではないでしょうか? 賃借人がいる物件を売買するときは、買った側がその契約を引き継ぐか、解約するかを選択することになります。 敷金を預かっていることを承知の上で買うので(その分安く)、新しい大家さんから返してもらう、ということになります。 また、倒産した場合も、資産として債権者が処分するでしょうから、やはり新しい大家さんに返却を求める、ということになりましょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

助かりました。参考になり有り難うございました。

関連するQ&A

  • 建物賃貸借契約の敷金について(長文ですいません)

    ちょっとややこやしいお話なのですが、よろしくお願い致します。 A(賃貸人)とB(賃借人)の間で建物賃貸借契約があります。 10月中にはその契約を解除しようと考えています。 ここでちょっと問題がでてきたんです。 もともと更地はあり、この更地をAが借りました。 更地にAが建物を建て、その建物をBに貸したという 契約なのですが、建物のお金は(2)にある BがAに支払った敷金で建てたようなのです。 それでAに解除を申しいれた所、更地にして返して欲しい と言われたのです。 そうなると建物の解体などでお金がかかりますよね。 それでBはAに支払った敷金を全部とは言わないが 返却して欲しいと言ったのです。 そしたらAは敷金の事はは知らないと言ってきたのです。 いったいどういう事なのでしょうか? 下記に契約書の内容を一部書きます。 Aはその所有する建物をBに賃貸した。 (1)賃貸借の期間は2年間とする。   この場合2年を過ぎるとどうなるのでしょうか? (2)賃貸敷金としてBはAにお金を支払った。   契約を解除したらある程度の   敷金は戻ってくるのでしょうか? (3)賃貸借契約満了後又は賃貸借契約解除後は、本件建物を 原状に回復し明け渡さなければならない。賃貸借期間満 了後又は賃貸借契約解除後本件建物の明け渡しに至るま では、1ヶ月賃料の倍額の金員をその日数に応じて賠償 金として支払うものとする。   原状に回復にかかった費用は、自己負担ですか?   賠償金とはどういう事で? その他賃料として毎月一定の金額を支払っています。 一度支払いが出来なかったのですが、これはなんらかの ペナルティになるのですか? 結局建物は今現状、誰の物なんでしょうか? ご意見よろしくお願いします。

  • 賃貸借契約の解除

    昨日、友達から相談を受けました。 友達はある不動産屋と賃貸借契約を締結しています。 そして、今年3月に一度賃貸借契約が期限満了しました。 しかし、来年3月まで1年間契約を延長しました。そこで友達は『もうこれ以上は延長できない。つまり来年3月には必ず収去してもらう』といわれたそうです。 つまり、解除権は留保したということです。(民法618条)そして今年4月に彼の周辺の事情が変わり賃貸借契約を解除したいということでした。 しかし、不動産屋が『来年3月までには絶対住んでもらう。新入生がもうとれない』と主張して解除できなかったそうです。 ここで、俺は友達に信義即の事情変更の原則を主張できないか? もしくは要素の錯誤があったとして錯誤を理由に契約を取り消せないか。といいました。 そしてよく聞くと、賃貸人は退去勧告を契約満了の2週間前ほどにしてきたそうです。 これは、借地借家法の借地の方の38条に違反してるように思われます。しかも書面ですべきなのに口頭で一方的に電話をきられたそうです。 また26条は期間満了の1年から6ヶ月まで通知しない場合、更新したものとみなす。としています。 そして618条及び前述の通り、友達は契約を解除できますますよね? また620条は損害賠償を妨げない。とあります。通知義務違反をここで適用可ですか? 最後に友達は信義即の事情変更の原則を主張できないか? もしくは要素の錯誤があったとして錯誤を理由に契約を取り消せませんか? とても真面目な質問です。冷やかし等は友達のためにも控えていただけると大変幸いです。

  • 賃貸借契約満了

    初めまして。 本日、約6年住んでるアパートの管理会社から 手紙が届いて、当物件は賃貸人の都合により 7月○日以降に解体し更地として売却となります。 7月○日を持ちまして、皆様との賃貸借契約を終了させて頂きたくご通知させて頂きます。 と立ち退き?通知でした。 この不景気に、約3ヵ月後に出てくれと言われて非常に 困っております。 敷金返還等、保証のことは一切書かれていませんでした。 敷金返還や立ち退き料等請求できるものなのでしょうか? ご意見、アドバイス等宜しくお願い致します。

  • 建物賃貸借契約の文面

    零細企業を営んでいます。 自宅の一部を事務所として使用することにしました。 そこで、わたくし個人と会社との賃貸借を結ぶことにし、 建物賃貸借契約を作成しています。 インターネット上で、見つけることができる契約書のひな形には、 「第4条 乙は、本契約締結と同時に、甲に対し、敷金として  金○万円を差し入れる。」とあります。 敷金の収受は行わないこととしたいのですが、 上記の文面をどのように変えればいいでしょうか?

  • 賃貸借契約代行

    賃貸借契約代行を行ってくれる会社をWEBで見ました。 当方、賃貸契約で保証会社の審査が通らないため、賃貸借契約代行を利用したいと考えはじめたところです。(当方の地域では賃貸契約を申し込む際、不動産会社が指定している保証会社が1社しかなく、その保証会社の審査に通らなければ賃貸契約ができないありさまです。) それで、賃貸借契約代行を利用した事のある方、また詳しくこのシステムや会社をご存じの方がいらっしゃいましたら教えていただけないでしょうか? よろしくお願いします。

  • 一般の賃貸借契約と事業用不動産賃貸借契約

    現在、一般の賃貸借契約で建物を借りておりまして、そこで事業をしようと考えております。 それにつきまして、大家さんと近隣の方々の理解は得ている状況です。 そこで質問なのですが、一般的な住居用の賃貸借契約では大家さんの快諾があったとしても そこで何か商売をするといったことは法律的に無理なのでしょうか? 他の質問で見かけたのですが、事業用不動産賃貸借契約というものに切り替えなければいけませんか?

  • 賃貸借契約の契約書について

    契約する号室を契約しないで、賃貸借契約書を締結した場合その契約は有効でしょうか? 多重契約などの可能性は無く、ただ単に空室が複数ある状態で、入居者同意の上で号室を空欄にしたまま賃貸借契約を締結する場合です。

  • 不動産会社が賃貸借契約の解除に応じてくれません

     どなたか詳しい方にご回答いただきたいのですが、実は家賃が1ヶ月滞納しているのですが、家賃が高額で今後も1か月分ぐらいは滞納しそうなので、転居したいと思い不動産会社に「敷金を滞納家賃に当てて賃貸借契約を解除して転居したい」と申し出たところ、不動産会社から「家賃の滞納分を支払ってくれるまで契約解除には応じられない」という回答を頂きました。  滞納分を現金で支払わないと契約解除に応じないというのは、法律上問題がありそうだと思うのですがいかがでしょう?  前家賃制度なので、契約書上は「退去したい時期の一ヶ月前に申し出ないといけない」と契約書に文言がありますが、それだと2か月分支払わないといけないのでなかなか退去できませんので困っています。  どなたか良い回答お願いします。

  • 定期賃貸借契約・再契約時の敷金について

    都内マンションの定期建物賃貸借契約満了に伴い 再契約を申し出ました(貸主の都合で定期契約になっていますが 実際は過去10年以上継続的に貸し出しているようです)。 そこで更新手数料と事務手数料として1.5ヶ月分の家賃を 収めたのですが、契約書を見たところ「敷金として別紙に 記載する~円を本契約締結と同時に差し入れるものとする」 との条項があり、別紙には[賃料の2か月分]が記載されていました。 これでは再契約時にまた敷金を納めるように読めるのですが 通常はこのような書き方なのでしょうか?? 厳密には今回入居時に値引きした月2000円が元に戻り、差額分の 敷金4000円は納めてあります。当初届いた契約書では別紙に [値上げ後の家賃2ヶ月分]が記載されており「敷金は退去時まで デポジットしておくものなので書くとすれば4000円なのでは?」 と不動産に電話し「こちらのミスです。刷り直します」と の回答をもらったのですが、新たに届いた契約書でも [値引き後の家賃2ヶ月分]が記載されているのです。。。 もしこれが入居時に収めた敷金を繰り越す(?)意味で 書いているのであれば「~円を既に支払済みであることを 甲乙相互に確認する」などといった書き方になると思うのです。 正直更新(正確には再契約ですが)するのは今回が初めてなので 敷金の取り扱いもよく分かりません。次こそ徹底的に電話で 確認しようと思っているので是非アドバイスお願い致します!

  • 賃貸借契約(敷金受領)の印紙税

    建物の一部をテナントに賃貸しました。 内容は、契約期間・賃貸免責・賃貸料(月額50万円)・敷金受領(600万円)等です。 尚、敷金は契約の解除があっても返還しません。 そこで、印紙税の取扱いですが 建物の賃貸借契約とみなして"不課税文書"としていいのか? それとも敷金が契約金額とみなされ"第1号文書"消費賃借に関する契約書”となるのか? どなたかご教授ください。 よろしくお願い致します。